京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『鑑定士と顔のない依頼人』

2013-12-27 00:12:27 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「鑑定士と顔のない依頼人
□監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ 
□キャスト ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、
       ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン

■鑑賞日 12月21日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  トルナトーレ監督と言えば何と言っても『ニュー・シネマ・パラダイス』。
  公開時、シネスイッチ銀座で3時間にも及ぶこの映画を立見で観た記憶が。
  思えば、それ以来、立見なんて経験がないなぁ(笑)
  彼の監督作品の中で最も好きなのが『海の上のピアニスト』。 この映画、
  劇場で3回観たなぁ(笑) 主演したティム・ロスは最近スクリーンで観ることは
  少なくなってしまった・・・。 『マレーナ』や『題名のない子守唄』も忘れられない。
 
 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァージル・オールドマン
 (ジェフリー・ラッシュ)。 極端に人間嫌いで独身を貫く彼が唯一愛情を注ぐのが、
 女性の肖像を描いた名画たち。 これはと思う肖像画が出品されると、相棒の
 ビリー(ドナルド・サザーランド)を使い、不正な手段で自分のコレクションに
 加えてしまう。 そんなある日、彼のもとに亡くなった両親が遺した家具や美術品の
 鑑定をしてほしいとの若い女性・クレア(シルヴィア・フークス)からの依頼が舞い込む。
 ところが依頼人は、決してヴァージルの前に姿を見せようとはしなかった。
 憤慨するヴァージルだったが、依頼人の屋敷である歴史的名品の一部とおぼしき
 部品を発見してしまい、この依頼を引き受けずにはいられなくなる。 そして屋敷に
 通ううち、姿の見えない依頼人に少しずつ興味を抱き始めるヴァージルだった。

 トルナトーレ監督は実に多くの抽斗を持っている優れた監督だと思う。
 それをこの作品で再認識した。
 それは、物語の結末を言えない歯痒さはあるものの、ストーリーに巻き込む力と、
 ジェフリー・ラッシュの演技の巧みさに、どんどんトルナトーレの世界に引き込まれ
 ていく。 十分に練られた脚本と、寸分の余地も与えないトルナトーレの見事な
 演出はまったくもって完成度が高い。
 ミステリー作品を観ると、大抵どこかにこいつが犯人かと想像できる仕掛けがある
 ものだ。 この映画もしかり。 しかしながらそれを想像させたときに、一旦否定して
 新たな展開を見せつつ、実は観ている側の誰もが途中で想像した犯人を、再び
 ラストで再び浮かび上がらせるのである。 つまり肩透かしにあった上質の満足感
 を得ることができたのだ。 そこにこそ、トルナトーレ監督のマジックにかかって
 しまったのだ。
 ヴァージルとビリーの長らくの友情や、ヴァージルとクレア、ヴァージルとロバートの
 一挙手・一投走に一喜一憂、物語の中に本当に没頭できた作品だった。 
 クレアが忘れられない店「ナイト&ディ」、さてヴァージルの待ち人は来るのだろうか。
 もう一人のクレアも凄かったが(謎)

  トルナトーレ監督、過去の作品で子役や女優には彼の拘りがいつも感じられるのだが、
  今回クレアを演じたシルヴィア・フークスはそれまでのエキゾティックな女優たち
  とは一線を画した印象だった。

  この映画、13日が初日だったが、1週経って、座席数が少ないシアターとはいえ、
  ほぼ満席状態。 かかる劇場も少なめだが、久しぶりに口コミでの観客動員を
  招いた素晴らしい作品だった。  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (17)   トラックバック (62)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「板門店」/大森 | トップ | 『永遠の0』 »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たい〜〜 (NAO)
2013-12-27 00:17:46
うわーん!><もう年内に観に行けません!
お正月、行けるかなぁ?川崎まで行くの遠いよぉ〜〜。

観たい映画、今年はあんまり近くでやってくれなかったのが
とっても残念です(涙)
来年は、近くで良い映画上映してほしいです。
オススメ〜 (cyaz)
2013-12-27 08:33:26
NAOさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>お正月、行けるかなぁ?川崎まで行くの遠いよぉ〜〜。
これはオススメですよ^^ ぜひ観て戴きたいですね〜♪

>観たい映画、今年はあんまり近くでやってくれなかったのがとっても残念です(涙)
川崎は映画好きには素晴らしい環境になりました^^
そういう意味では幸せなことです^^
それでも、上映していない映画は横浜とかまで出向きますけどね(汗)
素晴らしかった! (こに)
2013-12-27 11:21:13
トラバありがとうございました。
公開日の初回に鑑賞、割と空席が目立っていたのですが終了後外に出て、待ちの人の多さにビックリしました。
これはどんどん評価が高まりそうな映画ですね〜。
クチコミ〜 (cyaz)
2013-12-27 12:36:02
こにさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>終了後外に出て、待ちの人の多さにビックリしました。
これはどんどん評価が高まりそうな映画ですね〜。
クチコミで広がる映画は概していい映画ですよね!
ただ劇場数が少ないのが、この時期ではタイミング悪かったのでは???
Unknown (はるみん)
2013-12-27 15:45:41
久々に興奮しました!
リピート勧められてたのでまた鑑賞したのですが2回目も全くダレずに引き込まれました。っていうか2回目の方がさらに面白かったです。
観るたびにいろんな感想が湧きそうですね。DVD出たらまた観ます!
裏でどんな風に計画を練ってはったのか、スピンオフ作って欲しいくらいです(^^)
更に深いかも〜 (cyaz)
2013-12-27 17:24:04
はるみんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>リピート勧められてたのでまた鑑賞したのですが2回目も全くダレずに引き込まれました。っていうか2回目の方がさらに面白かったです。
なるほど^^
あの結末は二通りの解釈が出来ますが、
果たしてヴァージルは「待ち人」がくるのでしょうか(笑)?

>観るたびにいろんな感想が湧きそうですね。DVD出たらまた観ます!
そうですね^^

>裏でどんな風に計画を練ってはったのか、スピンオフ作って欲しいくらいです(^^)
観かたを変えれば更に深いかも^^
Unknown (Ageha)
2013-12-28 14:38:06
とりあえずTOHO梅田で1月5日までは見れるみたい。
予定外だったんですが
まわりがえらい見ててミーハーなやつとしては
むっちゃ気になってきました・・・。

とっとと大掃除すませて大晦日にでも行く?(おいおい)
面白かったです♪ (daisuki-johnny)
2013-12-28 20:30:49
cyazさん、TBとコメントありがとうございました♪

観てる側も
クレアに騙されているのか?
いや、やっぱり違う?そしてあの驚きのラスト!
上手いですよね〜!
ヴァージルの待ち人は誰なんでしょうかー

本当に最後まで、ぐぐぐーっと!
引き込まれました。面白かったです♪
観るべし〜 (cyaz)
2013-12-29 08:35:06
Agehaさん、コメントありがとうございます^^

>まわりがえらい見ててミーハーなやつとしては
むっちゃ気になってきました・・・。
ま、トルナトーレですから、
普通は映画好きなら観ると思いますが^^
いや、観ておくべきです!
Unknown (Ageha)
2014-01-03 14:54:23
なんかね〜、あのラストシーンね、
あのままヴァージルが
ゼンマイのひとつになっちゃいそうで
とってもとってもやりきれなくなっちゃったのよね・・・
ショックから立ち直ったのにプラハに引っ越して
「ナイト&デイ」に通うってどうなのよと・・・
せっかく手袋なしで食事できるようになったのに
人間不信になるような出来事に遭遇したら
以前よかもっと孤独になってまうやんて・・・。

張り巡らされた伏線が回収されたときの
そういえば、ここであそこでそうだったよなっていう
確認作業よりも
とにもかくにも気の毒感MAXで辛かったです・・・どうも。
老いらくの恋〜 (cyaz)
2014-01-04 09:56:26
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>あのままヴァージルがゼンマイのひとつになっちゃいそうで
とってもとってもやりきれなくなっちゃったのよね・・・
もしかしたら歯車のひとつにされたのかも・・・。

>「ナイト&デイ」に通うってどうなのよと・・・
それは「待ち人来たらず」なのか・・・。

>以前よかもっと孤独になってまうやんて・・・。
老いらくの恋は危険かも(笑)

>確認作業よりもとにもかくにも気の毒感MAXで辛かったです・・・どうも。
確かにそれは言えましたねぇ><
今年もよろしく〜♪ (kiriy)
2014-01-11 14:42:51
、この映画、こちらのブログのこの記事を読んで、俄然行く気満々になったのでした。何とか昨年中にと思いましたが、年末に行くのはちょっと難しくて、今年最初の映画になりました。

私も最初は彼が気の毒で、そればかりで頭が侵食されてしまいましたが、一概にはそうとばかり言えないなと、あれやこれやと考えてしまいました。

余韻の凄く残る作品だったと思います。
彼の選択は〜 (cyaz)
2014-01-12 08:55:21
kiriyさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>この映画、こちらのブログのこの記事を読んで、俄然行く気満々に 今年最初の映画になりました。
おぉ参考にしていただいて嬉しいです。

>私も最初は彼が気の毒で、そればかりで頭が侵食されてしまいましたが、
一概にはそうとばかり言えないなと、あれやこれやと考えてしまいました。
彼の選択の本当のところは実は今でもよくわかりませんが。

>余韻の凄く残る作品だったと思います。
仰る通りだと思います。
こんにちは (りお)
2014-02-28 18:58:15
なんというか…どんでん返しでもないのに、してやられた!感が満載の映画でした。
後味は相当悪いのに、オススメしたくなるという、不思議な感覚です。

もうひとりのクレアはホント謎ですよね〜〜
クレアだけでなく、あのカフェ自体も謎かも(笑)
してやられた感〜 (cyaz)
2014-02-28 19:05:32
りおさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>どんでん返しでもないのに、してやられた!感が満載の映画でした。
そうでしたねぇ^^ そこがまた惹かれたところで(笑)

>後味は相当悪いのに、オススメしたくなるという、不思議な感覚です。
あのラストは哀愁も漂っていたりして。

>もうひとりのクレアはホント謎ですよね〜〜
クレアだけでなく、あのカフェ自体も謎かも(笑)
確かに(笑)
あのラスト、待ち人は来ますかねぇ(謎)?
今年も宜しくお願いします。 (小米花)
2015-01-07 23:27:05
この記事でのコメントでのご挨拶でスミマセン。
最近更新が出来ず、コメに伺えずにいました。

下書きの記事をボチボチあげています。
そんな感じですが、今年も宜しくお願い致します。

あ、この映画面白かったです。
こちらこそ〜 (cyaz)
2015-01-08 08:48:15
小米花さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>この記事でのコメントでのご挨拶でスミマセン。
いえいえ、こちらこそ今年もよろしくお願いします。

>下書きの記事をボチボチあげています。
楽しみにしています〜♪

>あ、この映画面白かったです。
でしょでしょ^^
原作もぜひオススメします!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

62 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
鑑定士と顔のない依頼人 / La migliore offerta (The Best Offer) (勝手に映画評)
姿を見せようとしない女性の依頼人からの美術品鑑定依頼。当初は、姿を見せようとしない依頼人に反発を覚えていた鑑定士のオールドマンだったが、ある時、依頼人の姿を隠れ見て、その美しさに引かれていってしまう・・・。 互いに時には非常に失礼な態度を示し反発し合い...
「鑑定士と顔のない依頼人」、美術品の鑑定をする鑑定士を巡るミステリーです、恋もあります。 (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆☆ イタリア映画だが、英語版。 ヨーロッパの美術鑑定士といえば、名画だ。それを演じるのがジェフリーラッシュ。美術品のオークションを取り仕切りその手際は鮮やか。 この男が曲者、なにしろ独身だが、その生活はスタイリッシュ、そして、裏部屋に美...
『鑑定士と顔のない依頼人』 2013年12月14日 TOHOシネマズシャンテ (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『鑑定士と顔のない依頼人』 を鑑賞しました。 今日は14日なので東宝で(笑) もちろん満席御礼でした この映画は見逃せません ベスト1候補に急浮上です。(この年末で印象深い映画になった) 【ストーリー】  天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマ...
鑑定士と顔のない依頼人/ジェフリー・ラッシュ (カノンな日々)
『ニュー・シネマ・パラダイス』のイタリアの巨匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が『英国王のスピーチ』のジェフリー・ラッシュを主演に美術競売人が謎めいた女性からの鑑定依頼に ...
鑑定士と顔のない依頼人 (佐藤秀の徒然幻視録)
生身美女vs.絵画美女 公式サイト。イタリア映画。原題:La migliore offerta、英題:The Best Offer。ジュゼッペ・トルナトーレ監督、音楽:エンニオ・モリコーネ。ジェフリー・ラッシュ、シ ...
鑑定士と顔のない依頼人 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
ジェフリー・ラッシュ主演、監督は 「ニュー・シネマ・パラダイス」などで 知られるジュゼッペ・トルナトーレが務めた 映画「鑑定士と顔のない依頼人」が公開 されましたので観に行ってきました。 鑑定士と顔のない依頼人 原題:LA MIGLIORE OFFERTA THE BEST OFFER 製作...
映画・鑑定士と顔のない依頼人 (読書と映画とガーデニング)
2013年 イタリア原題 La migliore offerta英題 The Best Offer 一流の鑑定眼を持つオークショニア、ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)世界中の一流オークションからのオファーが絶えない男だが、芸術への熱烈な愛に比べ、人間、特に女性が苦手....
鑑定士と顔のない依頼人 (I am invincible !)
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は鋭く確かな鑑定眼と豊かな知識を持つ、超一流のオークショニア。 芸術品、特に女性の肖像画を熱愛する一方、人付き合いが嫌いで潔癖症の偏屈。
鑑定士と顔のない依頼人 /LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上のピアニスト」などの ジュゼッペ・トルナトーレ監督最新作はミステリー。 美術品鑑定士であり、有名一流オークションを仕切るオークショニア、 潔癖性で、常に....
鑑定士と顔のない依頼人 (はるみのひとり言)
試写会をお譲りした人が高評価だったので、期待大で映画館に足を運びました。題名から鑑定士と依頼人の美術品をめぐる駆け引きなのかなと思っていましたが、全然違ってました。なが〜い時間をかけて散りばめられた伏線の後で驚きのラスト10分。予告も観たことないし、予...
鑑定士と顔のない依頼人 (試写会) (風に吹かれて)
どんなものでも偽れる偽物の中にも本物はある公式サイト http://kanteishi.gaga.ne.jp12月13日公開監督: ジョゼッペ・トルナトーレ  「ニュー・シネマ・パラダイス」 「海の上
映画:鑑定士と顔のない依頼人 La migliore offerta 予告編が良かっただけに... 失望も大きい。 (日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督(ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」)の新作ミステリー。 予告篇が良くできていたので、期待が大きかった。 これが大幅に裏目に出てしまったかな... 予告篇では「謎」までを提示するが、本編でもその「謎」の提示まで...
鑑定士と顔のない依頼人 (♪HAVE A NICE DAY♪)
中々面白かった!! いや〜〜〜〜〜〜ジェフリー・ラッシュは流石の演技!! 序盤は、天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)の オークションの仕事をテキパキとやり 見ていて気持ちいいくらい素晴らしいです 独身で潔癖症...
鑑定士と顔のない依頼人 (gala)
丁寧な作品作りは眼の保養となり、含蓄ある台詞まわしは心に滋養を与え。 イタリアの凄さをたっぷり堪能させていただきました。 敢えて言うなら、《詐欺集団が詐欺師をたぶらかした》 と言ってしまうと《みもふたもない》となってしまうので、 ここは、台詞の中から...
鑑定士と顔のない依頼人 (そーれりぽーと)
ジュゼッペ・トルナトーレ監督×音楽エンニオ・モリコーネ最新作『鑑定士と顔のない依頼人』を観てきました。 ★★★★★ ジェフリー・ラッシュの怪演と、謎に満ちた展開に想像力を掻き立てられ、ああでもないこうでもないと結末を想像しながら観る王道ミステリーの中で...
鑑定士と顔のない依頼人  THE BEST OFFER (映画の話でコーヒーブレイク)
NHK「あさイチ」で紹介していたのを見て、面白そうだったので鑑賞決定。 邦題がなんともミステリアス。 豪華なセットに凝った小道具、不思議な雰囲気のある作品です。 時代設定は20世紀初頭かしら?と思っていたら、携帯が出てくるはネットでオークションに 入札するはで....
『鑑定士と顔のない依頼人』 (こねたみっくす)
この恋は贋作、でもこの恋心は本物。 切ない、あまりにも切な過ぎる。ラブストーリーとして見ると、この結末はあまりにも残酷です。ただ予告編通りにミステリーとして見ると、至 ...
鑑定士と顔のない依頼人 (だらだら無気力ブログ!)
これは見応えあって面白かったなぁ。
『鑑定士と顔のない依頼人』 (時間の無駄と言わないで)
センスない邦題だなぁ。 ジェフリー・ラッシュとドナルド・サザーランド。 年齢層高い出演陣が堪らない。 むしろ「ドナルド・サザーランド出てるなら観に行こうかな」って感じ ...
鑑定士と顔のない依頼人 (to Heart)
原題 LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER 製作年度 2013年 製作国・地域 イタリア 上映時間 131分 脚本:監督 ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽 エンニオ・モリコーネ 出演 ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド/フィリッ...
鑑定士と顔のない依頼人 (とりあえず、コメントです)
ある鑑定士が謎の依頼人と出会ったことから大きく運命を変えていくサスペンスです。 予告編を観て、どんな結末になるのだろうと気になっていました。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督の紡ぎ上げる物語は、かなり心がぞわぞわするような展開になっていました。
「鑑定士と顔のない依頼人」:語り口の妙と映画のコク (大江戸時夫の東京温度)
映画『鑑定士と顔のない依頼人』は、よく出来たお話、よく出来た知的娯楽映画です。映
鑑定士と顔のない依頼人 (心のままに映画の風景)
天才的な審美眼を誇る美術鑑定士ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、資産家の両親が遺した美術品を査定して欲しいとクレア(シルヴィア・フークス)という女性から依頼を受ける。 屋敷を訪ねたヴァージルは、決して姿を見せないクレアに不信感を抱...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法 )
2013年・ イタリア/Paco Cinematografica配給: ギャガ 原題: La migliore offerta (英題: The Best Offer)監督:ジュゼッペ・トルナトーレ脚
鑑定士と顔のない依頼人 (ルナのシネマ缶)
気になっていた作品なので、 終わってしまう前に (上映館もすくないし・・・) どうしても観たかったです。 隠し部屋の壁一面に飾れた 女性の肖像画は圧巻です! 美術品に囲まれた美しい 鑑定士の豪邸と、鑑定することになる 広いけどなんか寂れたお屋敷が 対照...
鑑定士と顔のない依頼人  (映画と本の『たんぽぽ館』)
鑑定士=偽装を見破ることが仕事だが・・・ * * * * * * * * * * 天才的審美眼を誇る鑑定士でありオークショニアでもある、 バージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)。 彼のもとへ、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという...
鑑定士と顔のない依頼人 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年1月1日(水) 16:25〜 TOHOシネマズ川崎6 料金:1000円(映画サービス・デー) パンフレット:未確認 老いらくの恋と思いきや。 『鑑定士と顔のない依頼人』公式サイト ミステリーなどという宣伝文句を知らずに観た。 最後の15分位から、驚くべき展開。まあ...
”峰不二子”>美女コレクション(おい)〜「鑑定士と顔のない依頼人」〜 (ペパーミントの魔術師)
新手のオレオレ詐欺映画?(わわわわわ) ネタバレを含みます、これから見る方は鑑賞後に。m(_ _)m 欲しい絵画は仲間と組んで安価で競り落としてマイコレクションにしちゃうんだから 決して清廉潔白なおじいちゃんじゃないです。 あれだけクレアに対して怒りMAXだっ....
鑑定士と顔のない依頼人 (伊東良徳の映画な週末)
 美術界のカリスマ鑑定士が顔を見せない謎めいた依頼人に翻弄されるミステリー映画「
『鑑定士と顔のない依頼人』 老人の恋の行方 (Days of Books, Films )
The Best Offer(film review) いやあ、見事に騙されまし
真贋〜『鑑定士と顔のない依頼人』 (真紅のthinkingdays)
 LA MIGLIORE OFFERTA    THE BEST OFFER  潔癖症で、孤独に生きる美術鑑定士のヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ ラッシュ)は、クレアと名乗る女性からの電話を受ける。それは彼女が亡き両親 から相続した広大なヴィラにある、美術品の査...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「La migliore offerta」…aka「The Best Offer」2013 イタリア ヴァージル・オールドマンに「シャイン/1995」「パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマン・チェスト/2006」「エリザベス:ゴールデン・エイジ/2007」「英国王のスピーチ/2010」のジェフリー・ラッ...
鑑定士と顔のない依頼人 (近未来二番館)
1月8日、今年最初の映画館で観た映画はこれです。 昨年、何とか時間を作っていきたかったのですが、ちょっと無理だったのですが、調べてみるとかなり評判も良く、年が明けたからって公開時間が遅い時間になったり回数が減るといった雰囲気ではなかったので、ゆっく...
・・・哀れ。『鑑定士と顔のない依頼人』 (水曜日のシネマ日記)
著名な美術品鑑定士と姿を見せない女性依頼人の物語です。
鑑定士と顔のない依頼人 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「鑑定士と顔のない依頼人」の試写会へ行ってきました。 ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、優れた鑑定眼と美術の知識を持つ著名な鑑定士。両親が残した絵画
『鑑定士と顔のない依頼人』 (beatitude)
ヴァージル・オールドマン(ジェフリー・ラッシュ)は、世界中のオークションで活躍する一流オークショニア。早くに親を亡くし、結婚もせず、友人もいない人間嫌いの彼の楽しみは、自宅の隠し部屋の壁一面に飾った女性の肖像画鑑賞だった。自分が仕切るオークションで、パ...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (或る日の出来事)
今年最初に観た映画は、これだ!
「鑑定士と顔のない依頼人」 (ここなつ映画レビュー)
2013年のラストに観た作品がこれでした。「鑑定士と顔のない依頼人」。我ながら良い作品をとっておいたものだと思います。宣伝文句通り。「ジュゼッペ・トルナトーレが仕掛ける極上のミステリー。衝撃のラストを知ると構図は一転する。」とか何とか。めくるめく豪華絢爛な...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』 (健康への長い道)
 2013年に鑑賞した映画。  ベスト3は、 1位『かぐや姫の物語』 2位『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』 3位『そして父になる』 でした。  ワーストは、『キャプテンハーロック』です。  さて、今日はようやくの今年1本目を鑑賞。新宿武蔵野館で『鑑定士と...
鑑定士と顔のない依頼人 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「ニューシネマパラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督の新作は「極上のミステリー」と宣伝されていますが、むしろ切なく美しい純愛の物語という感じでした。ジェフリー・ラッシュの演技に◎。  作品情報 2013年イタリア映画 監督:ジュゼッペ・トルナトー...
劇場鑑賞「鑑定士と顔のない依頼人」 (日々“是”精進! ver.F)
恋は盲目… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201402110001/ 【送料無料】鑑定士と顔のない依頼人 [ ジュゼッペ・トルナトーレ ]価格:1,575円(税込、送料込) ニュー・シネマ・パラダイス(Blu−ray Disc)価格:...
「鑑定士と顔のない依頼人」 (セレンディピティ ダイアリー)
ジェフリー・ラッシュ主演の映画、「鑑定士と顔のない依頼人」(La miglior
鑑定士と顔のない依頼人 ★★★★.5 (パピとママ映画のblog)
名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、刺激的な謎をちりばめて紡ぐミステリー。天才鑑定士が姿を見せない女性からの謎めいた鑑定依頼に翻弄(ほんろう)されていくさまを、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの音楽に乗せて描く。偏屈な美術鑑定士には、『シャイン』など...
鑑定士と顔のない依頼人(La migliore offerta)(The Best Offer) (田舎に住んでる映画ヲタク)
 「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」の名匠ジュゼッペ・トルナトーレ監督が、ジェフリー・ラッシュを主演に迎えて描くミステリー。天才的な審美眼を誇る鑑定士バージル・オドマンは、資産家の両親が残した絵画や家具を査定してほしいという依頼を受...
鑑定士と顔のない依頼人 (夏の雨)
「鑑定士と顔のない依頼人」観ました。 2013年 イタリア 監督 ジュセッベ・トルナトーレ 出演 ジェフリー・ラッシュ    ジム・スタージェス    シルビア・ホークス    ドナルド・サザーランド 一流鑑定士の所にある日、女性の声で親の遺産である自宅の....
鑑定士と顔のない依頼人 (映画三昧、活字中毒)
■ TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞鑑定士と顔のない依頼人/LA MIGLIORE OFFERTA 2013年/イタリア/131分 監督: ジュゼッペ・トルナトーレ 出演: ジェフリー・ラッシュ/シルヴィア・フークス/ジム・スタージェス/ドナルド・サザーランド 公開: 2013年12月13...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』観てきた〜♪ (よくばりアンテナ)
やっと金沢でも公開されたので喜び勇んで観て参りました。 ミステリーなので上手く騙されたくてワクワクしてたので 事前に情報をなるべく仕入れずに鑑賞。 鑑定士って職業がいまいちわかってないのですが、 一流のオークショニアってなかなか権威のある職業の...
映画『鑑定士と顔のない依頼人』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-109.鑑定士と顔のない依頼人■原題:La Migliore Offerta(英題:The Best Offer)■製作年、国:2013年、イタリア■上映時間:131分■料金:0円(1カ月FP5本目)■観賞日:12月30日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジュゼッペ・トルナ...
鑑定士と顔のない依頼人 (迷宮映画館)
さすがに本物の絵の持つオーラが感じられました。
鑑定士と顔のない依頼人 (C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜)
鑑定士と顔のない依頼人 '13:イタリア ◆原題:La migliore offerta ◆監督:ジュゼッペ・トルナトーレ「シチリア!シチリア!」「海の上のピアニスト」 ◆主演:ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・フークス、ドナルド・サザーランド、フィリッ...
鑑定士の運命 (笑う社会人の生活)
5日のことですが、映画「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞しました。 美術鑑定士ヴァージルは、資産家の両親が遺した美術品を査定してほしいという依頼を受け、屋敷を訪ねるも 依頼人の女性クレアは決して姿を現さず不信感を抱くヴァージルだったが、歴史的価値を持つ美....
鑑定士と顔のない依頼人 (愛猫レオンとシネマな毎日)
昨年暮れの東京散策時に、TOHOシネマズシャンテにて鑑賞。 「ニュー・シネマ・パラダイス」のジュゼッペ・トルナトーレ監督・脚本による作品。 天才的な鑑定眼を持つオークション鑑定士のヴァージルは、人間嫌いで 芸術品しか愛することが出来ない。 彼の隠し部屋...
鑑定士と顔のない依頼人 (la Casa del Lapiz:鉛筆庵)
           2013年/イタリア/131分 原題:La migliore offerta 監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンニオ・モリコーネ 出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、....
鑑定士と顔のない依頼人 (虎猫の気まぐれシネマ日記)
劇場で一度観て,後日リピートしてしまった作品。この作品,最期のオチまで観てしまうと,もう一度それを知ったうえで再見したくなる・・・・初見時に感じた,それぞれの登場人物の言動が,二度目はまったく違ったふうに見えてくるのが面白かった。私のようなリピーターは...
「鑑定士と顔のない依頼人」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
面白かったけれど、後味は良くなかった・・・。4つ★〜4つ★半 でも、さすが、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の映画・・・って思う映画でした。(色々な意味で)
鑑定士と顔のない依頼人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァ....
鑑定士と顔のない依頼人 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
【LA MIGLIORE OFFERTA/THE BEST OFFER】 2013/12/13公開 イタリア PG12 131分監督:ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド 一流の美術鑑定士にして、カリスマ的オークショニアのヴァ....
『 鑑定士と顔のない依頼人 』動き出した歯車 (映画@見取り八段)
鑑定士と顔のない依頼人 〜 LA MIGLIORE OFFERTA 〜      監督: ジュゼッペ・トルナトーレ    キャスト: ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス、シルヴィア・ホーク、ドナルド・サザーランド、フィリップ・ジャクソン、ダーモット・クロウリー、リヤ・ケ...
映画「鑑定士と顔のない依頼人」レビュー(ひきこもり女子と二次元しか愛せない男のラブストーリー) (翼のインサイト競馬予想)
映画「鑑定士と顔のない依頼人」のブルーレイを見たのでレビュー記事(感想)を書いてみたいと思
鑑定士と顔のない依頼人  (こんな映画見ました〜)
『鑑定士と顔のない依頼人 』---LA MIGLIORE OFFERTA  THE BEST OFFER---2013年(イタリア )監督: ジュゼッペ・トルナトーレ出演:ジェフリー・ラッシュ 、シルヴィア・フークス、ジム・スタージェス、ドナルド・サザーランド「ニュー・シネマ・パラダイ...
映画評「鑑定士と顔のない依頼人」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆★(9点/10点満点中) 2013年イタリア映画 監督ジュゼッペ・トルナトーレ ネタバレあり
映画 『鑑定士と顔のない依頼人』 (向う岸)
鑑定士と顔のない依頼人 [Blu-ray](2014/08/02)ジェフリー・ラッシュ、ジム・スタージェス 他商品詳細を見る allcinema 『鑑定士と顔のない依頼人』 老いらくの恋は身を滅ぼす。 あの展開には薄々感づいていたが、 三人による復讐だったのかな。 真作と贋作、人間と...