京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『カールじいさんの空飛ぶ家(字幕版)』

2009-12-17 00:12:17 | 洋画




□作品オフィシャルサイト 「カールじいさんの空飛ぶ家
□監督 ピート・ドクター
□脚本 ボブ・ピーターソン
□キャスト(声) エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョーダン・ナガイ、
ボブ・ピーターソン、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター、ジェレミー・レアリー

■鑑賞日 12月13日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 カールじいさん。
 麦わら帽子と口の回りの濃い髭がある?
 んなわけないですね(笑) 

 幼い頃からの二人の夢・・・。
 いつか手を取り、実現したいと思っていたのに、エリーはを置き去りにして
 先に逝ってしまった。

 エリーのいない生甲斐のない僅かに残された日々と、
 立ち退きを迫られるという外圧に屈するのこともせず、
 そんななか、怪我の巧名というか、せっぱつまって彼は
 エリーとの夢を実現させるべく空に舞い上がる。
 二人の想い出の一杯詰め込んだあの家と一緒に。

 CGというものは時にリアルな役者の上を行くことができるのだと知る。
 不思議に感情移入がしやすいし、実像では表現できない部分を包括的に表現できるし、
 役者の力量や個性やキャリアに頼る必要もない。
 心に打ったのは皮肉にも全体のストーリーではないく、ちっぽけな缶バッチと
 二人の出会いから別れまでのセリフのないストーリー。
 わかっているのに泣けてしまうことが本当の映画からのメッセージだと思える。
 自分たちの人生で、もし老いて一人取り残されたとしたら、
 カールじいさんのような回想だったり、『きみに読む物語』のノアであったりしたいと思った。

 旅の途中で出会う少年ラッセル。 ボーイスカウトながら体型はカールじいさんとクリソツ(笑)
 まるでミニカールだけど、顔は髷のない朝青龍みたい(笑)
 五月蝿いけれど憎めない(笑) ガンゴじじいといいコンビ。
 年寄りの頑なな発想と柔軟すぎる(笑)彼の発想。
 そこに内部事情に詳しいダグ(犬)やチョコレート好きなケヴィン(怪鳥)も混ざって、
 憧れであり、裏切られた冒険家マンツとの対決もなかなかなもの(笑)

 CGならではのアクションアドベンチャーラブストーリーは、
 先に映画評論家たちが凄く泣ける映画と紹介していたが、
 確かに感動の世界ながら、それ以上の世界観を醸し出してくれた。

 ここのところしばし忘れていたワクワクドキドキ感を味わえた作品だった。

 ラストシーンは青い風船1個、カールの家で揺れていて欲しかったなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (13)   トラックバック (68)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 覚園寺/鎌倉(09初冬) | トップ | 荏柄天神社/鎌倉(09初冬) »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
UP (junko)
2009-12-18 12:00:36
向こうでも周りの評判が良かったのでDVDで観たけど、劇場で3Dで観てみたいなぁ。
ラッセルとの一番最初の出会いの場面から笑えましたwラッセルもおじいさんも憎めないキャラでかわいい。
最初からウルウルだったけど、見終わった後は心が温まりました
カールじいさんとエリーのようにお互いを思いやって年を重ねていけたら幸せだろうなぁって思いました。

ハートウォーミング~ (cyaz)
2009-12-18 17:32:50
junkoさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>向こうでも周りの評判が良かったのでDVDで観たけど、劇場で3Dで観てみたいなぁ。
もう一回、日本で観ればいかがですか(笑)?

>ラッセルとの一番最初の出会いの場面から笑えましたwラッセルもおじいさんも憎めないキャラでかわいい。
不思議にマッチしたパートナーでしたね(笑)

>最初からウルウルだったけど、見終わった後は心が温まりました
思っていたほど泣けるものではありませんでしたが、ハートウォミングな映画でした。

>カールじいさんとエリーのようにお互いを思いやって年を重ねていけたら幸せだろうなぁって思いました。
そうですね^^
回顧できるような想い出を一杯作りたいですね!
日本インターネット映画大賞募集中 (日本インターネット映画大賞)
2009-12-20 12:30:59
突然で申しわけありません。現在2009年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/14(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
Unknown (vic)
2010-01-09 23:49:35
私は恐ろしいほど泣きましたよ、これ。
家に帰る電車の中でも、帰ってからも
思い出すたびに泣いてました。

同時上映のショートフィルムも良かったです!
ショート~ (cyaz)
2010-01-10 14:43:09
vicさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>私は恐ろしいほど泣きましたよ、これ。家に帰る電車の中でも、帰ってからも思い出すたびに泣いてました。
そんなに感動を! 良かったですね^^

>同時上映のショートフィルムも良かったです!
そうそう、そうでしたね^^
ド安定 (メビウス)
2010-01-23 22:54:52
cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ピクサーアニメにはやっぱりハズレがありませんよねぇ。毎回毎回お題を変えキャラを変えてと常に新しい試みをしては大ヒットの連続ですし、今回のカールじいさんもまたヒット♪なんか日本のジブリアニメよりも安定感がありますね(笑

本作では初めて人間が主人公という事もあってか、自分も凄い感情移入してしまう部分がたくさんあり、冒頭の10分間でもあんなに目頭が熱くなるとは思いませんでした^^;
でも唯一の不満・・・というか願いとしては、一度でいいから字幕鑑賞をしたいです(笑
ぜひ字幕も~ (cyaz)
2010-01-24 01:15:44
メビウスさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ピクサーアニメにはやっぱりハズレがありませんよねぇ。毎回毎回お題を変えキャラを変えてと常に新しい試みをしては大ヒットの連続ですし、今回のカールじいさんもまたヒット♪なんか日本のジブリアニメよりも安定感がありますね(笑
かなりピクサーは拘りがありますよね~
主張したいことはしっかり表現している感じがします!

>本作では初めて人間が主人公という事もあってか、自分も凄い感情移入してしまう部分がたくさんあり、冒頭の10分間でもあんなに目頭が熱くなるとは思いませんでした^^;
してやられたり・・・って感じでしょうか(笑)?
予告編でもなんとなく想像はできましたが^^

>でも唯一の不満・・・というか願いとしては、一度でいいから字幕鑑賞をしたいです(笑
吹替版だけのところも多いみたいですね~
字幕版の場合は遅い時間帯しか上映しないところもありますしね><
こんにちは♪。 (みぃみ)
2010-03-05 13:51:11
トラックバック、ありがとうございました(^_^)v。

ディズニー×ピクサーの「WALL・E」が、ものすごく良かったので、鑑賞を決めた作品です。

上映が始まった時、観ていた時、見終わった時、ず~っと、この映画を選んで良かったと思いました。

ラッセル君が、「年配の人のお手伝い」を達成し、表彰台に上がっている姿に「うるっ」ときた私の涙腺の防波堤を開けたのは、横にいるカールじいさんの姿でした。

大好きな映画です☆。
完成度~ (cyaz)
2010-03-06 08:55:21
みぃみさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>ディズニー×ピクサーの「WALL・E」が、ものすごく良かったので、鑑賞を決めた作品です。
なるほど^^
僕は観そびれました><

>ラッセル君が、「年配の人のお手伝い」を達成し、表彰台に上がっている姿に「うるっ」ときた私の涙腺の防波堤を開けたのは、横にいるカールじいさんの姿でした。
そこも確かにツボでしたね~
CGでここまで完成度が高いと役者はいらないかもしれませんね(笑)
今更ですが^^; (まり)
2010-03-10 15:15:49
私もカールとエリーの人生がアルバムを開くように綴られていくシーンに引き込まれました
ささやかな、どうって事のない人生なのだけど、それがとても大切だと思えました

本当にあの缶バッジなんとも言えないです・・・
また元気だったエリーが丘をカールの後を着いて歩いてしたシーンは彼女のその後を予感させて悲しかったです
一人残されたカールのベッドの横が空いているものとても寂しかったです

カールが想い出の家具を捨て、家を軽くしてラッセルとケヴィンを助けに向かった後、崖の上に残された二人の椅子
こんな夫婦に成りたいなと思いました

杖をついて歩くカールじいさん、なのに家を引っ張って歩き続け、山を登るなってあり得ないと突っ込みたい所もありましたが、そこはアニメーション そんな事どうだっていいし^^って思えました^^

私も表彰式に彼だけがお父さんに来て貰えなかった でも代わりにカールじいさんが着けてくれたバッチ
本当に良かったな~と思いました



記事は書き損なってしまいましたが、心に残る映画です
泣きどころ~ (cyaz)
2010-03-10 17:37:31
まりさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ささやかな、どうって事のない人生なのだけど、それがとても大切だと思えました
ホント、そうでしたね^^

>本当にあの缶バッジなんとも言えないです・・・
勲章は高価なものより中身の重さですね!

>カールが想い出の家具を捨て、家を軽くしてラッセルとケヴィンを助けに向かった後、崖の上に残された二人の椅子 こんな夫婦に成りたいなと思いました
長くても短くても一緒に生きた人との想い出は大切ですよね~

>私も表彰式に彼だけがお父さんに来て貰えなかった でも代わりにカールじいさんが着けてくれたバッチ本当に良かったな~と思いました
あそこは読めたけど、泣きどころでしたねぇ~
鬼でも泣くわー (小春)
2013-04-20 16:30:18
こんにちは~♪ cyazさん

TBをいただきありがとうございます。

初のテレビ放送だからと再見!した私ですが、

映画館で観たから鬼でも泣くわー状態だっただけ?←月日が経った分は

必然ですが歳重ねて人間がシニカルになった?

懐疑的に思いながら見始めたのですが

前以上鬼号泣でございました。

歳重ねた分人間、シニカルよりか、

涙モロさの方が先に出るよう(爆)

ご用心あれ!(笑)

何気ない小さな日常が一番大切なこと

無くした時、振り返った時感じるのが人間。

でも進んでいかなきゃなのですよね。

あ、長くなるのでトカゲのシッポ

もしくは尻切れトンボで去りますぅぅぅ・・・
カールじいさん~ (cyaz)
2013-04-21 08:15:03
小春さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>懐疑的に思いながら見始めたのですが前以上鬼号泣でございました。
なるほど、ハマりましたね(笑)?

>歳重ねた分人間、シニカルよりか、涙モロさの方が先に出るよう(爆)ご用心あれ!(笑)
あらあら大変でしたね!
この映画を観た後に、ディズニーランドに行ったら、
この家とカールじいさんがいて、ビックリしました(笑)

>何気ない小さな日常が一番大切なこと無くした時、振り返った時感じるのが人間。
でも進んでいかなきゃなのですよね。
おっしゃるとおりだと思います^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

68 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
カールじいさんの空飛ぶ家 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛する妻が死にました─ だから私は旅に出ます。』  コチラの「カールじいさんの空飛ぶ家」は、クオリティの高いアニメーション映画を世に送り出し続けているディズニー・ピクサーが記念すべき10作目にして、初めて人間を主人公にした12/5公開のハートウォーミン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Akira's VOICE)
喪失と再生の優しい人間ドラマ。  
「カールじいさんの空飛ぶ家」 Up  (俺の明日はどっちだ)
冒険はそこにある 妻に先立たれた偏屈で孤独なガンコ老人が、亡き妻との約束を果たすべく2人の思い出が詰まった我が家に大量の風船をつけ、たまたま居合わせた少年とともに冒険に繰り出す姿を描いたご存知ピクサーの最新作。 オープニングの冒頭10分で描かれるフレド...
カールじいさんの空飛ぶ家 (C'est joli~ここちいい毎日を~)
カールじいさんの空飛ぶ家’09:米 ◆原題:UP◆監督: ピート・ドクター「モンスターズ・インク」 ◆STORY◆冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼い日の思い出がつまった廃屋を買い取り居心地のいい我が家に改築する。喜...
カールじいさんの空飛ぶ家 (原題:UP) (yanajunのイラスト・まんが道)
『カールじいさんの空飛ぶ家』は、『モンスターズ・インク』の監督ピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務めた3Dアニメ映画です。ピクサー初であるディズニーデジタル3D版を鑑賞しました。 ●導入部のあらすじと感想
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
最近お気に入りの3Dで鑑賞(吹き替えです)―【story】最愛の妻を亡くしたカールは、数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。偶然居合わせた8才の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出発するが―     監督 : ピート・ドクター 『モンスターズ・イン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:UP公開:2009/12/05製作国:アメリカ上映時間:103分監督:ピート・ドクター声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマーStory:いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡く...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D (映画君の毎日)
<<ストーリー>>いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢をかなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。カールは8歳の少年ラッセルとともに冒険の旅へと出...
カールじいさんの空飛ぶ家 (シネマDVD・映画情報館)
モンスターズ・インクのピート・ドクターとファインディング・ニモの脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声をアパッチ砦・ブロンク...
『カールじいさんの空飛ぶ家』・・・“冒険はそこにある!” (SOARのパストラーレ♪)
不機嫌そうなしかめ面の老人とどこか抜けてるマイペースな少年。およそアクション・アドベンチャーのヒーローにはほど遠いこのコンビが、大空でそして伝説の地で繰り広げる大冒険。ピクサー10作目は擬人化した昆虫でも魚でもおもちゃでもクルマでもなく、“人間”二人をど...
カールじいさんの空飛ぶ家 (試写会) (風に吹かれて)
冒険のページは続く大人も子供も楽しめる公式サイト http://www.disney.co.jp/m
カールじいさんの空飛ぶ家(映画館) (ひるめし。)
愛する妻が死にました― だから私は旅に出ます。
カールじいさんの空飛ぶ家 (Blossom)
カールじいさんの空飛ぶ家 UP 監督 ピート・ドクター アメリカ 2009
カールじいさんの空飛ぶ家 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
君との約束を守るため僕は今から旅に出る__この冬、ディズニー/ピクサーが贈る最新作は、風船のついた家で空へ飛び立ったガンコじいさんの物語。 ラブストーリー、アドベンチャー、アクション、ヒューマンドラマ、すべての要素がここに詰まっています。 物語:幼...
映画<カールじいさんの空飛ぶ家> (美味-BIMI-)
カールじいさんの空飛ぶ家、観てきました! とにかく”切ない”映画です・・・。 愛する妻が死にました。だから私は旅に出ます。 TVから流れるこのナレーション。 世界で最も大切な人を失ったとき、あなたならどうしますか? 私なら?????なんて想像しながらの...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 3Dを見据えたピクサーの取り組み (はらやんの映画徒然草)
先日、3Dアニメーション映画「Disney's クリスマス・キャロル」を観たとき
映画 ■■カールじいさんの空飛ぶ家■■ (Playing the Piano is ME.)
見る前からヤバイな、と思っていたけど もう、涙腺決壊。 泣いた泣いた。 体中の水分が全部涙になったと思うくらい泣きました。
カールじいさんの空飛ぶ家(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨年末見た「WALL・E/ウォーリー」に続くピクサー作品、今回3D字幕版で見ました。監督は「WALL・E・・」脚本担当だったピート・ドクター、共同監督が犬のダグ・アルファ役声優もしたボブ・ピーターソン、主人公カール、共に旅するラッセル少年の声優はエド・アズナー、...
映画 「カールじいさん (ちょっとひとことええでっかぁ―♪)
劇場窓口でチケットを購入する際、 『カールおじさん』と言わないように気を付けましたよ(* ̄m ̄)プッ
カールじいさんの空飛ぶ家 (だらだら無気力ブログ)
多くの傑作を生みだしてきたディズニー・ピクサーが頑固な老人がある出来事 から冒険にでる姿を描いたアドベンチャーアニメーション。『ウォーリー』や 『モンスターズ・インク』等の多くの原案者であるピート・ドクターが監督を 努める。周りが開発ラッシュでビルが建...
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP  & 晴れ ときどき くもり (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click ピクサー映画で一番好きなのは「モンスターズ・インク」{/heart_orange/} その監督、ピート・ドクターの最新作!ということでかなり期待してました! いよい...
カールじいさんの空飛ぶ家(’09) (Something Impressive(KYOKO?))
一昨年末見た「WALL・E/ウォーリー」に続くピクサー作品、今回3D字幕版で見ました。監督は「WALL・E・・」脚本担当だったピート・ドクター、共同監督が犬のダグ・アルファ役声優もしたボブ・ピーターソン、主人公カール、共に旅するラッセル少年の声優はエド・アズナー、...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 終わりから始まる物語 (映画のブログ)
 末期ガンに侵された10歳の少女のために、ピクサーが『カールじいさんの空飛ぶ家』を特別に上映した、という記事を読んでから、本作の日本公...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『カールじいさんの空飛ぶ家 2D 吹替版』を本日観て来た。 採点は★★★★☆(5点満点中4点)。 一言でいえば、"期待を裏切らない人間が主人公のピクサーアニメ"とでも言おうか。 前の記事『映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (prisoner's BLOG)
爺さんや、歯が欠けた女の子や、モンゴロイドの太めの男の子といった、リアルな世界では主役級になりにくいキャラクターをしっかり生かしている。 空からばらばら人が落ちても風船がついているかしてそのまま地面に激突しないようにしているのは配慮。 ツェッペリン型の...
カールじいさんの空飛ぶ家(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ピート・ドクター 【声の出演】エドワード・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/ジョン・ラッツェンバーガー/エリー...
「カールじいさんの空飛ぶ家」 (首都クロム)
 宮崎監督の皮肉なコメントが腑に落ちた作品でした。あの追憶の場面は本当に素晴らしく感動的で、ピクサーが過去に作った短編作品(発想が素敵で、思わず見入ってしまう!)の流れを汲むものだったと思います。それだけに、後半のアドベンチャーを語りたいがための追憶、...
★「カールじいさんの空飛ぶ家」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みは・・・ 寝坊してしまったので一本のみの鑑賞・・・ しかも、上映開始時間を見て無かったので、 予定に反して吹き替え版の3Dを観る事に。
カールじいさんの空飛ぶ家 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:UP。ピート・ドクター監督、声:エド・アズナー、クリストファー・プラマー 。これはどう見ても日本の風船おじさんこと鈴木嘉和氏が1992年に起こした「ファンタジー号事件」をヒントにしたとしか思えない。
『カールじいさんの空飛ぶ家』夢の映像化はリアリズムから (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
こちらのブログへお引っ越しして初めての新作鑑賞です。で、今回は鑑賞『前』と『後』の二本の記事に分けてお届けしますね。
『カールじいさんの空飛ぶ家』鑑賞後用ver./実はすごく意味深 (新・よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
邦題はいかにもお子様ファミリー向けっぽいですが、原題と中身を考え合わせるとかなり深いものがあります。読めば読むほど、娯楽作とはほど遠いテーマ。
劇場鑑賞「カールじいさんの空飛ぶ家」 (日々“是”精進!)
カールじいさんの空飛ぶ家「カールじいさんの空飛ぶ家」を鑑賞してきました3D吹き替え版を。WMCでは3D作品が+300円で観られるようになりました~!「ウォーリー」のディズニー・ピクサーが贈る感動のアドベンチャー・アニメーション。偏屈で孤独なガンコ老人が...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D字幕版/エドワード・アズナー (カノンな日々)
日本の3D映画元年とも言われる2009年。年末には大本命とも言える実写モノの『アバター』が控えてますが3Dアニメーションではトリを飾るのはこの作品ですね(まだ他にあったっけ?)。『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・...
映画「カールじいさんの空飛ぶ家」@TOHOシネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 客入りは1~2列目以外満席。お子さんを含む女性客が多い。川崎観客は相変わらず上映中に袋菓子をガシャガシャと大きな音を立てて食べるのでうるさい。   カールじいさんの空飛ぶ家 映画の話 いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻...
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家 (しづのをだまき)
2009年 米 監督・脚本・原案 ピート・ドクター/ボブ・ピーターソン 2D日本語吹き替え版で鑑賞@松江SATY東宝  妻に先立たれた78歳老人が、頑固に家に留まるも、開発が進み追い出されそうになり、子供の頃、妻と共に抱いた夢を思い出して、南米に向かって家ごと旅立...
カールじいさんの空飛ぶ家3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
長年連れ添った妻を亡くして孤独になり、思い出がいっぱい詰まった家が再開発で立ち退きを求められたとき、老人が奇想天外な方法で旅に出る物語だ。カールじいさんは愛する妻がいる間は幸福だったけど、一人きりになって世間の人を寄せ付けなくなる。孤独に凝り固まった老...
カールじいさんの空飛ぶ家 (さむこの部屋)
久し振りにサクと映画館に行ってきました。 3Dではなく通常版で見たせいか、人気と聞いてたわりにガラガラ。 サクがあのメガネをずっとつけていられるのか不安だったので。 大人向けの映画かなあと思ったけど、キャラがかわいいのと、あの男の子がツボにはまったよ...
『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Up in Disney Digital 3D) (Mooovingな日々)
妻を亡くし、一人暮らしの78歳の老人カール・フレデリクセンはある日ついに彼の生涯の夢を成し遂げた。それは思い出が詰まった我が家に、何千もの風船をくくりつけて、南アメリカの荒野に向けて大空を旅するというものだった。しかし彼はそこで最大の悪夢を見つける。楽...
[映画』『カールじいさんの空飛ぶ家・3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆夜、皆で観る約束になっていたのだが、他の作品を観ようと行った<MOVIX昭島>で、つい、この作品のチケットを買ってしまった。  『レミーのおいしいレストラン』以降(『WALL・E/ウォーリー』含む)、その完成度は認めるも、いまいち、心にグッとこなくなってし...
カールじいさんの空飛ぶ家 (迷宮映画館)
カールじいさんの引っ張る家だったような・・・。
『カールじいさんの空飛ぶ家』(3D・字幕版) (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Up】 2009年/ディズニー/103分 【オフィシャルサイト】 監督:ピート・ドクター 出演:エド・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、チャールズ・ムンツ、デルロイ・リンドー、ジェローム・ランフト、エリー・ドクター...
カールじいさんの空飛ぶ家 (スペース・モンキーズの映画メイヘム計画)
★★★★★ 爺の帰還 妻が死んでから家に閉じこもって、心も閉ざしてしまったじいさん。 過去の出来事や思い出に囚われて、ただの偏...
カールじいさんの空飛ぶ家 (日々緩々。)
『カールじいさんの空飛ぶ家』観て来ました~ あらすじ(allcinemaより)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -...
カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年12月7日(月) 19:15~ TOHOシネマズ日劇1 料金:1550円(チケットフナキで購入した前売り1250円と差額300円) パンフレット:600円(買っていない) 『カールじいさんの空飛ぶ家 3D 字幕版』公式サイト 恒例のピクサーの新作は、ディズニー・デジタル3...
見逃さなくて良かった 「カールじいさんの空飛ぶ家」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
妻を亡くしたカールじいさんは、思い出の詰まった家に大量の風船をつけ、妻と夢見た地へ向かって飛び立つが…… 監督:ピート・ドクター  
【映画】カールじいさんの空飛ぶ家…2010年映画観賞記録やっと始動! (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
本日の北部九州地方は晴天です{/kaeru_fine/} 晴天過ぎてどっかに遊びに行きたい気持ちなのですが、嫁さんがお仕事ですし、近場にそんなに都合に良いプレイスポットもありません。もう夕方だしね{/face_ase2/}…せっかく買ったカメラ{/m_0068/}の撮影にも行きたいんですけ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (しーの映画たわごと)
ピクサー最新作。日本公開は遅すぎたんじゃ。アメリカではDVDも発売し終わった後の公開って。もちろん下知識全くなし。きっと、じいさんのハートウォーミングな作品だろうと期待したが。
カールじいさんの空飛ぶ家 (ひめの映画おぼえがき)
カールじいさんの空飛ぶ家 [DVD] 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリス...
映画:「カールじいさんの空飛ぶ家」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成21年12月19日(土)&。 映画:「カールじいさんの空飛ぶ家」レポ。 「ファインディング・ニモ」の脚本家ボブ・ピーターソンも監督すると知った私は、映画館へゴー玲。 券売所で。思わず「カールおじさん!」と言っち...
カールじいさんの空飛ぶ家 (2ちゃんねる映画ブログ)
【ピクサー】カールじいさんの空飛ぶ家【UP】 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1239669035/ 1 :名無シネマ@上映中:2009/04/14(火) 09:30:35 ID:PHNMrLyI ディズニー デジタル 3-DTM版同時公開 監督: ピート・ドクター(「モンスターズ・...
『カールじいさんの空飛ぶ家』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
愛する妻が死にました――  だから私は旅に出ます。 というコピーから想像していたのとは全然違う作品でした。 序盤は確かにその雰囲気通り。 冒険家のチャールズ・マンツに憧れるカール少年は、ある日空き家で冒険好きの女の子エリーと出会って意気投合。そして...
■映画『カールじいさんの空飛ぶ家』 (Viva La Vida!)
ピクサーの最新作『カールじいさんの空飛ぶ家』は、2009年度カンヌ映画祭のオープニング作品に選ばれた作品。 (アニメ作品としては史上初!) それも納得の大名作です。 美しい映像とユニークなキャラクターたちが織りなす素晴らしい物語。 映画でしか表現できない...
カールじいさんの空飛ぶ家 (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:カールじいさんの空飛ぶ家 制作:2009年・アメリカ 監督: ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン 出演:エドワード・アズナー、クリストファー・プラマー、ジョン・ラッツェンバーガー、ジョーダン・ナガイほか あらすじ:冒険に憧れる少年カール...
「カールじいさんの空飛ぶ家」Up (2009 ピクサー) (事務職員へのこの1冊)
冒険好きな少年と少女だったカールとエリーは夢を語りながら成長し、19歳で結婚。幼
カールじいさんの空飛ぶ家  UP (映画の話でコーヒーブレイク)
休み明け、旅行後、間があくと文章を書く気力が萎えてしまう私です{/dogeza/} あれやこれや書きかけであと少し手を加えればアップできるのに・・・チンタラ{/hiyo_shock1/} おしゃべりは好きだけれど、元々筆不精なんです。 そんな気持ちを上げようと、「カールじいさん...
カールじいさんの空飛ぶ家 (mama)
UP 2009年:アメリカ 監督:ピート・ドクター 声の出演:エドワード・アズナー、ジョーダン・ナガイ、ボブ・ピーターソン、クリストファー・プラマー、デルロイ・リンドー カール・フレドリクセンは78歳。風船売りの仕事も引退し、亡き妻エリーとの思い出が詰まっ...
映画評「カールじいさんの空飛ぶ家」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ピート・ドクター ネタバレあり
カールじいさんの空飛ぶ家 (こんな映画見ました~)
  『カールじいさんの空飛ぶ家』---UP---2009年(アメリカ)監督:ピート・ドクター声の出演: エドワード・アズナー カール・フレドリクセン ジョーダン・ナガイ ラッセル ボブ・ピーターソン ダグ/アルファ クリストファー・プラマー チャールズ・マン...
カールじいさんの空飛ぶ家 (RISING STEEL)
カールじいさんの空飛ぶ家 / UP 愛妻エリーに先立たれて以来、すっかり頑固者になってしまった老人カール。 しつこい立ち退き勧告に痺れを切らした彼は家に無数の風船をくくりつけて大空に飛びたって...
「カールじいさんの空飛ぶ家」(WOWOW) (映画鑑賞日記)
評価:★★☆ ストーリー(Yahoo!映画より) いつか世界を旅して回りたいと思っていたカールも、今や78歳。最愛の妻は亡くなってしまい、夢を かなえるには年を取り過ぎている。しかし、何と数千の風船を家に結びつけ、空高く飛び立つことに成功。 カールは8歳の少年ラッ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (のほほん便り)
私、大いに勘違いしてました。タイトルと、パッと見のイメージから、クライマックスに家に風船つけて、ふわふわ飛び上がる、きわめてメルヘンチックな、のんびり話だと思ってたら、さにあらず 最初から「想い出つまった家を連れて旅に出る」思いっきり冒険活劇なオハナ...
カールじいさんの空飛ぶ家 (銀幕大帝α)
UP/09年/米/96分/アドベンチャー・コメディ/劇場公開 監督:ピート・ドクター 共同監督:ボブ・ピーターソン 製作総指揮:ジョン・ラセター 原案:ピート・ドクター、ボブ・ピーターソン、トーマス・マッカーシー 脚本:ボブ・ピーターソン、ピート・ドクター ....
カールじいさんの空飛ぶ家 (映画三昧、活字中毒)
■ WOWOWにて鑑賞カールじいさんの空飛ぶ家/UP 2009年/アメリカ/103分 監督: ピート・ドクター 声の出演: エドワード・アズナー/ジョーダン・ナガイ/ボブ・ピーターソン/クリストファー・プラマー ...
カールじいさんの空飛ぶ家/UP (A Day In The Life)
やっぱり今のうちにレッツゴーで観に行ってきましたよ。 劇場にて鑑賞 解説 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』 の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。 冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の...
水曜プレミア「カールじいさんの空飛ぶ家」 (またり、すばるくん。)
「カールじいさんの空飛ぶ家」を見ました。 ネタバレ込みなので、要注意~。
カールじいさんの空飛ぶ家 (いやいやえん)
冒頭の妻との出会いから旅に出るまでの物語が秀逸。台詞がほとんどないにも関わらず二人の背景が読み取れる。子供が出来なくて二人だけの生活でも、幸せな人生だったんだろうなと思える。 主人公は偏屈気味なおじいさんで、要所ででてくる妻への愛にはジーンとくる。...
カールじいさんの空飛ぶ家 (Diarydiary! ver.2)
《カールじいさんの空飛ぶ家》2009年 アメリカ映画- 原題 - UP=Voice Cast=カール・フレドリクセン:エドワード・アズナー ラッセル:ジョーダン・ナガイ ダグ/アルファ:ボブ・ピーターソン チャールズ・モンツ:クリストファー・プラマー=Comment=最初のショート...