京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『渇き。』

2014-07-09 00:07:09 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「渇き。
□監督 中島哲也
□脚本 中島哲也、門間宣裕、唯野未歩子
□原作 深町秋生
キャスト 役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ

■鑑賞日 6月29日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  そうか、この映画を観てると、喉が「渇き。」ますと言うことか(笑)
  原作は未読ながら、中島監督は今まで作品に共通して感じられるところから
  きっと“ドS”なのだろう(納得)

 

 第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の「果てしなき渇き」。
 これを中島監督で映画化。 ミステリーというより超バイオレンス(笑)

 容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在の娘・加奈子(小松菜奈)が失踪し、
 別れた元妻から捜索を依頼された元刑事の藤島昭和(役所広司)は、自分のせいで
 崩壊してしまった家族を再び取り戻そうと、娘の行方を追う。 しかし、加奈子の
 交友関係をたどることで、これまで知らなかった娘の人物像が次々と浮かび上がる。
 本当の娘の姿を知れば知るほど、藤島は激情に駆られ、次第に暴走していく。

 ま、自分の娘(息子)であっても、家の中に居るときの子供の様子はわかっても、
 「行って来ます」と「ただいま」のその間の行動は親になんて計り知れない。
 学校という大義名分はあれど、まさか放課後の行動なんて絶対にわからない。

 他人であっても、よく事件を起こした人の知人や近所の人のインタビューで、
 「まさかあんな良い人が・・・。」という決まり台詞が出てくるけれど、他人の何を知って
 いるというのだろうか。 つまり、そんな間違えばどこにでもあるという事象を、
 “加奈子”という一人の人間像を掘り下げていくことで浮き出させていく。

 消えた娘加奈子。 成績優秀で容姿端麗、誰からも愛される学園のマドンナ的存在。
 藤島が辿り始めた娘の足跡。 それは、同級生、中学の同級生、元担任等々・・・。
 しかしながら、会った人から聞く加奈子像とは、藤島の想像の範疇ではない、とんでも
 ない実像。 知れば知るほど、藤島の思っていた加奈子の虚像は崩れていく。

 元いじめられっ子のボク(清水尋也)が弱々しくも、全編を通して加奈子との接点と
 なっていく。  あのオチは原作を読んでいなくても容易に想像はついたのだが、ま、
 途中のバイオレンスは痛々しいし、内蔵まで出さなくてもって感じで、過度演出には
 途中で辟易。  原作の持ち味なのか、中島監督のドSなのか・・・。

 ただ、オーディションの段階で監督がピンときた言う加奈子演じる小松菜奈。
 映画デビュー作だというのだが、なんという不思議な奥深さを感じる新人女優なんだろう。
 二階堂ふみが出ていたことも忘れるくらい、そして橋本愛も翳るくらいに凄い

 他に、絶えずニコちゃんの妻夫木聡。 狂気なオダジョー。
 國村隼は美味しい役(笑) 中谷美紀も裏切らず上手い 
 だけど役所さん、よくこの脚本をもらって出演することを決断したものだ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (40)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「かに道楽」/川崎(2014初夏) | トップ | 「虎ノ門ヒルズ」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2014-07-09 12:10:22
ダイワハウちゅ〜からは想像もつかない変貌ぶりで
確かに役所広司さんは
役作り大変だったでしょうね〜。

チュッパチャプスくわえるだけで
ブッキーがあんなに軽薄に見えるとは思わなくて
びっくりでした。逆にオダジョーは水を得た魚で
ものすごマッチしてましたけどね。(おい)
・・・オダジョーはやっぱこの線なのかな・・・

残虐だけで終わってほしくない、そのむこうにある
メッセージをうけとれるかどうかで評価わかれそう。
小松菜奈さん、デビューにしてこの存在感。
すごいひと見つけてきたなと思いました。(^_^;)
逆に〜 (cyaz)
2014-07-09 12:24:13
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かに役所広司さんは役作り大変だったでしょうね〜。
そうですねぇ、逆にこういう役のほうが
まわりが思うほどでなく、簡単だったりして。

>チュッパチャプスくわえるだけで
ブッキーがあんなに軽薄に見えるとは思わなくて
びっくりでした。
軽いノリでしたね(笑)

>・・・オダジョーはやっぱこの線なのかな・・・
TVドラマもこんな感じで(笑)

>残虐だけで終わってほしくない、そのむこうにある
メッセージをうけとれるかどうかで評価わかれそう。
そうですね^^
でも、原作ではわかりませんが、映像化するにあたり、
必要最小限の残虐シーンでよかったような・・・。

>小松菜奈さん、デビューにしてこの存在感。
すごいひと見つけてきたなと思いました。(^_^;)
そこは監督の選球眼でしょうね!
この子をチョイスしただけで3塁打でしょう^^
Unknown (mig)
2014-07-09 23:51:15
こんばんはcyazさん☆
9周年記事のコメありがとうでした!

妻夫木君一番美味しい役だったんじゃないかな?
あんなナメた憎らしいヤツいないって。笑

それにしてもキャストも豪華でした。
監督とは昔やりあった松子=中谷美紀もあんな重要キャラで出すとは。
オダギリジョーはやっぱりって感じの役割だけど
後半につれてわたしはダメでした〜
最初は面白かったな☆
賛否あるけどわたしはまぁ楽しんだほうです。
あそこまで〜 (cyaz)
2014-07-10 08:26:56
migさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>9周年記事のコメありがとうでした!
どういたしまして^^

>妻夫木君一番美味しい役だったんじゃないかな?
あんなナメた憎らしいヤツいないって。笑
ですよねぇ、逆にオダジョーでもよかったりして(笑)

>それにしてもキャストも豪華でした。
これは中島組なのでしょうかねぇ^^

>監督とは昔やりあった松子=中谷美紀もあんな重要キャラで出すとは。
そう、あそこでね(笑)

>賛否あるけどわたしはまぁ楽しんだほうです。
なるほど^^ あそこまで観せられればって感じですかね^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

40 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映像のエグさより”あるある”感のほうが怖い。〜「渇き。」〜 (ペパーミントの魔術師)
・役所広司さんより佐々木蔵之介さんが好きで ・死んだ!と思った主要人物が実は生きてた!っていうのが好きで(ウケた(^_^;)) ・血を見るのが嫌で暴力ではなく話し合いで解決したくて ・ハッピーエンドが大好きで ・中島哲也監督の作品で好きなのは 『下妻物語』か『パ...
『渇き。』 2014年6月25日 ニッショーホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『渇き。』 を試写会で鑑賞しました。 この映画はどうでしょう...私は『告白』のが好きだなぁ。 【ストーリー】  品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が部屋に何もかもを残したまま姿を消したと元妻から聞かされ、その行方を追い掛けることにした元刑事で父親の藤島...
「渇き」、役所広司が、娘の失踪で切れまくります (ひろの映画日誌)
おススメ度 ☆☆  面白い映画好き ☆☆☆☆ 「告白」で、中学時代の教師と生徒の巧みなストーリーを見せてくれた中島哲也監督。今回は娘を失って狂気に走る元警官を描き、 役者広司が、体当たりでぶつかるハチャメチャ映画。こんな映画だからこそ演じる役所の役者魂...
【 渇き。 】パパ愛してる。 (映画@見取り八段)
渇き。      監督: 中島哲也    キャスト: 役所広司、小松菜奈、清水尋也、妻夫木聡、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、黒沢あすか、青木崇高、高杉真宙、國村隼、オダギリジョー、中谷美紀 公開: 2014年6月27日 2014年7月2日。劇場観賞 中島監督好きなのに...
渇き。 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「告白」の中島哲也監督の新作であり、予告編をみて非常に期待していたのですが、想像しているのと違って肩透かしをえた感じ。激しいバイオレンスは僕自身は良かったのですが、痛さに耐性がないと厳しいでしょう。中島監督自身が薬物を決めてすっ飛ばしている印象も受け...
渇き。〜降る雪や昭和は遠くなりにけり (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。深町秋生原作、中島哲也監督。役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、葉山奨之、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリ ...
『渇き。』 (2014) (相木悟の映画評)
めまいをもよおすダーク・アクション決定版! 人間の悪意が脳髄を刺激し、掻き回すクレイジーな怪作であった。 本作は、作品を発表する毎に圧倒的ビジュアル演出で観る者を飲み込む中島哲也監督作。第3回「このミステリーはすごい!」大賞に輝いた深町秋生のデビュー....
渇き。 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
R15+となっているけど、大人でも見るには相当の覚悟が必要な内容だった。なんでも大丈夫な映画ファンには見応え充分なのだ。疾走した女子高校生がここまでやばい行動に関わっているとは信じられない。今年度の邦画賞レース筆頭。
劇場鑑賞「渇き。」 (日々“是”精進! ver.F)
必ず、ぶっ殺す… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406280000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】渇き。STORY BOOK [ 中島哲也 ]価格:1,404円(税込、送料込) 宝島社文庫 577【2500円以上送料無料】果て...
渇き。/役所広司、小松菜奈 (カノンな日々)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた深町秋生さんの小説を『告白』の中島哲也監督が映画化したサスペンス・ミステリー作品です。予告編の印象からしてかなりぶっ飛んで ...
渇き。★★★ (パピとママ映画のblog)
第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生の小説「果てしなき渇き」を、『告白』などの中島哲也が実写化したサスペンスミステリー。謎の失踪(しっそう)を遂げた娘の行方を追う元刑事の父親が、いつしか思いも寄らなかった事態に引きずり込まれていく姿を...
渇き。 (Akira's VOICE)
鬼畜祭りだわっしょい!!  
渇き。 (花ごよみ)
  出演は役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、 二階堂ふみ、橋本愛、オダギリジョー、中谷美紀等 監督は『告白』の中島哲也。 深町秋生「果てしなき渇き」 が原作。 劇薬エンターテイメント、 と銘打っています。 突然、姿を消した高校生の娘、 加奈子の行....
渇き。 (そーれりぽーと)
中島哲也監督最新作!『渇き。』を観てきました。 ★★★★★ みんな痛々しい、と言うか全員イタいキャラ設定なところにグイグイ惹かれっぱなしでクライマックスへ。 『告白』までの作品に描かれていた心に抱える「闇の世界」により深く踏み込み、闇の世界全部盛り、中島...
「渇き。」:劇薬のダメージを覚悟せよ (大江戸時夫の東京温度)
映画『渇き。』は、『下妻物語』以来2年ごとに作品を発表して来た中島哲也監督が『告
渇き。 (だらだら無気力ブログ!)
『告白』ほどの面白さは皆無。
渇き。 (我想一個人映画美的女人blog)
「下妻物語」、「嫌われ松子の一生」、「パコと魔法の絵本」、「告白」 様々な原作を独特の世界観で映像化する中島哲也監督最新作 ってことで早速みてきました〜 原作は、第三回このミステリーがすごい 大賞受賞、深町秋生氏の「果てしない渇き」 ハイ...
『渇き。』 (時間の無駄と言わないで)
俳優陣はみんな良かった。 でもそれだけだった。 つまらなかった。 ストーリーがどうこうって映画じゃないから、合う合わないが全てかと。 合えば凄く面白いんだろうけど、合わ ...
渇き。  監督/中島 哲也 (西京極 紫の館)
【出演】  役所 広司  小松 菜奈  清水 尋也  妻夫木 聡 【ストーリー】 妻の不倫相手に暴行を加えて仕事も家庭も失った元刑事の藤島昭和は、別れた元妻の桐子から娘の加奈子が失踪したと知らされ、その行方を追う。容姿端麗な優等生で、学校ではマドンナ的存在のは....
『渇き。』 (beatitude)
元刑事の藤島昭和(役所広司)のもとに、ある日別れた妻から、娘の加奈子(小松菜奈)の行方がわからなくなったと連絡が入る。家族を失った原因について顧みずに、理想の家族像を手に入れようと思い描き、なりふり構わず娘の行方を追う藤島。娘の交友関係を洗ううちに、成...
渇き。(2014) 118分 (極私的映画論+α)
そりゃあれだけ汗と血を出してたら「渇く」だろうなぁ(笑)
渇き。 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。元刑事の藤島に離婚した元妻から娘の加奈子が失踪したと連絡が入ります。自分せいで家族を崩壊させた藤島でしたが、思い描く家族を取り戻したいと娘を探し始めますが、娘の交友関係や足取りを辿るうちに、恐ろしい娘の正体が明らかになっていき・・・な...
「渇き。」事件の真相に辿り着いた先に知る無茶苦茶な環境で起きたいけない理由を知らぬ者のルールなき無差別殺人事件 (オールマイティにコメンテート)
「渇き。」(R15+指定)は第3回「このミステリーがすごい!」大賞の大賞受賞作「果てしなき渇き」を映画化した作品で、ろくでなしの元刑事が行方不明になった娘を捜索するが、その先 ...
「渇き。」みた。 (たいむのひとりごと)
原作は未読。怖いもの見たさで鑑賞。中島哲也監督だし、分かっちゃいたけどやっぱりキツかった〜というのが一番の感想。でもどこかクエンティン・タランティーノ監督作品を意識したようなアニメチックな演出は、作品
渇き。 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/06/27公開 日本 R15+ 118分監督:中島哲也出演:役所広司、小松菜奈、妻夫木聡、清水尋也、二階堂ふみ、橋本愛、森川葵、高杉真宙、國村隼、黒沢あすか、青木崇高、オダギリジョー、中谷美紀 愛する娘は、バケモノでした。 品行方正だった娘・加奈子(小松菜奈)が...
渇き。 (映画的・絵画的・音楽的)
 『渇き。』をTOHOシネマズ渋谷で見てきました。 (1)本作(注1)は、役所広司の主演作であり、久しぶりの中島哲也監督の作品(注2)ということもあって、映画館に行ってきました。  本作の最初の方では、2012年12月24日という時点が示され、雪が降ったりするクリスマ....
渇き。 (ダイターンクラッシュ!!)
2014年6月28日(土) 21:00〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1300円(レイトショー) パンフレット:未確認 清々しいまでの屑揃い 『渇き。』公式サイト 揃いも揃って屑だらけ。 特に、役所のそれは常軌を遥かに逸脱している。 オダギリジョーも出番は少ないが、屑ぶり...
『渇き。』('14初鑑賞50・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 6月28日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 16:00の回を鑑賞。
映画「渇き。」 (FREE TIME)
話題の映画「渇き。」を鑑賞しました。
[映画『渇き。』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・話が、役所広司扮する、家族も職も全うな精神状態も失った男が、別れた妻から乞われて、娘の失踪を探って知った娘の実態・・・、  と知っていたのと、  この娘の視線が、なんとも「淫靡」なことで、絶対に見ねえ・ストレスお仕着せ作品だから・・・などと思っ...
『渇き。』 (こねたみっくす)
鈍る痛覚、上がるテンション、そして満たされぬ渇き。これがシャブを打った感覚なのか…。 やはり中島哲也監督が世に送り出す映画は大人が楽しめる大人の映画です。『告白』と同 ...
どこまでも落ち続ける。〜『渇き。』 (真紅のthinkingdays)
 ヤメ刑事の中年男・藤島(役所広司)は、別れた妻から高校生の娘・加奈子 (小松菜奈)が失踪したとの連絡を受ける。加奈子の交友関係を洗い始めた 藤島は、自分が知らなかった娘の素性を知ると同時に、元職場である警察と、 非合法組織が絡んだ裏社会の抗争に巻き...
渇き。 (迷宮映画館)
一体何に渇いてるんだ?
「渇き。」 ブラックホールのような少女 (はらやんの映画徒然草)
ブラックホールは空間を歪め、それに引き寄せられたものが事象の地平面を越えれば光で
映画『渇き。』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-60.渇き。■配給:ギャガ■製作年、国:2014年、日本■上映時間:118分■料金:1,100円■鑑賞日:7月14日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・脚本:中島哲也□脚本:門間宣裕、唯野未歩子◆役所広司◆妻夫木聡◆小松菜奈◆橋本愛◆二階堂ふみ◆清水尋也...
渇き。 (愛猫レオンとシネマな毎日)
「告白」の中島哲也監督の最新作。 元刑事の暴走オヤジが、失踪した娘の行方を追う中で、思いもよらない娘の正体を 知ることに・・・ 現在ネット上では、賛否両論で賑わっている作品。 2週間前のシネマ特急便でも書きましたが、ワタシはオススメしない派です。 映画...
渇き。 (銀幕大帝α)
2014年 日本 118分 サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2014/06/27) 監督: 中島哲也 『告白』 アニメーション制作: STUDIO4℃ 原作: 深町秋生『果てしなき渇き』 脚本: 中島哲也 出演: 役所広司:藤島昭和 小松菜奈:加奈子 妻夫木聡:浅井 清...
振り切ったエンタテインメントを (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「渇き。」を鑑賞しました。 元刑事の藤島は元妻から娘の加奈子が失踪したと知らされ 自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になり娘の足取りを調べはじめる。 加奈子の交友関係をたどるうちにこれまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がり昭...
振り切ったエンタテインメントを (笑う社会人の生活)
6日のことですが、映画「渇き。」を鑑賞しました。 元刑事の藤島は元妻から娘の加奈子が失踪したと知らされ 自分が思い描く家族像を取り戻そうと躍起になり娘の足取りを調べはじめる。 加奈子の交友関係をたどるうちにこれまで知らなかった人物像が次々と浮かび上がり昭...
映画評「渇き。」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり