京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『顔のないスパイ』

2012-03-03 00:03:03 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「顔のないスパイ
□監督・脚本 マイケル・ブラント
□脚本 デレク・ハース
□キャスト リチャード・ギア、トファー・グレイス、テイマー・ハッサン、スタナ・カティック、
      スティーヴン・モイヤー、マーティン・シーン、オデット・ユーストマン

■鑑賞日 2月25日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  “顔のない”ってそういうことなのか(笑)

 脚本家が色気を出して監督業に手を出すと、往々にしてコケるところが多いのだが、
 ま、この映画は無難なところでまとまっているかなぁっていうところ。
 言葉に拘りはあるものの、映像はどうしてもいまひとつ感が否めないというところ・・・。

 リチャード・ギア演じる元CIA諜報部員のポールと、トファー・グレイス演じる若い
 FBII捜査官ベンとのソビエトの殺し屋“カシウス”捜査で火花を散らす。
 協力して捜査を開始するのだが、お互いが全幅の信頼を置いているわけではない。
 捜査が進むにつれてベンはポールの優れた才能を見る一方、
 ワンマンでスタンドプレイの多いポールにベンは不信感も合わせて抱く。
 いたちごっこという感も否めないが、スパイ・アクションにしては
 ドキドキ感が少ないのが正直
残念なところだ。

 ただ、ちょっと嬉しかったのは、CIAの長官役でマーティン・シーン(71歳)が出演していたこと。
 まあ、往年の輝きはどこへやらだけど(笑)、でも元気でいてくれたことはこの上ないこと。

 アクション的にはどちらかと言えば平凡な部類だし、息を飲むシーンも少なかったので、
 さすがにリチャード・ギアの力だけでは、全体は乗り切れなかったという感じ。
 もっとも最初っからこういうスパイ・アクションにリチャード・ギアを
 キャスティングすること自体無理があっただろう。

 まだ、俊敏に動けるうちならともかく・・・。 願わくばハリソン・フォードと同じ轍は
 踏まないようにと切に願いたいところだが(笑)

 ちなみに撮影は誰がしてたのかと調べてみると、ジェフリー・L・キンボールという人。
 古くは『トップガン』、直近では『エクスペンダブルズ』を撮ってるんだなぁ・・・。
 おぉ~『カーリー・スー』や『トゥルー・ロマンス』もこの人だったんだぁ 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ヤング≒アダルト』 | トップ | 第35回日本アカデミー賞・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
良き人… (オリーブリー)
2012-03-10 01:16:36
ギア様、お年を召されたらますますイメージが柔らくなってるので、この役柄はちょっと、、、と思いました。
でも「3時10分~」は好きな作品なので、今後の監督業にもまだ期待しています。
シフト~ (cyaz)
2012-03-10 08:58:00
オリーブリーさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ギア様、お年を召されたらますますイメージが柔らくなってるので、この役柄はちょっと、、、と思いました。
そうですよね~
その甘いマスクではちょっと無理があるかも?!

>でも「3時10分~」は好きな作品なので、今後の監督業にもまだ期待しています。
ぼちぼちそちらにシフトですかね^^
良い人の、スパイ (kintyre)
2012-05-13 15:02:38
こんにちは

「良い人」のイメージが強いリチャード・ギアが2重スパイをスマートに演じていましたね。「ソルト」と似た部分もありましたが、ベンもスパイだったとは意外でした。
ベンもポールもスパイとしての顔と、家族を大切に思う部分との両面を描いていたのは良かったと思いました。

イメージ~ (cyaz)
2012-05-13 21:41:37
kintyreさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「良い人」のイメージが強いリチャード・ギアが2重スパイをスマートに演じていましたね。「ソルト」と似た部分もありましたが、ベンもスパイだったとは意外でした。
そうですね^^
でもギアは従来のイメージが強すぎてイマイチでした(笑)

>ベンもポールもスパイとしての顔と、家族を大切に思う部分との両面を描いていたのは良かったと思いました。
守るべきものはってやつですよね?
そのときだけは本物でしょうが・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
顔のないスパイ/The Double (LOVE Cinemas 調布)
『3時10分、決断のとき』や『ウォンテッド』の脚本家マイケル・ブラントの初監督作品。20年前に死んだソ連のスパイを追いかける元CIA職員とFBI捜査官のコンビを描いている。主演は『HACHI 約束の犬』のリチャード・ギアと『スパイダーマン3』のトファー・グ...
『顔のないスパイ』 2012年2月17日 シネマート六本木 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『顔のないスパイ』を試写会で鑑賞です。 犯人は誰だ 的な発想で途中で止めて犯人当てクイズがありました いや~犯人は想像ついたけど、動機が不明なんで見事に外れました 【ストーリー】  ある晩、ロシア寄りのアメリカ上院議員が暗殺され、その手口からすでに死んだ...
顔のないスパイ/リチャード・ギア (カノンな日々)
どうしても恋愛ドラマのイメージが強くなってしまうリチャード・ギアですけど『クロッシング』の警官役もなかなか印象的で、ワタシ的には恋愛絡みじゃないリチャード・ギア好感度 ...
顔のないスパイ (Memoirs_of_dai)
カシウスネタばれ早すぎ 【Story】 アメリカ上院議員が暗殺され、その手口から既に死んだはずのソビエトの殺し屋カシウスの名が挙がる。CIA長官(マーティン・シーン)は、伝説の暗殺者に詳しい元諜報...
「顔のないスパイ」みた。 (たいむのひとりごと)
20年前に姿を消したソビエト伝説のスパイ”カシウス”の復活から、嘗て”カシウス”を追っていた元CIA捜査官:ポールと、”カシウス”とポールに憧れる若きFBI捜査官:ベンの新たなる闘い。スパイ&サスペン
劇場鑑賞「顔のないスパイ」 (日々“是”精進! ver.A)
裏の、裏にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201202280003/ ウォンテッド 【Blu-ray ベスト・ライブラリー100】 ジェネオン・ユニバーサル 2011-06-22 売り上げランキング : 9029 Am...
「顔のないスパイ」 凡百のスパイ映画に埋もれていく作品 (はらやんの映画徒然草)
スパイものというジャンルは好きなんですよね。 敵味方の心理戦、正体がばれてはいけ
顔のないスパイ  THE DOUBLE (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
リチャード・ギアとのトファー・グレイスの共演で、非常に難しい映画だった。もう20年前に死んだはずのソ連のスパイの正体に迫る元CIAエージェントと若きFBI捜査官が出てくる。伝説のスパイの正体はすぐにわかるけど、なんだか複雑な話だった。
顔のないスパイ / The Double (勝手に映画評)
ワシントンでロシアと密接な関係にあると言われている上院議員が殺害される。その殺害犯は、伝説の暗殺者“カシアス”なのか・・・。 冷戦終了後のアメリカ。そのアメリカには、冷戦時代の10倍ものロシアのスパイが潜んでいると言う“設定”になっています。“設定”と記...
顔のないスパイ (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE DOUBLE。マイケル・ブラント監督、リチャード・ギア、トファー・グレイス、マーティン・シーン、オデット・ユーストマン、テイマー・ハッサン、スタナ・カティ ...
映画「顔のないスパイ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「顔のないスパイ」観に行ってきました。旧ソ連時代の凄腕スパイ「カシウス」の行方を巡って繰り広げられる、リチャード・ギア主演のスパイ・アクション作品。「顔のないスパイ...
顔のないスパイ (食はすべての源なり。)
顔のないスパイ ★★☆☆☆(★2つ) リチャード・ギア、トファー・グレイスの主演で描くサスペンスアクション。 米ワシントンで上院議員が殺害される事件が発生し、その手口から死んだとされている旧ソ連の伝説のスパイ、カシウスの存在が浮上する。米ソ冷戦時代にC...
顔のないスパイ/THE DOUBLE (いい加減社長の映画日記)
リチャード・ギアが好きだし、「トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1」の純愛も、いい加減食傷気味だし・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ワシントンで起きた上院議員殺害事件。 その手口から捜査線上に浮上したのは、すでに死んだと思われ....
顔のないスパイ (だらだら無気力ブログ!)
リチャード・ギアは渋くてカッコいいものの、盛り上がりに欠ける感が。
顔のないスパイ       評価★★40点 (パピとママ映画のblog)
すでに死亡したと思われていたソビエトの伝説のスパイ“カシウス”の謎を追う元諜報員の姿を描くサスペンス・アクション。監督は「WANTED ウォンテッド」の脚本を手がけたマイケル・ブラント。出演は「アメリア 永遠の翼」のリチャード・ギア、「プレデターズ」のトファ...
映画 【顔のないスパイ】 を見ました (観劇レビュー&旅行記)
2012年2月29日(水)  先週の土曜日(2012/2/25) 映画 【顔のないスパイ】 を見ました。 原題 「THE DOUBLE」 邦題とは全然違う。  話の内容はロシアの『Wスパイ』の話なので、英語の原題の方...
顔のないスパイ (心のままに映画の風景)
ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。 CIA長官(マーティン・シーン)は、かつてカシウスの追跡に実績を残した元エージェ...
「顔のないスパイ」 (みんなシネマいいのに!)
 かつては、「アメリカン・ジゴロ」、「愛と青春の旅だち」、「プリティ・ウーマン」
顔のないスパイ (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★☆☆“ゴメン、結局誰が本当のカシウスかわかりません!”チラシでも予告でもポールがカシウスだと言っているので確定事項なのですけど、カシウスの捜索が始まって割と早い段階にポールは自分がカシウスだということを観客は知ってしまうんです。 そうすると、ベン...
顔のないスパイ (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★☆☆“ゴメン、結局誰が本当のカシウスかわかりません!”チラシでも予告でもポールがカシウスだと言っているので確定事項なのですけど、カシウスの捜索が始まって割と早い段階にポールは自分がカシウスだということを観客は知ってしまうんです。 そうすると、ベン...
顔のないスパイ (こんな映画見ました~)
『顔のないスパイ』---THE DOUBLE---2011年(アメリカ)監督:マイケル・ブラント 出演:リチャード・ギア 、トファー・グレイス、マーティン・シーン ある日、ワシントンで上院議員が何者かに殺され、その手口から、すでに死んだとされていたソ連の伝説の....
顔のないスパイ (とりあえず、コメントです)
現代のアメリカを舞台にリチャード・ギア主演で描いたスパイもののサスペンスです。 予告編を観て原題を見たらストーリーがほとんど想像つくなあと思いつつも やっぱり気になったのでチャレンジしてみました(^^ゞ 主人公たちの心を表すような緊迫の展開に、彼らを信じて見...
映画『顔のないスパイ』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-21.顔のないスパイ■原題:The Double■製作国・年:2011年、アメリカ■上映時間:98分■字幕:種市譲二■観賞日:3月1日、新宿バルト9(新宿三丁目) □監督・脚本:マイケル・ブラント◆リチャード・ギア(ポール・ジェファーソン)◆トファー・グレイス(...
「顔のないスパイ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Double」 2011USA ポール・シェファーソンに「アメリア 永遠の翼/2009」のリチャード・ギア。 ベン・ギアリーに「バレンタインデー/2010」のトファー・グレイス。 CIA長官ハ イランドに「ディパーテッド/2006」「ボーダータウン/報道されない殺人者/2006...
『顔のないスパイ』(2011) (【徒然なるままに・・・】)
ロシアとの繋がりが深い上院議員が暗殺された。その手口は、死んだとされている旧ソ連伝説のスパイ”カシアス”に酷似している。冷戦時代に”カシアス”を追い続けていた元CIAのポールは長官に呼び戻され、修士論文のテーマに”カシウス”を選んだほど彼を研究していた...
顔のないスパイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE DOUBLE】 2012/02/25公開 アメリカ 98分監督:マイケル・ブラント出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック、クリス・マークエット、テイマー・ハッサン、マーティン・シーン ある日、....
顔のないスパイ (The Double) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マイケル・ブラント 主演 リチャード・ギア 2011年 アメリカ映画 98分 サスペンス 採点★★ 相変わらず“予測不能のラスト!”みたいな謳い文句のサスペンスって多いですよねぇ。まぁ、ビックリさせるだけで何の辻褄も合わない、“どんでん返ししてみただけ...
顔のないスパイ (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
顔のないスパイ '11:米 ◆原題:THE DOUBLE ◆監督:マイケル・ブラント ◆出演:リチャード・ギア、トファー・グレイス、スティーヴン・モイヤー、オデット・ユーストマン、スタナ・カティック ◆STORY◆ワシントンで起きた上院議員殺害事件。その手口から捜査線上に...
「顔のないスパイ」 (It's a wonderful cinema)
 2011年/アメリカ  監督/マイケル・ブラント  出演/リチャード・ギア      トファー・グレイス  予告編を観た段階で、リチャード・ギアが二重スパイだということはわかっていた。でも、それだけじゃ終わらない。原題の「THE DOUBLE」にはもう一つの意...
映画評「顔のないスパイ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督マイケル・ブラント 重要なネタバレあり。鑑賞予定の方は鑑賞後のお読みください。
映画 顔のないスパイ (こみち)
JUGEMテーマ:洋画     正体がわからないロシスパイを追いかける2人のアメリカのスパイ。   実は、追う側の1人が追われる者で、もう1人が追うものを消す   役目だった。ダブルエージェントものとしては、...
顔のないスパイ (迷宮映画館)
ちょっと前の映画を彷彿させてくれた。やけに懐かしい・・・。