京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『無花果の顔』

2007-01-16 23:12:19 | 邦画

花は無くても、実のある人生

 



■監督・脚本 桃井かおり(第一回監督作品)
■キャスト 桃井かおり、石倉三郎、山田花子、HIROYUKI、高橋克美、光石 研、岩松 了

□オフィシャルサイト 『
無花果の顔

 庭に花の咲かない無花果の木がある門脇家。 縁側に面した茶の間で、4人の家族が和気あいあいとフォンデュの鍋を囲んでいる。 映りの悪いテレビを叩いて直そうとする母(桃井かおり)。 塩辛をトッピングしたジャガイモに舌鼓を打つ父(石倉三郎)。 そんな団欒の風景を記憶のカメラにおさめる娘(山田花子)。 つまみ食いをして叱られる弟(HIROYUKI)。 4人が家族として過ごしてきた歳月の延長戦にある時間が、今日も何気なく流れていく。 そんな家族の生活に、ちょっとした異変が起こる。 工務店に勤める父が、朝帰りをしたあげく、家を出て行ってしまったのだ。 平静さを装いながらも、気を揉む母。 一方、父の住むウィークリー・マンションを訪ねた娘は、職人気質の父が、他人の手抜き工事の後始末を徹夜でするために一人暮らしを始めたことを知る。


 おススメ度 ⇒★★ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★☆


 監督・桃井かおりはこの映画で何をメッセージしたかったのだろうか


 家族を中心に、家の中央に植えられた無花果。

 “無花果”とは・・・。
 辞書を紐解くと、クワ科の落葉高木で高さは約4m。 葉は手のひら状に裂けていて、互生する。 初夏、卵大の花嚢(かのう)を生じ、内部に多数の雄花と雌花をつけるが、外からは見えない。

 おそらくこの家族、そしてどこの家庭にでもある知っているようで知らない部分を無花果の顔に比喩し、物語を演出したのだろうか。


 女優・桃井かおりは大好きだが、監督・桃井かおりは正直魅力がなかった。


 まず素人のようにハンディで動きを出す効果を多用していて、観ているだけで疲れてしまう。 あまりにも無意味な使い方は逆に映像の魅力を半減させる。

 現在社会において、そして家族生活において、同じ屋根の下で暮らしていても、あまりにその本心や行動を知らないことが多い。 この映画の中の家族とて、ある意味この無花果の木を中心に話が進むのだが、誰にも話せない悩みを家族のひとりひとりが打ち明け、ある意味吐け口、ある意味リフレッシュな存在としての位置づけをしていれば、まだ理解のできる範疇だったのかもしれない。


 山田花子を娘に据えた意味はどこにあったのだろうか?


 正直、父役の石倉三郎の存在がなければ、本当につまらない映画に終わってしまったのではないだろうか。


 つい最近、奥田瑛二の『長い散歩』を観たが、役者が撮る映画としては大差がついたように思う。 おそらくこの映画と同様、現代社会の風刺と見えないプロテストをしていたようには思うのだが・・・。


 自分で監督するのだから、せめて女優としての桃井かおりが今あることに少なからず関与してくれた俳優たちを使ってほしかったなぁ・・・。

 ここは芳雄(原田)ちゃんを絶対に使うべきだったと思うよ、桃井かおりさん(笑)

 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (18)   トラックバック (24)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 男爵キャラメル~ | トップ | 「東京タワー オカンとボク... »
最近の画像もっと見る

18 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
監督に共感 (マダム・クニコ)
2007-01-17 12:11:09
私は女性なので、共感してしまいました。
彼女の感性はなかなかのものだと・・・。
そっか~ (cyaz)
2007-01-17 12:30:17
マダム・クニコさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m)

>私は女性なので、共感してしまいました。 彼女の感性はなかなかのものだと・・・。
なるほど女性の感性ですね^^
うちのかみさんは一応女性なんですけどね(汗)
ダメでしたか^^; (サトウノリコ)
2007-01-17 12:57:48
これは好みが別れる作品ですね。
私は桃井かおりさんから想像するにもっと激しい内容なのかなと思ったのですが、意外と普通なんだなと驚きました。
コメントをしてらっしゃるマダム・クニコさんのブログを拝見して、監督の表現している数々の比喩が納得できてスッキリしましたよ^^
確かに奥田瑛二さんとは歴然とした差がありますが、女性らしい映像美が良かったと思います。
というわけで、TBさせて頂きますね^^
小ネタ~ (cyaz)
2007-01-17 17:22:49
サトウノリコさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は桃井かおりさんから想像するにもっと激しい内容なのかなと思ったのですが、意外と普通なんだなと驚きました。
そうですね、もう少し鋭い視点で描かれるのかと思っていました(笑)

>女性らしい映像美が良かったと思います。
結構、変わり映えのしないあの門脇家も良く見ていると少しずつ時の流れと同調して変化はされていましたし、小ネタはあったんですけどねぇ・・・。
TBありがとうございました (ハル)
2007-01-17 17:51:48
正直私も初め、撮り方にちょっと抵抗がありました。
でも次第に慣れてきたのか、気づいたらそれがかえって面白くなっていました。不思議です・・。
考えてみると確かに女性的映画かもしれませんね。
女性から見て (chikat)
2007-01-17 18:44:33
私も自分が一応女性だと思っていたんですが、得られるものがありませんでした。
さっぱりわかるところがありませんでした。
女としてまだまだということでしょうか(大笑)

あ、ご挨拶してなかったです。改めて

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

いまさらですが、まだ一月なので…。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-01-17 21:14:08
おお、cyazさんにしては珍しく☆二つ?
桃井かおりがやりたかったことはこういうことだったの?という感想です。
なんだかもっと別の物を想像していました。
何が言いたかったのか深読みしようにも気力が・・・・(汗)
Unknown (masala)
2007-01-18 00:07:29
TBありがとうございます。
私も「無花果の顔」駄目でした。
この作品は映画より舞台で上演した方が面白いように感じました。
確かに、女優として山田花子をチョイスしたのも疑問です。
今後共「e-mono select」を宜しくお願いします。
ゆれ~ (cyaz)
2007-01-18 08:22:43
ハルさん、コメントありがとうございますm(__)m

>でも次第に慣れてきたのか、気づいたらそれがかえって面白くなっていました。不思議です・・。
そうでしたか^^

>考えてみると確かに女性的映画かもしれませんね。
視点の違いはあったかもしれませんが、ある種マスターベーション的な映画でした><
ほう~ (cyaz)
2007-01-18 08:25:11
chikatさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>女としてまだまだということでしょうか(大笑)
いえいえ、何をおっしゃいますやら(笑)
レビューを読ませていただく限りはかなりの・・・(謎)

>挨拶してなかったです。改めて
あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします。
おっと、これは失礼しました。
こちらこそ本年もよろしくお願い致しますm(__)m
あ~ (cyaz)
2007-01-18 08:28:09
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>桃井かおりがやりたかったことはこういうことだったの?という感想です。なんだかもっと別の物を想像していました。
ま、僕も同じでしたね(笑)
女優としては優れていてもなんとなく軸が座っていないというか・・・。

>何が言いたかったのか深読みしようにも気力が・・・・(汗)
気力というより興味も(爆)

あ~、あの頃の海ちゃんが見たい(笑)
おはつです~ (cyaz)
2007-01-18 08:30:16
masalaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この作品は映画より舞台で上演した方が面白いように感じました。
そういう手もあるでしょうが、間延びするでしょうね(笑)?

>確かに、女優として山田花子をチョイスしたのも疑問です。
桃井監督の狙いはわかりませんが、意気込みだけで使うにはお笑いをわかってないようですね(笑)

>今後共「e-mono select」を宜しくお願いします。
こちらこそよろしくお願い致します。
TBありがとうございました。 ()
2007-01-18 16:16:44
私も 深い読みできず
淡々と受け止めたので
それなり・・(笑)でした。
花子ちゃんの娘役は違和感無かったです。はい。

こちらからもTBさせていただきますね♪
宜しく~
それなりに~ (cyaz)
2007-01-18 17:27:54
猫さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>淡々と受け止めたので それなり・・(笑)でした。
なるほど、それなりに^^

>花子ちゃんの娘役は違和感無かったです。はい。
そうですか^^ ま、好みでちゃいますし(笑)
吉本の舞台じゃないですからね(爆)?!
TBありがとうございましたm(__)m (arisu)
2007-01-25 23:52:23
私は映画より舞台挨拶に興味があったので
行ったようなもので、映画はオマケでした。
オマケにも当たりとハズレがありますが
はっきり言ってハズレでした^^;
桃井監督の意図がなんなのか
まったくわかりません。。
女優業に専念した方がいいと思いますね。。


器~ (cyaz)
2007-01-26 08:43:22
arisuさん、コメントありがとうございますm(__)m

>オマケにも当たりとハズレがありますがはっきり言ってハズレでした^^;
そうでしたか(笑)

>女優業に専念した方がいいと思いますね。。
監督には監督の器があると思います。 野球で言えば名選手が名監督になるとは言えませんので(笑)
こんにちわ。 (michi)
2007-01-29 08:08:12
TBありがとうございます。
本作品、私の去年最後の鑑賞映画となりました。
この映画を一年の最後に選んでしまい、
ちょっと複雑な気持です 笑
笑う準備万端で観てたんですが、
イマイチ笑いきれないし、ホント、微妙でした 汗
シニカルな~ (cyaz)
2007-01-29 08:32:51
michiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この映画を一年の最後に選んでしまい、ちょっと複雑な気持です
なるほど、それは観た人が一番感じるかも(笑)

>笑う準備万端で観てたんですが、イマイチ笑いきれないし、ホント、微妙でした
ですよね(笑) シニカルな“笑い”だったかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

24 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
無花果の顔/見えないものこそ (マダム・クニコの映画解体新書)
 不思議な作品である。観ている最中も、観た後も、奇妙な気分に浸される。  目に見えるものと見えないもの、生と死、現在と過去、自己と他者、女と男、人間と動物・・・。  これらをすべて同じ位置から捉えた、”境界のない感覚”とでもいおうか。
コロッケはオカズにならない ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
無花果の顔 鑑賞 10点(100点満点中) 桃井かおりの初監督映画。監督だけでなく、脚本と主演も務めている。クレジット上の主演は山田花子だが、どう見ても桃井かおりがメイン。 これは、本当はもっと山田花子メインで話を進める予定だったのが、山田花子が ...
無花果の顔/山田花子、桃井かおり (カノンな日々)
日本の誇る大女優・桃井かおり姐さんの初監督作品。主演はオーディションで選ばれた山田花子さん。公開前にはほとんどこの2点のみでマスコミの注目を集めてたような気がするんですけど、確かに話題性は抜群ですね。でも肝心の映画の中身についてはあまり触れてる ...
映画「無花果の顔」 (SEA side)
 ライティングとか色彩設計とかアングルとか配役とか、ディテールは凄く凝っているのに総合的には?マークの怪作。  一言で言えば「桃井ワールド全開」なのだが、その意味はつかみ所がなく理解不能。地の桃井かおりを見ているようなものだと思えばよいのかもし ...
「無花果の顔」観賞 (雲九の物品購入覚書)
年末年始はずっと体調不良で久々に遊びに出かけました。 その間に「サンキュースモーキング」も「ビッグリバー」も 見逃しちゃったよ…。 この「無花果の顔」もシティリビングさんから券をもらいましたが、 封切後1週間で早や、上映2回に減ったので慌てて見に行 ...
無花果の顔 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
        無花果の顔(2006年、シナジー) http://www.129-movie.com/ ? 監督:桃井かおり 出演:山田花子、桃井かおり、石倉三郎、HIROYUKI、高橋克実、他 ? ? ? 庭に大きな無花果の木がある家で、家族4人が食卓を囲んでいる。 父の世話 ...
映画「無花果の顔」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
頭の中をグルグルとぉ~いろんなことが駆け回るぅ~、日本で極めてポピュラー、それがイチジク、実のようでいて実は花、あの粒々こそが花だったんです・・ 桃井かおり初監督作品ということで、どこかとぼけた感じのある彼女に、そこはかとなく興味を持っ ...
「無花果の顔」プレミア (てんびんthe LIFE)
「無花果の顔」プレミア試写会 渋谷東急で鑑賞 仮の姿なのでそんなに広い劇場ではありませんが、会場の3/4は関係者席の張り紙。一般客はいったいどれほどなのでしょう。関係者とはいってもプレス関係の方たちがほとんどだったようです。司会はクロさん。舞台 ...
無花果の顔 (ネタバレ映画館)
「無花果の顔」と聞くと、山田花子の顔が無花果のように映し出されるのかと想像してしまいますが、意外と色白でした・・・
無花果の顔 (skywave blog)
桃井かおり監督・脚本、思ったとおりの作品?でした。 ちょと不可思議ワールド、感情を映像化した感じです。時代設定は現在、しかし、昭和の雰囲気の居間。母(桃井かおり)を中
映画「無花果の顔」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「無花果の顔」 女優桃井かおりの初監督作品。脚本、主演も兼ねている。 庭に大きな無花果の木がある門倉家は父(石倉三郎)、母(桃井かおり)、娘(山田花子)、弟(HIROYUKI)の4人家族。どこにでもありそうな家族だけれど、ちょっと不思議な家族で ...
『無花果の顔』 (映画大陸)
 今年はクリスマスイブがちょうど日曜日と重なっておりました。普段は一人でいることを別に意識しないどころか心地よく感じる時の方が多いのですが、この日だけは街中に出ると一人身の切なさを痛切に感じます。  だってこの日は某シネコンで『犬神家の一族』 ...
無花果の顔 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
桃井かおりの初監督作品です。自らが書いたいくつかの小説から原案をとり、脚本を書き、出演し、監督もした...ということで、当然なのでしょうけれど、まさに「桃井かおりワールド」という感じがしました。 ところどころに「いいなぁ」と思えるシーンはあり ...
映画「無花果の顔」を鑑賞。 (e-mono select)
無花果の顔 - goo 映画 109シネマズ川崎シアター9にて、桃井かおり第一回監督作品「無花果の顔」を見た。客入りは89席のキャパに私を含めて10人、クリスマス後という事もあるかも知れないれど悲惨な状況。  映画の話は、庭にいちじくの木が植えられた古 ...
無花果の顔 (なんちゃかんちゃ)
『SAYURI』でハリウッドデビューを果たした桃井かおりが、自身の短編小説を元に脚本を執筆。さらには長編映画初監督をも務め、4人家族の絆をファンタジックに描いた。
無花果の顔 (映画でお喋り♪猫とひなたぼっこ)
2007年 初の劇場鑑賞作品。 私にとって 桃井かおりさんは・・ 古くは 『 もう頬づえはつかない 』 でアンサンブルのカーディガンを小粋に肩にはおっていた・・ くわえタバコのイメージ 最近では 『 太陽 』 での 良子(ながこ)さん。 歌も歌うし 一 ...
【2007-3】無花果(いちじく)の顔 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
これはただの家族の話である。 花は無くても、 実の有る人生。
真・映画日記(1)『無花果の顔』 (CHEAP THRILL)
12月30日(土) 朝6時半にロサ会館を出て居酒屋「村さ来」で打ち上げ。 早く切り上げようとしたが、結局最後までいた。 8時半頃解散。 丸の内線で銀座へ。 B6の出口から地上に出て銀座のWINS前のマクドナルドで朝食をとりながら日記を更新。 10時4 ...
[ 無花果の顔 ]孤独を知って、人とのつながりを強く感じる (アロハ坊主の日がな一日)
[ 無花果(いちじく)の顔 ]を新宿歌舞伎町で鑑賞。 ほんと、不思議な映画だ。 桃井かおりは、作家、歌手、ジュエリーデザイナー、そし て俳優など。多彩な才能を持っているのは知っていたが、 まさか、監督としてここまで不思議な作品を手がけるとは 思わなかった。...
無花果の顔 (活動写真評論家人生)
敷島シネポップ  同じ字を書いて、東京では日本橋(にほんばし)、大阪では日本橋(にっぽんばし)と読
【試写】無花果の顔 (小確幸を探して)
  上映前に監督桃井かおりのトークショーあり。 トークショー前にやってた抽選会に乱入したり、トークショーでも 司会の話を聞かないで進めたりと、マイペースぶり。 『母親役をいろんな女優にオファーしても断られて、あなたそんな  にすごい女優?って思ったりして』...
山田花子の母はアグネス・チャンとラーメンを食べていた!? (芸能ニュース速報!)
人気女性お笑い芸人・山田花子さんは子供の頃、家が貧しく母親がキャバレーでホステスをやっていたのだそうです...
無花果の顔 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『花は無くても、 実の有る人生。』  コチラの「無花果の顔」は、12/23公開になった個性派女優の桃井かおりさんが脚本も担当された初監督作品なのですが、観てきちゃいましたぁ~♪  何とも言えない独特の空気感のある家族ドラマなのですが、ファンタジックなテ...
『無花果の顔』 (cinema days 『映画な日々』)
無花果の顔posted with amazlet at 08.04.17R and C Ltd. (2007-08-29)売り上げランキング: 40259Amazon.co.jp で詳細を見る  桃井かおり初監督作品。  監督・脚本・...