京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『人生の特等席』

2012-12-16 00:12:16 | 洋画

 

 

□作品オフィシャルサイト 「人生の特等席
□監督 ロバート・ローレンツ
□脚本 ランディ・ブラウン
□キャスト クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、
       ジョン・グッドマン、スコット・イーストウッド、ロバート・パトリック

■鑑賞日 12月9日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 『グラン・トリノ』で俳優業から監督業に専念すると宣言し、もう俳優としてのイーストウッドは
 観れないと諦めていたところに吉報が。
 まるでこのガスという役こそ、彼の俳優としての血を再び甦らせたのだろうか。
 早くに妻を亡くしたガス(クリント・イーストウッド)は一人娘のミッキー(エイミー・アダムス)の
 面倒を見ず、すぐに親戚に預けてしまう。
 それでもメジャーリーグのスカウトとして、各地を転々としながら娘と過ごしたわずかな時間が、
 女の子ながらもその父のスカウトとして特徴をしっかり記憶に残してしまっていた。
 しかしながらミッキーはガスへの反発からか、喜ばせるためか、弁護士としての道を進む。
 引退を勧告されるガスだったが、その目の衰えを知ったミッキーは、父の目となり耳となる
 つもりで、父を追って旅立つことになった。

 スカウトたちのある選手の争奪戦で、イーストウッドはその選手がカーブが打てないと判断し、
 娘にブレが出るかどうかをチェックさせる。

 父と娘の絆の再生と、娘の恋愛、スカウトとしての今後等々、様々に織り成す人間模様を
 この渋いイーストウッドが坦々と演じ続ける。
 昔から、決して上手い俳優ではなかったが、それでもヒット作を生み、また監督としてもビッグネ-ムだ。
 粗忽で頑固ながら、スカウト人生を振り返りつつも、自分の目と耳を信じて歩いていく。
 父親がずっと隠していた秘密をやっと父の口から聞き、勧めていた弁護士事務所の
 自分のクライアントの交渉から外され、この弁護士事務所に嫌気が差したミッキーは、
 何故か“蛙の子は蛙”で父が頑なに取るなと言っていたバッターを球団が取り、失意の
 父の元に、偶然発掘した新人ピッチャーを父と球団の手土産として連れて帰る。
 球団は最後までバッターに拘ったスカウトを首にし、イーストウッドにスカウトを委ねる。

 父と娘の、長きに渡って入っていた心の亀裂。 父の老いと娘の自立。
 修復するにはあまりに長い時間の経過。 でも、そこにはそれを修復するのに不可欠な
 同じ血が流れているのだ。
 老いて、また監督として、決して上手くはない演技ながら、燻し銀の演技を引き出すためには、
 十分過ぎるキャリアのイーストウッド。
 そして、そのイーストウッドを上手にサポートするエイミー・アダムスは気丈な娘役を熱演。
 ガスの旧友で彼の信者でもあるピートを演じるジョン・グッドマンも仲裁役的位置で良かった。
 オーナー役、T-1000(笑)のロバート・パトリックも老いて渋い。 
 そして、イーストウッドの実息であるスコット・イーストウッドも出ていた。

 ちなみに監督は、イーストウッド、メリル・ストリープ共演で話題になった「マディソン郡の橋」以来、
 17年に渡り、イーストウッドから映画製作を学んだロバート・ローレンツ。
 なんとなく、イーストウッド監督の色合いの出た映画でしたね。
 これからもイーストウッドは監督業もそうだが、ぜひ俳優としての演技も見せ続けて欲しいものです。

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (61)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 道すがら/鎌倉(2012初冬) | トップ | 『007 スカイフォール』 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
決して (sakurai)
2012-12-19 13:46:00
うまい俳優さんじゃないですよね。
佇まいと役柄で見せるような。
でも、それが十二分に生かされ、長い間に培ったものがきっちりにじみ出る。
イーストウッドならでは!ですよねえ。
いやーー、さわやかに劇場を後にできました。
こういうイーストウッドもいいかな~でした。
観ていたい~ (cyaz)
2012-12-19 17:23:40
sakurai、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>決してうまい俳優さんじゃないですよね。
佇まいと役柄で見せるような。
そうなんですよね(笑) 割りに坦々としていて幅は無いのですが・・・。

>でも、それが十二分に生かされ、長い間に培ったものがきっちりにじみ出る。
イーストウッドならでは!ですよねえ。
そうそう、ならではですよね!
生きてる限り、観ていたいハリウッドスターです^^
復帰 (de-nory)
2013-02-23 16:40:36
cyazさん。こんにちは。
イーストウッドの俳優復帰うれしいですね。
監督は彼の弟子だとか。
このコンビでのさ作品にまた出会いたいものです。
組~ (cyaz)
2013-02-24 08:16:39
de-noryさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>イーストウッドの俳優復帰うれしいですね。
本当にこれは嬉しいことです!

>監督は彼の弟子だとか。このコンビでのさ作品にまた出会いたいものです。
日本で言うイーストウッド組みたいなものなのでしょうか?
いい映画が出来そうですね^^
まさにイーストウッド色一色!!!” (zebra)
2014-09-15 13:05:07
先日 DVDで見ました。

>『グラン・トリノ』で俳優業から監督業に専念すると宣言し、もう俳優としてのイーストウッドは
 観れないと諦めていたところに吉報が。
 弟子のために 「ワシがやる出演してわい」といってくれたんでしょうね。 お迎えが来る前に(→失礼)

>何故か“蛙の子は蛙”で父が頑なに取るなと言っていたバッターを球団が取り、失意の
 父の元に、偶然発掘した新人ピッチャーを父と球団の手土産として連れて帰る。
 ありえね~っと思ってしまいました(笑)
できすぎやろ~ さすがアメリカンドリーム

>オーナー役、T-1000(笑)のロバート・パトリックも老いて渋い。
 むしろ この人が ガスを引き摺り下ろしにかかる パソコンカブレのイヤミキャラをやってたら よかったかも。

>そして、イーストウッドの実息であるスコット・イーストウッドも出ていた。
 冒頭のみでしたね。スランプ気味の選手役。
まあ グリーンボーイ俳優かつ身内びいきさせ過ぎると味がなくなると思って はじめだけ登場させたんでしょうか?

>これからもイーストウッドは監督業もそうだが、ぜひ俳優としての演技も見せ続けて欲しいものです。
 これを最後に、なんて ピリオド打たないで 生涯現役貫いてほしいものです。 お迎えが来る日も そう遠くないと思いますので(→またまた失礼)

動けるうちに~ (cyaz)
2014-09-16 08:23:51
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>お迎えが来る前に(→失礼)
かもしれません。

>できすぎやろ~ さすがアメリカンドリーム
まあまあ、ありがちなハリウッドということで(笑)

>ガスを引き摺り下ろしにかかる パソコンカブレのイヤミキャラをやってたら よかったかも。
それも一理・・・あるかも(笑)

>はじめだけ登場させたんでしょうか?
二世は必ずしもDNAを継いでいるとはおもえないところですが(笑)

>生涯現役貫いてほしいものです。 お迎えが来る日も そう遠くないと思いますので(→またまた失礼)
老いてあの渋さですからやはり動けるうちに動いてほしいですね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人生の特等席~カーブに対応できない2人 (佐藤秀の徒然幻視録)
ミッキー、フラナガン、ボー・・・ 公式サイト。原題:Trouble with The Curve。 ロバート・ロレンツ監督、クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイ ...
『人生の特等席』 2012年11月13日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『人生の特等席』 を試写会で鑑賞しました。 予告が大変良かったので、本編は心配だったが・・・ 中々素晴らしいドラマでした 【ストーリー】  ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が弱...
人生の特等席 / TROUBLE WITH THE CURVE (勝手に映画評)
『グラン・トリノ』で、半分引退の様な事を言っていたクリント・イーストウッド。ここ最近の作品は、自身が監督・主演か、あるいは監督専業と言う事が多かったが、今回の作品の監督が愛弟子ロバート・ロレンツと言う事もあってか、俳優専任として登場している。 渋いねぇ...
人生の特等席 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
アメリカ映画でメジャーリーグを題材にした映画で最近のものというと「マネーボール」があったけど、それとは全く逆の手法を肯定しているのが興味深い。選手の実力を測るのにパソコンを使うのか使わないのか対比と、人間関係の描き方も全く違う。メジャーリーグはアメリカ...
人生の特等席・・・《野球へのラブレター》みたいなもの (Kathura West…Art-Mill)
クリント・イーストウッド、衝撃のラストを飾った《グラン・トリノ》でもう見納めと思っていたので、復活にはびっくり。先のアメリカ大統領選で、元気な姿を見ていたが、再び劇場スクリーンで見れるとは。この作品のみどころはとてもシンプル。 1.頑固一徹、クリン...
人生の特等席  監督/ロバート・ロレンツ (西京極 紫の館)
【出演】  クリント・イーストウッド  エイミー・アダムス  ジャスティン・ティンバーレイク 【ストーリー】 長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたガス・ロベル。伝説のスカウトマンとして知られる存在の彼だったが、年齢のせいで視力が弱ってきていた。そ...
「人生の特等席」 (セレンディピティ ダイアリー)
クリント・イーストウッド主演の最新作、「人生の特等席」(Trouble with
人生の特等席 (あーうぃ だにぇっと)
人生の特等席@スペースFS汐留
人生の特等席 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(10) マネーボール理論が揺らいだ瞬間とは、、、
人生の特等席 (シェイクで乾杯!)
スクリーンから引退するなんて、もう言わないでほしい
劇場鑑賞「人生の特等席」 (日々“是”精進! ver.F)
父の背中は、特等席だった… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211240005/ Trouble With the CurveSoundtrack Varese Sarabande 2012-10-16売り上げラン...
「人生の特等席」 変えられない、でも変えられる (はらやんの映画徒然草)
原題は「Trouble With The Curve」。 ここで言う「Curve
「人生の特等席」 (お楽しみはココからだ~ 映画をもっと楽しむ方法 )
2012年・アメリカ/マルパソ・カンパニー 配給:ワーナー・ブラザース映画 原題:Trouble with the Curve 監督:ロバート・ローレンツ脚本:ランディ・ブラウン撮影:トム・スターン音
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
映画:人生の特等席 Trouble with the Curve  アンチ「マネーボール」ボヤキ爺い=C イーストウッド! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
イーストウッドといえば、ダーティハリーのころから「ボヤキ」演技が見物だった。 いつも、Good grief とか、Oh my god とか、さらにダーティな愚痴をこぼしまくるのが持ち味(笑) その特色を生かし? 近年のイーストウッド(写真中央)の演技には、目を見張るものがあ...
映画『人生の特等席』★ 父と娘の一発逆転ホームランのイイ当たり☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      映画レビューです(ネタバレ表示) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id343639/rid51/p1/s0/c1/     作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160593/ ↑ あらすじ・クレジットはこ...
人生の特等席 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】頑固オヤジのメジャーリーガースカウト
『人生の特等席』 (こねたみっくす)
子供にとって親の背中こそが人生の特等席。親にとって子供の成長を見守る場所こそが人生の特等席。 『グラン・トリノ』で俳優業から引退するかも知れないと囁かれていたクリント ...
凄ーくイイ話なんだけれども・・・。『人生の特等席』 (水曜日のシネマ日記)
長年メジャーリーグのスカウトマンとして働く男性とその娘の絆を描いた作品です。
人生の特等席 (心のままに映画の風景)
数々の名選手を発掘してきた大リーグの伝説的スカウトマン、ガス・ロベル(クリント・イーストウッド)は、ここのところ、年のせいで視力が弱ってきていた。 パソコンデータ分析が主流で、昔気質のスカウ...
映画「人生の特等席」@一ツ橋ホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権は講談社さんだ、客入りは8割くらい、一橋ホールの映写機は2台共相変わらずピンぼけである。
人生の特等席   TROUBLE WITH THE CURVE (映画の話でコーヒーブレイク)
久々のイーストウッド作品。 今回は監督はせず、プロデュースと主演です。 共演は「魔法」からすっかり冷めて、野球にめちゃくちゃ詳しいやり手の弁護士ミッキーを エイミー・アダムズが演じております。 この二人の主演ということ以外何も知らずに見たのですが・・・、 ....
「人生の特等席」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Trouble with the Curve)余計なエピソードや消化不良のプロットも目立つのだが、後味の良い佳作であることは間違いない。なぜならストーリー自体が(ベタな書き方で恐縮だが ^^;)“約束通り”であるからだ。ハートウォーミングな筋書きを求めて映画館に足を...
頑固親父~『人生の特等席』 (真紅のthinkingdays)
 TROUBLE WITH THE CURVE  メジャーリーグ、アトランタ・ブレーブスの老スカウトマン・ガス(クリント・イー ストウッド)は、ある日視界がぼやけることに気づく。生来の頑固さから、医師 ...
人生の特等席 (CINEMA見聞録 )
 メジャー・リーグで長年にわたり名スカウトとして活躍してきたガス。しかし、寄る年
人生の特等席 ★★★.5 (パピとママ映画のblog)
監督・主演作『グラン・トリノ』で事実上の俳優引退宣言をしていたクリント・イーストウッドが、4年ぶりに主演を務めたハートウォーミング・ドラマ。『マディソン郡の橋』以来17年にわたりイーストウッドから映画製作を学び、生涯でただ一人の弟子と認められそのDNAを継承...
人生の特等席・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
ガンコ父娘の心の旅路。 映画人生の集大成とも言うべき傑作「グラン・トリノ」を最後に、俳優引退を宣言していたクリント・イーストウッドの四年ぶりとなる主演復帰作は、長年メジャーリーグの現場に立ち続...
「人生の特等席」 (或る日の出来事)
エイミーが出ていなければ、観なかったはずの映画だ。
映画レビュー「人生の特等席」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Trouble With the Curve◆プチレビュー◆頑固な父と不器用な娘の和解を描く「人生の特等席」。ストーリーは平凡だが、イーストウッドの存在感で魅せる映画。 【75点】 メジャーリーグ ...
人生の特等席 (映画的・絵画的・音楽的)
 『人生の特等席』を渋谷Humaxで見ました。 (1)『グラン・トリノ』の後、これ以上もう映画に出演しないと公言していた御歳82歳になるクリント・イーストウッドですが、本作にはその彼が出ているということで映画館に足を運びました。  彼の役どころは、プロ野球球団ア...
映画「人生の特等席」 (FREE TIME)
映画「人生の特等席」を鑑賞しました。
人生の特等席 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TROUBLE WITH THE CURVE】 2012/11/23公開 アメリカ 111分監督:ロバート・ロレンツ出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード、ジョー・マッシンギル ス...
人生の特等席 (こんな映画見ました~)
『人生の特等席』---TROUBLE WITH THE CURVE---2012年(アメリカ )監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イースト、エイミー・アダムス 、ジャスティン・ティンバーレイク 、ジョン・グッドマン クリント・イーストウッドが「グラン・トリノ」以来4年ぶ....
「人生の特等席」:純粋な音を聞いた (大江戸時夫の東京温度)
映画『人生の特等席』は、俳優クリント・イーストウッドの(引退宣言からの)復帰作。
人生の特等席 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve/ クリント・イーストウッドが久々に俳優として映画に出ると聞けば観ない訳にはいかない。 ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年の...
人生の特等席 (風に吹かれて)
♪ You Are My Sunshine ♪アナログオヤジをなめんなよ公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/troublewiththecurve長年メジャーリーグの
「人生の特等席」 (prisoner's BLOG)
イーストウッド主演だから父親寄りの視線で見てしまうが、考えてみるとストーリー段階では娘寄りの視線で考えていたのではないか。元野球選手の若いスカウトとのラブロマンスのウェイトが割と高いのだが、ちょっとそこが長く感じてしまう。 娘が仕事をおいて父親について...
人生の特等席 (ケントのたそがれ劇場)
★★★★ 製作:2012年米国 上映時間:111分 監督:ロバート・ロレンツ  最近監督業に専念していたクリント・イーストウッドが、監督をロバート・ロレンツに任せて、『グラン・トリノ』以来4年振りに主演を務めた感動作である。不器用で目が見えなくなり始めたプ
アメリカ映画「人生の特等席」、クリントイーストウッドの映画です。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆      家族映画の好きな方 ☆☆☆☆ クリントイーストウッドと聞けば、見ずにはいられまい。 だが、今回は監督は、彼の映画のプロデューサーだったロバートロレンツ。 スカウトマンの話だ、老齢のガスは、頑固者で、コンピューターなどあてに...
『人生の特等席』 (ラムの大通り)
(原題:Trouble with Curve) ----あれっ、クリント・イースト・ウッドって もう俳優は辞めたんじゃなかったけ? 「そのはずだったんだけどね。 本人いわく“オモシロい役が回ってきたからやってみた”とのこと。 とにかくストーリーが気にいったらしい」 ----どん...
映画『人生の特等席』 (健康への長い道)
 20年ぶりに監督兼俳優ではなく、俳優専任で出演したクリント・イーストウッドの4年ぶり主演作『人生の特等席』を新宿ピカデリーにて。雨が降って、寒い1日でした。 Story 家庭を顧みず、メジャーリーグのスカウトマンとして生きてきたガス(クリント・イーストウッド...
人生の特等席 (そーれりぽーと)
クリント・イーストウッドまでまさかの辞める辞める詐欺か!『人生の特等席』を観てきました。 ★★★★ 映画関係者とか政治家とか、辞めるっつーたら辞めれば良いのに。 とか思いながらも、こと映画に関してはやってくれたら嬉しくて、やっぱ観に行ってしまうわけですけ...
人生の特等席 (迷宮映画館)
くそジジイっぷりが、何とも言えずに憎たらしくて、いとおしい。
映画「人生の特等席」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「人生の特等席」観に行ってきました。アメリカ大リーグの卵となる選手をスカウトする仕事を長年にわたって続けてきたプロでありながら「失明の兆候」を発症するという致命的な...
『人生の特等席』 カーブを打つ (Days of Books, Films )
Trouble with the Curve(film review) アメリカ
人生の特等席 (B-scale fan's log)
公開中 ロバート・ロレンツ監督     出演 クリント・イーストウッド、     エイミー・アダムス、     ジャスティン・ティンバーレイク 他 新評価 4.0 メジャーリーグの定年が近いスカウトマンと、 その娘で33歳独身の弁護士。 母親が早々に亡くなっ....
人生の特等席(2012)☆★TROUBLE WITH THE CURVE (銅版画制作の日々)
 スカウトマン、娘1人。キャリア最後の旅に出る。 好き度:+5点=75点 MOVIX京都にて鑑賞。 グラン・トリノが俳優として最後の作品となると思っていたイーストウッドおじさん。何と4年ぶりに俳優としてスクリーンに戻ってきたのでした。但し自らの監督作品ではあ...
No1006『人生の特等席』~早朝、心に飛び込んでくる、すてきな音~ (パラパラ映画手帖)
一番好きなシーンは、エイミー・アダムスが、父親とも、恋人になりかけた男性ともうまくいかず、大事な仕事も人にとられ、八方ふさがりで落ち込んだ朝、窓の外から聞こえてくる音。 それは… 早朝のキャッチボール。心に直接投げ込んでくるような、爽快感あふ...
野球と娘と向き合いながら、 (笑う社会人の生活)
26日のことですが、映画「人生の特等席」を鑑賞しました。 長年大リーグのスカウトとして腕を振るってきたガスだったが、年のせいで視力が弱ってきていた チームが疑いの目を向ける中 あまり関係が良好とはいえない娘のミッキーが同行を始めて・・・ クリント・イースト...
人生の特等席 (とりあえず、コメントです)
野球のスカウトマンとして人生を送った男の姿を描いたクリント・イーストウッド主演のヒューマンドラマです。 イーストウッドが役者に復活と聞いて、これは観なくてはと公開を楽しみにしていました。 圧倒的な存在感と相変わらずのかっこ良さに一瞬で惹きつけられました。...
『人生の特等席』、バスで帰る (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
今さらですが、新年のごあいさつを。 あけましておめでとうございます。 年末からずっと更新をサボってましたが、本年もよろしくお願いいたします。
人生の特等席 (墨映画(BOKUEIGA))
クリント・イーストウッド主演作品。 やらないといっていたのに…。だけど彼の復帰はうれしい。 監督は、彼のひぞっこらしい。 現場あってナンボ。 イーストウッドの役どころは、大リーグの老いぼれ名物スカウト。 彼の目利きは一目置かれている。 しかしながら、加齢に...
映画『人生の特等席』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-99.人生の特等席■原題:Trouble With The Curve■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:111分■観賞日:12月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ■料金:0円(1カ月フリーパス) □監督・製作:ロバート・ロレンツ◆クリント・イーストウッド(ガス)◆...
『人生の特等席』 なぜイーストウッドが監督しないのか? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】   映画に反論するには映画をもって、ということだろうか。  野球を題材にしながら、選手ではなくGM(ゼネラルマネージャー)にスポットを当てた映画として『マネーボール』はたいそう...
人生の特等席 (いやいやえん)
思ってたよりも老いているイーストウッドにビックリだ。当たり前だけどヨボヨボ。でも何か一瞬の画がとんでもなくかっこいいのよ。やっぱりそこはイーストウッドだった。 ストーリーは一人の野球スカウトマンの娘との絆、人生の再生といったところだけれど、これもよ...
『人生の特等席』(2012) (【徒然なるままに・・・】)
メジャーリーグのスカウトマンであるガスは、ハイテクに頼らず昔ながらのやり方を貫いているが、球団は時代に取り残されたかのような彼を疎ましく考え始めていた。しかもガスは視力が衰え仕事にも支障を来たし始めていたが、プロとしての自信と誇りは持ち続け、今もドラフ...
「人生の特等席」を見てきました (コウサする日々)
人生の特等席を見てきました。 クリントイーストウッド主演。 映画観終わってから知ったのですが、クリントイーストウッドって82歳!なんですね。劇中の設定の年齢が何歳だった ...
人生の特等席 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:ロバート・ロレンツ 出演:クリント・イーストウッド、エイミー・アダムス、ジャスティン・ティンバーレイク、ジョン・グッドマン、ロバート・パトリック、マシュー・リラード 【あらすじ】  イーストウッド演じるガスは将来の名野球選手を発掘する長年の名スカ....
映画評「人生の特等席」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2012年アメリカ映画 監督ロバート・ロレンツ ネタバレあり
人生の特等席 (ただの映画好き日記)
大リーグ最高のスカウトのひとりとして何十年も敏腕をふるってきたガス・ロベルは、努力で補ってきたものの、そろそろ年齢による衰えをごまかしきれなくなってきている。
人生の特等席 (のほほん便り)
原題は、「Trouble with The Curve」… 物語中、野球のカーブと、親子関係の誤解や屈折が、うまくかけられてます。いかにもアメリカ映画らしい、安心して見られる、後味、爽快。ほっこりした気持ちになれる、ハッピーエンドの映画でした。嫌な奴には、ちゃんと、お仕置き...
人生の特等席 (映画に耽溺)
「俳優はもう引退さって言っていたはずのイーストウッドが帰ってきたわよ」 「帰ってきたわねえ」 「お帰りなさい!」 「お帰りなさいクリント!!」 「おかずです!」 「ずーこです!!」 「2人揃って」 「冬はお団子」 「じゃないでしょ!」 「映画に耽溺~~...