京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』

2012-03-24 00:03:24 | 洋画

 


□作品オフィシャルサイト 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙
□監督 フィリダ・ロイド
□脚本 アビ・モーガン
□キャスト メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、
       スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン


■鑑賞日 3月17日(土)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  かつてアメリカ第16代大統領エイブラハム・リンカーンが言った言葉
  「人民の人民による人民のための政治」。
  この映画について言えば、
  「メリルのメリルによるメリルのための映画」と言えるだろう。

 
イギリス初の女性首相として、様々な問題も抱え、また自身も誤解多き人物だったが、
 そこは女性ながら、強大なリーダーシップを発揮した“鉄の女”マーガレット・サッチャー。
 イギリスの財政赤字解決や、フォークランド紛争の勝利等、国民からの信頼も大きかった。
 その半面で孤独な苦悩を抱える女性としての一面も持っていた。
 
 見た目や所作が似ていると言うだけではなく、まさに在りし日の個性的なサッチャー首相を、
 メリル・ストリープは当然のごとく演じ切っていた。
 メリル好きの僕としては、決してお世辞ではなく、この映画はメリルのために
 存在したと言って過言ではない。
 数々の賞レースで常連組となったメリル。 この主演女優賞は2度目。
 もっと取っているのかと思っていたのだが1度目は『ソフィーの選択』。
 この映画からは実に29年経っている。 そのまでに『クレイマー、クレイマー』」(79年)で
 助演女優賞を受賞している。 やはり常連組(アカデミー賞でのノミネートは最多記録の17回)と
 いっても、オスカー獲得には彼女さえかなり長い時間を要しているのだ。

 ただ、メリルの演技はいつもその凄さにただただ感嘆するばかりなのだが、
 この映画の内容が果たして素晴らしいものだったかと言うとそうでもないだろう。
 メリル1本で表現されている映画に、映画の深さもあまり感じない。
 サッチャーの知らされざる世界とその孤独な人生に、観る側はどれほどの興味があっただろう。
 ただ、メりルのオスカー受賞作品だということのほかに、どれほどサッチャーに興味を持っていたのだろう。
 同じイギリス王室を捉えた映画としては、昨年のアカデミー賞で作品賞他輝いた
 『英国王のスピーチ』からすると、その作品のクオリティは低かったと言うしかならない。


  

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (14)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« どぶ板食堂 Perry(ペリー) | トップ | かみさんの“ハッピーバースディ~♪” »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2012-03-24 11:09:47
ちょこっと、英国王・・で出てきた発声練習シーンがかぶってクスリ。
やっぱ大事なんですね。
声のトーンとかビジュアルとか。
自分の信念に説得力をもたせるための
あれやこれや。
ただ、「中身は変えなくていい」っていわれたのはすごかったんちゃいますか。
普通はマイフェアレディみたく
ぜ~んぶ作り直されてもおかしくないだろに
当選した段階で基礎ばっちりだったわけね。(笑)

アカデミー賞に限らず
賞レースにでてきては別の部分で
ずいぶんお騒がせだったメリル。
でも賞をとるだけのことはあったなと。
ただ、サッチャーではなく
女優メリルストリープのすごさだけが目立って
作品としてどうだったのかって部分は
みなさんたぶん思ってる。
作品としてもただメリル一人勝ちな映画だったかも~(わわわわわ)
主演女優・・ (sakurai)
2012-03-24 19:45:08
やはり映画自体にも期待しますよね。
政治劇・・・じゃなく、政治をミュージカルっぽくしたみたいに見えました。もうちょっと深く切り込んだ中身で見たかったです。
オスカーのそっくり大会の傾向はしばらく続いてますが、そこじゃないんじゃない?と、思うことしばし。。。
全交替~ (cyaz)
2012-03-26 08:25:43
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ちょこっと、英国王・・で出てきた発声練習シーンがかぶってクスリ。
ですね(笑)

>やっぱ大事なんですね。声のトーンとかビジュアルとか。
インパクトのある人ほど、そうかもしれません。

>ただ、「中身は変えなくていい」っていわれたのはすごかったんちゃいますか。
確かにそれは言えるかもしれません。

>普通はマイフェアレディみたくぜ~んぶ作り直されてもおかしくないだろに当選した段階で基礎ばっちりだったわけね。(笑)
何が災いして、何が好転するかわからないけど、
人間、どこで岐路に立たされるかわかりません。
だけど、やはり信念を貫くこと。それが例え間違っていたとしても、
どこかの歴代バカ総理に、爪の垢です(笑)?!

>でも賞をとるだけのことはあったなと。
ですね^^

>ただ、サッチャーではなく女優メリルストリープのすごさだけが目立って作品としてどうだったのかって部分はみなさんたぶん思ってる。
作品としてもただメリル一人勝ちな映画だったかも~(わわわわわ)
ま、これはメリルにしか出来なかった技です(笑)
そこを評価できないのだとしたら、
アカデミー会員も全交替ものですよ(笑)
実話に~ (cyaz)
2012-03-26 08:27:50
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>政治劇・・・じゃなく、政治をミュージカルっぽくしたみたいに見えました。もうちょっと深く切り込んだ中身で見たかったです。
映画の内容は平凡でしたね(笑)?

>オスカーのそっくり大会の傾向はしばらく続いてますが、そこじゃないんじゃない?と、思うことしばし。。。
やはり、創作できない力量不足は続くのでしょうね。
だから実話に走ってしまう(笑)
Unknown (じゅぼん)
2012-03-27 02:10:39
ご無沙汰しております。
メリル好きなので見てきました!

私は認知症の方に興味が惹かれて(職業病ですけど)
そちらの方面寄りの見方をしていたので、
良いイメージしかありませんでした。

何せ「英国王のスピーチ」をまだ観ていないので
逆に良かったのかもしれませんね。

認知症の彼女は想像で演じられていたと思うのですが、
幻視・幻覚・幻聴と、短期記憶の曖昧さ等、
認知症側の気持ちが前に出ていて、非常に勉強になりました。

あれが全てでないとはわかっていますが、
短期記憶力が欠けていく人の絶望感をほんの少し
理解できたように思いました。

TBさせていただきますね。
英国王もぜひ~ (cyaz)
2012-03-27 08:54:36
じゅぼんさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ご無沙汰しております。メリル好きなので見てきました!
こちらこそ、ご無沙汰しまして(汗)

>私は認知症の方に興味が惹かれて(職業病ですけど)そちらの方面寄りの見方をしていたので、良いイメージしかありませんでした。
なるほど、やはりお立場上、そうなんでしょうね^^

>何せ「英国王のスピーチ」をまだ観ていないので逆に良かったのかもしれませんね。
そうかもしれませんね!
でも『英国王のスピーチ』も是非ご覧になって下さいね^^

>幻視・幻覚・幻聴と、短期記憶の曖昧さ等、
認知症側の気持ちが前に出ていて、非常に勉強になりました。
映画は映画でそのあたりはじっくり研究されているのでしょうね。

>短期記憶力が欠けていく人の絶望感をほんの少し理解できたように思いました。
うちのオヤジも最近物忘れがヒドくて、
車は危ないので廃車にさせました(汗)

私も (mayumi)
2012-03-27 09:33:17
私も、じゅぽんさんと 似た感想です。
『英国王...』を観ていて 尚、まぁ 比較する必要もないんですが... (^_^;)

今作は 老後からの回想っていうところがミソだと思うので、
予告や宣伝などで 現役時代を取り上げすぎている事の方が、ちょっと見当外れなのでは...
と思っています。
なかなかに 沁みる映画でした。
今年から「夫婦50割引」適用ですし、老夫婦の物語は 感じるところも多ございます
恩恵~ (cyaz)
2012-03-27 12:28:10
mayumiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>私も、じゅぽんさんと 似た感想です。
『英国王...』を観ていて 尚、まぁ 比較する必要もないんですが... (^_^;)
あれ、mayumiさんも看護士経験があるのですか(笑)?

>今作は 老後からの回想っていうところがミソだと思うので、予告や宣伝などで 現役時代を取り上げすぎている事の方が、ちょっと見当外れなのでは...と思っています。
ま、そこは確かにCMのイメージとは違う内容になっていましたが・・・。

>今年から「夫婦50割引」適用ですし、老夫婦の物語は 感じるところも多ございます
なるほど^^
これは利用価値が多いですよ!
僕などはこれで随分助かってます(笑)
もちろん、かみさんもその恩恵に^^
いえいえ 看護師では ございません (mayumi)
2012-03-27 16:42:39
看護師の経験は無いのですが、親にしても 自分たちにしても、
既に 認知症は 身近な問題だし、なにより この作品は政治系の社会派というより
寧ろ家族や夫婦を描いた作品の様に感じたんですョね。
ひとりの女性の半生を描くという点で、実に 構成の巧い作品だと思う訳です。
いるうちに~ (cyaz)
2012-03-27 17:21:39
mayumiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>既に 認知症は 身近な問題だし、なにより この作品は政治系の社会派というより寧ろ家族や夫婦を描いた作品の様に感じたんですョね。
確かにそうですね!
その後のサッチャーに興味ある日本人はどれだけいたことでしょう。
うちの親も物忘れが年々ヒドくなって、
そのうち息子のことも忘れてしまうのでしょうか・・・。

>ひとりの女性の半生を描くという点で、実に 構成の巧い作品だと思う訳です。
仰る通りだと思います。

親がいるうちに孝行しなければ!
Unknown (光太)
2012-03-29 11:14:26
メリル・ストリープの演技が素晴らしかったですね。
主演女優賞受賞も納得です。
次期~ (cyaz)
2012-03-29 17:19:33
光太さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>メリル・ストリープの演技が素晴らしかったですね。 主演女優賞受賞も納得です。
本当に見事でしたね!
メリル、次期イギリス首相にどうですかね(笑)?
サッチャーにも いろんな面がある (zebra)
2013-02-15 08:27:14
サッチャーの政治家としての実績は すばらしいが あくまで それは 彼女の"光"の面

 孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・

ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。

 とある偉大な親を持つ七光り子ども特集で
サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。

息子のマークは甘やかし放題が災いしたのか
アフリカ大陸の 「パリ・ダカール レース」で行方不明になった際 サッチャー首相は あわてふためき、国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。 そして 母マーガレットに対し、

 「SORRY、MOMMY」 (ママ、ごめんな~) と新聞の見出しになっちゃいました・・・・
アホ・・・・(><)

 この騒動が きっかけで、イギリス中が マークのろくでなしぶりが表面化し、サッチャー首相にイギリス国内中から非難を浴びたんです。
 
 育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。
疑問~ (cyaz)
2013-02-15 17:05:01
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>孤独な面は彼女の"影"の面。あまり知られない部分 あるいは知られたくない、知る価値がない部分だってあるから・・・
往々にして時の人には様々な光と翳がありますよね。

>ストリープ演技は さすが女性版デニーロと言われるほど役のリサーチ振り。彼女の演技にデニーロも認めるのも 当然だなと 思いました。
そうですね^^ 何度も共演していますからね、この二人は!

>サッチャーは 双子の息子と娘で 息子"マーク"を溺愛して "娘"キャロルは そっちのけのえこひいき愛情だったそうです。
一般人だってそういうことってありますよね?

>国家予算の日本円で2億円つぎこんで捜索したら レースを勝手にリタイヤして  砂漠の中 テント張って のほほんと待ってたそうです。
体にgps埋め込んでおけばいいのです。
○○につける薬はなしですよ(笑)

>育て方を間違えた サッチャーの汚点・・・
でも、そういうのも ひっくるめて "サッチャー"なんです。
ま、どこかでタ子育てにタッチしてたかも疑問ですよね?
息子の嫁の死にも・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/ THE IRON LADY (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 主演のメリル・ストリープが英国女首相、マーガレット・サッチャーをそっくりに演じ アカデミー賞主演女優で3度目のオスカーをとった事でも話題。  おめでとー 監督は、ミュージカル映画「マンマ・ミー....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:The Iron Lady。フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、アレクサンドラ・ローチ、ハリー・ロイド、アンソニー・ヘッド、リチャード・E ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 日英の大きなギャップ (映画のブログ)
 うまいオープニングだ。映画はあり得ないようなシチュエーションではじまり、観客をギョッとさせる。  なんと老いたマーガレット・サッチャーがスーパーのレジに並び、ミルクを買っているのだ。首相経験者...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (こねたみっくす)
メリル・ストリープ、アカデミー賞ノミネート17回を誇る女優の演技。 英国史上初の女性首相となったマーガレット・サッチャーの伝記映画としては全く深みも面白味もありませんが、 ...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」女は強し! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[マーガレット・サッチャー鉄の女の涙] ブログ村キーワード  "第84回アカデミー賞・主演女優賞受賞”「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(GAGA★)。英国史上初の女性宰相にして“鉄の女”と称された辣腕政治家の半生を、名女優メリル・ストリープが熱演しておりま...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/メリル・ストリープ (カノンな日々)
今の若い人だとあまりよく知らないのかもしれませんが近代史では歴史のみならす人々の記憶にその名を刻んだ著名な政治家マーガレット・サッチャー。イギリス初の女性首相として強 ...
映画レビュー「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
Iron Ladyクチコミを見る◆プチレビュー◆英国初の女性首相の鋼鉄の意思とその裏側の苦悩を描く「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」。ストリープのなりきりぶりは必見だ。 【7 ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (千の天使がバスケットボールする)
背中がまがり、スカーフを巻いた老女がよろよろとおぼつかない足取りで牛乳を買いにいく。細かく皺のよった首、たるんだ肉体、小さくしぼんだ目。老いたマーガレット・サッチャー、そして現在、認知症を発症している彼女が回想する政治家として”鉄の女”というご本人お気...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 ('12初鑑賞33・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 3月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 12:00の回を鑑賞。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だめ男のだめブログ)
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー) ジム・ブロードベント(デニス・サッチャー) オリヴィア・コールマン(キャロル・サッチャー) ロジャー・アラム(ゴ...
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 2012年2月29日 よみうりホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『マーガレット・サッチャー -鉄の女の涙-』 を試写会で観ました。 主演女優賞は伊達じゃありません 【ストーリー】  1979年、父の教えである質素倹約を掲げる保守党のマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)が女性初のイギリス首相となる。“鉄の女”の異名...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (Akira's VOICE)
切なさしか残らない!  
メリルストリープがすごい・・・でおわっちゃう?~「マーガレットサッチャー・鉄の女の涙」~ (ペパーミントの魔術師)
強いリーダーシップで国を率いた、イギリス初女性首相の半生。 と、思ってたら。 なんていうのかな~。 コレサッチャーじゃなくてもよかったんじゃね?(いきなり暴言) ゴーストになってしまったダーリンが 愛する妻を見守っているおはなし。 はたからは認知症といわ....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (あーうぃ だにぇっと)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙@よみうりホール
メリル・ストリープ主演『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(The Iron Lady) 行動は性格である。 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・内容、台詞に触れています。英国史上初の女性首相の生涯(ある一面)を描いた『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』監督はフィリダ・ロイド。出演は本作によってアカデミー主演女優賞を受賞したメリル・スト
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』: 何を考えて制作したのだろう? (マスコミに載らない海外記事)
wsws.org Chris Marsden 2012年1月10日 監督:フィリダ・ロイド、脚本:アビ・モーガン 元イギリス首相マーガレット・サッチャーの栄枯盛衰のフィクション物語『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、少なくとも興味深かったはずで、重要な作品でさえありえたろう。...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とりあえず、コメントです)
主演のメリル・ストリープがアカデミー賞を受賞して話題の人間ドラマです。 予告編を観て、メリル・ストリープなのにサッチャーに見える!とびっくりしていました。 難しい時代の中、信念を持って自分を貫いていった一人の女性の人生を、 圧巻の演技力でじっくりと描いて...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (風に吹かれて)
鉄の女も認知症公式サイト http://ironlady.gaga.ne.jp監督: フィリダ・ロイド  「マンマ・ミーア!」夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めて、マーガレット(
映画・マガレット・サッチャー 鉄の女の涙  (読書と映画とガーデニング)
原題 The Iron Lady2011年 イギリス 1979年から1990年まで11年という長期に渡り英国を率いたヨーロッパで最初の女性首相「鉄の女」としてあまりにも有名なマーガレット・サッチャーの人生を描いた映画です 認知症を患い、夫が他界したことも忘れるようになった晩年...
劇場鑑賞「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (日々“是”精進! ver.A)
マーガレット・サッチャーの、人生の物語… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201203160004/ マーガレット・サッチャー―鉄の女の涙 (リンダブックス) 白石 まみ 泰文堂 2012-03 売り上げランキング...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (まいふぇいばりっと ゆる日記)
この作品で3回目のアカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ。 なんとその彼女が緊急来日、 maru♪ちゃん のお誘いで舞台挨拶つきの試写会へ行ってきた! 会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ★ 登場はフィリダ・ロイド監督も一緒に。 監督は女性だったの...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady (映画!That' s Entertainment)
●「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady」 2011 イギリス Film4, UK Film Council,.104min. 監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム他 <2011年度アカデミー賞主演...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙/THE IRON LADY (いい加減社長の映画日記)
メリル・ストリープが、「鉄の女」を、どう表現するのかに、興味があって・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマーガレットは遙か昔を振り返る。 勤勉で雄弁な父を尊敬して育った小さな雑貨商の娘...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (FREE TIME)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を鑑賞しました。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
政治家になった1959年(34歳)からほぼ現在までをメリル・ストリープが演じている。政治家だった現役時代は本人そっくりだし、老けメイキャップをしてからの演技はまさに気迫が溢れている。鉄の女としての戦いを主題にすれば、もっとダイナミックな映画になっていた。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (ハリウッド映画 LOVE)
原題:The Iron Lady監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド・・・「鉄の女」を見たかったのよ!
映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
11年もの間(1979~1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存....
映画:マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 The Iron Lady 認知症に苦しむ元首相が回想する1980年代。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
11年もの間(1979~1990年)イギリス初の女性首相を務めた マギー・サッチャーを描く。 まずユニークなのが、あくまでも「現在」を中心に、彼女を描いていること。 認知症に苦しむ日々がベースになっており、「回想」という形で彼女の栄光・挫折が挟み込まれる。 生存....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (悠雅的生活)
今は昔。真珠の首飾り。Shall we dance?
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (迷宮映画館)
メリル・ストリープはさすがにすごいし、うまいが、なんか違う・・。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 / The Iron Lady (勝手に映画評)
『鉄の女』の異名をとった、第71代英国首相マーガレット・サッチャーを映画いた作品。本作品では、2012年アカデミー賞においてメリル・ストリープが主演女優賞を受賞した他、メイクアップ賞も受賞しています。 サッチャーの半生を描いているのは間違いないんですが、過去...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (みんなシネマいいのに!)
 英国初の女性首相マーガレット・サッチャーの伝記映画。 初の女性首相ということで
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙   評価★★★65点 (パピとママ映画のblog)
その強い信念により強力なリーダーシップを発揮した英国史上初の女性首相“鉄の女”マーガレット・サッチャーの姿を描く「マンマ・ミーア!」のフィリダ・ロイド監督作。出演は「恋するベーカリー」のメリル・ストリープ、「家族の庭」のジム・ブロードベント。 あらすじ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
イギリス初の女性の首相となり、保守的で強硬な政治姿勢から"鉄の女"と呼ばれたマーガレット・サッチャー。 雑貨商の娘、マーガレットは、オックスフォード大学を卒業。その後、政治家をめざしますが、初めての下院議員選挙で落選してしまいます。そんな時期...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 FeelingではなくThinking (はらやんの映画徒然草)
アイアン・レディ(鉄の女)と呼ばれ、チャーチルに並んでイギリスの名宰相と言われる
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (こんな映画見ました~)
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』---THE IRON LADY---2011年(イギリス)監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ 、ジム・ブロードベント 、オリヴィア・コールマン 、イアン・グレン、リチャード・E・グラント、アンソニー・ヘッド 、ハリー....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★☆【3,5点】(10) ドラマよりもメリルの老けメイクに唸ってしまう。
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」:メリルの芝居を見る映画 (大江戸時夫の東京温度)
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』は、とにかくメリル・ストリープを見る
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (新・映画鑑賞★日記・・・)
【THE IRON LADY】 2012/03/16公開 イギリス 105分監督:フィリダ・ロイド出演:メリル・ストリープ、ジム・ブロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、ニック・ダニング、ニコラス・ファレル、イアン・グレン、リチャード・E・....
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (だらだら無気力ブログ!)
メリル・ストリープの演技が全て。
*『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』* ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2011年:イギリス映画、フィリダ・ロイド監督、メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント、アンソニー・ヘッド、 リチャード・E・グラント出演。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【予告orチラシの印象】サッチャーさんの首相になるまでの道の
現代社会のパイオニア。『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (水曜日のシネマ日記)
イギリス初の女性首相として強力なリーダーシップを発揮したマーガレット・サッチャーの物語です。
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」観に行ってきました。イギリス初の女性首相であるマーガレット・サッチャーの豪腕政治と知られざる素顔にスポットを当てた、メリル・...
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」  サッチャー首相一人称の映画 (珍竹隣  ~映画とネットとi-Phoneやandroidなどモバイル端末の日々~)
映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を伏見ミリオン座で観た。 メリル・ストリープの名演技が光る作品だ。 でも仕事で疲れていたせいか、半分以上寝てしまった。 体調を考えて、役柄も本人も
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 プレミア試写会 (メルブロ)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙(原題: THE IRON LADY) 395本目 2012-07 上映時間 1時間45分 監督 フィリダ・ロイド 出演 メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)  ...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ、アカデミー賞主演女優賞受賞) (ラムの大通り)
(英題:The Iron Lady) ----ニャんだか難しい顔をしているニャあ。 「うん。 どこから話そうか。 この映画、題材からしてちょっと不思議だったんだ。 マーガレット・サッチャーという いまも存命中の女性政治家を描くことの意味が まずよく分からなくて…。 それ以前...
『キツツキと雨』 (ラムの大通り)
----確かこの映画って、 去年の東京国際映画祭で話題になっていた作品だよね。 「そう。 『南極料理人』で一躍脚光を浴びた沖田修一監督作品。 もとより、映画祭は映画が好きでたまらない人々の祭典だから、 よけいにこの映画は受けたんだろうね」 ----どういうところが...
『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会) (・*・ etoile ・*・)
12.03.07 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (メリル・ストリープ舞台挨拶つき試写会)@TOHOシネマズ六本木ヒルズ yaplogで当選! いつもありがとうございますヽ(・∀・)ノ 先月、アカデミー賞主演女優賞を獲得したメリル・ストリープ舞台挨拶つき。tomocoさんと行...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (労組書記長社労士のブログ)
【=15 -0-】 昨日、無事に当労組の春闘が妥結した、賃金制度維持が精一杯だったが、委員からはよくやったと褒めて貰えている、でも・・・。 で、この映画、メリル・ストリープがアカデミー賞で主演女優賞を受賞したことで見たくなった。 しかしサッチャーという人に関し...
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』★サッチャーという記念碑~雑感です (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
        作品について  http://cinema.pia.co.jp/title/158027/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照してください。   予告編で聞いた、メリルの声が サッチャーさんの声にそっくりで ビックリした。 (サッチ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (じゅぼん隊がゆく)
みなさん、こんばんは。今日は休みでした、じゅぼんです。 鼻炎が最高潮で、くしゃみが連発でかないません。辛いです。 さて今日は、約3ヶ月ぶりに映画を見てきたので、その映画をご紹介します♪ 映画「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」HP←クリック♪ こ...
流石☆ 主演女優賞!! (たまごのなかみ)
演技力の光る一遍です 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』(3/18 劇場にて) 原題:THE IRON LADY 制作国:イギリス(2011年) 監督:フィリダ・ロイド 出演:メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー)、    ジム・ブロードベント(デニス・サッチャー...
試写会 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (2012.3.16公開) (理性と感情の狭間で)
3月16日(金)公開、メリル・ストリープが米アカデミー賞で 主演女優賞を受賞した「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」の試写会に行ってきました。 あらすじ マーガレット・サッチャー、81歳。現在のロンドンで亡き夫・デニスの死を理解できず、時折不可解な行動に...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (NAOのピアノレッスン日記)
~世界を変えたのは、妻であり、母であり、ひとりの女性だった~ 2011年 イギリス映画    (2012.03.16公開)第84回アカデミー主演女優賞獲得作品配給:GAGA        上映時間:105分監督:フィリダ・ロイド製作:ダミアン・ジョーンズ脚本:アビ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (映画と本の『たんぽぽ館』)
燃え尽きて、白い灰になる・・・                 * * * * * * * * * * まだ記憶に新しい、1979年、イギリスで初の女性首相となった マーガレット・サッチャーの半生を綴ります。 この作品は、とうに引退し老いたマーガレッ...
壮烈かつ無常な人生~『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』 (真紅のthinkingdays)
 THE IRON LADY  ロンドン。雑貨店でミルクを買い求める一人の老女がいた。彼女の名はマーガ レット・サッチャー(メリル・ストリープ)。帰宅した彼女が朝食の席で話しかける のは、亡...
『マーガレットサッチャー 鉄の女の涙』の理由(わけ) (Healing )
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 ★★★★4.2 単なる伝記映画じゃない。 普遍的な“老い”を描いた物語 現在86歳、認知症が公表されている元英国首相マーガレット・サッチャーを、 アメリカを代表する名女優メリル・ストリープが演じた人間ドラマです。 彼女は、ご...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (ゆっくり歩こ。)
最初の年老いたメリル・ストリープの演技を観て 一発で引き込まれました 上手い 上手すぎる。。  主演女優賞、当たり前ですね~ こりゃ大したもんだわ・・・ スマステの映画コーナーで ゴロちゃんが「ストーリーは面白くないです」と言ってましたが  合ってます、...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙  The Iron Lady (映画の話でコーヒーブレイク)
何度も予告編を見て、見たかった本作。 公開から1週間を経て、平日なら空いているだろうとネット予約もせず行ったのですが、 中高年を中心に80%ほどの入りでした。 春休みで映画館は混雑しており、子供が走り回っておりました。   **************....
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (或る日の出来事)
晩年のサッチャーさんと、夫の「まぼろし」とのドラマが中心の映画とは予想してなかったよ。
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (Diarydiary! )
《マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙》 2011年 イギリス映画 - 原題 -
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (CINEMA見聞録 )
 英国史上初の女性首相マーガレット・サッチャー。男社会の中、信念を貫き通し、いつ
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (ダイターンクラッシュ!!)
2012年4月14日(土) 16:35~ TOHOシネマズ日劇3 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』公式サイト メリル・ストリープが、あまり好きでないので観るのを躊躇していたが、結局メリル・ストリープに尽き...
フィリダ・ロイド監督 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
義父の葬儀も一段落した3月27日の公休、ひとり映画鑑賞 原題⇒TheIronLady オフィシャルサイト⇒http://ironlady.gaga.ne.jp/ 【あらすじ】 夫は他界、子供たちは独立し、ひとり静かに晩年を送るマーガレット・サッチャー(メリル・ストリープ)。 夫の遺品を整理す...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (愛猫レオンとシネマな毎日)
〈鉄の女〉と呼ばれた、元英国首相マーガレット・サッチャーの 伝記物語になります。 主人公を演じたメリル・ストリープは、本年度アカデミー賞で 見事、主演女優賞を獲りました。 ストーリー的には、フツー、それほど面白い映画ではございません。 ただメリルの演技だ...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 テーマが読み取れず (ももたろうサブライ)
監督:フィリダ・ロイド
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 11:イギリス ◆原題:THE IRON LADY ◆監督:フィリダ・ロイド「マンマ・ミーア!」 ◆出演:メリル・ストリープ、ハリー・ロイド、ジム・ブロードベント ◆STORY◆夫デニスを亡くして8年、ようやく始めた遺品整理の手を止めてマ...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (みるき~うぇい)
原題:THE IRON LADY 2011年度作品/イギリス 第84回アカデミー賞 主演女優賞受賞(メリル・ストリープ)             メイクアップ賞受賞 (J. Roy Helland、Mark Coulier) 第78回NY批評家協会賞 女優賞受賞(メリル・ストリープ) 第...
「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (ここはここ)
映画 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 THE IRON LADY を観ました       フィリダ・ロイド監督 2011年 イギリス 悪くはないが、面白いとも言い難い映画でした(あくまで自分の好みでの感想です) 何を成し遂げたとか、そういった伝記的な物語では....
映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』を観て~アカデミー賞受賞作品 (kintyre's Diary 新館)
12-32.マーガレット・サッチャー鉄の女の涙■原題:The Iron Lady■製作国・年:イギリス、2011年■上映時間:105分■字幕:戸田奈津子■観賞日:4月14日、TOHOシネマズ六本木ヒルズ □監督:フィリダ・ロイド◆メリル・ストリープ(マーガレット・サッチャー...
映画評「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督フィリダ・ロイド ネタバレあり
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 (いやいやえん)
「教えて。あなたは幸せだった?」 政治に疎い私なので、当たり前ながら「しまったこれは調べてから観るんだった」と後悔。色々な世情が全くわからないです、ともすれば、主人公であるマーガレット・サッチャーって誰?からはじまってしまいます^;(英国初の女性首...
マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 【映画】 (Balkan's Memorandum)
THE IRON LADY 2011年 イギリス フィリダ・ロイド(監督) メリル・ストリープ、ジム・フロードベント、オリヴィア・コールマン、ロジャー・アラム、スーザン・ブラウン、アレクサンドラ・ローチほか