京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『花のあと』

2010-03-19 03:19:00 | 邦画

 


□作品オフィシャルサイト 「花のあと
□監督 中西健二
□脚本 長谷川康夫、飯田健三郎
□原作 藤沢周平
□キャスト 北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、市川亀治郎、柄本 明、國村 隼、伊藤 歩、藤村志保(語り)

■鑑賞日 3月14日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 季節の移ろいとその表情は、藤沢周平の文学にとっては不可欠な要素だ。
 しかしながらその移ろいも、効果的に使わなければイメージを損なわせてしまう。
 今までの藤沢周平作品の良さを吸収して、監督なりの味付けをすべきなのだろうが、
 あまりに桜に思いを込めすぎて、逆に他の部分が置き去りになっているような印象はぬぐえない。
 確かに今使いたいだろう女優北川景子を据えて、この世界を描き出してやろうという意気込みは買えるけれど、
 その力があらぬ方向に働いているようで、全体に従来の藤沢原作映画を超えるものは何もない。

 武士ものには必要な、体全体が凛としている雰囲気が見られない。
 オヤジに鍛えられ、武家の娘として鍛錬を積むそんな隙のない演技ができるだかどうかだが、その期待は最初っからなかった感じ。
 逆に父である國村 隼と医者である柄本 明の二人の碁盤を挟んで、二人の語り口がこの作品の重要な輪郭を浮き彫りにし、
 オチに導く語りべとして、そこには熟練の極みとも言える誰もが納得できる演技。
 後の舞台挨拶の模様を見たとき、國村 隼が54歳だというのに少しビックリしたが・・・。
 ただ悪役(笑)の市川亀治郎の目の演技は素晴らしかったが。
 そして北川景子同様、伊藤 歩の使い方には不満が残ったが・・・。

 唯一、雪の中、北川景子が好きな人を想って降り続く雪を見つめる横顔が最高のショットだったなぁ

 最初は、おチャラケていた甲本雅裕だけど、最後の方にはしっかりと武士として彼女を守る姿はなかなかやるもんだなぁと感じた。
 この予告編を見たときに正直彼でいいのかなぁと危惧したが、しっかりそこのところはいい意味で裏切られた作品だった。
 でも彼がスクリーンに映るとなぜかブルーハーツの音が聴こえるのは僕だけだろうか(笑)

 それにしても、藤沢作品には何ゆえに一青窈の歌がベストフィットするのだろうか・・・。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (38)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『時をかける少女』 | トップ | 『スイートリトルライズ』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ギャップを楽しむ。 (Ageha)
2010-03-19 09:00:08
正直殺陣も演技もそないに期待はしてなくて、
ただ、この時代にこのストーリーは自分好みで
北川景子ちゃんの剣士姿は武家娘より数段キラキラしてました。


甲本さんが演じるサムライの真の姿も、
婆さんが胸に秘めたる恋物語を淡々と語っているようで、じつは自分の夫のノロケ話やんけ~!というオチも
時代劇にしてはウケまくりでした。(おいおい…)
リンダリンダ~!!
ってそれお兄ちゃんでしょ?
兄弟やと言われてみれば似てる気がしないでもないけど、
これまたずいぶん別々の道極めちゃってるよね…。
リンダリンダ~ (cyaz)
2010-03-19 12:36:59
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>正直殺陣も演技もそないに期待はしてなくて、ただ、この時代にこのストーリーは自分好みで北川景子ちゃんの剣士姿は武家娘より数段キラキラしてました。
ま、今が“旬”ですからして(笑)

>甲本さんが演じるサムライの真の姿も、婆さんが胸に秘めたる恋物語を淡々と語っているようで、じつは自分の夫のノロケ話やんけ~!というオチも
ふむ、婆は『フライドグリーントマト』のジェシカ・タンディのりでしたね(笑)?

リンダリンダ~!!ってそれお兄ちゃんでしょ?
細かいこと言わんと(笑)

>兄弟やと言われてみれば似てる気がしないでもないけど、これまたずいぶん別々の道極めちゃってるよね…。
まあ、共に芸術文化(?)ジャンルで(笑)
映画「花のあと」 (narkejp)
2010-03-20 07:18:30
トラックバックをありがとうございます。ばば様の軽妙な語り口になってはいますが、実は哀切なお話を、映画ではどんなふうに描くのか、興味深く観ました。なかなか丁寧な作りで、たいへん良かったです。藤村志保さんの語りが、いい味を出していましたね。
いい味~ (cyaz)
2010-03-23 08:49:42
narkejpさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

ばば様の軽妙な語り口になってはいますが、実は哀切なお話を、映画ではどんなふうに描くのか、興味深く観ました。なかなか丁寧な作りで、たいへん良かったです。藤村志保さんの語りが、いい味を出していましたね。
そうですね~
北川景子ちゃんの演技は少し物足りなさがありましたが、
それでも藤沢作品の雰囲気は出ていました。
TBありがとうございました! (sakurai)
2010-03-24 19:41:37
ものすごいタイムラグですいません。
とんでもの忙しさだったもんで!
うーん、そろそろ藤沢作品で何匹目かのどじょうをねらうのには、無理があるかなあ・・とは正直思ったのですが、景子ちゃん目当てで、到底こういう時代劇には、絶対に足を運ばない年代が、映画館に行く!というのが、もしかしたら一番の収穫かもです。
所作、その他は、やはり・・・・でしたが、チャンバラはなかなかがんばってたと思います。
素顔は、とっても男前な女の子で、結構性格上は似合ってたのかもです。
足を運ばない年代が~ (cyaz)
2010-03-24 21:04:53
sakuraiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ものすごいタイムラグですいません。とんでもの忙しさだったもんで!
いえいえ、どういたしまして(笑)

>うーん、そろそろ藤沢作品で何匹目かのどじょうをねらうのには、無理があるかなあ
ですね(笑)

>景子ちゃん目当てで、到底こういう時代劇には、絶対に足を運ばない年代が、映画館に行く!というのが、もしかしたら一番の収穫かもです。
さすがにフカイ(笑)
映画関係の人たちに伝えときます(笑)

>所作、その他は、やはり・・・・でしたが、チャンバラはなかなかがんばってたと思います。
ま、あれでも半年練習したそうですから^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

38 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
花のあと (LOVE Cinemas 調布)
藤沢周平の同名短編小説を映画化。江戸時代の東北にある架空の“海坂藩”を舞台に、武家の家に生まれた女性の姿を描いた時代劇だ。主演は『真夏のオリオン』の北川景子。共演に「踊る大走査線」シリーズの甲本雅裕、バレエダンサーの宮尾俊太郎、市川亀治郎、國村隼らが出...
*花のあと* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に、一瞬にして熱い恋心を抱く。しかし、以登にも孫四郎にも、ともに家の定めた許嫁がいた。以登はひそかな思いを断ち...
花のあと/北川景子、甲本雅裕 (カノンな日々)
手に取って読んだことは一度もありませんが、時代劇映画の原作者といえば先ずはこの方、藤沢周平さんというくらいに映画好きの私には認知度の高い時代劇作家さん。今では藤沢周平作品ならとりあえず観に行かなきゃというくらいに気に入ってしまってますが、本作は北川景子...
花のあと (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
凛々しい女剣士の一途な思いが美しい珠玉の映画だ。江戸時代、東北の小藩・海坂藩。組頭の家の一人娘・以登は、男顔負けの腕を持つ剣術の使い手。藩でも有数の剣士で、一度だけ竹刀を交えた下級武士・江口孫四郎に恋心を抱くが、以登には決められた許婚・平助がいた。数ヵ...
花のあと (だらだら無気力ブログ)
『蝉しぐれ』『たそがれ清兵衛』など数々の時代劇小説を生んだ藤沢周平の 同名短編時代小説を『青い鳥』の中西健二監督が『ハンサム★スーツ』の 北川景子を主人公に迎えて映画化。 女性でありながら幼き頃より父より剣の道の手ほどきを受けた主人公が ひそかに想いを寄...
藤沢周平原作の映画「花のあと」先行上映を観る (電網郊外散歩道)
前日に久々の週末農業で働いた骨休めの日曜日、妻と映画を観に出かけました。お目当ては、もちろん山形で先行上映の「花のあと」です。藤沢周平原作の『花のあと』についてはすでに記事としており(*1)、映画の完成を楽しみに待っておりました。なんでも、27日の土曜日には...
「花のあと」 第9位 (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 82オープニング土日動員: 2万5786人オープニング土日興
オスカルとコナンの時代劇(んなアホな)~「花のあと」~ (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 久々の更新でどうも。 自分のブログではもうすでに取り上げたのですがコチラでも。 原作は藤沢周平さんの短編集時代劇のコチラの文庫。 表題の「花のあと」 北川景子さん主演で現在公開中です。 最初にUPしたポスターの...
花のあと (シネマDVD・映画情報館)
藤沢周平の同名短編小説を「青い鳥」の中西健二監督が映画化した時代劇。江戸時代の東北地方を舞台に、密かに想いを寄せていた下級武士の仇討ちを果たす女性の姿を描く。出演は「わたし出すわ」の北川景子、「曲がれ!スプーン」の甲本雅裕、本作が映画初出演となるバレ...
「花のあと」 (みんなシネマいいのに!)
 藤沢周平の短編時代小説の映画化。 江戸時代、東北の小藩、海坂藩の組頭・寺井甚左
「花のあと」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2010年:日本/デスティニー=東映監督:中西 健二原作:藤沢 周平脚色:飯田 健三郎/長谷川 康夫 藤沢周平の同名短編時代小説を、「青い鳥」の中西健二監督が映画化。 舞台は藤沢時代劇お馴染みの東北、
「花のあと」:勝どき橋南詰バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}屋形船って、こんなところに停泊してるのね。 {/kaeru_en4/}桜の季節になったら、この船に乗って隅田川巡りなんて、風流でいいな。 {/hiyo_en2/}船こそ出てこないけど、桜の花見から始まる映画が、藤沢周平原作の「花のあと」。 {/kaeru_en4/}北川景子が時代...
花のあと (とりあえず、コメントです)
藤沢周平著の同名短編小説を北川景子さん主演で映画化した作品です。 女性の主人公が敵討ちをするというストーリーがちょっと気になっていました。 儚い桜の華やかさと共に凛とした強さが真っ直ぐに伝わってくる、爽やかな余韻の残る作品でした。
「花のあと」を観たあと (再出発日記)
大好きな藤沢周平原作ということで映画「花のあと」を見ました。goo映画より東北にある海坂藩。女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登は、一度だけ竹刀を交えた藩随一の剣士・江口孫四郎に、一瞬にして熱い恋心を抱く。しかし、以登にも孫四郎にも、ともに家の定め....
『花のあと』 (モノスヤの”てるてる”育てる記。)
北川景子ですか。。
花のあと (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[北川景子] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年20本目です。 【あらすじ】 女でありながら、男顔負けの剣術の腕を持ち、一度だけ竹刀を交えた江口孫四郎(宮尾俊太郎)に一瞬にして恋に落ちた以登(北川景子)。 し...
花のあと (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。藤沢周平原作、中西健二監督、北川景子、宮尾俊太郎、甲本雅裕、市川亀治郎、國村隼、佐藤めぐみ、相築あきこ、伊藤歩、柄本明。舞台は藤沢周平お馴染の庄内・海坂藩。男勝りの女剣士以登(北川景子)は生まれた時、藩内随一の剣豪だった思われる父甚左衛門(國...
映画 「花のあと」 (ようこそMr.G)
映画 「花のあと」
花のあと (迷宮映画館)
とっても静謐な映画でした。そして、力強い。
『花のあと』:藤沢周平に滑稽味が加わった @試写会・一般ホール (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
久し振りに試写会で観ました。それも舞台挨拶付きで。 主役の北川景子は、しっかりと話す女優さんで、この映画のヒロイン以登(いと)とダブるところがあります。 さて、映画。
花のあと (シネマ大好き)
藩の要職を務める寺井家の一人娘以都(北川景子)は、幼少から父の手ほどきを受け、男顔負けの剣道の達人。花見に出かけた日、藩内随一の剣士といわれる江口孫四郎(宮尾俊太郎)に出会い、父に頼んで彼と試合をする。 自分を女と侮らず、真剣に向き合ってくれた孫四郎。...
花のあと☆独り言 (黒猫のうたた寝)
久しぶりの時代劇です。しかも女剣士が主役。北川景子主演の『花のあと』原作は藤沢周平の『海坂藩大全』の中の短編のひとつ。たった一度竹刀を交えただけだった。そのとき以登が感じた想いは、たぶん恋だったのだろう。でも、彼女にも、彼にも決められた許嫁がいた。それ...
「花のあと」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「花のあと」 T・ジョイ大泉にて。 監督・中西健二 原作・藤沢周平 山田洋次監督の三部作「たそがれ清兵衛」「隠し剣、鬼の爪」「武士の一分」などでお馴染みの、藤沢周平物であります・・。 舞...
花のあと (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  『たそがれ清兵衛』、『武士の一分』、『蝉しぐれ』と同様、お馴染み藤沢周平の時代劇である。今回も東北の小藩が舞台であるが、主人公の美女はなんと剣の達人なのだ。 女ながらに、いまだ男に剣術で負けたことのない以登(北川景子)は、藩随一の剣士江口孫...
【花のあと】 (日々のつぶやき)
監督:中西健二 出演:北川景子、甲本雅弘、宮尾俊太郎、市川亀治郎、國村隼、柄本明、伊藤歩   許されぬ恋の始まりでした。 「父の影響で男顔負けの剣術の腕前を持つ以登は、以前から強いと噂に聞いていた江口孫四郎に花見の折に声をかけられた。その時から孫四
【映画】花のあと (新!やさぐれ日記)
▼動機 期限付きの無料鑑賞券を使うため ▼感想 ダメな若手を支えきった甲本雅裕の底力に敬意を ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ 女でありながら男顔負けの剣術の腕を持つ以登(北川景子)は、一度だけ竹刀を交えた江口孫四郎(宮尾俊太郎)に一瞬...
花のあと (映画的・絵画的・音楽的)
 『花のあと』を丸の内TOEIで見ました。  数寄屋橋近くにあるこの映画館の存在自体は知っていましたが、入るのは今回が初めてです。暇な時間ができたので、そんな映画館を開拓するのも面白いと思い、また久し振りに時代劇を見てみるかということもあり、有楽町まで出か...
花のあと (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
『たそがれ清兵衛』『蝉しぐれ』『武士の一分』など、数々の秀作時代劇の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を映画化。『山桜』に続く「海坂藩大全」からの映画化第二弾! 物語:東北にある海坂藩。藩の要職を務める寺井家の一人娘として生まれ、幼い頃から父...
「花のあと」を観る (紫@試写会マニア)
藤沢周平の庄内地方、海坂藩(うなさかはん)シリーズ「花のあと」を観てきました。 原作は知らねど、いくつかの藤沢作品を鑑賞済みの私、「主人公の以登(いと)が北川(景子)ちゃん!?」とちょっと心配(失敬)しておりました。しかしながらその‘心配の種’は見事に...
花のあと (ダイターンクラッシュ!!)
2010年6月27日(日) 16:50~ キネカ大森3 料金:0円(Club-Cテアトル会員ポイント利用) パンフレット:売り切れ 『花のあと』公式サイト 例によって藤沢周平原作の時代劇。 いつもの藤沢周平映画のような雰囲気で、雪が積もる地方、気のいい人間や清廉潔白な人間...
10500「花のあと」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
『蝉しぐれ』『武士の一分(いちぶん)』など数々の時代劇作品の原作者として知られる藤沢周平の同名短編小説を、『青い鳥』の中西健二監督が映画化。江戸時代の東北を舞台に、ひそかに思いを寄せていた武士が自害したことを知り、その...
花のあと (花ごよみ)
藤沢周平の小説「花のあと」 表題にもなっていいる短編が原作。 WOWOWで録画していたのを見ました。 感想を記してはいませんが「花のあと」は、 以前に読んでいます。 主人公は以登。 祖母(ばば)になった以登が、 孫たちに話しかけるという出だしで始まる。 以登...
『花のあと』('11初鑑賞53・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (10段階評価で 7) 4月22日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。
『花のあと』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
満開の桜の下で、組頭の娘である以登は一人の若い武士と出会う。彼は下級藩士でありながら、海坂藩随一の剣の使い手と云われる江口孫四郎。女ながら剣に覚えのある以登は、父の許しを得て孫四郎と試合をすることになる。 孫四郎は女の剣だと馬鹿にすることなく真っ直ぐに...
喪中映画評「花のあと」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年日本映画 監督・中西健二 ネタバレあり
花のあと (RE940の自作DVDラベル)
2010年 東映 108分 監督:中西健二 出演:北川景子  甲本雅裕  宮尾俊太郎 相築あきこ 佐藤めぐみ 谷川清美 綱島郷太郎 市川亀治郎 伊藤歩 柄本明 國村隼 今世紀に入ってから各小説が相次いで映画化され、いま再び脚光を浴びている人気時代劇作家、...
花のあと (B-scale fan's log)
2009年 中西健二監督     出演 北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、     市川亀治郎、國村隼 他 『剣の道を目指した父に剣術を仕込まれた武家の子女は、  男顔負けの腕を持つが、今は決った許婚との婚儀を待つ日々。  そんな彼女はかって試合で負けた平侍に恋....
映画 花のあと をみた (僕のつぶやき。 ネットの窓から。)
花のあと [DVD]クリエーター情報なしバンダイビジュアル この映画は藤沢周平さんの同名短編小説映像化した作品である。 桜の木の映像が美しい。 キーワードは花見と仇討。みどころは北川景子の殺陣と甲本雅裕の笑顔である。 キャスト: 北川景子、甲本雅裕、宮尾俊太郎、....