京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『クローズド・ノート』

2007-10-17 01:24:45 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「クローズド・ノート
□監督 行定 勲
□脚本 吉田智子 伊藤ちひろ 行定勲 
□原作 雫井脩介(「クローズド・ノート」角川書店刊)
□キャスト 沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、黄川田将也、永作博美、板谷由夏、田中哲司、サエコ、中村嘉葎雄
 
■鑑賞日 10月14日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 沢尻エリカのあの舞台挨拶事件がなければもっと感動が得られたのに・・・。

 行定 勲監督の描く作品は、彼の中に流れる“動”と“静”というものが不規則にあるらしく、この作品はその“静”の作品だったようだ。 しかし、“静”ながら大きく心を動かす魅力をももった力強いメッセージを持った作品だ。

 原作は未読ながら、原作の持つクオリティを最大限に発揮されたていたのかもしれない。 伊勢谷は前作『
スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ』で,男ながらあの中ではひと際綺麗(伊藤英明よりも)だなぁと思ったが、こういう情緒豊かな作品においては残念ながらやや小汚い(髪型のせいもあるが)。 もっともイラストレーター(画家)という設定ではあおいちゃんと共演した『ハチクロ』でも画家(学生)の卵だったが。 一芸に秀でている分、細かいところにややかけているところが見た目を含めこのリュウの役の良かったのかも。 階段に腰を下ろし、髪の毛をゴムで止めるところは結構よかったかなぁ(笑)。 背景を含んで。

 前に住んでいて越しした人の忘れ物、その日記帳を元にこのストーリーは展開していくが、優しくソフィスティケイトされたストーリーの持つ雰囲気を竹内結子と沢尻エイカが好演していた。 最近はブログで自分の日記を公開している人が多いが、他人の日記を読む機会なんてほぼないことだろう。 

 主人公である香恵はこの伊吹先生の日記を読み進む中で、彼女が担任する小学校の生徒との間の葛藤や喜びを通じて、心が一回り大きな女性に変貌していく。 “太陽の子”、“伊吹賞”なんて今でもそんなことをしている小学校はあるのだろうか(生徒のいいところを伸ばす教育なんて)。

 香恵のバイト先の万年筆屋。 このストーリーでは万年筆も必要不可欠なアイテムだった。 余談だが学生の頃の僕は、実は万年筆にこだわりを持っていて自分の好きな書き味の万年筆を良く探したものだった。 ふと、そんなことも思い出しながら、でも一番書き味の良かったのはオヤジからもらった木目調の万年筆だった。 それでよく手紙も書いたし、詩も作った。 その頃の詩集は今も残っている。 何年かに一度読み返してみることがあるのだが、気恥ずかしい想いと若かった頃のほろ苦さが伝わってくる(今のワープロで打った文字よりもはるかに)。 

 石飛リュウにとってその自分のタッチに合う万年筆探しは、愛する彼女への想い出と哀悼だったのかもしれない。 生きていた頃の彼女の万年筆の感触が・・・。 
 そしてこの万年筆屋の親子もいい。 永作博美と中村嘉葎雄。 この映画の温かさはこの二人の派手ではないがポイントをついた演技にあったと思う。

 ちなみに、撮影で使用されたのは京都は寺町二条にある京都最古の洋菓子店「村上開新堂(創業明治37年)」。 登場する万年筆たちはこちら  「
楽天

 特にこの映画で気に入ったのか、舞台が京都であり、よく知っている南禅寺のインクラインや哲学の道、祇園白河、鴨川等々、何度も歩いたことのある風景がスクリーンいっぱいに広がっていて、なんともなく親近感を覚えた。 その風情が、都会都会した設定でないところがこの展開を支えた影の功労者だったような気もする。

 ラストシーンの紙飛行機の舞う様はまるで映画『
コーラス』を彷彿とさせるものだったなぁ。

 劇中で描かれているリュウの絵は、
下田昌克氏のものでなかなか興味あるものだった。 変に色づいていないところが逆に一層彼女に対する“想い”を感じることが出来た。

 あの香恵のアパート、スタジオセットなのかどうかわからないが、もしあの哲学の道付近で撮影されたのなら、場所を知っている方是非教えてください。 あと公園のシーンで左隅に移っていたコアラの公園、どこですか(笑)? ・・・気になる。 京都市内だったら来月実家に帰ったときに訪ねてみたい。 コアラの正面の顔はどんな(笑)?

 色々書いたけど、もしあの沢尻エリカの舞台挨拶事件がなければ、もっと感情移入できたし★★★★でも良かったと思う。 この香恵を演じる沢尻エリカはとても可愛かった。 心も姿かたちも・・・。

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (30)   トラックバック (76)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コスモス/浜離宮恩賜庭園(20... | トップ | KAMON(家紋)ジェネレ... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
一番乗り? (にゃんこ)
2007-10-17 07:14:57
おはよーございます。
やっぱり紙ひこうきで「コーラス」連想されたんですね(笑)
猫の中ではエリカさまよりも竹内結子のほうが
印象に残った作品でした。
やっぱり~ (cyaz)
2007-10-17 08:19:48
にゃんこさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっぱり紙ひこうきで「コーラス」連想されたんですね(笑)
当然です(笑) お互いツウですな^^
このあいだ、CSで放送してたのを録り忘れました><

>猫の中ではエリカさまよりも竹内結子のほうが
印象に残った作品でした。
彼女のこういう役は同監督の『春の雪』(時代背景は違いますが)を思い出しました。でも上手ですね、彼女は! 意外に永作博美も良かったですよ!
京都だったんですね! (サトウノリコ)
2007-10-17 09:01:07
あの風景は一体何処なんだろうと一緒に観た友達と話してたんですよ^^
さりげなく京都で撮影されてるって所がまた行定監督ですね~。
何かこの作品に関しては邪念が多すぎて(笑)上手く感情移入できなかったんですけど、
やっぱり行定監督と照明・中村技師のコンビは風景とか人物とかの映し方がキレイですね。
竹内さん、伊勢谷くん、板谷さん、永作さんとキャスティングも良かったです。
ということでTBさせて頂きます。
そう、京都どす~ (cyaz)
2007-10-17 12:35:38
サトウノリコさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>あの風景は一体何処なんだろうと一緒に観た友達と話してたんですよ^^
僕には馴染みの多い風景でした^^

>さりげなく京都で撮影されてるって所がまた行定監督ですね~。
原作未読で不勉強なのですが、原作も京都なんですかねぇ・・・?

>何かこの作品に関しては邪念が多すぎて(笑)上手く感情移入できなかったんですけど、
やっぱし(笑)

>やっぱり行定監督と照明・中村技師のコンビは風景とか人物とかの映し方がキレイですね。
かなり意識した映像でしたね!

>竹内さん、伊勢谷くん、板谷さん、永作さんとキャスティングも良かったです。
板谷さん、最近又独特の雰囲気出してきましたねぇ~
TBありがとうございます (KGR)
2007-10-17 14:08:32
わたしも原作は読んでいませんから、
物語の舞台設定については知りませんが、
撮影は京都と東京で行われています。

コアラの公園は分かりませんが、
たとえば、若草小学校は三浦市立旭小ですし、
遠足のシーンは相模原麻溝公園「水の広場」、
マンドリンの演奏会は、千代田区の九段会館です。
京都~♪ (Ageha)
2007-10-17 15:29:07
南禅寺のあの場所は映画「初雪の恋」でも
宮崎あおいちゃんが絵を書いているシーンで
使われてました。
「舞妓Haaaaa~n」といい最近
京都が撮影に使われることがえらい多い気がしますが
一回くらい現場が見たいもんだ。
きっとすごい人だかりになってるだろうに。(ミーハー)

あのニュースのせいで
沢尻エリカに対していい印象を持てずに映画を見て
作品に対しても演じたキャラに対しても
感情移入ができなくなって
イロメガネでしかレビューが書けませんでした。
それはものすごくそういうことに左右される
自分もどうかと思うのですが
そういう影響をうけてしまったひともきっと
少なからずいるかと思うとホンマにもったいないと
思います。

作品というよりこれは
読んでもいない原作に対してですが
自分が隆の立場だったとして
愛するひととの思い出をなぞるような香恵の行動は
決して好きになれないんじゃなかろうかと。
出会った段階ではまだ心の整理がついてない彼に
パワーボールやら七色の鯉やら
それはむしろ気持ち逆撫でして
彼女が魅力的だったとしても受け入れられないもんではないでしょうか?
日記を読む自体NGで、それを否定すると
話がすすまないんですが
香恵というキャラそのものが好きになれなかったのが
この映画をシビアに見てしまった一番の理由かもしれません。
・・・長くなってしまってどうも。
気になる~ (cyaz)
2007-10-17 17:57:45
KGRさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>たとえば、若草小学校は三浦市立旭小ですし、
なるほど!

>遠足のシーンは相模原麻溝公園「水の広場」、
これも神奈川県ですね^^

>マンドリンの演奏会は、千代田区の九段会館です。
おっとここは試写会でよく^^

コアラ公園気になるんですよね~ あのアパートも^^
上位~ (cyaz)
2007-10-17 18:04:08
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>南禅寺のあの場所は映画「初雪の恋」でも宮崎あおいちゃんが絵を書いているシーンで使われてました。
学生時代からお気に入りのスポットですよ^^ 哲学の道も!

>京都が撮影に使われることがえらい多い気がしますが一回くらい現場が見たいもんだ。
いつでも仕事を気にせず行ける人でないと(笑)

>作品に対しても演じたキャラに対しても感情移入ができなくなってイロメガネでしかレビューが書けませんでした。
うーん、仕方がないですかねぇ><

>そういう影響をうけてしまったひともきっと少なからずいるかと思うとホンマにもったいないと思います。
何があったか知らないけど、仮病で休んだ方がよっぽど大人の選択なのに(笑)

>自分が隆の立場だったとして愛するひととの思い出をなぞるような香恵の行動は決して好きになれないんじゃなかろうかと。
ま、現にすきになっていないですが(笑)

>出会った段階ではまだ心の整理がついてない彼にパワーボールやら七色の鯉やらそれはむしろ気持ち逆撫でして彼女が魅力的だったとしても受け入れられないもんではないでしょうか?
シビアに見るとそうですが、所詮男は浮気者(汗)

>香恵というキャラそのものが好きになれなかったのがこの映画をシビアに見てしまった一番の理由かもしれません。 ・・・長くなってしまってどうも。
久々鬼になりましたね(笑)?
でも、あの丁寧なご挨拶がなければ、結構今年見た邦画の中ではランク上位だったのになぁ(笑)
役と実物は別でも・・・ (Prism)
2007-10-17 18:05:52
やはりエリカ様全開の舞台挨拶は、作品にとっても、
本人にとってもマイナスでしたね。

役と実物は別とは言っても、鑑賞時に少なからず影響は出てしまいます。

二つのレビューそれぞれにTBを頂いて、
ありがとうございました。
万年筆 (hito)
2007-10-17 18:16:50
こんにちは♪
今回はTB成功しました!

沢尻エリカちゃん演じる香恵は本当に清楚で美しくて魅力的でしたね!

万年筆が効いていて素敵でしたね~私も万年筆は好きで一時期集めていたので、とても興味深かったです。
今丁度原作を読んでいるのですが、映画よりも更に万年筆について描かれていて、より楽しめます。

ドルチェビータのあのオレンジ欲しくなってしまいました。
ターニングポイント (PGM21)
2007-10-17 20:23:19
何時もお世話になっております。

やはり皆様は沢尻の態度をオーバーラップさせてしまっているんですね。私もないとは言いませんが、なるべく作品の人物と実際の人物は別物として考えています。
作品的には実際の感情論抜きに観れば平凡な生活の中の1つのストーリーというのが今回の作品だったと思います。
色々な人生があり、その中でその人生を知った先に人生観が変わったならそれはその人にとって大きなターニングポイントになるのだと思いますよ。
インパクト~ (cyaz)
2007-10-17 21:23:06
Prismさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>やはりエリカ様全開の舞台挨拶は、作品にとっても、本人にとってもマイナスでしたね。
あれはひどすぎましたからねぇ><

>役と実物は別とは言っても、鑑賞時に少なからず影響は出てしまいます。
そうですねぇ、仕方がないですね。
文科系~ (cyaz)
2007-10-17 21:27:52
hitoさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>今回はTB成功しました!
良かったです^^

>沢尻エリカちゃん演じる香恵は本当に清楚で美しくて魅力的でしたね!
劇中では本当にいい雰囲気でしたね~

>万年筆が効いていて素敵でしたね~私も万年筆は好きで一時期集めていたので、とても興味深かったです。
もしや、文科系でしたか?

>今丁度原作を読んでいるのですが、映画よりも更に万年筆について描かれていて、より楽しめます。
へぇ~、そうなんですか?

>ドルチェビータのあのオレンジ欲しくなってしまいました。
おいしそうな色ですよね(笑)
墓穴~ (cyaz)
2007-10-17 21:31:49
PGM21さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>やはり皆様は沢尻の態度をオーバーラップさせてしまっているんですね。私もないとは言いませんが、なるべく作品の人物と実際の人物は別物として考えています。
大半の方が僕も含め気にはなっていたと思います。あまりに非常識過ぎましたからね!

>色々な人生があり、その中でその人生を知った先に人生観が変わったならそれはその人にとって大きなターニングポイントになるのだと思いますよ。
そうですね。そしてそのターニングポイントも様々。沢尻エリカ、彼女も自ら墓穴を掘ったターニングポイントですね(笑)
TBありがとうございました (ももたろうサブライ)
2007-10-17 21:56:24
私は舞台挨拶の映像が流れる前に観たので、予断を持つことなく楽しめましたけど、あの舞台挨拶を見た後で「役者個人と役の人物は別」と割り切って鑑賞するのは難しいかも知れませんね。
影響大~ (cyaz)
2007-10-17 23:13:27
ももたろうサブライさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は舞台挨拶の映像が流れる前に観たので、予断を持つことなく楽しめましたけど、あの舞台挨拶を見た後で「役者個人と役の人物は別」と割り切って鑑賞するのは難しいかも知れませんね
事前試写会でご覧になった方はラッキーでしたね!
あの言動は人としておかしいですよね。ましてそれでメシを食っている女優さんですから与える影響は大です。
素晴らしい映画ですよね。 (ヤス)
2007-10-18 04:30:10
『cyaz』さんもご覧になられて嬉しいですね。私も京都行きたくなりました。ご実家が京都なんですか???羨ましいです。

映画では3人はもちろん、万年筆屋の父娘が確かにいい味を出してますよね。

私は作品とあの一件は別で映画を堪能しています(笑)。むしろ沢尻エリカさん、もっと頑張って欲しいです。昨日、久々ペプシのCMも見かけましたし嬉しかったです。
感性~ (cyaz)
2007-10-18 21:49:41
ヤスさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私も京都行きたくなりました。
そうなりますよね~^^

>ご実家が京都なんですか???羨ましいです。
ええ、実家が京都です。但し生まれ育ちは大阪ですが(笑)

>映画では3人はもちろん、万年筆屋の父娘が確かにいい味を出してますよね。
これはポイントでしたよね^^

>私は作品とあの一件は別で映画を堪能しています(笑)。むしろ沢尻エリカさん、もっと頑張って欲しいです。昨日、久々ペプシのCMも見かけましたし嬉しかったです。
彼女はもともと上手な女優さんです。 ただ私生活の感性をショービズの世界に持ち込まないで欲しいですね。
TBありがとうございました (咲太郎)
2007-10-19 09:49:38
「映画がかわいそう」とは行定監督の言葉。
多くの方が残念な観方になっているようですね。
京都の風景と画は本当素晴らしかった。
気のせいかいつもよりTBの数が少ない気が・・・。
観た人も少ないんでしょうね。
アレさえなければ~ (cyaz)
2007-10-19 12:29:55
咲太郎さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>「映画がかわいそう」とは行定監督の言葉。
映画の出来自体は悪くなかったのですが、なにせアレでしたからね・・・。

>京都の風景と画は本当素晴らしかった。
原作の設定どおりかどうか分らなかったのですが、子の映画の色には合っていたように思います。
こんにちは♪ (ミチ)
2007-10-19 16:41:03
この映画の中の香恵は本当に可憐でした。
あの舞台挨拶がかえすもがえすも惜しいですね~。
cyazさんは原作は未読でしょうか?
原作はかなり余韻があって良かったですよ!ぜひ!
未読~ (cyaz)
2007-10-19 18:30:42
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この映画の中の香恵は本当に可憐でした。あの舞台挨拶がかえすもがえすも惜しいですね~。
仰る通りですね! 作品は本当に良いものでした。

>cyazさんは原作は未読でしょうか? 原作はかなり余韻があって良かったですよ!ぜひ!
残念ながら未読なんですよ>< 機会を見つけて読んでみますね^^
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-10-20 17:15:41
 TBどうもありがとうございました。

 リュウが髪の毛をしばるところ、よかったですねー。
 私もあそこ、好きです(笑)

 沢尻エリカちゃんは、まぁともあれ謝罪したわけですから、今回のことは許してあげたい気持ちです。
 って別に私がどうこう言うことでもないですが^^;;
改心~ (cyaz)
2007-10-21 22:58:45
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>リュウが髪の毛をしばるところ、よかったですねー。 私もあそこ、好きです(笑)
カッコよかったですよね~

>沢尻エリカちゃんは、まぁともあれ謝罪したわけですから、今回のことは許してあげたい気持ちです。 って別に私がどうこう言うことでもないですが^^;;
何故あんな態度だったのかはっきりしませんが、心改めて頑張ってほしいですね!
京都ですよね (たまさん)
2007-10-24 01:44:06
cyazさん、こんばんは。
京都へはちょくちょく出かけますが、分かるのは鴨川ぐらいです。寺町二条の洋菓子店とか、気になります。行ってみようかな。
沢尻エリカの舞台劇にはビックリでしたが、映画の彼女はなんともカワイイ。
静かで美しい作品でしたね。
最高~ (cyaz)
2007-10-24 08:44:03
たまさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>京都へはちょくちょく出かけますが、分かるのは鴨川ぐらいです。寺町二条の洋菓子店とか、気になります。行ってみようかな。
南禅寺や哲学の道あたりもなかなかいいですよ^^
僕は年2回はあそこを歩きますが^^

>静かで美しい作品でしたね。
ホント、あの舞台挨拶さえなければ最高でした!
トラックバック、ありがとうございました。 (冨田弘嗣)
2007-10-29 22:33:00
 ご無沙汰しております。やっぱり、多くの方が、舞台挨拶のことを意識していますね。私は幸いにも、初日に観させていただいたので、先入観なく鑑賞しました。観てよかった、映画が好きでよかったと思える逸品でした。  冨田弘嗣
クォリティ~ (cyaz)
2007-10-30 08:24:55
冨田弘嗣さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>やっぱり、多くの方が、舞台挨拶のことを意識していますね。私は幸いにも、初日に観させていただいたので、先入観なく鑑賞しました。観てよかった、映画が好きでよかったと思える逸品でした。
映画自体のクォリティは高かったですからね。
それだけに彼女のあの態度は許せませんね。
ロケーション (kimion20002000)
2008-03-24 22:56:29
TBありがとう。
パンフを買っていないので、そこに書かれていたのかもしれませんが、ロケーション良かったですね。あの万年筆屋さんは何処だろうと思っていたんですが、納得!アパートは知りたいね。あと、エンドロールと三浦などの湘南の地名が出ていたけど、もしかしたら、ロケ先が別にあるのかもね。
ロケ地~ (cyaz)
2008-03-24 23:51:12
kimion20002000さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ロケーション良かったですね。あの万年筆屋さんは何処だろうと思っていたんですが、納得!アパートは知りたいね。
京都が中心で柔らかい映像を見せてもらえました!

>あと、エンドロールと三浦などの湘南の地名が出ていたけど、もしかしたら、ロケ先が別にあるのかもね。
神奈川県でもロケやっていましたよ!詳細はヤスさんのブログをご覧になってはいかがですか^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

76 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クローズド・ノート☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告でいっぱいネタバレしているような気がする『クローズド・ノート』観てきましたけど・・・エリカさま 舞台挨拶でやらかしてたんですね^^;;まぁ、主役だけど主役じゃないような気もするヒロインだったしなぁ引っ越した部屋で、前の住人のものだと思われるノートを...
クローズド・ノート (ネタバレ映画館)
マンドリンしながらバイトしてまんねん。
クローズド・ノート (Akira's VOICE)
人も万年筆も出会いを求めている。
映画「クローズド・ノート」を観ました!!(2007-22) (馬球1964)
映画「クローズド・ノート」を観ました!!2007年の22作目です。私は今まで、しっかり=確りの漢字を書けませんでした(笑)。
クローズド・ノート 49点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
マンゴー、マツタケ、マンドリン♪ 公式サイト 雫井脩介による同タイトルの携帯小説を映画化。監督は『世界の中心で、愛をさけぶ』で大ヒットを飛ばした行定勲。 過去と現代のそれぞれに、世代の異なる人気女優をヒロインとして配置して、両者を平行して物語を展開...
クローズド・ノート、試写会 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
霞が関、イイノホールでの公開。 実は運悪く、10日に試写会が3本も重複。 体は一つしかないので、どれを見るか迷ったが、 ちょっとした理由があってこの映画を選択した。 *** 竹内結子、沢尻エリカ、伊勢谷友介。 「セカチュー」の行定勲監督作品 *** 引っ...
私じゃダメです。(オイ)~「クローズド・ノート」~ (ペパーミントの魔術師)
沢尻エリカのイメージで ものすごく幻想を抱いてしまったのが ドラマ「1リットルの涙」。 それは、彼女が演じた役柄の一つにすぎず、 それが素の彼女でないこともわかっていて それでも、演技であれインタビューであれ どこかであの時の顔を捜してしまうわけで。 表現...
映画「クローズド・ノート」を試写会にて鑑賞。 (masalaの辛口映画館)
 18日、内幸町のイイノホールにて「クローズド・ノート」を鑑賞した。 客入りは8割ほどで女性観客が多い。主権は角川書店。 映画の話 女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引っ越しの際、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。ある日、香恵は画家の石飛(伊勢谷友...
映画では味わえない余韻●クローズド・ノート (原作小説) (Prism Viewpoints)
映画を絶賛した人も、映画に落胆した人も、映画を鑑賞しようか迷っている人も、 一度、原作小説を読んでみる事をオススメします。 『Closed Note』 著者:雫井修介
映画「クローズド・ノート」 (日々のつぶやき)
監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、黄川田将也、永作博美 「香恵は引越し先で、前の住人が置き忘れていったノートを見つけた。ふとノートを手に取り読んでみると、それは教師をしていた女性、伊吹の日記だった。生徒に対しても恋愛にも前向きに正直
若かりし日の気持ちを思い出す●クローズド・ノート (映画) (Prism Viewpoints)
ラストの唐突感は、『天国の本屋 ~恋火~』よりもマシだが、 三段跳びの、小さくても重要な「ステップ」を飛ばした感は否めない。 『Closed Note』 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮
クローズド・ノート/沢尻エリカ (カノンな日々)
エリカ様ってば、プロモーションとはいえテレビに出過ぎでしょ。行定監督で138分という長尺、そして過剰な宣伝。こういうのが揃うと経験則上かえって不安になるんですよねェ。そんな風にネガティブなイメージで臨むのも映画をより楽しむ私なりの術だったりもしますケド(照...
クローズド・ノート (八ちゃんの日常空間)
でも泣いちゃいました。
クローズド・ノート (竹内結子さん) (yanajunのイラスト・まんが道)
◆竹内結子さん(のつもり) 竹内結子さんは、現在公開中の映画『クローズド・ノート』に真野伊吹役で出演しています。 映画『クローズド・ノート』は1冊の日記を軸に、ヒロインの女子大生(沢尻エリカさん)が真実の愛に出会うまでの恋物語とその過程で成長していく...
クローズド・ノート~清純派・沢尻エリカ! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
クローズド・ノートですが、沢尻エリカは舞台挨拶とは別人のようでした。普通の清楚な大学生という感じで、引っ越し先で前の住人の日記を見つけます。この家を外から覗いている男がいるのですが、バイト先の万年筆屋で偶然再会します。(映画・クローズド・ノート感想、以...
「クローズド・ノート」他人のストーリーを知った先にみるそれぞれの人生価値観 (オールマイティにコメンテート)
「クローズド・ノート」は雫井脩介原作の映画でとあるアパートに引っ越してきた女子大生が前の住人が残した日記を偶然読んだ事で筆者の歩んだ想いを共有し、その真実を知るストーリーである。今ではBlogなど日記を入力する習慣が当たり前になったが、その数多くの日記の中...
沢尻エリカさんの似顔絵。「クローズド・ノート」 (「ボブ吉」デビューへの道。)
●「クローズド・ノート」 例の「初日舞台挨拶の記事」の追記という形で、「クローズド・ノート」の 感想を記事にさせていただきます。 さすがに、あの舞台挨拶の騒動で、映画館に行くのをためらってましたが、 観てきました。観てよかったと思います。面白い作りの映画...
『 クローズド・ノート Closed Note 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『  クローズド・ノート 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2007年9月29日公開】 [ 上映劇場  ] 監督:行定勲 脚本:吉田智子 原作:雫井脩介「クローズド・ノート」 【キャスト】 沢尻エリカ 伊勢谷友介 竹内結子 板谷由夏 田中哲司 サエコ ...
『クローズド・ノート』鑑賞! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『クローズド・ノート』鑑賞レビュー! 私と彼女を結ぶ、世界でたった1冊の絆… ある1冊のノートから始まる 見えない「彼女」と運命のめぐりあわせ… 2007年/日本 公開日::::2007年9月29日(土) 上映時間::::138min(2時間18分) ...
クローズド・ノート (ikumu's note)
クローズド・ノート 試写会に行ってきました。 雫井脩介原作を行定勲監督,沢尻エリカ主演とそうそうたるキャストで映画化したもの。 大学生の香恵(江尻エリカ)は引越してきたアパートでノートを見つける。それはそのアパートに依然住んでいたと思われる小学校の...
クローズド・ノート (afternoon tea)
試写会で見ました。 絶対シラけるなー。 とウスウス思ってました。 だって、予告でなんとなーく全体図が掴めてしまったのです。 予想を裏切らない展開でした。 雰囲気は全然よい感じです。 インテリアとかもめっちゃステキです。 だけど、なんだか感動できない・・...
「クローズド・ノート」ちょっと長すぎ (ももたろうサブライ)
監督 行定勲少しあらすじ 大学生の香恵は引越したアパートで前の住人が残したノートを見つける。そのノートを書いたのは小学校教師の伊吹で、学校での悩み、隆に対する恋心がつづられていた。 香恵はアルバイト先の客でイラストレーターの石飛にひかれる。石飛は窓際に...
クローズド・ノート イイノホール 2007.9.13 (◆JOY◆ ~映画鑑賞日記~)
あらすじ:教育大に通う女子大生・香恵は、引越しの時に前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。しかし、日常の忙しさから、いつしかノートの存在を忘れていた。ある日、バイト先へ万年筆を買いに来た画家の石飛に恋をする。しかし、相談相手の親友ハナは留学中、...
「クローズド・ノート」問題のないエリカたち (再出発日記)
生エリカを見たことがある。一作目の「バッチギ」が公開された直後。『問題のない私たち』(監督・脚本森岡利行 黒川芽以 沢尻エリカ 美波)の舞台挨拶で岡山に来たのである。まさにブレイクする直前だった。その半年後なら、岡山の場末の映画館には到底来なかっただろ...
「クローズド・ノート」 (てんびんthe LIFE)
「クローズド・ノート」イイノホールで鑑賞 これも小説が原作の映画化。映像化しやすい内容でありそうなことは推測されますが、こういうのやっぱり行定監督はうまいと思います。景色の美しさ、光と影のコントラスト。全体的にとても美しい映画でした。ラストの紙飛行機...
クローズド・ノート (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
行定監督得意のセンチメンタルでノスタルジックな恋愛映画。物語終盤には驚きが用意されているが、これは最初から読めるオチなので効果は薄い。偶然に頼りすぎるし、女の子好みの設定に甘さがあるが、誠実な教師役を繊細に演じた竹内結子の透明感あふれる演技で救われた作...
【2007-137】クローズド・ノート Closed Note (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 前の住人が残した一冊のノート 覗いてしまった他人の心 彼女の恋 日記の恋 運命の恋が交差するとき── 彼女がたどり着く 隠された恋の真実とは? 私と彼女を結ぶ、 世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート (B-scale fan's log)
公開中 行定勲監督 沢尻エリカ主演     出演 伊勢谷友介、竹内結子、     永作博美、板谷由夏 主演女優は元から興味はありませんでしたが、 この監督、この共演者に惹かれて鑑賞しました。 予想どうりの高水準の出来。 しかし・・・、 満足度 3.5 <キ...
映画「クローズド・ノート」 (FREE TIME)
先日、映画「クローズド・ノート」を鑑賞して来ました。
『クローズド・ノート』 (ラムの大通り)
----行定勳監督の新作だっけ?精力的だね。 「うん。この夏『遠くの空に消えた』に続いて2作目の公開。 脂が乗り切っているんだろうね」 ----確か携帯小説が基になっているんでしょ。 ラブストーリーだっけ? 「基本はそうだけど、 ミステリーの要素も入っている。 それだ...
「クローズド・ノート」 (みんなシネマいいのに!)
 お、今日から公開か!と思っていそいそと劇場に行ったら「クローズZERO」じゃ
陽 ~「クローズド・ノート」~ (サナダ虫 ~解体中~)
行定勲監督作品、沢尻エリカ主演の、 映画 「クローズド・ノート」を観た。 雫井脩介の同名小説を映画化。 教師を目指す大学生の香恵(沢尻エリカ)は、引越先の部屋から一冊の日記帳を発見。 その日記帳の持ち主は、前の住人・伊吹(竹内結子)が忘れていったもの...
クローズド・ノート (Thanksgiving Day)
夜時間が空いたので、話題の映画「クローズド・ノート」をすすきのの札幌東宝公楽に観にいきました。 この映画、沢尻エリカの舞台挨拶の件もあって何かと話題になってますよね!ぼくはその前から「観たいなぁ」と思ってたので、前売り券もGETしてたんですよ。ようやく観...
映画『クローズド・ノート』(2回目) (一期一会の彩りを求めて・・・)
今日は、私のホームグラウンド、新百合ヶ丘のワーナーマイカルが10周年ということで1,000円入場日でした。そこで行定監督の『映画がかわいそう』発言を受けて、他の映画ではなく、また『クローズド・ノート』を観て来ましたっ!   (1回目のレビューの時に...
何も心に残らない。『クローズド・ノート』 (水曜日のシネマ日記)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだ女子大生の物語です。
クローズド・ノート (ともやの映画大好きっ!)
【2007年・日本】試写会で鑑賞(★★★★☆) 携帯サイトで連載されていた雫井脩介原作の同名小説を映像化。 1冊のノートを介して展開する人間模様を描いた物語。 母親ができちゃった再婚をしたために一人暮らしをすることになった女子大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。...
58『クローズド・ノート』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 58『クローズド・ノート』 評価:★★★☆☆ → ☆☆☆☆☆(沢尻エリカの態度に不愉快なため) YUIの歌っている主題歌「LOVE&TRUTH」も感情を盛り上げてくれますが、場外で話題を作った映画。 折角...
映画『クローズド・ノート』 (うっかりはんぞう)
「UFOどこ?」 『夜 の 上 海』を観賞後に観賞。 疲れを溜めないように1日1
クローズド・ノート(映画館) (ひるめし。)
私と彼女を結ぶ、世界でたった一冊の絆。
クローズド・ノート(2007) (かこぶろ。)
公開は来週29日(土)から。 今月の報知の試写会は、行定勲監督の。 「Love Letter」がとても好き。 酒井美紀さん、柏原崇くんがとても良かった。 「Go」も「セカチュー」も好き。 自然の美しさや、表情を大切に撮っているような印象があります。 原作の雫井脩介さんは、...
クローズド・ノート (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      クローズド・ノート(2007年、東宝) http://closed-note.com/index.html 監督:行定勲  原作:雫井脩介 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美、板谷由夏、田中哲司、他          女子大生の香恵は引っ越しの際、前の住人...
クローズド・ノート (何書☆ねくすと)
 評価:☆      心の力度:80%  評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらない 凹:ヘコむ ×:観ちゃいけない)  『あらすじ』  母親の再婚を機に一人暮らしをは
クローズド・ノート (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      クローズド・ノート(2007年、東宝) http://closed-note.com/index.html 監督:行定勲  原作:雫井脩介 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、永作博美、板谷由夏、田中哲司、他          女子大生の香恵は引っ越しの際、前の住人...
『クローズド・ノート』。 (*Honey Cafe Diary*)
エリカさま 目当てで劇場鑑賞してきました。 公式HPはコチラ 。 今回彼女がやらかしちゃった言動は 見るに耐えないものだったけど・・・ 一番ビックリしたのはその後の周りの反応だったかも。 集中攻撃。バッシング。 あらぁー。 日本人の気質を見た気が...
「クローズド・ノート」試写会レビュー 太陽の子  (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕がこ映画を観てたったひとだけ確かに言えることは、竹内結子は僕の中でこうあってほしい、ということだけだ。
クローズド・ノート (燃える管理人ブログ)
今、話題のクローズド・ノート。 あの騒動の有無に関わらず、とりあえず見ようと思ってた映画だったので見てみた。 引っ越した先の部屋に残っていたノートを発見した香恵(沢尻)。 そのノートは、前の住人の真野伊吹(竹内)という小学校の先生をしている女性の物の...
クローズド・ノート (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
覗いてしまった他人の心__一冊の日記に隠された、真実。 小学校の先生を目指す大学生・香恵は、母親の再婚を機に初めての1人暮らしを始める。そんなある日、彼女はバイト先の万年筆屋にやってきたイラストレーター・石飛リュウに恋をする。彼は引っ越しの日に、香...
映画 【クローズド・ノート】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「クローズド・ノート」 雫井修介の同名小説の映画化。 おはなし:女子大生の香恵(沢尻エリカ)は引越しした部屋で前の住人が忘れていった一冊のノートを見つける。挟まっていた写真を見ると、前の住人(竹内結子)はどうやら小学校教師らしい。教師志望の香...
映画『クローズド・ノート』 (頑張る!独身女!!)
他人の「秘密」を覗いてしまったことがありますか。読んでしまった「日記」覗いてしまった他人の心。「日記」の恋に導かれるように彼女の恋がはじまる。恋するときめきも、片思いの痛みも、いつもわかり合えた。でも、読んではいけなかった。決して他人に語られなかった、...
クローズド・ノート [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「クローズド・ノート」(行定 勲:監督/雫井脩介:原作)  を観てきました♪    映画そのものと別なところで  話題になってしまってますが^^;;、  観客の入りはわりとよいみたいでした^^  原作を読んでいないので、  「ノートを介して時空を超え...
クローズド・ノート [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★★★★★★★☆ http://closed-note.com/index
ノートとマンダリンと紙飛行機と (世界の中心で、愛をうたう)
私は沢尻エリカさんが好きです。 よって、かなり偏った見方をしているかもしれない ということを、初めにお断りしておきます。 ? 沢尻エリカ、竹内結子、伊勢谷友介、そして行定 勲監督 このメンバーで期待しないわけがありません。 いつものよう...
クローズド・ノート (future world)
‘エリカ様騒動’で、この映画本来の持ち味・面白さを感じることが出来るのか・・・ まぁ、仕方ないか・・・‘不快感’のベールを纏ったままの観賞となりますな。。 一冊の他人の日記~その書き手の想いと自分の現実をシンクロさせて、 巧みな構成で切なく描かれて...
心 の 力  (こころ の ちから) (観劇レビュー&旅行記)
沢尻エリカが主演して今話題の「クローズド・ノート」を見た。 題名を見て、「リング・ラセン」や「デス・ノート」のような、スリラーものか怪奇ものか学園暴力やイジメものかと...
映画「クローズド・ノート」を観て (RUN & GUTS)
【09月29日(土)曇り時々雨】 今日封切りの「クローズド・ノート」を観てきた。
『クローズド・ノート』 (たーくん'sシネマカフェ)
沢尻エリカが不安でしたが楽しみにしていた「クローズド・ノート」。しかも豊洲のシネコンが1周年ということで9/29から1週間、千円で鑑賞できます♪【ユナイテッド・シネマ豊洲】(C)2007「クローズド・ノート」製作委員会監督/脚本:行定勲 原作:雫井脩介 歌:YU...
【映画】クローズド・ノート (新!やさぐれ日記)
■状況 109シネマズ佐野にて無料観賞券で観賞 ■動機 雫井脩介映像化企画第二弾 ■感想 沢尻エリカは正しい事を言っている ■あらすじ 香恵(沢尻エリカ)は引っ越した先で、前の住人が忘れていった1冊のノートを見つける。そのノートは日記になっており、香恵は...
映画『クローズド・ノート』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
公開初日、『パーフェクト・ストレンジャー』とどっちを観ようか随分悩んだ作品でした
クローズド・ノート (ダイターンクラッシュ!!)
10月27日(土) 13:15~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『クローズド・ノート』公式サイト 映画の内容より、舞台挨拶での沢尻エリカの不遜な態度で有名になった作品。亀田のおかげで露出度が激減したが。 ...
クローズド・ノート (活動写真放浪家人生)
 <淡路東宝1>  関西で映画案内人として活躍する 夢を伝える紳士bobby`s☆hiroのシネプ
067)クローズド・ノート (「映画でお勉強!映画検定式1問1答映画クイズ」)
「クローズド・ノート」主演の沢尻エリカ。彼女が出演していない作品は? 1)SHINOBI 2)間宮兄弟 3)監督・ばんざい! 4)手紙 正解は次号にて。。 by織田 拳 ←応援お願いしま~す!
『クローズド・ノート』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『クローズド・ノート』 (本館) 【監督】行定勲 【脚本】吉田智子/伊藤ちひろ/行定勲 【原作】雫井脩介 『クロ...
「クローズド・ノート」 心の力で切り拓く (明日へのヒント by シキシマ博士)
この映画を観たのも少し前なんですが、ちょと忙しくてレビュー出来ないうちに、ぼちぼちと公開期間が終了の劇場も出てきてますね。 でも、丁寧に作られた良質の映画だったので、遅ればせながらですが少し書き記しておこうと思います。
映画『クローズド・ノート』 (いんどあかめさん日記)
この週末は、楽しみにしていた作品がたくさん公開になりました。…で、ひとつめに選ん
映画『クローズド・ノート』を観て (KINTYRE’SDIARY)
78.クローズド・ノート■配給:東宝■製作年・国:2007年、日本■上映時間:138分■鑑賞日:10月13日、新宿コマ東宝(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:行定勲□脚本:吉田智子、伊藤ちひろ□照明:中村裕樹□撮影:中山光一□録....
泣ける映画『ノートに眠った願いごと』出会う (何のために出会う何のために生きる)
何のために出会う何のために生きる
クローズド・ノート (Schicksal)
初日舞台挨拶に行く予定で急遽行けなくなり、ただニュースを見ると行かなくてよかったのかも...と思いつつも、やっぱり映画としては観てみたいのでクローズド・ノートを観てきた。
クローズド・ノート (愛猫レオンとシネマな毎日)
実は、公開日に見たのですが、例の「エリカ様騒動」を知って、映画の純粋な感想が 頭から飛んでしまいました。 う~ん主演なんだから、あれはダメですね~ どんなに、いい映画で、いい演技をしたとしても、お客さんが見たいと思ってくれなきゃ 意味ないです。 たとえ...
mini review 07285「クローズド・ノート」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
前の住人が忘れていった1冊のノートを読んだことによって、ヒロインが真実の愛に出会うまでを描く感動作。携帯サイトで連載され100万アクセスを突破した雫井脩介の同名小説を基に、1冊のノートによって結ばれていくかけがえのないきずなをつづる。『世界の中心で、愛をさ...
クローズド・ノート (風我)
いけないと思いながらも読んでしまった“日記”が彼女の運命を変えていく・・・ 母親の再婚を機に一人暮らしを始める教育大生の堀井香恵(沢尻エリカ)。引っ越した先のアパートの部屋で、前の住人、真野伊吹(竹内結子)が残したノートと出逢う。そしてその部屋の窓を見...
クローズド・ノート (創作といろいろ)
映画「クローズド・ノート」をDVDで観賞しました。 これ、思っていたよりもずっと良い作品でした。 教師志望の大学生・香恵が引っ越してきたアパートには 以前住んでいた人のノートが残されていた。 そのノートの主は伊吹という小学校教師で 学校での出来...
クローズド・ノート (mama)
2007年:日本 原作:雫井脩介 監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、黄川田将也、篠井英介、竹内結子、永作博美、サエコ、石橋蓮司、中村嘉葎雄、田中哲司、板谷由夏 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。...
クローズド・ノート (mama)
2007年:日本 原作:雫井脩介 監督:行定勲 出演:沢尻エリカ、伊勢谷友介、黄川田将也、篠井英介、竹内結子、永作博美、サエコ、石橋蓮司、中村嘉葎雄、田中哲司、板谷由夏 女子大生の香恵は、引越し先のアパートで前の住人が置き忘れた1冊のノートを見つける。...
「クローズド・ノート」 カップルで泣きたい時に 16 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「クローズド・ノート」  エリカ効果は素晴らしい。       【原題】 【公開年】2007年  【制作国】日本  【時間】138分 ...
映画評「クローズド・ノート」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2007年日本映画 監督・行定勲 ネタバレあり
~*『クローズド・ノート』*~ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2007年:日本映画、行定勲監督、雫井脩介原作、沢尻エリカ、伊勢谷友介、竹内結子、板谷由夏、田中哲司、サエコ、黄川田将也、永作博美、石橋蓮司、篠井英介、中村嘉葎雄出演。 ≪DVD観賞≫