京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『イースタン・プロミス』

2008-07-18 08:44:25 | 洋画


□作品オフィシャルサイト 「イースタン・プロミス
□監督 デヴィッド・クローネンバーグ
□脚本 スティーヴン・ナイト
□キャスト ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック、ミナ・E・ミナ、サラ=ジャンヌ・ラブロッセ、ドナルド・サンプター

■鑑賞日 7月16日(水)
■劇場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想> 

 久しぶりにクローネンバーグ作品を観た。

 本当のところ、クローネンバーグ監督作品だからというよりは、むしろヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセルの3人の顔合せによる共演に興味が湧いたからだった。

 冒頭からクローネンバーグの独特のトーンと、どんよりとしたロンドンの街並みと、ストーリーの中心に置かれたロシアン・マフィアという何ともダークにダークを重ねたバイオレンスだった。 そして出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なロシアン・マフィアの存在が露呈していく。

 産婦人科医をしているアンナ(ナオミ・ワッツ)のもとに、妊婦のロシア人の少女が運び込まれ、赤ちゃんは助かったものの少女は亡くなった。 その少女のバッグの中には彼女の日記が残されていた。 この日記を元に彼女は非情なロシアン・マフィアとの一般人の現実釈迦とは別の世界との拘りが始まる。

 アンナはここでニコライ(ヴィゴ・モーテッセン)に出会うのだが、まるでニコライはつっぱりロックンローラー(笑)のようなリーゼントにグラサンといういで立ち。 そこは狙いだったのかもしれないが、ヴィゴの存在感からすると、特にそのヘアーに拘る必要もなく、渋さと奥行きは十分伝わってくるはずなのだが。 彼の本当の姿はわからないアンナは彼に不安ながらもどんなときでも彼に助けられていく。 真にワルではないと最初出会ったときから感じていた彼女は、距離を置きながらも最後にはその距離もなくなってしまう。

 バカ息子のキリル(ヴァンサン・カッセル)とロシアン・マフィアのボスであるセミオン(アーミン・ミューラー=スタール)の間に置かれていたが、それでもそのポジションを崩さないのはニコライは実は潜入調査を続ける捜査官だったのだ。

 余談にはなるが、ヴァンサン・カッセルの奥さんはモニカ・ベルッチ。 実は『マレーナ』公開の折に彼女に会ったことがある。 エキゾチックな彼女だったが、ヴァンサン・カッセルとくっついた頃はカッセルもキレた役が多かったが、どうも最近はこういう役回りが多いような(笑)

 ニコライはマフィアの仲間であることの象徴として胸と膝に星のタトゥーを入れたのだが、その後組織から寝返った男に騙されサウナで殺されかけるのだが、バスタオル一枚で臨んだアクション。 どうでもいいのだがヴィゴが動くたびに○○○や○○○○が見える。 女性にとってはお宝映像かもしれないが、同性にとってはあまりいただけない映像(一部そっち方面の型は笑顔かも)。 別にボカすとか、カメラワークで避けるとか色々方法もあったろうに。 なんとなく気持ちがいいものではない。

 さらに殺しのシーンでは首をかき切ったり、指を切り落としたりと、マフィアの残忍さを表現するためのものなのだろうが直接的描写でなくても良かったのではないだろうか。 ま、Rなのである程度は覚悟を決めて観ていたのだが・・・。 

 この日は水曜日のレイトだったので、レディーズディで女性が多かったのだが、果たして期待していたとおりの映画として観れたのだろうか。 まあヴィゴ目当ての女性ファンはいたとは思うもののこの内容で満足できるものなのかどうかはわからない。

 アンナを演じるナオミ・ワッツも『ザ・リング』を引きづって、強張る顔はやっぱりホラー映画の域を抜けない。 途中、『キングコング(2005年)』もあったのに(笑)

 ただ淡々としたロシアンマフィアのボス、セミオン(アーミン・ミューラー=スタール)の物静かな語り口が何故か印象に残ったし、ある意味快かった(笑)

 アンナの母親を演じるシニード・キューザックは、あまり興味なかったのだけれど、なんとジェレミー・アイアンズの奥さんだったんだ。 ・・・知らなかった


 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3万円のVIP席~/新宿ピカデリー | トップ | ネットで束の間の避暑を~♪ »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
cyazさんはじめまして (hychk126)
2008-07-21 01:32:06
>ナオミ・ワッツも『ザ・リング』を引きづって、強張る顔はやっぱりホラー映画の域を抜けない。

確かに、そのとおりですね。
私は彼女が大好きなのですが、ちょっと微妙なキャリアを築きつつあるような気がしてなりません。
あんまりジャンルを背負ってしまうような顔でもないと思うのだけど、...なぜでしょうか、ブレイク・スルーしてくれません。
おはつです~ (cyaz)
2008-07-21 10:32:51
hychk126さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は彼女が大好きなのですが、ちょっと微妙なキャリアを築きつつあるような気がしてなりません。
あんまりジャンルを背負ってしまうような顔でもないと思うのだけど、...なぜでしょうか、ブレイク・スルーしてくれません。
意外にありがちな(一般的な)顔なので、ブレイクしないのかも(笑) 彼女、色んな女優さんの顔に似てますからね(笑)
おはようございます。 (michi)
2008-07-22 08:12:07
TBありがとうございました。

私はヴィゴの前作「ヒストリー・オブ・・」で良い印象がなかったのですが、
同じマフィアものでも、全く違う顔になってたヴィゴに驚きました。
ナオミ・ワッツのファンなのですが、
あのクールさが好印象で帰りはヴィゴのファンになってました。
今更ですが人気のわけがわかったような気がしています 遅!
好み~ (cyaz)
2008-07-22 08:20:31
michiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私はヴィゴの前作「ヒストリー・オブ・・」で良い印象がなかったのですが、同じマフィアものでも、全く違う顔になってたヴィゴに驚きました。
そうなんですか? ヒストリー未見なので比較できないのですが(汗)

>ナオミ・ワッツのファンなのですが、あのクールさが好印象で帰りはヴィゴのファンになってました。今更ですが人気のわけがわかったような気がしています 遅!
渋いですよね~ でもあのサウナのシーンはいらなかったような(笑)
恐らくクローネンバーグがヴィゴのような男がすきなんでしょうね(笑) ジェレミー・アイアンズしかり(笑)
こんばんわ (睦月)
2008-07-24 23:21:44
≫カッセルもキレた役が多かったが

私、その頃のヴァンサン、大好きでした。
『ドーベルマン』とかカッコよかったし、
『アレックス』も凄まじかったなあ・・・。
サムライの格好して出てた日本車のCMの
ヴァンサンも最高にカッコよかった!

でも・・・しかし。
最近はヘタレとかダメ男の役が多いですね(苦笑)。
そうですね~ (cyaz)
2008-07-27 12:02:38
睦月さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私、その頃のヴァンサン、大好きでした。『ドーベルマン』とかカッコよかったし、『アレックス』も凄まじかったなあ・・・。サムライの格好して出てた日本車のCMのヴァンサンも最高にカッコよかった!
そうですね~
たしかに当時の彼はキレてるけどカッコよかったですね^^

>でも・・・しかし。最近はヘタレとかダメ男の役が多いですね(苦笑)。
途中から路線変更しちゃったんですかね(笑)?
減速してますね、彼
こんばんは~* (kira)
2009-01-29 00:36:18
これは何が怖かったかって、
ナオミの行動が、最初っから怖かったです~(笑)
こらこら、ちょっと待て。みたいな・・ね?(笑)
まあ、普通はキリルみたいなのが一番やばいんだけど、彼はアッチの方だったし、
良かったんだけどね~。
せっかくのサウナのシーンは、怖くて観れず、、、かなり損しちゃいました
惜しい~ (cyaz)
2009-01-29 10:59:09
kiraさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>これは何が怖かったかって、ナオミの行動が、最初っから怖かったです~(笑)
なるほど(笑)

>せっかくのサウナのシーンは、怖くて観れず、、、かなり損しちゃいました
あそこはなかなかショッキングで痛かったですが、
ある意味“お宝映像”だったかも(笑)?!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
イースタン・プロミス (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ここでしか、生きられない。』  コチラの「イースタン・プロミス」は、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の監督デヴィッド・クローネンバーグと主演ヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、6/14公開となったR-18指定のクライム・サスペンスなのですが、早速観...
イースタン・プロミス (小部屋日記)
Eastern Promises(2007/イギリス=カナダ=アメリカ)【劇場公開】 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であってもー ...
密やかな闇~『イースタン・プロミス』 (真紅のthinkingdays)
 EASTERN PROMISES  クリスマス間近のロンドン。出産直後に死んだ少女を看取った助産師のアンナ (ナオミ・ワッツ)は、ロシア語で書かれ...
イースタン・プロミス/ヴィゴ・モーテンセン (カノンな日々)
『ヒストリー・オブ・バイオレンス』という映画は興味があったけど、公開時は見逃しちゃって暫く経ってからWOWOWでの放送で観ました。バイオレンス物という事で内心ヒヤヒヤしてたけどノワールな物語でなかなか見応えのある作品でした。(感想日記には書いてません)。で、...
イースタン・プロミス (シャーロットの涙)
「イースタン・プロミス」…東欧組織による人身売買契約
イースタン・プロミス (ダイターンクラッシュ!!)
6月27日(金) 20:10~ 109シネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) プログラム:売り切れ ※パンフレットからプログラムと表記を改める 『イースタン・プロミス』公式サイト 近年、作風(芸風?)が変わったデヴィッド・クローネンバーグ先生の新作。前...
『イースタン・プロミス』 (ラムの大通り)
(原題:Eastern Promises) ----この映画、ヴィゴ・モーテンセンが アカデミー賞の主演男優賞にノミネートされたんだよね。 「うん。だけど、 もっと多くの賞にノミネートされてもよかったんじゃないかな。 デヴィッド・クローネンバーグの、 これはいい意味での成熟を感...
★イースタン・プロミス(2007)★ (CinemaCollection)
EASTERNPROMISESここでしか、生きられない。上映時間100分製作国イギリス/カナダ/アメリカ公開情報劇場公開(日活)初公開年月2008/06/14ジャンルサスペンス/犯罪/ドラマ映倫R-18【解説】「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ...
イースタン・プロミス (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
暴力的なフィルム・ノワールだが、クローネンバーグにしては抜群に判りやすい。ロンドンのロシアン・マフィアの闇の世界を描いた犯罪映画だ。謎の運転手ニコライ役のビゴ・モーテンセンの体当たりの演技が新鮮。全裸での壮絶な格闘シーンや全身に施された凝った刺青など、...
イースタン・プロミス (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ネタバレありです。 病院で助産師として働くアンナの下に、意識を失った一人の少女が運び込まれます。彼女は妊娠をしており、病院で女の子を産み落としますが、彼女自身は息を引き取ります。彼女が持っていたバッグにはロシア語で書かれた日記らしいものが...
イースタン・プロミス・・・・・評価額1750円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
果たされる事の無い、「東方の約束」 デビッド・クローネンバーグが前作「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のヴィゴ・モーテンセンと再び組...
当たんねぇかなジャガー・ルクルト (宇宙のめいぐると)
「イースタン・プロミス」
『イースタン・プロミス』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
『イースタン・プロミス』2008年(英)監督デヴィッド・クローネンバーグ オープニングから恐ろしく衝撃的なのである。陰気な理髪店。澱んだ雰囲気の中、十六歳の少年が男を見つめる。すると、彼はその男の喉をまるでパンを切るかのように酷く雑に力任せで切り裂き、...
【映画】 イースタン・プロミス (映画、こんなん観ましたけど…)
今回は、映画「イースタン・プロミス」 病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、...
イースタン・プロミス (サムソン・H・トマトマスバーガーの限りなく映画)
      = 『イースタン・プロミス』  (2007) = イギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院で、ロシア人少女が出産直後に死亡した。 アンナは、少女が遺した日記を頼りに、孤児となった赤ん坊のために身元を調べ始める。 ...
イースタン・プロミス / Eastern Promises (我想一個人映画美的女人blog)
第32回トロント国際映画祭(9/15閉幕)で上映された全349作品の中から 観客の投票で最も支持を受けた、 最高賞となる観客賞(The People's Choice Award)ピープルズチョイスを受賞した作品。{/hakushu/} それは、、、、 デビッド・クローネンバーグ監督の最新作{/at...
Eastern Promises 「イースタン・プロミス」 (表参道 high&low)
変化する身体に興味があったDavid Cronenberg(デビッド・クローネンバーグ)が大きな組織にフォーカスを移し制作した2作目がEastern Promises(イースタン・プロミス)。 ロンドンのロシアン・マフィアと偶然接点を持つ看護婦のストーリーは全体的に暗くてゆったりとし...
「イースタン・プロミス」 (或る日の出来事)
ナオミ・ワッツさんが出ているので、それだけで、観るのは決定していた映画。 でも、某「この映画がすごい!」誌で、ヴィゴ・モーテンセンの...
*イースタン・プロミス* (Cartouche)
{{{   ***STORY***                イギリス 病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女が...
『イースタン・プロミス』@シャンテシネ (映画な日々。読書な日々。)
病院で働くアンナの下に、一人の少女が運び込まれる。意識を失くした少女は、女の子を産み落とし、息を引き取る。バッグに入っていた手帳にはロシア語で日記らしいものが書かれており、少女がロシア人であることが分かる。手術に立ち会ったアンナは、少女の身元を確認する...
★「イースタン・プロミス」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは、珍しくバイオレンスモノを3本取り揃えてる「109シネマズ川崎」で2本。 その1本目(2本目は「リボルバー」、見逃したのは「シューテム・アップ」)。
『イースタン・プロミス』 (試写会帰りに)
暗くてひんやりしたロンドンの湿った空気の匂いがしてくる、ロシアン・マフィアのリアルで、どこか現実離れした世界観に心酔する『イースタン・プロミス』(『EASTERN PROMISES』) Eastern Promises 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』に続いてデヴィッド・クローネ...
【イースタン・プロミス】 (MINT ROOM )
★★★★★(少しおまけ)……★は5個で満点、☆は0.5点です。ネタバレ有りなのでご注意。[監]デビッド・クローネンバーグ [脚]スティーブ・ナイト [音]ハワード・ショア [出]ヴィゴ・モーテンセン ナオミ・ワッツ バンサン・カッセル [制作データ]2007英.カナダ/...
イースタン・プロミス (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
デヴィッド・クローネンバーグ監督のロシアン・マフィアを描いた映画です。主演のヴィゴ・モーテンセンがアカデミー主演男優賞にノミネートされています。 ロンドンのある病院に身元不明の妊娠した少女が運び込まれ、女の赤ん坊を出産して死亡する。助産婦のアンナは少女...
イースタン・プロミス(映画) (ブログ de ビュー)
今回の記事は『イースタン・プロミス』(2007年、監督:デヴィッド・クローネンバーグ)です。 この映画はR18です。子供は見れません! ロードオブザリングのアラゴルン役でお馴染みのヴィゴ・モーテンセンが、マフィアの一員でありながら非常さと優しさを併せ持った...
「イースタン・プロミス」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「イースタン・プロミス」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック、他 *監督:デヴィッド・ク...
「イースタン・プロミス」:勝どき駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}ここから死体を捨てれば、潮の流れに沈んだまま浮いてこないかな。 {/hiyo_en2/}なに、物騒なこと言ってるのよ。 {/kaeru_en4/}だって、「イースタン・プロミス」では、そんなことを言いながら死体を捨ててたじゃないか。 {/hiyo_en2/}そしたら、計算と違っ...
イースタン・プロミス “ロンドンの裏社会”とは・・・・? (銅版画制作の日々)
  裏表の世界を生きる男女  出会うはずのなかったふたりを運命が引き寄せる   7月14日、京都シネマにて鑑賞。度肝を抜くシーンから始まる。殺人シーンなのだが、かなりえぐくて、のけぞりまくり  マフィアの首を切り裂くこの親子は一体?切り裂いたところ...
映画 『イースタン・プロミス』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組み、ロンドンに暗躍するロシアン・マフィアを描いた犯罪バイオレンス。出産と引き換えに死亡した少女の日記をきっかけに、非情なマフィア...
イースタン・プロミス(映画館) (ひるめし。)
ここでしか、生きられない。
「イースタン・プロミス」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:EASTERN PROMISES)デイヴィッド・クローネンバーグ監督作品にしては“鬼畜度”が不足しているように思えるが(爆)、これはこれで良くまとまった暗黒街映画の佳作である。英国におけるトルコ移民の問題を描いた「堕天使のパスポート」の脚本担当スティーヴ・...
99●イースタン・プロミス (レザボアCATs)
グッと来る重さに満足。ヴィゴ・モーテンセンの演技の渋さに心魅かれまくり。“クライム・ムービー”と覚悟して見たら、意外や今までのこのジャンルの映画に、決して引けを取らない佳作だったのでした。アッパレ。
イースタン・プロミス (ありがとう大作戦!)
映画「イースタン・プロミス」を観た。 (2007/英・加/100分/デヴィッド・クローネンバーグ監督) ストーリーはほとんど知らず、 クローネンバーグ監督だからという理由だったのだけれど やはり裏切られない作品だった。 昨年公開の「ヒストリー・オブ・バイオ...
デヴィッド・クローネンバーグ完全武装化計画 -- 『イースタン・プロミス』 (L'ATALANTE)
北アメリカが生んだ二人の天才デヴィッドは、ほぼ同世代で、劇場用映画のデビュー時期も近く、今や二人揃って巨匠の域に達し、その幾分不気味な容姿さえ互いに似ているように思えるし、映画に深く惹かれ始めた時期の私を二人そろって夢中にさせてくれた存在でした。 私...
イースタン・プロミス (5125年映画の旅)
助産師・アンナが勤める病院に妊娠した14歳の少女が運び込まれる。少女はそのまま息を引き取るが、赤ん坊は一命を取り留めた。少女の残した日記からアンナはあるレストランに辿り着くがそこはロシアン・マフィアの拠点だった。そこでアンナは、マフィアの運転手・ニ...
イースタン・プロミス (映画を観たよ)
うー。
イースタンプロミス (シネマ日記)
デビッドクローネンバーグ監督、ヴィゴモーテンセン、ナオミワッツ。お~魅力的な監督にキャスト、とは思っていたけど、劇場まで見に行くつもりはなかったこの作品。が、「美しすぎる母」を見に行ったときに予告編を見て、これは見に行くべしな作品に格上げされました。ロ...
イースタン・プロミス (描きたいアレコレ・やや甘口)
このヴィゴを観れて私は幸運かも知れない、と思う。 決定的なネタバレはないが、未見の方は読まないほうが、よいかも。 『イースタン・プ...
映画 「イースタン・プロミス」 (SEA side)
 今年のベストではないか、という作品にめぐり会ってしまった。デヴィッド・クローネンバーグ監督の作品。  「異常な設定のホラーがかった作品」がクローネンバーグの持ち味だったが、前作の「ヒストリー・オブ・バイオレンス」あたりから変節がみられる。主演はどちら...
イースタン・プロミス (心のままに映画の風景)
クリスマスを控えたイギリス、ロンドン。 助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、ロシア人少女の妊婦が運び込まれてきた。 少女...
「イースタン・プロミス」 (小さなちびくま日記)
「イースタン・プロミス」を観ました。
【2008-168】イースタン・プロミス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であっても──
【2008-168】イースタン・プロミス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 果たすべき約束がある たとえ、あなたが何者であっても──
「イースタン・プロミス」:倫敦の空の下、死体は流れる (ひねくれ者と呼んでくれ)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ イギリス・カナダ・アメリカ2007年 クロちゃんキタ━━━━(・∀・)━━━━
イースタン・プロミス (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  冴え渡る『渋さ』と『色香』に果てなく墜ちる  
「イースタン・プロミス」 (てんびんthe LIFE)
「イースタン・プロミス」シャンテシネで鑑賞 映画館で作品をみるにあたり、1800円の正規料金を払ってみることは1年のうちでも数回しかありません。 特に韓フェスなど割引がきかない企画ものをぬいたらほとんどないんですが、これはシャンテ上映の前売りがとうと...
イースタン・プロミス (夫婦でシネマ)
クローネンバーグとヴィゴ・モーテンセンのタッグが、「ヒストリー・オブ・バイオレンス」の二匹目のどじょうを狙って成功しました!
映画:イースタン・プロミス (駒吉の日記)
イースタン・プロミス(シャンテシネ) 「生まれたときからロシアの地に埋もれている」 R-18指定なだけにイロイロ生々しかった。。。オープニングの出産シーンとか理容室での暗殺絡み、一番の見所?なサウナでの格闘シーンも。「全裸だからと不自然なアングルに...
デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観た! (とんとん・にっき)
「イースタン・プロミス」を観ようと日比谷の「シャンテ・シネ」まで行きながら、突然主旨を変えて「幻影師アイゼンハイム」の方を観てしまいました。そのリベンジということで、デヴィッド・クローネンバーグ監督の「イースタン・プロミス」を観てきました。この作品は、
イースタン・プロミス (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ ニコライの顔は厳しすぎるし、最初は全然カッコイイとは思わなかったんだけど、ストーリーに惹きこまれていくうちに、冷たい表情がとーっても素敵に見えてきた。 テーマも新鮮で、暴力団系映画は嫌いな私でも、味わい深い作品だと思った。
心臓の上に星を二つ見た (CINECHANの映画感想)
185「イースタン・プロミス」(イギリス・カナダ)  クリスマスを控えたイギリス・ロンドン。助産婦のアンナが働く病院に、10代の幼い妊婦が運び込まれる。少女は女の子を産んだ直後に息をひき取る。少女のバッグにあった日記を見つけ出したアンナは、孤児となった...
イースタン・プロミス  EASTERN PROMISES (映画の話でコーヒーブレイク)
{/onpu/} 夏休み~、こう暑いとで少々ダラケ気味です{/face_ase1/} あれもこれも片付けて、映画を見て、たまった本を読んで~、ブログ一杯書いて~とか、 計画倒れで休みの終わりに自己嫌悪…といういつものパターンは避けたいなぁ~。 「シネマリンのただ券があるので...
【イースタン・プロミス】 (日々のつぶやき)
監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル 「助産婦のアンナは救急車で運ばれた身元不明のロシア人の少女の手術に立ち会った。少女は死亡、生まれたばかりの娘とロシア語の日記が遺された。 何とか
映画 【イースタン・プロミス】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「イースタン・プロミス」 『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴ・モーテンセンが再びタッグを組んだ犯罪バイオレンス。 おはなし:看護士アンナ(ナオミ・ワッツ)の勤める病院にロシア人の少女が運び込まれ緊急...
イースタン・プロミス (Diarydiary!)
《イースタン・プロミス》 2007年 イギリス/カナダ映画 - 原題 - EAS
イースタン・プロミス (ネタバレ映画館)
サウナといえばフィンランド。ヴィゴ・モーテンセンといえばデンマーク。
イースタンプロミス (2008 映画観てきましたっ!)
嫌~な怖さが終盤まで続く映画。
「イースタン・プロミス」 t.A.T.u. (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
変態SFX映画でハードコアでバイオレントなデビッド・クローネンバーグの映画やのに、妙齢の女性一人客が多いなぁ~と思ったけど納得! しかも隣席をなるべく等間隔に空けて座ってた理由にも納得! 生ツバを飲み込む音を聞かれたくないのね!(←そこまで考えてないよ!...
イースタン・プロミス (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
果たすべき約束がある、たとえ、あなたが何者であっても__。 一冊の日記が指し示す犯罪の行方。ロンドンの闇に呑みこまれた男女の運命が絡み合うとき、“秘密”が浮き彫りになっていく・・・。 物語:ロンドンの病院で助産婦として働くアンナ(ナオミ・ワッツ)は...
イースタン・プロミス (ぷち てんてん)
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督とヴィゴのバイオレンス・サスペンス。DVDは11/14発売☆イースタン・プロミス☆(2007)デヴィッド・クローネンバーグ監督ヴィゴ・モーテンセンナオミ・ワッツヴァンサン・カッセルアーミン・ミ....
イースタン・プロミス (2ちゃんねる映画ブログ)
【クローネンバーグ】イースタン・プロミス【ヴィゴ・モーテンセン】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1211553583/ 11 :名無シネマ@上映中 :2008/05/24(土) 06:38:51 ID:mzToqVR6 イースタン・プロミス Eastern Promises 上映時間:100分 ...
「イースタン・プロミス」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
クリスマスを控えたロンドン。助産婦のアンナ(ナオミ・ワッツ)が働く病院に、10代の幼い妊婦が 運び込まれる。少女は、女の子を産んだ直後、息を引き取った。少女のバッグからロシア語で 書かれた日記を見つけ出したアンナは、孤児となった赤ちゃんのためにと少女の身元を...
イースタン・プロミス (LOVE Cinemas 調布)
主演は『ロード・オブ・ザ・リング』、『アラトリステ』のヴィゴ・モーテンセン。彼の渋い演技と格好良さに堪らなく魅了されるのですが、実は現代劇を観るのは初めてだったりします。デヴィッド・クローネンンバーグ監督に関しては『ザ・フライ』位しか観たことがないんで...
イースタン・プロミス (to Heart)
ここでしか、生きられない。 製作国 イギリス/カナダ/アメリカ 上映時間 100分 脚本 スティーヴ・ナイト 監督 デヴィッド・クローネンバーグ 出演 ヴィゴ・モーテンセン/ナオミ・ワッツ/ヴァンサン・カッセル/アーミン・ミューラー=スタール/イエジー・スコリモフ...
映画『イースタン・プロミス』を観て (KINTYRE’SDIARY)
62.イースタン・プロミス■原題:EasternPromises■製作年・国:2007年、イギリス・カナダ■上映時間:100分■字幕:石田泰子■鑑賞日:7月12日、シャンテ・シネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:デヴィッド・クローネンバーグ□脚本:ス...
【映画】イースタン・プロミス…「フリチン」と「フルチン」ってどう違うのかね? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日{/kaeru_fine/}から3月ですねぇ。 1月は行く、2月は逃げる(※以下、この話は何度もしているので略{/face_ase2/}) 夜勤明けの土日な現在なのですが、 以前夜勤をやっていた頃に比べると体調が戻りにくくなっているようです{/face_hekomu/} 昨日も今日も寝てばっかり...
映画 「イースタン・プロミス」 (Mr.Bation)
出てくるナイフのように実に研ぎ澄まされた緊張感の連続のロシアン・マフィアを扱うクライム・サスペンス。 爆音には少し慣れてきたようで驚かない(麻痺してきたのか)
イースタン・プロミス (めでぃあみっくす)
とても渋い映画でした。そしてとてもデビッド・クローネンバーグ監督作品とは思えないくらいに格好いい映画でした。ヴィゴ・モーテンセンのモザイクなしで全裸格闘シーンが何かと話題になっていた映画でしたが、個人的にはそのシーンよりも彼の一挙手一投足がとにかく渋く...
「イースタン・プロミス」 (cocowacoco)
映画 「イースタン・プロミス」 EASTERN PROMISES 観ました        デヴィッド・クローネンバーグ 監督 2007年 イギリス/カナダ/アメリカ 観たくて、とても観たくて、観てきたのですが・・・。 ダークさは、前日見た『ダークナイト』が濃く後を引いていたのか...
イースタン・プロミス (映画鑑賞★日記・・・)
【EASTERN PROMISES】R-182008/06/14公開製作国:イギリス/カナダ/アメリカ監督:デヴィッド・クローネンバーグ出演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ、ヴァンサン・カッセル、アーミン・ミューラー=スタール、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザッ...
イースタン・プロミス (こんな映画見ました~)
『イースタン・プロミス 』 ---EASTERN PROMISES--- 2007年(イギリス/カナダ/アメリカ) 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演: ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ 、ヴァンサン・カッセル、イエジー・スコリモフスキー、シニード・キューザック ロン...
映画評「イースタン・プロミス」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2007年イギリス=アメリカ=カナダ映画 監督デーヴィッド・クローネンバーグ ネタバレあり
イースタン・プロミス/Eastern Promises(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワードイースタン・プロミス(原題:Eastern Promises)キャッチコピー:ここでしか、生きられない。製作国:イギリス/カナダ/アメリカ製作年:...