京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『サッド・ヴァケイション』

2007-09-17 20:05:07 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「サッド・ヴァケイション
□監督・原作・脚本 青山真治 
□キャスト 浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄、オダギリジョー、光石研、斉藤陽一郎、辻香緒里、川津祐介、とよた真帆、嶋田久作、豊原功補、山口美也子

■鑑賞日 9月15日(土)
■劇場 シネマライズ(渋谷)
■cyazの満足度 ★★☆ (5★満点、☆は0.5)

<感想> 

 ひさしぶりにライズで映画を観ることにした。 理由は簡単、近所でやっていないので(笑) ライズも座席指定になってから初めてだなぁ(汗)
 

 不遇の境地に追い込まれた人たちが、何故か不思議に間宮運送という駆け込み寺職場に集まってくる。 借金取りに追われている者や、その過去を語ることができない者、様々な脛に傷をもつ者たちが、ここでは互いに互いの詮索をしないという暗黙の了解のうえに暮らしている。 
 そこに母に捨てられ、精神を病んだ父は自から命を絶ち、親も無く育った健次(浅野忠信)も。  バスジャック事件の被害に遭った梢(宮崎あおい)もいた。 ところがその間宮運送の社長である間宮(中村嘉葎雄)の妻・千代子(石田えり)が自分を捨てていった母であることを知った。

 数々の曲者役者を総終結、そして一連の青山作品のメンツを集めて撮られた作品。 独特の青山色はここでも健在だったが、その背景と人間の深く刻まれた人間の心の襞をえぐり出すまでにはいかない内容だったように思う。

 “何が”という答えめいたものを求めると、それを求めるのが難しい映画だが、ストーリーにおける繋がりよりもここに存在した各々の傷を持った人々の背景と相関関係、見えない糸となってちりぢりながら近からず遠からず結ばれていく関係をウィットに富んだ、そして青山監督流の表現で捉えていく。

 ただ助けた中国人孤児アチュンと健次との関係や、実の弟との関係、さらには母親との関係は、とても一般には理解できる範疇でもないし、罪を犯してからの母親の言う真実は、オチに結び付けるにはあまりにもこの普通の神経でない母親の実体を思い知らされることにより、なんとも後味の悪い結末を迎える。

 思うに、母親に石田えりをキャスティングしたことへの期待は大きく裏切られた感があり、久しぶりに中村嘉葎雄のチョイ役でない演技は観れたものの、この青山監督の描くトーンにはついていけなかった。

 浅野忠信を役者として上手いとは思っていないが、妙な存在感はあると思う。 それをこの映画で強く感じたのは、オダジョーとツーショットのシーンで、その存在感が浅野のほうが圧倒的だったことだった。 ここのところ、非常に大きな存在感のあるオダジョーに対し、一歩も引けをとらない浅野の透明感のあるその威圧感はやはり凄いものだと確信した一本であった。


 余談ですが、ライズで上映された作品の監督さんのサインが2階に上がる階段の左側の太い柱に書かれています。 もちろんこの「サッド・ヴァケイション」の青山監督のサインもありました! ライズでご覧になられた方はチェックしてみて下さいね~

 

 

 


暦はすでに秋だというのに、この日は暑かった・・・。
さすがにJR渋谷駅構内エフデン「
黒酢バー」で一息入れた。

りんご酢&キャロット


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (32)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ふんわり名人/きなこ餅 | トップ | 『包帯クラブ』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは♪ (miyukichi)
2007-09-17 13:09:11
 cyazさんはかなり評価低めなんですね。
 私は監督のトーン、けっこう好きだったかもです。

 浅野さんの存在感、すごく感じましたよね。
 「透明な威圧感」というcyazさんの表現に、
 「そう、それだー!」って思いました。
 不思議な魅力で、何度もドキッとしました(笑)

 ま、オダジョーもすっごい好きなんですけどね^^
個性派~ (cyaz)
2007-09-17 22:11:07
miyukichiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は監督のトーン、けっこう好きだったかもです。
そうですか^^
ま、これも好き嫌いはあるでしょうからね(笑)

>浅野さんの存在感、すごく感じましたよね。 「透明な威圧感」というcyazさんの表現に、 「そう、それだー!」って思いました。
今スマスマにあおいちゃんと出てますが、威圧感ないですね(笑)

>不思議な魅力で、何度もドキッとしました(笑)
 ま、オダジョーもすっごい好きなんですけどね^^
なるほど、美形より個性派ですか(笑)?
オチ (rin_mm)
2007-09-18 00:17:51
TBありがとうございました。
確かにオチは、、、って感じでしたね。
でも、続きがあれば見たいなぁと思わせてくれる終わり方だった気がします。

私が女性だからか、
石田えりさん演じる母親の包容力には圧倒されてしまいました。(確かにかなりおかしな母親だとは思いますけど。
包容力~ (cyaz)
2007-09-18 08:12:40
rin_mmさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>でも、続きがあれば見たいなぁと思わせてくれる終わり方だった気がします。
なるほど^^ むしろ僕はアチュンのその後が気になりましたが(笑)

>石田えりさん演じる母親の包容力には圧倒されてしまいました。(確かにかなりおかしな母親だとは思いますけど。)
石田えりさんは昔から好きな女優さんですが、この映画では活きていなかったような気がします。 “包容力”ではないような「母像」だったように思いましたが。
石田えり (夜桜)
2007-09-19 12:21:57
そうですね・・昔から、凄い女優だったと思います。
映画・・・観てないなぁ~最近。。

黒酢バー・・・行ってみたいです。。
一度~ (cyaz)
2007-09-19 12:27:54
夜桜さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そうですね・・昔から、凄い女優だったと思います。 映画・・・観てないなぁ~最近。。
あらら、ぜひ観てくださいよ(笑)

>黒酢バー・・・行ってみたいです。。
渋谷だけでなく、他の駅にもあるみたいですよ^^
お近くにどうぞ~♪
浅野VS川津 (にら)
2007-10-03 14:55:58
タバコだのウィスキーのフラスコだの小道具を駆使したり、あるいは背もたれを前にしてイスにまたがる仕草など、いままで培ってきた演技のテクニックを総動員した川津祐介さん。
それに対して、手ぶらで茫然と立ってボソッとつぶやくだけの浅野くん。

監督は、なんて残酷なことをするんでしょう。
川津さんの視点から見た今作は、青山版『青春残酷物語』です(笑)。

てなわけで、TBありがとうございました。
現代社会~ (cyaz)
2007-10-03 17:22:08
にらさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いままで培ってきた演技のテクニックを総動員した川津祐介さん。それに対して、手ぶらで茫然と立ってボソッとつぶやくだけの浅野くん。監督は、なんて残酷なことをするんでしょう。
(笑)言えますねぇ

>川津さんの視点から見た今作は、青山版『青春残酷物語』です(笑)。
でもベテラン酷使した方が見ているほうは楽しいかも(笑) 現代社会を反映させていたりして(爆)
こんにちは (hito)
2007-10-12 11:47:50
前作を知らずに見にいったので、かなり最初は把握できずでした。

浅野さんは好きな役者さんではなかったのですが、この健次という役は好きでした。特に板谷さんとの車の中のシーンの自然な口調とかが印象的で。
オダジョーとの二人のシーンでは役的にもそうなのかもしれないですが、浅野さん圧倒的に存在感ありましたね。
存在感~ (cyaz)
2007-10-12 12:39:08
hitoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>浅野さんは好きな役者さんではなかったのですが、この健次という役は好きでした。特に板谷さんとの車の中のシーンの自然な口調とかが印象的で。
板谷さんも味のある女優さんですね^^
浅野クンを食ってました(笑)

>オダジョーとの二人のシーンでは役的にもそうなのかもしれないですが、浅野さん圧倒的に存在感ありましたね。
飄々としているんですけど、その存在はしっかりと^^
繋がり (たいむ)
2007-11-05 18:34:46
cyazさん、こんばんは。
前2作は見ていないのですが、それでも納得が行く何かを感じました。
「偶然はないよ」の先生の言葉。
出会いでも、そこに居る意味もみんな偶然ではないってわかる気がします。
深くて重いお話で見応えがありました。
波長~ (cyaz)
2007-11-05 22:53:33
たいむさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>前2作は見ていないのですが、それでも納得が行く何かを感じました。
共感できるものがあったようですね^^

>「偶然はないよ」の先生の言葉。出会いでも、そこに居る意味もみんな偶然ではないってわかる気がします。深くて重いお話で見応えがありました。
青山監督のカラーはやはり好き嫌いあるでしょうけどね~^^
たいむさんは波長が合いましたね!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

32 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
サッド ヴァケイション [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画 「サッド ヴァケイション」(青山真治:原作・脚本・監督)  を観てきました。    浅野忠信、オダギリジョー、宮崎あおい、石田えり、などなど、  好きな役者さんたちがこれだけ豪華に出ているもので、  これはぜひ観たいって思ってた作品です。  主演・...
感想/サッド ヴァケイション(試写) (APRIL FOOLS)
親の心子知らず世知辛いヴァージョン。『サッド ヴァケイション』9月公開。友人の妹、中国人の子供と暮らす健次はかつて自分を棄てた母を偶然見つける。母・千代子が暮らす間宮運送に勤めることになった健次は、密かに復讐心を募らせる。間宮運送はワケありの流れ者たちを...
大きな包容力(映画/試写会:サッドヴァケイション) (美味!な日々)
映画『サッドヴァケイション』の試写会に行ってきました。『Helpless』『ユリイカ(EUREKA)』に続く青山真治監督の‘北九州サーガ’の3作目となる本作は想像通り、
サッド ヴァケイション/浅野忠信、オダギリジョー (カノンな日々)
このキャスティングならとりあえず観とけ、イヤ絶対観とけェ、かな?(笑)。浅野忠信と宮崎あおいちゃんの共演は以前に「エリ・エリ・レマ・サバクタニ」という何だかサッパリわからないのがあって、あまりに落胆して感想書く気力を失いました(撃沈)。でも、その後どうにか...
『サッド ヴァケイション』 (Sweet* Days**)
原作、監督、脚本:青山真治 CAST:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい 他 STORY:幼い頃母親に捨てられた健次(浅野忠信)は、ある日運転代行の仕事である運送会社に行...
読書:ランナー(あさのあつこ) (駒吉の日記)
読書:ランナー(あさのあつこ) 「お兄ちゃん、走って」 「バッテリー」 を軽く超えた、とオビにありましたが・・・私の中ではあさの作品で「バッテリー」を超えてるのは今のところないですね~ 登場人物の顔がみえてこなくて、何とも中途半端ですっきりしませ...
【2007-130】サッド ヴァケイション(Sad Vacation) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? かつて母だった女と かつて息子だった男が 再び共に暮らし始める。 つながりを求めているのか 断ち切りたいのか 彷徨う男たちの前に 立ちはだかる母性 すべてを包み込み美しく生きる ゆるぎない女たちの物語。 ...
サッド ヴァケイション (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
         サッド ヴァケイション(2007年、スタイルジャム) http://www.sadvacation.jp/ 監督・原作・脚本:青山真治 出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、オダギリジョー、他          中国人密航者の手引きをする健次は、...
映画「サッド・ヴァケーション」 (happy♪ happy♪♪)
  ストーリーはともかく じわじわ感じさせられる人間模様が何とも言えない映画でした。     豪華キャストが揃った作品というだけで 観る価値はあるかも          
限定公開 「サッド ヴァケイション」 (映画コンサルタント日記)
上映劇場: 渋谷シネマライズオープニング土日興収: 369万円(オールナイトイベ
青山真治監督の「サッドヴァケイション」を観た! (とんとん・にっき)
「ボクらの時代」というトーク番組、毎回、さまざまなジャンルで活躍している3人が集い、多彩な話題や事象を取り上げていく、という番組です。まったくの偶然ですが、浅野忠信、寺島進、青山真治の3人が対談をしているのを見ました。役者として、監督として、それぞれの
映画『サッド ヴァケイション』 (健康への長い道)
今年25本目は、シネリーブル梅田シネマ2にて『サッド ヴァケイション』。それにしてもシネマ1の『エヴァンゲリヲン』は相変わらずの大盛況。ついでに、同じビル(梅田スカイビルタワーイースト)でやっている『人体の不思議展』も大盛況のようです。 Story 北九州市、...
サッド ヴァケイション (future world)
前2作の「Helpless」「ユリイカ」は観てないが・・・ 観てたらもっと分かりやすくて、面白かったんだろうなぁ。 全体的に陰鬱でキナ臭い中にも、温か味も感じる・・・ヘンな感覚だ。 長回しでの観せ方も、退屈さより何かを感じ取るための時間のようで しっかり浸る...
『サッド ヴァケイション』 (ラムの大通り)
----今日は、久しぶりにフォーンも一緒に観に行った映画の話だね。 まず聞きたいんだけど、えいの好きな『八月の濡れた砂』、 この音楽、どこで使われていたの。まったく気づかなかったニャあ。 「この歌はね。 宮?あおい演じる梢が 住み込みで働くことになった間宮運送で...
映画  ” サッド ヴァケイション ” (華やぐ時間)
ほんの数日前まで 猛暑の名残りを肌に感じていたのに いつのまにか秋雨模様の天気が続いている 涼しい風が吹く日中に 虫の音が聴こえてくるときがある セミたちは この夏を 存分に鳴き終えたのだろうか  まだ気温の高い陽射しを待ってる途中だったなら  とても ...
sad vacation (haljion_blog)
青山真治監督の『サッドヴァケイション』を観ました。 オープニングのsad vac
サッドヴァケイション (Kinetic Vision)
中国マフィアの暴力からなんとか逃れ、川の水に身を浸しゆったりと流れていく健次(浅野忠信)の姿は、男性の暴力的世界から逃れ、母性的な環境に身を置いているように見える。冴子(板谷由夏)との関係やユリ(辻香緒里)とアチュン(
『サッド ヴァケイション』 (ねこのひたい~絵日記室)
「教科書にないッ!」『Helpless』に続き、ウサギの名は、もちろん「Qちゃん」。 (執筆完了して、佐渡島で休暇中)
サッド・ヴァケイション (青い烏賊、淡い餃子。)
青山真治。浅野忠信。石田エリ。宮崎あおい。板谷由夏。オダギリ・ジョー。光石研。斎藤陽一郎。 映画的体験をさせる、映画的カタルシスを味あわせるということにおいて、青山真治は素晴らしい。映画とは体験であるということをあらためて認識させられた。この映...
映画レビュー#56「サッド・ヴァケイション」 (Production Rif-Raf)
基本情報 「サッド・ヴァケイション」(2007、日本) 監督:青山真治(helpless、ユリイカ) 脚本:青山真治 製作:甲斐真樹(パピリオン山椒魚、雪に願うこと) 撮影:たむらまさき(helpless、ユリイカ) 出演:浅野忠信、石田えり、宮崎あおい、板谷由夏、中村嘉葎雄...
『サッドヴァケイション』 (アンディの日記シネマ版)
<注意> gooブログなど本館からTBできないブログにはこちらから送っています。 TB&コメントはお手数ですが本館の記事にお願いします{/hiyo_please/} → 『サッドヴァケイション』 (本館) 【監督】青山真治 【脚本】青山真治 【原作】青山真治 【時間】136分 【出...
「サッド ヴァケイション」:宮下公園バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}あそこにチラッと見える青いシートは何? {/kaeru_en4/}まあ、なんというか、この公園に住んでいる人たちの住まいだな。わけあってふつうの暮らしができない人たち・・・。 {/hiyo_en2/}て、いわゆる、Homeless? {/kaeru_en4/}そうとも言うな。 {/hiyo_en2/...
『サッドヴァケイション』 (映画館で観ましょ♪)
うーん、感想が難しい。 『Helpless』 『ユリイカ』 どちらも見ていません。 優しさ・強さ・恐さ 家族・人との繋がり・自分の存在 いろんなコトを考えさせられる映画で...
「サッドヴァケーション」みた。 (たいむのひとりごと)
キ ャストに惹かれただけで、『Helpless』『EUREKA ユリイカ」』二つの作品に続く、集大成的な位置付けにある作品だとは全く知らずに鑑賞。前半は相関関係や登場人物の置かれた状況が良く見えず、重
映画 【サッド ヴァケイション】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「サッド・ヴァケイション」 青山真治監督の同名小説を基に描く、『Helpless』『EUREKA ユリイカ』に続く“北九州三部作”の終章。 おはなし:中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、身寄りの無い少年アチュンを引き取り、幼なじみの安男の妹ユリと...
サッド ヴァケイション (韓国映画好き)
北九州市。密航の手引きをしていた健次(浅野忠信)は、船内で父親を亡くした中国人少年アチュンを連れて逃げる。健治は中国ヤクザから逃れるため運転代行へと職を変え、アチュンとヤクザだった友人の妹で知的障害のあるユリと3人で暮らしていた。健治は客である...
映画[ サッドバケーション ]好きにしたらええんよ、男の人は (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ サッドバケイション ]を渋谷シネマライズで鑑賞 本作は、青山監督のデビュー作[ Helpness ]から11年、[ EUREKA ユリイカ ]から7年の時を経て描かれた“北九州サーガ”の集大成となる作品。父性で始まった物語は、母性で完結をむかえる。 ...
「サッド ヴァケイション 」「Helpless」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
音楽が、ビョ~ン、ビヨ~~ンという妙な感じなのが、可笑しい。 主人公は「Helpless」の11年後の浅野忠信扮するケンジ。宮崎あおいちゃんは、...
『サッドヴァケイション』 (『映画な日々』 cinema-days)
サッドヴァケイション 5歳の時に捨てられた母親に20数年振りに再会 母親夫婦が経営する運送会社に同居、復讐計画を実行する。 個人評価 ★...
底知れぬ懐の深さ~『サッド ヴァケイション』 (真紅のthinkingdays)
 SAD VACATION  密航の斡旋から運転代行へと職を変えた健次(浅野忠信)は、ある夜、かつて自分 を捨てた母千代子(石田えり)と再会す...
『サッド ヴァケイション』'07・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ中国人密航者の手引きをする健次(浅野忠信)は、北九州で幼なじみの安男の妹ユリ(辻香緒里)と暮らしていた。ある日、健次が身寄りのない少年アチュンを連れて来て3人の共同生活がスタートする。そんな折、健次は偶然、5歳のときに自分を捨てた母(石田えり)...
「サッド・ヴァケイション」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                            「サッド・ヴァケイション」 石田えりの魅力が堪能できる一本である(というか私が石田えりのファンだからなんですけどね)。 この映画の主人公、健次(浅野忠信)は、中国からの密入国を手伝うというヤバい仕...