京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』

2014-07-05 00:07:05 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル

□監督 ダグ・リーマン
□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース
□原作 桜坂洋
□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・グリーソン、
       ビル・パクストン、ノア・テイラー

■鑑賞日 6月28日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  なかなか予告編を何度か観せられても、どうもすんなり観たいという気には
  なれなかったが、トム好きのかみさんが観たいのだろうなぁと行くことに(笑)
  前作の『オブリビオン』のようだったら苦手だなぁと思いつつ・・・。

 近未来、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、
 本格的な戦闘が始まる前に、あっけなく戦死。 しかし、死んだはずのケイジが
 意識を取り戻すと、周囲の時間は戦闘が始まる以前に戻っていた。 不可解な
 タイムループから抜け出せず、特殊部隊の女性兵士リタ(エミリー・ブラント)と
 ともに戦いと死を何度も繰り返すケイジは、次第に戦闘技術を磨きあげていき、
 やがて敵を倒す糸口をつかみ始める。

 何度もリフレインは、「どうしてどうして僕たちは 出逢ってしまったのだろう〜
 ってのは、ユーミンの「リフレインが叫んでる」の歌詞か(笑)
 同じシーンを何度も観せられて、そのたび一歩ずつ死と隣り合わせに進んで
 行くのは、まるでロールプレイングゲームのよう。
 仕組まれたものなのか、そうでないのか、現実なのか(もちろん現実ではないが)、
 非現実(多分)なのか、そんなことを払拭して観ている方がこの映画を味わうには
 効果的だろう。 誰だってRPGを楽しむうえで、何度も何度も失敗を繰り返し、
 少しずつコンプリートに近づいていくのだ。 そういう味わい方ができるのならば
 (これから観る方には)そうオススメしたいところだ。
 仮想現実の世界が一時折檻した時代があったが、それにも似た感覚と、
 端的に懐かしいエイリアンのような、そしてバーホーベン監督の『スターシップ・
 トゥルーパーズ』に出てきたような生物や、似ているといえば六本木ヒルズの
 広場にあるあの巨大蜘蛛ママンのような(笑) 

  原作が日本の桜坂 洋で、主演がトム・クルーズ、監督がダグ・リーマンだから
  観たものの、 観終わってかみさんに聞くと、「別にトムが出ているからって
  特に観たいとは思っていなかった」と・・・。 観る前に言ってよ、もう(笑)
  でも次の日、本編を観てから予告を観たら、予告編、しっかり出来てたなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (64)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「文化人・芸能人の多才な美術展... | トップ | 「マッサマンカレー」/ガパオ食... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (りお)
2014-07-06 08:21:40
奥様、トム好きなんですね〜
確かに、トム好きだから絶対観ようと思える程、目新しい感じはしないんですよね。
またこういうヤツなのね?みたいな。
男の人には評判は悪くないようですが、cyazさんはそんなにいいって感じでもなかったんですねー
昔から〜 (cyaz)
2014-07-06 16:23:19
りおさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>奥様、トム好きなんですね〜
ええ、昔から(笑)

>確かに、トム好きだから絶対観ようと思える程、目新しい感じはしないんですよね。
そうなんですよね(笑)

>cyazさんはそんなにいいって感じでもなかったんですねー
前作と同じ触感だったので、ちょっと感情移入は出来なかったです(汗)
正にゲーム・・ですね (メビウス)
2014-07-06 20:58:27
cyazさんこんばんわ♪

原作未読なので、極端に考えれば自分もトム主演じゃなければ観ない可能性もあったかもしれませんね(汗
けど本作はヘタレなトムも面白く観れましたし、何度もループという設定はホントゲームでいうところのコンティニューに近いものもあったので、イチゲーマーとしてはちょっとニンマリもしてしまったわけでして・・w

個人的にはオブリビオンよりは好きだったかなーと^^;
ゲーム感覚で〜 (cyaz)
2014-07-07 08:45:06
メビウスさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>原作未読なので、極端に考えれば自分もトム主演じゃなければ観ない可能性もあったかもしれませんね(汗
たしかにそうですよね(笑)

>イチゲーマーとしてはちょっとニンマリもしてしまったわけでして・・w
なるほど^^ そういう視点から観れば、面白かったかもしれませんね!

>個人的にはオブリビオンよりは好きだったかなーと^^;
そこは僕も同じです^^
こんにちは。 (みぃみ)
2014-07-07 09:58:48
おっ!。ユーミンですか?。
わたくし、まわる〜、まわる〜よ時代はまわるが、
リフレイン(ループ:笑)しておりました。

六本木の蜘蛛ちゃん、ママンという名前なのですね。
ママンちゃん、待ち合わせに役立ってくれております。

毎回足蹴にされるトムたん見るのは、
ちょっと退屈でしたが(他の場面に戻ってのよかったかな、と思います)
なかなか楽しい映画でした。

卒業白書の頃のような恋に初々しいトムの銭湯に初々しい版として(^^)。
みゆき〜 (cyaz)
2014-07-07 12:22:12
みぃみさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>わたくし、まわる〜、まわる〜よ時代はまわるが、
リフレイン(ループ:笑)しておりました。
なるほど(笑) みゆきさんですね^^

>ママンちゃん、待ち合わせに役立ってくれております。
不思議ですよね、あのオブジェ(笑)?

>毎回足蹴にされるトムたん見るのは、ちょっと退屈でしたが
なかなか楽しい映画でした。
ここのところ、トムもヒットが出ていないのが寂しいですね。
卒業白書の頃のような恋に初々しいトムの銭湯に初々しい版として(^^)。
すみません。 (みぃみ)
2014-07-07 12:25:51
戦闘です。
銭湯って。。。(;・∀・)
いい湯だな〜 (cyaz)
2014-07-07 12:37:40
みぃみさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>戦闘です。 銭湯って。。。(;・∀・)
おっと(笑)
そこ、スルーしちゃいましたけど(汗)
アチコチに (iina)
2014-07-25 08:17:17
'蜘蛛のラ・マシンは、六本木ヒルズにも現われたのですか。iinaは、横浜で襲われました。 (^^ゞ
ゴジラは、またアメリカに遠征したのですね。ゴジラも、ずいぶんリフレインしました。^^
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/9e08f37cf4662dd2487f8c300c552f00

「ふとっちょさん」ばかりをアートした作品に、勇気を与えます。
http://blog.goo.ne.jp/iinna/e/35ab06b2409f1dc36c2cd430415b6c13

横浜で〜 (cyaz)
2014-07-25 12:19:31
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>iinaは、横浜で襲われました。 (^^ゞ
僕も教われましたけどね(笑)

>ゴジラは、またアメリカに遠征したのですね。ゴジラも、ずいぶんリフレインしました。^^
ゴジラだけが唯一広辞苑に載っている怪獣らしいです(笑)

>「ふとっちょさん」ばかりをアートした作品に、勇気を与えます。
グラス越しに写しますかね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

64 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Break Time)
今朝は、曇りがちな天候でしたが・・・
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 2014年6月28日 TOHOシネマズ日本橋 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 を鑑賞しました。 トム・クルーズの来日から覚めやらぬうちの先行上映はだから 客入りはまずまずでした。 が、なぜか、おっさんばっかり! 日本橋がどうなのか いや、周りは女性のが全体的には多かったが、映画の内容なんでしょう...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】 一匹の敵を倒したトムさんは、死ぬと同じ
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 面白さの秘密 (映画のブログ)
 娯楽映画や娯楽小説は、私たちを心地好く現実逃避させてくれる。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の痛快な面白さの根底にあるのも、虫がいい現実逃避である。  『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の原作は日本の小説『All You Need Is Kill』。"kill"とい...
劇場鑑賞「ALL YOU NEED IS KILL オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (日々“是”精進! ver.F)
ループの先にあるものを目指して… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406290000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】All you need is kill [ 桜坂洋 ]価格:626円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★★☆【4,5点】(11) エミリー・ブラント演じるリタのキャラに魅了されっぱなし!(笑)
オール・ユー・ニード・イズ・キル (ハリウッド映画 LOVE)
原題:Edge of Tomorrow監督:ダグ・リーマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン、ノア・テイラー
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
勇者さまが、できるまで。 地球が、突如として未知のエイリアンの侵略を受けた近未来。 戦闘中に戦死したはずの主人公は、目覚めるとその前日に時間が巻き戻っている事に気付く。 そして延々と繰り返される、同じ一日の覚醒と死。 なぜ彼は、時空の無限ループに陥っ...
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『オール・ユー・ニード・イズ・キル(2D・字幕版)』 (公式)を本日、先行上映にて劇場鑑賞。採点はちょっと緩めで、 ★★★★ ☆ (5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。なお、桜坂洋氏の原作ライトノベル『All You Need Is Kill』は未読。 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル / Edge of Tomorrow (勝手に映画評)
日本作家桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」をハリウッドで映画化。原作は読んでいないので、原作との際は示せません。一部には、『原作』ではなく『原案』との表記もあるので、結構ストーリーが違うのかもしれませんね。 SF作品としては、なかなか面白いの...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【EDGE OF TOMORROW】 2014/07/04公開 アメリカ 113分監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 、ジョナス・アームストロング、トニー・ウェイ、キック・ガリー、フランツ・ドラメー、ドラゴミール・ム....
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) (相木悟の映画評)
ライトでヘビーな優良SF戦記ではあるのだが…?! タイムループをモチーフに奥深いテーマ性を示す戦争アクションに成りえた筈が、なんともはや惜しい逸品であった。 本作の原作は、桜坂洋による日本産ライトノベル。日本でも一般的な知名度が高いとはいえない当作が、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW (我想一個人映画美的女人blog)
日本の桜坂洋のライトノベル(同名)が原作。 主演、トムちん。(原作若い男だけど、、、) 監督は、「ボーン・アイデンティティー」(つまらん)、「Mr.&Mrs. スミス」(ブラピとアンジー夫婦になる前の夫婦喧嘩)、 「ジャンパー」(まぁまぁ)などのダグ・...
[映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆これまで何度も語っていることだけど、私は、時間ループネタの小説を書いたことがある。  世に色んな時間ループ題材の作品があり、最近では「まどか☆マギカ」が心に残っているが、この『オール・ユー・ニード・イズ・キル』も、きっちりと作り上げられた傑作と言えよ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (時間の無駄と言わないで)
日本のラノベがトム・クルーズ主演で映画化される時代が来るとはねぇ。 エンドクレジットでトム・クルーズよりも先に日本人の名前が出てくるのは感慨深い。 で、とても面白い映画 ...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」みた。 (たいむのひとりごと)
先行で鑑賞。日本の桜坂洋氏のSFライトノベル『All You Need Is Kill』(未読)を原作にした映画ということで、そう思うとソレっぽく感じてしまう既知感はあったかも。本当はカナリ悲惨な状況
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画三昧、活字中毒)
■ 試写会にて鑑賞オール・ユー・ニード・イズ・キル/EDGE OF TOMORROW 2014年/アメリカ/113分 監督: ダグ・ライマン 出演: トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/ブレンダン・グリーソン/ノア・テイラー 公式サイト 公開: 2014年07月04日...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (だらだら無気力ブログ!)
結局、何回死んだのかな?
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (2014) / アメリカ (Nice One!! @goo)
原題: Edge of Tomorrow 監督: ダグ・リーマン 出演: トム・クルーズ 、エミリー・ブラント 試写会場: ワーナー・ブラザース試写室 公式サイトはこちら。(2014年7月4日公開) ある日、決死の任務に就くことになったウィリアム・ケイジ少佐は、本格的な戦闘が...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (心のままに映画の風景)
近未来の地球。 謎の侵略者“ギタイ”の攻撃によって、人類は滅亡寸前にまで追い込まれていた。 軍の広報担当として危険を遠ざけてきたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、一兵卒として最前線へと送られてしまう。 戦闘スキルゼロのケイジは、強大な敵...
オール・ユー・ニード・イズ・キル★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度も戦闘するうちに技術を身に付けていくさまを描く。監督は、『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs. スミス』などのダグ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ダグ・リーマン 【出演】トム・クルーズ/エミリー・ブラント/ビル・パクストン/キック・ガリー/ドラゴミール・ムルジッチ/シャーロット・ライリー 【公開日】2014年 7月4日 【製作】アメリカ 【ストーリー】 近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け...
オール・ユー・ニード・イズ・キル〜戦場の広告屋 (佐藤秀の徒然幻視録)
Come Find me When You Visit The Louvre! 公式サイト。原題:Edge of Tomorrow。桜坂洋原作、ダグ・リーマン監督。トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 3D (そーれりぽーと)
日本人のライトノベルが原作、トムちん最新作『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を3Dで観てきました。 ★★★★★ 凄く良くできたタイムループ映画。 トムちん演じる主人公は軍の少佐だけれど、広報一本でここまで来て戦闘に関しては全くの素人という設定。 この映画...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (はるみのひとり言)
もう先行上映ありましたけど・・・翌日の試写会で観ました。謎の生物ギタイの侵略が進み、世界は滅亡寸前に追い込まれてました。軍の広報担当だったケイジ少佐は、危険を逃れようとしたため上官の怒りを買い、戦闘の経験もないのに新兵として最前線の送り込まれてしまいま...
「オールイ・ユー・ニード・イズ・キル」:ザ・リピーター (大江戸時夫の東京温度)
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』は、明らかにビートルズの『All You
オール・ユー・ニード・イズ・キル (とりあえず、コメントです)
桜坂洋著の原作をトム・クルーズ主演で映画化したSFアクションです。 近未来を舞台に戦うトム・クルーズの作品なら面白そう!と予告編を観た時から楽しみにしていました。 ヨーロッパを焦土にするような謎の宇宙生物との戦いは、めまぐるしく変わりながら繰り広げられてい...
映画:「ALL YOU NEED IS KILL」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成26年7月1日(火)。 映画:「ALL YOU NEED IS KILL」。 監  督:ダグ・リーマン 原  案:桜坂洋 美  術:オリヴァー・スコール 音  楽:クリストフ・ベック 編  集:ジェームズ・ハーバート キャスト: ウィリアム・ケ...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』★タイトルは殺伐感あるもイイ明日は来ると (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
  作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164228/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     原作:桜坂洋 英題:『EDGE OF TOMORROW』 原作未読で(さわりだけ)、映画のみの印象です。 ...
『オール・ユー・ニード・イズ・キル(Edge of Tomorrow)』ダグ・リーマン監督、トム・クルーズ、エミリー・ブラント、他 "目覚めたら... (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、ラストに触れています。『オール・ユー・ニード・イズ・キル』Edge of Tomorrow原作 : 桜坂洋監督 : ダグ・リーマン(ダグ・ライマン)トム・クルーズ、エミリー・ブラントビル・パ
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (beatitude)
近未来。地球は謎の侵略者からの攻撃を受け、そのあまりの戦闘力の高さに人類はなすすべもなかった。ウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は決死の任務にあたるが、敵にダメージを負わせることなく戦死。しかし気付くと時は出撃前に戻っていた。少佐はタイムループに...
オール・ユー・ニード・イズ・キル IMAX-3D/トム・クルーズ (カノンな日々)
原作が日本の桜坂洋さんによるライトノベルというキャッチコピーで大々的に宣伝されているトム・クルーズ主演のSFアクション・ムービー。たしかにハリウッドで採用されるようなSF監 ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Akira's VOICE)
やっぱりラブストーリーでした。  
映画:オール・ユー・ニード・イズ・キル 鑑賞直後に「もう1回続けて観てもいいかも」って凄い久々! (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
NYステイ時、この映画が公開直前で、けっこう広告にヒットした。 原題は、Edge of Tomorrow。 どうも?同時間軸を何度タイムループしてる主人公たちの話らしいな、と。 同時間軸ループなSFというと、当ブログ的にぱっと思い出すのは2作品。 ひとつは、ビル・マー....
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (♪HAVE A NICE DAY♪)
これは面白かった〜〜〜〜〜! 戦場で死んだはずのトムちんが 目が覚めたら又同じ光景の「前の日」に戻っているではありませんか! 同じ事を繰り返してる。。。 こんな感じの作品ってあるけど やっぱり面白い。 前に殺された時は、この時!と解るので 仲間を助けた....
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」IMAX、3D、字幕 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2014/7/6、109シネマズ木場。 良い席は早々と満杯で、中央通路2つ前の列を選択。 前過ぎず、迫力は倍増。 *    トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン。 * 近未来。 ヨーロッパらに落下した隕石、と思ったもの....
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』観てきた〜 (よくばりアンテナ)
近未来SFアクション。 トム・クルーズ主演。 日本のライトノベルが原作。 まさしくゲーム感覚。 何度でもやり直しちゃうRPGで経験値をたっぷり積んでラスボスにのぞむっていう(・∀・) ニヤニヤ 楽しめました。 異星人が侵略してきて、二等兵として...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (うりぼうのシネ煉獄)
視聴環境:映画館、2D、字幕  トム・クルーズ主演、今年の話題作の1本。  同じ1日を繰り返すことになる主人公ものと言えばまず思い浮かぶのはビル・マーレイのコメディ「恋はデジャブ」や「ミッション8ミニッツ」。  本作は巻き込まれ型の設定にテレビゲーム的要....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (映画と本の『たんぽぽ館』)
死と覚醒のループ * * * * * * * * * * ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない ・・・などと言いながら性懲りもなく本作を見たのは、 原作が日本のライトノベルということと、 まだやっぱり、すっかり諦める気にはならない・・・....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ゆっくり歩こ。)
原作本はけっこう前から家にありました(息子が読んでた) 映画化されると知って・・・ 読もうかな、と思っていたけれどとても読んでるヒマがなく 息子が言うに、「原作はあんなオッサンじゃないよ」と トム・クルーズ、もう立派なおじさんですもんね^^; いっや....
オール・ユー・ニード・イズ・キル (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ダグ・ライマン 出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーソン 【解説】 作家・桜坂洋のライトノベルを、トム・クルーズ主演で映画化したSFアクション。近未来の地球を舞台に、ある兵士が戦闘と死をループしながら、幾度....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (prisoner's BLOG)
タイムループもののバリエーションなのだが、普通なら死んだらおしまいのところを死ぬたびに一定の時点に戻って繰り返す、というのがいかにもゲームのリセット感覚で、だからゲームばかりやっている今どき若い者は死をバーチャルなものにしか感じられないから命に対する敬...
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロッ...
運命は自ら支配せよ〜『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (真紅のthinkingdays)
 EDGE OF TOMORROW  近未来。エイリアンの侵略により、地球人類は滅亡の危機に瀕していた。米 軍広報官ウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、実戦経験の無いまま、ロンド ンで最前線に送られてしまう。戦闘開始後、あっけなく戦死するケイジだった...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」監督:ダグ・ライマン出演:トム・クルーズ(『オブリビオン』『アウトロー』)エミリー・ブラント(『LOOPER/ルーパー』『アジャストメント ...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
結構評判がいいようなので ちょこっと検索してみたら 原作が、小畑健さんの作画で コミック化されているとの事! 「DEAT
オール・ユー・ニード・イズ・キル (愛猫レオンとシネマな毎日)
日本発の同名SF小説をトム・クルーズ主演で実写映画化。 臆病な主人公ケイジが、戦いの最前線に飛ばされ、命を落とす度に、また目覚め 同じ一日を何度も繰り返すことになります。 戦っては死に、そしてまた目覚めるうちに、ケイジは学習して、どんどん強くなってゆく...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  Edge of Tomorrow (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃した本作。DVD発売は今月12日のようです。 韓国行の飛行機の中、小さなモニターで鑑賞。 こういうアクション系は大画面で見たいところですが、贅沢は言えません。 そして…約2時間の飛行時間なので、着席するなり見始めたのですが…、 機長のごあいさつ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル [Edge Of Tomorrow] (2014 USA) (エンタメ ウェブロッジ SunHero)
日本のSFライトノベル(大雑把に言えば、表紙や挿絵が漫画的で、オタクや中高生向きの小説)が原作ということが、日本でのセールポイントだったので、興味を持った。近年、日本では文化的マイノリティが欧米で日本文化の主流みたいな人気を博すようになったとは言え、ハリ...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
死ねば死ぬほど強くなるのね。(^_^;)〜「オール・ユー・ニード・イズ・キル」〜 (ペパーミントの魔術師)
オール・ユー・ニード・イズ・キル ブルーレイ&DVDセット(初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray] by G-Tools ニード・フォー・スピード以外は全部最近見たな。(爆)それはさておき。 劇場公開の時はさして興味なかったんだけどね、GyaO配信が始まっ....
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」レビュー(トム・クルーズ、未来を変える為に死ぬ) (翼のインサイト競馬予想)
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思います。(ネタバレは無しです。)YouTube 映画「オール・ユー ...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
【映画】オール・ユー・ニード・イズ・キル…久しぶりに時間旅行についてダラダラ考察 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本来、年賀状書いたり、大掃除しないといけない時期 最近は(普段なら)ほとんど書かないブログ記事を書くという現実逃避行動に出ているピロEKです そんな訳で映画観賞記録 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (監督:ダグ・リーマン、出演:トム・クルーズ、...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...
映画評「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2014年アメリカ=カナダ合作映画 監督ダグ・リーマン ネタバレあり
オール・ユー・ニード・イズ・キル (のほほん便り)
日本のSFライトノベルを原作に、ハリウッドで映画化、という情報への興味から見てみました。 主演は、なんと、トム・クルーズ!だったのですね。あらま、びっくり この手のタイム・リープものは、日本エンタメの十八番で、「時をかける少女」や、コミックでは、ハル...