京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

パリに咲いた古伊万里の華/東京都庭園美術館

2009-12-21 17:44:03 | 美術・芸術・写真

パリに咲いた古伊万里の華

 

 

  12月12日(土)  HP  パリに咲いた古伊万里の華



日本には素晴らしい技術や繊細な感性があるのに、その時代時代で、
それらが海外に流出している場合も多い。
古伊万里も何故か鎖国下においても海外流出(輸出)していた。

日本の技術が中国陶器の模倣から始まり、それを超越し、
さらに国境を越え、ヨーロッパに向けて公式に輸出されてから350年目に当たります。本展はこれを記念し、ヨーロッパにまで波及していった。

今回はその古伊万里を蒐集した碓井コレクションの中から、
選りすぐりの名品が紹介されています。
日本文化が古くはマリー・アントワネットの時代に重宝され、
また特注されていたなんて素晴らしいことであると同時に、
ヨーロッパ文化にとっても多大な影響を与えてきた。

まさに、「いい仕事してますねぇ~」とお決まりのフレーズながら、
それ以上の言葉が見当たらないくらい感嘆してしまう。

逆に言えば、技術こそないけれど、
本物を見る目はヨーロッパの王侯貴族にも確かなものがあったに違いない。

今回はそんな古伊万里の碓井コレクションの中から、
選び抜かれた165点が日本で初めて紹介されています。

こういう機会に出会うと、
“やはり古きを知り新しきを知る”
まさにこの一言に尽きるのではないでしょうか。 


 

 



古伊万里を堪能し、そして日本庭園を散策して、
至福の時を過ごせるのは嬉しい限りです。

 

 庭園の紅葉

 

  

 

ニオイザクラ

ヤコウボク(夜香木)

 

マホニア‘チャリティ’

 

 

 バラ

  

 

 

 


『芸術』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国立科学博物館付属自然教育園 | トップ | 「野口久光の世界」 映画ポ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
忘れてました (うさみ)
2009-12-21 20:15:36
この展覧会、行きたいと思っていたのにすっかり忘れていました。あさってまでですか・・・行けたら行こうと思います。ありがとうございます。
ここの美術館は、展示もいいですけど、お庭もいいですよね~。お天気のいい日、芝生でぼーっと洋館を見てるのもいいなーと思います。
庭園だけでも~ (cyaz)
2009-12-22 08:26:01
うさみさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>この展覧会・・・行けたら行こうと思います。ありがとうございます。
ぜひ、行ってみて下さい^^

>ここの美術館は、展示もいいですけど、お庭もいいですよね~。お天気のいい日、芝生でぼーっと洋館を見てるのもいいなーと思います。
そんなに派手な計らいもないですが、でも意外に家族連れも多くて^^
庭園だけでも楽しめますよね~♪
Unknown (よしりん)
2009-12-28 07:06:31
おはようございます!
お久しぶりです。
この展覧会、もう終わってしまいましたが、私も12月の初め頃、行きました。
よかったですね。
TBさせてくださいね。
よろしくお願いします。
おひさしぶり~ (cyaz)
2009-12-28 08:22:19
よしりんさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>お久しぶりです。
こちらこそ、無沙汰しまして(汗)

>この展覧会、もう終わってしまいましたが、私も12月の初め頃、行きました。 よかったですね。
そうでしたか^^
内容もよかったですが、建物と庭園はいつもながら
良い時の流れを感じさせてくれます。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。