京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『紙の月』

2014-11-23 00:11:23 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「紙の月
□監督 吉田大八
□脚本 早船歌江子
□原作 角田光代
□キャスト 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、近藤芳正

■鑑賞日 11月15日(土)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  原作は未読だが、これはきっと脚本が“失敗の巻”だと思う。
  いくら宮沢りえを要しても、並みの映画にしか仕上がっていないかったのが残念。

 バブル崩壊直後の1994年。 夫と2人で暮らす主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、
 銀行の契約社員として外回りの仕事に従事し、その丁寧な仕事ぶりで周囲にも
 評価されていた。 一見すると何不自由ない生活を送っているように見えた梨花
 だが、自分への関心が薄い夫・正文(田辺誠一)との関係にむなしさを感じていた。
 そんなある日、年下の大学生・光太(池松壮亮)と出会った梨花は、光太と
 過ごすうちに顧客の預金に手をつけてしまう。 最初は1万円を借りただけの
 つもりだったが、次第にその行為はエスカレートしていく。

 かつて、滋賀銀行山科支店で女子工員による9億円横領事件が起こった。
 当時42歳の奥村彰子は約6年間で、9億円を着服、その殆どを10歳年下の
 当時32歳の男に貢いでいた。 恐らく銀行女子行員の横領事件では最高額だろう。

 規模の大きさや動機は別にして、この映画とあまり変わらないストーリー性にせよ、
 梨花と光太の出会い、更にエスカレートしていく2人の浪費癖、そして光太が、
 2人のマンションに女を連れ込み(まさにありがち)、2人の中に亀裂が入る。
 梨花は夫に相手にされないが(大事にされている)そこまでにエスカレートしていく
 原因が、中学の頃のシスターへのある事件が根底にあったとしても、どうも矛盾を
 感じてしまうし、逃走して何ゆえタイで身を隠し(これもどうやって国外に出たのか
 不思議)、その若い頃の根底となった相手に偶然にも出会うって妙な話の顛末と
 なっている。

 池松壮亮って、若手の中では独特のカラーを持っているが、決して上手い
 役者では
ないのに、結構使われるのは、使い勝手なのかなぁ(笑)
 ま、映画はどうでも、りえちゃんが観れてそれだけで良かったかなぁ〜
 (本当は星、★★★だけど、そのせいで☆1個増やしちゃったし
 ヨルタモリのママのようなりえちゃんの映画ってないのかなぁ(笑)

 そうそう、ちょっと怖かったのは、顧客が痴呆の初期症状が出ていることを
 いいことに金を横領するシーン。 振り込みサギが横行している今の時代に、
 現実となっても不思議のない一面を垣間見た次第で怖かった。
 特に認知症の両親を持つ息子としては・・・。

  やっぱ、原田知世が梨花を演じたTVヴァージョンを観ておけばよかった・・・。 

 

本日のランチ

  

牡蠣と根菜の食べるスープ(1,150円)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『福福荘の福ちゃん』 | トップ | 「菊花壇展」/新宿御苑(2014秋) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
紙の月/納得のTIFF観客賞・主演女優賞 (MOVIE BOYS)
2014年の東京国際映画祭で観客賞と最優秀女優賞の二冠を獲得した作品。原作は『八日目の蝉』の角田光代の長編小説。銀行勤めの平凡な主婦がとあるきっかけから起こした横領事件を描いている。主演は宮沢りえ。共演に『海を感じる時』の池松壮亮、『マザーウォーター』の小...
紙の月 ★★★ (パピとママ映画のblog)
銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めて...
映画『紙の月』★ラストに回収されるお金の“意味“や“価値“ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
    作品について http://cinema.pia.co.jp/title/164641/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。     人妻銀行員の横領事件――   始めは、夫の生活のすき間を 若いツバメとお金に溺れた、中年女(...
紙の月 (2014) (ジュライシネマログ)
〈あらすじ〉 バブルがはじけて間もない1994年。 銀行の契約社員として働く平凡な主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、仕事への取り組みや周囲への気配りが好意的に評価され、上 ...
紙の月 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
ちょっとした心の隙間と誘惑に揺れただけで、快楽を続けたいと思い横領を続けてしまう。破綻するのはわかっていてもやめられない苦悩を丁寧に描いていた。逃げる主人公を思わず応援したくなる魔力をこの映画は持っている。
紙の月/宮沢りえ、池松壮亮 (カノンな日々)
直木賞作家の角田光代さんの同名小説を原作に『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が宮沢りえさんを主演に映画化したサスペンス・ドラマです。 出演はその他に、大島優子、 ...
紙の月 (あーうぃ だにぇっと)
紙の月@TOHOシネマズ六本木ヒルズ
映画「紙の月 」を観ました!!(2014-08) (馬球1964)
映画「紙の月」を観ました!!
「紙の月」 自分を解放する快楽 (はらやんの映画徒然草)
主人公梨花は、優しく人のことを想う心をもち、またおとなしく従順な側面と、いざとな
はき違えた善意。『紙の月』 (水曜日のシネマ日記)
銀行勤めの平凡な主婦が大金を横領する物語です。
紙の月 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★☆【3.5点】(F) 始まりはお札一枚を借りただけなんだけどね〜
『紙の月』 (こねたみっくす)
神様でも赦してくれない罪。それは果てしない金と性の罪。 これは美しき横領犯がその正体を暴かれるまでを描いたサスペンスでもなければ、愛に飢えた女の悲しき転落人生でもあり ...
紙の月 (Break Time)
今日は、気温も平年並みで・・・
映画「紙の月」(2014年) 感想 (みかりんの 気ままに感想記)
2014年11月17日(月)午前9時30分〜の上映を観ました。11月15日(土)
「紙の月」みた。 (たいむのひとりごと)
角田光代の同名のベストセラー作品の映画化。原作は未読。またすでにNHKにて原田知世主演でドラマ化されているとのことだがそちらも未視聴。ということから、比べるものがないというのは幸せなことでもあって、た
紙の月 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2014/11/15公開 日本 PG12 126分監督:吉田大八出演:宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、小林聡美、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司 最も美しい横領犯。 TOHOシネマズのフリーパスポートのラストはこの作品。予告編を見て興味があったので久しぶりに母親と一緒に観てきまし...
『 紙の月 』受けるよりは与える方が幸いである (映画@見取り八段)
紙の月     監督: 吉田大八    キャスト: 宮沢りえ、池松壮亮、田辺誠一、近藤芳正、石橋蓮司、小林聡美、大島優子、平祐奈、伊勢志摩、佐々木勝彦、天光眞弓、中原ひとみ 公開: 2014年11月15日 2014年11月26日。劇場観賞 疾走する主人公と、包み込むよう...
紙の月 (映画好きパパの鑑賞日記)
 「桐島、部活やめるってよ」の吉田大八監督の新作とあり楽しみにしていました。工夫した演出や俳優陣のがんばりには感心しましたが、自分としての傑作とまでいえなかったのは、生活観があまりにも違う世界で、主人公がわがままとしかみえなかったためでしょうか。  作...
紙の月 (映画的・絵画的・音楽的)
 『紙の月』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)東京国際映画祭での話題作(注1)ということもあり、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭は、賛美歌が聞こえるカトリック系の中学校の教室に独り机に向かって座っている女生徒の姿。机の上には1万円札が5枚....
映画「紙の月」 (FREE TIME)
映画「紙の月」を鑑賞しました。
紙の月 (花ごよみ)
角田光代の小説を映画化。 監督は、吉田大八。 主演は宮沢りえ、主人公梅澤梨花を演じます。 銀行の契約社員として勤務する 主婦が起こした大金横領事件。 原作とはまた違った作品でした。 映画の方の旦那(田辺誠一)は ただのんきな人間のようで 夫婦のひんやりと....
映画 「 紙の月 」 (徒然なるまま”僕の趣味と遊ぶ”)
1994年。契約社員として銀行で働く平凡な主婦が、年下の大学生との出会いを機に、金銭マヒをさせてゆき、やがて巨額の横領事件を引き起こすさまを描いています。 夫(田辺誠一)と二人暮らしをしている主婦・梅沢梨花(宮沢りえ)は、子供もなく、契約社員として勤務...
「紙の月」 (てんびんthe LIFE)
「紙の月」TOHOシネマズ日本橋で鑑賞2014-093主演がりえちゃんだと聞いた時にはあまり見たいと思わなかったのですが、監督さんが吉田大八ときいて俄然見たくなりました。「八月の蝉」にしても「桐島ー」にしても私にはストライクでした。何故りえちゃんでみたいと思わなか...
第27回東京国際映画祭「紙の月」 (ここなつ映画レビュー)
コンペティション作品。観客の投票によって決定する観客賞を受賞。主演の宮沢りえは最優秀女優賞を受賞。舞台挨拶の宮沢りえは綺麗だった! コンペ作品の中では、最も商業ベースに乗った作品だと思う。かといって、招待作品のようなお祭り騒ぎな気分ではない。何といって...
『紙の月』吉田大八監督、宮沢りえ主演。"はじめから全部ニセモノ" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。『紙の月』監督 : 吉田大八出演 : 宮沢りえ、池松壮亮、大島優子、田辺誠一、小林聡美、近藤芳正、中原ひとみ石橋蓮司 ※Memo1●監督が語っていたとおり読後感からくる疾
『紙の月』 お金なんかただの紙。だけどみんなが信用している。 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 原作は角田光代のベストセラー小説。監督は『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八。主演には久しぶりの映画出演となる宮沢りえ。  原作は未読だが、映画版は原作とは違う部分も多いようだ。主人公の同僚である隅より子(小林聡美)と相川恵子(大島優子)のキャ...
紙の月 (シネマと虎とグルメたち)
先日の無理がたたって未だにふくろはぎが痛い。 正しくはふくらはぎらしいが、僕は永年ふろはぎと言っている。 家でじっとしていては治りも遅そうなので街を歩いてみる。 街を歩くと言っても、僕の場合は映画館に行くのが常である。 テレビコマーシャルもよくやっていた宮...
お金によって、 (笑う社会人の生活)
22日のことですが、映画「紙の月」を鑑賞しました。 1994年、銀行の契約社員として働く主婦 梅澤梨花は仕事への取り組みや周囲への気配りで上司や顧客から信頼されるようになる 一方、自分に関心のない夫にむなしさを抱く中、大学生 光太と出会い不倫関係に陥ち 彼と逢瀬...
紙の月 (銀幕大帝α)
2014年 日本 126分 ドラマ/犯罪/ミステリー PG12 劇場公開(2014/11/15) 監督: 吉田大八 『桐島、部活やめるってよ』 原作: 角田光代『紙の月』 出演: 宮沢りえ:梅澤梨花 池松壮亮:平林光太 大島優子:相川恵子 小林聡美:隅より子 田辺誠一:梅澤正文 ...
紙の月 (いやいやえん)
【概略】 銀行で契約社員として働く主婦・梅澤梨花と夫との間には空虚感が漂っていた。ある日、大学生・光太と逢瀬を重ねるようになった彼女は、彼のために顧客の預金に手を付けてしまう。 サスペンス 田辺誠一さんが夫で何の不満があるの。チッ とはパートナー...
映画評「紙の月」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2014年日本映画 監督・吉田大八 ネタバレあり
紙の月 (のほほん便り)
祝・宮沢りえ。第38回日本アカデミー賞でも最優秀女優賞、受賞! 原作は、角田光代の同名小説 NHK「ドラマ10」で、原田知世が主演したバージョンも好きでしたが、映画ならではの風情とエロチックさが表現できて、これもまた味でした。 音楽というか、BGMも...