京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『苦役列車』

2012-07-23 00:07:23 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「苦役列車
□監督 山下敦弘
□脚本 いまおかしんじ
□原作 西村賢太
□キャスト 森山未來、高良健吾、前田敦子、田口トモロヲ、マキタスポーツ

■鑑賞日 7月16日(月)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★ (5★満点、☆は0.5)

<感想>

  
「友ナシ、金ナシ、女ナシ。この愛すべき、ろくでナシ」。
  まあ、このコピーどおりなのが、主人公、19歳・中卒の北町貫多(森山未來)だ。
  原作は第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説。 原作は未読

 時は1986年。 貫多は日雇い労働で生活費を稼ぐのだが、酒と風俗に使ってしまい、
 家賃は何ヶ月も滞納するありさま。 仕事先で新入りの専門学生、日下部正二(高良健吾)と知り合う。
 貫多にとって日下部は、まさに初めて友達と呼べる存在で、初めてそれまで一人で飲んでいたのに、
 共に酒を組み合わす仲になっていく。 それでも貫多はジコチューまっしぐら
 読書が唯一の趣味だという貫多が、近所の古本屋で少しでも学費の足しにするため、
 アルバイトをしている現役女子大生の桜井康子(前田敦子)に一目惚れし、
 日下部に仲を取り持ってもらって友達になるのだが、その願望はヤリたいだけのもの
 その行動はあきれ果てるもので、とても付き合いきれないようなヤカラ

 原作を読んでいないから、こんなトーンでいいのかなぁと感じつつも、
 観ていてイライラしてくる主人公の貫多。 どこといって同情のカケラもわいてこない。
 なんだか昭和の切れ端を拾ったみたいなのと、アングラ的映像には辟易
 監督は『リンダ リンダ リンダ』、『松ヶ根乱射事件』、『マイ・バック・ページ』の山下淳弘。
 どうも山下監督らしさがなかったような作品だなぁ・・・。 
 カラーとトーンは『マイ・バック・ページ』に近いが、特段のメッセージ性もないし。
 ヒロイン・康子にはAKB48の前田敦子。 自称山下監督のファンだとのこと。
 AKBの中ではその人気は突出しているものの、演技力はまだまだこれからだねぇ(笑)
 今回は主題歌も歌っているので、彼女にとってはAKBの卒業試験のようなものかな

 そんな貫多を演じた『モテキ』から一転(笑)した森山未來は、撮影期間中、
 都内の風呂無しの安宿に泊まり、爪も伸ばし、風呂に入る回数も減らすなど、
 貫多と同じような環境に身をおき、役作りしたという。
 それが映像に反映したかどうかは観た人によって感じ方は違うだろうけれど・・・。

  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『アメイジング・スパイダー... | トップ | 「レ・リボのプリン」&「8... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
とっても (sakurai)
2012-08-14 20:27:39
嫌な気分にさせてもらいましたね。
多分それが監督の狙いだったと思うんで、あたりだったと思いますよ。
アタシは、今までの山下監督の作品と同じ空気を感じました。特に松が根・かなあ。
好きじゃないけど、見ずにいられない・・・みたいな。
とても~ (cyaz)
2012-08-14 22:05:31
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>嫌な気分にさせてもらいましたね。多分それが監督の狙いだったと思うんで、あたりだったと思いますよ。
なるほどね(笑)

>アタシは、今までの山下監督の作品と同じ空気を感じました。特に松が根・かなあ。好きじゃないけど、見ずにいられない・・・みたいな。
そうですか。僕はそういう風にはとても観られなかったですね><

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

33 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
苦役列車 (だらだら無気力ブログ!)
う~ん、全く共感できる部分が無かったので、面白く思えなかったけど、森山未來の演技が凄い。
苦役列車 (LOVE Cinemas 調布)
第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説を『マイ・バック・ページ』の山下敦弘監督が映画化。中卒で日雇い仕事でその日暮らし、金が入ると酒と風俗に全て消えて行くというどうしようもない青年の恋と友情を描いている。主演は『モテキ』の森山未來。共演に『軽蔑』の...
苦役列車 (佐藤秀の徒然幻視録)
前田敦子に体当たり列車 公式サイト。西村賢太原作、山下敦弘監督、森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、中村朝佳、野嵜好美。原作者の自伝的な1986年の ...
本音むき出しの猥雑な生き方が強烈 映画”苦役列車” (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★平穏な暮らしのレールに乗れなかった中卒の日雇い人足の青年が、本心丸出しで生きる姿は強烈であり、とてもそんな風にはなれないよなって思います。そんな青年を演じた森山未來の役作りはお見事です。 貫太のどうしようもなさというか、サイテーっぷりというか、...
『苦役列車』 2012年7月3日 東映試写室  (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『苦役列車』 を試写会で鑑賞しました。 監督のティーチインを聞いて、この映画には救いがあったので納得しました 【ストーリー】  1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っていた。他人を避けなが...
映画「苦役列車」@東映本社第一試写室 (新・辛口映画館)
 今回は「Yahoo!映画ユーザーレビュアー」試写会に招かれた、客席は満席だ。映画上映後には山下敦弘監督と観客のティーチインが行われた。    映画の話  1980年代後半。19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払えない生活を送っ...
苦役列車 (あーうぃ だにぇっと)
苦役列車@東映第一試写室
映画『苦役列車』 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
山下監督は、初めて出会った『リンダ リンダ リンダ』が 大好きな上、知多半島のご出身という事で 「絶対見逃したくない」監
『苦役列車』 (こねたみっくす)
この憎めないダメ男をナメんなよ! 友ナシ、金ナシ、女ナシがナンボのもんじゃい。ろくでナシがナンボのもんじゃい。夢がないヤツよりは数百倍マシな人生を送っとるわ! ダメ男に ...
『苦役列車』 (ラムの大通り)
----この映画、原作は芥川賞受賞だけど、 かなりエグイ内容だよね。 見るからに不潔そうなんだけど…。 「うん。でも作っちゃった。 この映画は、映画とは何かをあらゆる方向から 考えさせてくれる ぼくにとっては刺激的な作品だったね」 ----あらゆる方向からって? 「 ...
苦役列車 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
社会の底辺で生きる主人公のひねくれた青春を描く「苦役列車」。映画オリジナルのヒロイン役の前田敦子が意外にも好演だ。80年代の東京。中卒の19歳の貫多は、日雇い労働で得た金を ...
苦役列車/森山未來、高良健吾 (カノンな日々)
芥川賞受賞時の会見がとても風変わりで印象的だった西村賢太さんのその受賞作である「苦役列車」を森山未來さんを主演に山下敦弘監督が映画化した作品です。山下敦弘監督といえば ...
「苦役列車」:過酷さを描かないと・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『苦役列車』は、あの原作のザ・私小説的なダメダメさ加減をベースにしながらも、
俺はわるくない/Trash ~『苦役列車』 (真紅のthinkingdays)
 19歳の北町貫多(森山未來)は、父親の犯した性犯罪のために一家離散、中卒 以来日雇い人足で生計を立てる孤独な青年。読書が唯一の趣味で、古書店でア ルバイトする女子大生・康子(前田敦子)に憧れを...
「苦役列車」 強烈な原作の臭い (ももたろうサブライ)
監督 山下敦弘
苦役列車・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
生きる事は難しい。 日雇い労働で生きる若者の青春を描き、第144回芥川賞を受賞した西村賢太の私小説「苦役列車」を、「マイ・バック・ページ」の山下敦弘監督が映画化。 昭和末期を舞台に、金も友も失い...
本音むき出しの猥雑な生き方が強烈 映画”苦役列車” (映画とライトノベルな日常自販機)
★★★★平穏な暮らしのレールに乗れなかった中卒の日雇い人足の青年が、本心丸出しで生きる姿は強烈であり、とてもそんな風にはなれないよなって思います。そんな青年を演じた森山未來の役作りはお見事です。 貫太のどうしようもなさというか、サイテーっぷりというか、...
『苦役列車』 おかしみの相乗? (Days of Books, Films )
Kueki Ressha(film review) 西村賢太の小説『苦役列車』か
映画「苦役列車」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「苦役列車」観に行ってきました。第144回芥川賞を受賞した西村賢太の同名私小説を実写映画化した作品。映画のタイトルに反して、作中に列車の類は一切出てきません(苦笑)...
苦役列車 (映画的・絵画的・音楽的)
 『苦役列車』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)本作は、私小説作家・西村賢太氏の芥川賞受賞作(2010年)を映画化したものです。  19歳の主人公・北町貫多(森山未來)は、父親が性犯罪を犯したことから故郷にいられなくなり、東京に出てきて日雇い労働者として働いてい...
苦役列車 (萬歳楽の酒飲み日記)
公式サイト  http://www.kueki.jp/ 西村賢太による2010年・第144回芥川賞作は未読。 主役がイマイチ好きになれないんだけど、他に観るものがなかったので仕方なく鑑賞。 1980年代後半。 19歳の北町貫多(森山未來)は日雇い労働で得た金を酒に使い果たし、家賃も払...
「苦役列車」 (みんなシネマいいのに!)
 父親が性犯罪をやらかし、「ウィークエンダー」のネタになって一家離散。 中卒で日
苦役列車     評価★★★★82点 (パピとママ映画のblog)
お金も学歴もなく、彼女もいないダメ男だけど、どこか人間臭くて放っておけない19歳の日雇い労働者の主人公、北町貫多のバイト生活をユーモラスに描いた青春映画。芥川賞受賞小説を、山下敦弘監督が、森山未來、高良健吾、前田敦子と旬のキャストを揃えて映画化。 まず...
「苦役列車」 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
昔はいっぱいあったよなあ、同じようなところでグダグダ、グダグダしているだけの青春映画。 藤田敏八の一連の青春映画とか、神代辰巳の「アフリカの光」とかね。 そうそう。グダグダしてないで早くアフリカ行っちまえよショーケン、とか声をかけたくなるような映画。 ....
苦役列車 (迷宮映画館)
うーん、やな男が似合いすぎる。
苦役列車 (銀幕大帝α)
友ナシ、金ナシ、 女ナシ。 この愛すべき、 ろくでナシ -感想- 尿瓶片手にゲラ笑いするマエアツ。 手の甲を舐められて「ちょ、何!?」と引きまくるマエアツ。 サヨナラの挨拶代わりに頭突きを食らわすマエアツ。←すげぇ音したぞ そして森山未來とキスを交わすマ...
映画『苦役列車』、あっちゃん渾身の頭突き (weekly? ぱんだnoきぐるみ)
覚え書き的なレビューを続けます。
「苦役列車」 (ゆっくり歩こ。)
これは・・・ 原作の小説は良いんでしょうか? 賞をとっているとのことですが、本当に良い本なんでしょうか? と思わせるほど・・・ 何だこれは?? (-_-)ウーム  でした 森山未來の演技はとても上手いです 観ていて・・・ 北町のことがイヤになりましたも...
『苦役列車』 (Rabiovsky計画)
『苦役列車』公式サイト 原作:西村賢太 監督:山下敦弘 出演:森山未來、高良健吾、前田敦子 2012年/日本/114分 おはなし Yahoo!映画 1980年代後半。19歳の北町貫多( ...
「苦役列車」 (Mr.Bation)
「苦役列車」 久しぶりにド嵌りとなってしまった小説家、西村賢太原作ものが映画になった(映画化するなら、そりゃ、芥川賞受賞作って事になる)というので複雑な気持ちで静観しておったところ、うっかり見逃しちゃいました。新文芸座ではこの時期、前年の話題作を特集し...
【苦役列車】それでも人は繋がりを求める (映画@見取り八段)
苦役列車     監督: 山下敦弘    出演: 森山未來、高良健吾、前田敦子、マキタスポーツ、田口トモロヲ、藤井京子、高橋努 公開: 2012年7月14日 2013年8月27日 DVD観賞。 簡単感想で。 原作は西村賢太氏作の同名小説。未読です。 ううう…見てるのが辛かっ...
映画評「苦役列車」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2012年日本映画 監督・山下敦弘 ネタバレあり
2014年1月に見た映画 (トリ猫家族)
 1月に見たのは6本。全部wowowで放送したものだわん・・・ 「TSUTAYA DISCAS」でレンタルした「箱入り息子の恋」と「殺人の告白」は12月からず~っと引出しの中で眠っているーーーそろそ ...