京の昼寝〜♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『藁の楯』

2013-05-07 00:05:07 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「藁の楯
□監督 三池崇史
□脚本 林 民夫
□原作 木内一裕
□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗

■鑑賞日 4月29日(月)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 この「藁の楯」は映画化が決まる前に読んでいたので、十分原作の良さを把握したうえで、
 映画に臨むことが出来た。
 キャスト陣は別にして、この原作の持つテイストを、映像化するには並の監督では
 務まらないと思ったが、映画化決定で監督発表がなされたとき、三池さんの名前を知って、
 なるほどと納得した記憶がある
 とにかくこの原作の緊迫感や臨場感を創り出すには三池監督しかないかなと思った次第で

 原作は2004年に発表された小説。
 これを読んで映画化を考えた映画関係者は多かったと思う。 なのに、時間がかかったのは
 おそらくこの原作の独自な世界観をどこまで映像として引き出せるかにかかっていることを、
 作り手側の誰もが感じていたのかもしれない。

 殺人犯に10億円もの懸賞金が懸けられる、日本中を敵に回す任務。 そんな破天荒な設定、
 そして日本列島縦断という大掛かりなロケ、新幹線内での銃撃戦、派手なカーチェイス等々、
 それはそれはクランクイン前からすでに大きな壁が立ちはだかっているかのようだったろう。
 
 警視庁のSPである銘苅(大沢たかお)と白岩(松嶋菜々子)は、殺人犯・清丸(藤原達也)の
 護送を命じられた。 要人ではなく、凶悪犯にSPが付くのは異例中の異例のこと。
 幼女陵辱殺害犯である清丸に対する憎しみが全国に溢れ、さらに孫娘を殺された資産家・
 蜷川(山崎努)が「清丸を殺した者に10億円の謝礼を払う」と全国紙に広告を出したから、
 日本全国民が血眼になって清丸狩りに走り出す。
 もし清丸が殺されれば、日本は法治国家として成り立たなくなる。銘苅、白岩の他、警視庁
 捜査一課の奥村(岸谷五朗)、神簪(永山絢斗)、福岡県警の関谷(伊武雅刀)の5人が清丸を
 東京まで護送することに。 清丸みたいな人間のクズのために自分たちは体を張らなくては
 いけないのか? 罪悪感のまるでない快楽殺人鬼を前にして、銘苅たちの倫理観はぐらぐらと揺らぐ。

 白岩演じる松嶋菜々子は、原作では男の設定だが、殆ど笑わないその顔は、「家政婦のミタ」を
 彷彿とさせる。 清丸に「僕を殺して」と懇願されたら、「承知しました」って言いそう(笑)
 大沢たかお演じる銘苅はこんなにカッコよくなかったが、そこは最近『終の信託』や
 『ストロベリーナイト』の演技のように、個性的な演技で存在感を見せる大沢のこと、
 ここでは原作とは一味違う新しい銘苅像を創り出すことに成功していた。
 そして特筆すべきは、清丸演じる藤原達也だ。 甘いマスクはもちろん原作の清丸とは
 違っているが、それだけにそのギャップがこの清丸に相当の憎悪感を覚えるのは確かだ。
 大沢藤原、おっと、銘苅清丸の二人の世界は十分描かれていた。

 そうそう、三池監督は先に『十三人の刺客』というど派手な時代劇を撮った。
 この映画はそれと比較すると、真逆の映画に描かれている。
 警察関係者が味方だと誰が言えるだろう。 出会う人間ひとりひとりが刺客に見えてくる。
 通常の輸送手段では計り知れない極度の緊張感が彼らを痛めつける。
 その5人のチームですら、誰一人信じ切れるとは言えない。
 まさに、清丸を狙う側よりも狙われる側のほうが精神的には疲れる。
 最後の一人になるまで、清丸を護送しきった銘苅は、ただSPとして命を受け、
 その使命を全うしただけのものだったのだろうか。
 もし10億円がもらえるとしたら、あなたも清丸を殺しに行きますか?
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『図書館戦争』 | トップ | 「スヌーピー×日本の匠展」/松屋... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (cloud9)
2013-05-10 21:44:53
TBありがとうございます。

ですが、この作品は懸賞の当選品としてブログにUPし、
私自身は未見のため、こちらからのTBは控えさせて
いただきますね。

あしからず。
すみません〜 (cyaz)
2013-05-11 08:41:06
cloud9さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私自身は未見のため、こちらからのTBは控えさせて
いただきますね。
そうでしたか、それはお手数おかけしましたm(__)m
それは (sakurai)
2013-05-14 14:06:01
読みたくなる!
読み応えのあった作品だったのですね。
今度、ぜひ読んでみます。
三池監督は、当たりはずれも大きいのですが、これはかなりの力が入ってて、その入り具合も間違いなくって、とっても見ごたえありました。
ぜひぜひ原作も〜 (cyaz)
2013-05-14 17:20:37
sakuraiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>読み応えのあった作品だったのですね。
今度、ぜひ読んでみます。
ぜひぜひ原作も^^
ひとたび読み出したら最後まで一気かも(笑)

>三池監督は、当たりはずれも大きいのですが、これはかなりの力が入ってて、その入り具合も間違いなくって、とっても見ごたえありました。
僕も三池さんは好きな監督さんですが、
原作を読まなかったら、これもありだったかなぁと(笑)
Unknown (愛知女子)
2013-05-29 22:20:53
こちらからもこんにちは!
そうですか原作のファンでいらしたのですね。
CYAZさんならどうされますか。
10億円狙いますか?(笑)
私はものぐさですですので傍観するだけだとと思います。
10億〜 (cyaz)
2013-05-30 08:28:01
愛知女子さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>そうですか原作のファンでいらしたのですね。
そうなんですよね^^

>CYAZさんならどうされますか。10億円狙いますか?(笑)
もらった後も何かにつけ普通の社会生活ができなくなるのは
いやですからね(笑)
貧乏しながら楽しく生きていきたいですね(笑)

>私はものぐさですですので傍観するだけだとと思います。
他の刑事のように殺される可能性もありますよね(汗)
Unknown (pu-ko)
2013-09-02 12:44:42
スケールの大きな内容なので、新幹線のシーンなど日本ではロケの難しいところもあり、大変だったでしょうね。
原作も機会があればぜひ読んでみたいです。

10億円もらっても、結局は殺人犯になってしまうのだから、私には無理ですが、切羽詰った状態で、犯行に及ぶ場合があるんだというのも、ちゃんと見せていたのは良かったですね。

TBさせてくださいね。
難しい作品〜 (cyaz)
2013-09-02 17:35:18
pu-koさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>スケールの大きな内容なので、新幹線のシーンなど日本ではロケの難しいところもあり、大変だったでしょうね。
原作も機会があればぜひ読んでみたいです。
確かに映画化が難しい作品だと言われてました。
でも、原作の方が緊迫感があって面白いのでぜひ〜♪

>10億円もらっても、結局は殺人犯になってしまうのだから、私には無理ですが、切羽詰った状態で、犯行に及ぶ場合があるんだというのも、ちゃんと見せていたのは良かったですね。
情報化社会っていうか、実際の映画と同様、
逃げ延びるにはなかなか難しい時代になってきましたねぇ・・・。
Unknown (タケヤ)
2013-11-02 21:20:30
この作品、すごく勢いがありました。

突っ込みどころもたくさんありましたが
それを押し潰してしまうぐらいの力が
ありましたね。すっごく面白かったです。

cyazさんは原作を読んでから観賞された
ようですが僕も一度読んでみたいなあって
考えてます♪
ぜひぜひ〜 (cyaz)
2013-11-03 08:44:35
タケヤさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>この作品、すごく勢いがありました。
そうでしたね^^

>突っ込みどころもたくさんありましたが
それを押し潰してしまうぐらいの力が
ありましたね。すっごく面白かったです。
なかなか映画化が難しい作品だと原作を読んで
感じていましたが、三池監督、やってくれました!

>cyazさんは原作を読んでから観賞されたうですが
僕も一度読んでみたいなあって考えてます♪
ぜひぜひ^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
藁の楯 (Akira's VOICE)
人間の信を問う攻防戦!  
藁の楯 わらのたて (花ごよみ)
原作は木内一裕の同名小説。 彼は『ビー・バップ・ハイスクール』の作者で、 この作品は小説家としてのデビュー作。 監督は三池崇史。 10億円の懸賞金がかかった凶悪な犯人清丸を 誰がいつ襲ってくるか分からない緊迫感たっぷりの中、、 命がけで移送することになる....
藁の楯 (Break Time)
G/W前半2日間は、風が強く飛ばされそうで・・・
藁の楯 わらのたて (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★【2点】(10) ズバリ言ってリアル感まったくなくて退屈だった。
藁の楯 わらのたて (to Heart)
製作年度 2013年 上映時間 125分 原作 木内一裕 脚本 林民夫 監督 三池崇史 音楽 遠藤浩二 出演 大沢たかお/松嶋菜々子/永山絢斗/岸谷五朗/伊武雅刀/余貴美子/山崎努/藤原竜也 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配さ...
映画「藁の楯」 (またり、すばるくん。)
主演:大沢たかお、監督:三池崇史の 映画「藁の楯」を観ました。
藁の楯 わらのたて (だらだら無気力ブログ!)
警察官としてはどうなんだろ、この人たち。
劇場鑑賞「藁の楯」 (日々“是”精進! ver.F)
守るものは、何なのか… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201304270002/ 藁の楯 わらのたて Original Soundtrackオリジナル・サウンドトラック ワーナーミュ...
藁の楯 わらのたて (あーうぃ だにぇっと)
藁の楯 わらのたて@イイノホール
藁の楯 わらのたて (佐藤秀の徒然幻視録)
新型ウィルスで一億総ゾンビ化のパンデミック 公式サイト。木内一裕原作、三池崇史監督、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、本田博太 ...
藁の楯 わらのたて (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
台湾の高速鉄道700T型や開通前の高速道路を使ってロケまでしているけど、間延びした脚本のおかげでなんとも締まらない映画になってしまった。時間の経過とともに、リアリティーがだんだんなくなっていくので見ているのが辛くなった。
藁の楯 わらのたて/大沢たかお (カノンな日々)
予告編ではわかりませんでしたけど原作は人気コミック「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズの漫画家・木内一裕さんの小説家としてのデビュー作品なんだそうですね。そして監督 ...
映画『藁の楯 わらのたて』★銘苅の怒 (めかりのいかり) (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/160427/ ↑ あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   映画レビューしました(ネタバレ表示なし) http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id34422...
『藁の楯 わらのたて』 この挑戦を受けて立て! (映画のブログ)
 シンプルなのに捻りがある。  作り手はこの設定にした段階で、『藁の楯 わらのたて』は面白いと確信したことだろう。  もちろん、その第一の功績は原作小説にあるのだろうが、主演の大沢たかおさんが数...
「藁の楯 わらのたて」みた。 (たいむのひとりごと)
10億円の懸賞金が掛けられた極悪非道な幼女惨殺犯人:清丸の護送を担当するSPと、様々な理由(主に懸賞金狙い)から清丸の命を狙う不特定多数の人々との攻防戦が描かれたサスペンスアクション映画。法治国家であ
映画『藁の楯』観てきたΣ(|||;>д (よくばりアンテナ)
三池監督作品。 原作の感想はコチラ。 原作よりも3割増でアクションが派手。 そして、3割増で気持ち悪い。 さらに、3割増で犯人のクズ度が高い。 なので、3割増で面白かった〜! さすが...
藁の楯 わらのたて 遣る瀬無さすぎて・・・どないせえちゅうねん! (労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと〜)
【=24 うち今年の試写会4】 連合のFacebookページ http://www.facebook.com/jtuc.rengo を昨日紹介したが、それ以降「いいね」は2つしか増えていない、このブログの影響力ってこの程度なのか! それとも連合の求心力の問題なのか? ε-(;ーωーA フゥ…  政財界を牛...
藁の楯 わらのたて (いい加減社長の映画日記)
大沢たかおさん、最近よく観るなぁ・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 ある日、日本の大手全国紙のすべてに見開き全面で「この男を殺してください。御礼として10億円お支払いします」という新聞広告が掲載された。 それは財界の大物・蜷川隆興が、孫娘を惨殺...
藁の楯 (そーれりぽーと)
過激なキャッチコピーを謳ったポスターが印象的と言うか、マジで藤原竜也の命が狙われたらどうするんやろと思っていた『藁の楯』を観てきました。 ★★★★ 「邦画で」と考えた場合の常識外れなスケール感、難しいテーマに真っ向から取り組んだ映画作家さん達全員の熱い...
『藁の楯』 2013年4月22日 新宿ピカデリー (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『藁の楯』 を試写会で鑑賞しました。 ジャパンプレミアということで、 大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、永山絢斗、三池崇史監督が登壇しました。 先日発表されていましたが、カンヌへ行く作品になったそうです。 【ストーリー】  少女が惨殺される事件...
藁の楯 わらのたて (とりあえず、コメントです)
木内一裕著の同名小説を三池崇史監督が映画化したサスペンスアクションです。 予告編を観て、殺人犯を殺したら10億円なんて一体どうなるのだろうと気になっていました。 予想以上に極悪非道な犯人とたくさんの血が流される展開に、圧倒されっぱなしの作品でした。
藁の楯 わらのたて (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/04/26公開(04/11試写) 日本 124分監督:三池崇史出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、藤原竜也、山崎努 [Story]少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば1...
No.347 藁の楯 わらのたて (気ままな映画生活)
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
「藁の楯」守る価値のない犯人を守った先にみた血で塗られた価値のない10億円と本当に死の裁きを宣告するための手段 (オールマイティにコメンテート)
「藁の楯」は木内一裕原作の藁の楯を映画化した作品で、少女連続殺人事件で仮出所中の犯人が再び少女を殺して逮捕されるも、殺された祖父に当たる人物が殺したら10億円の懸賞金 ...
[グウィネスと菜々子、素敵な加齢(『アイアンマン3』と『藁の楯』を観た)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
     ☆今日公開の2作品をハシゴしましたよ^^  <ワーナーマイカル 武蔵村山>はペアディだったので、安く楽しめました^^  先ずは、『アイアンマン3』である。  まあ、完結編ではないでしょうが、一つの区切りらしく、若き頃からの因縁・・・、そして、...
『藁の楯』 (こねたみっくす)
日本の安全神話はモラルで成り立っている。ゆえにモラルの崩壊こそが日本の安全神話の崩壊。 10億円の懸賞金を掛けられたクズを守ることに意味があるのかという問いよりも、誰も信 ...
藁の盾 わらのたて ★★★★ (パピとママ映画のblog)
『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。 凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たちの緊迫した道程をスリリングに描く。...
藁の楯 わらのたて (Memoirs_of_dai)
屑は屑 【Story】 少女が惨殺される事件が起き、殺人事件の懲役を終えたばかりの清丸(藤原竜也)が指名手配される。清丸を殺せば10億円の謝礼を支払うという新聞広告が出され、身の危険を感じた清丸は...
藁の楯 (映画的・絵画的・音楽的)
 『藁の楯』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだと思い、映画館に出かけてみました。  話しは極く単純で、殺人事件の容疑者を、彼が出頭した福岡県警から、捜査本部が置かれている東京の警視庁まで48時間以内に移送するというもの。  ただ....
藁の楯 わらのたて (佐藤秀の徒然幻視録)
新型ウィルスで一億総ゾンビ化のパンデミック 公式サイト。木内一裕原作、三池崇史監督、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、本田博太 ...
藁の楯 わらのたて (迷宮映画館)
なかなかの迫力と、葛藤が面白い!
『藁の楯 わらのたて』 (sora的日常生活)
『藁の楯』、観ました。 監督: 三池崇史 原作: 木内一裕 脚本: 林民夫 キャスト: 大沢たかお 藤原竜也 松島菜々子 岸谷五郎 永山絢斗 山崎努 少女を殺害した容疑者に少女の祖父が懸賞金を掛けたことにより、 容疑者を福岡から東京まで護送すること....
『藁の楯 わらのたて』を観てきた!? (映画観たよ(^^))
『藁の楯 わらのたて』を観てきました。 藁の楯 わらのたて - 映画.com 見応えありましたね〜一人一人が葛藤を抱えて迷っている、そして国民みんなが蜷川が仕掛けた広告に惑わされておどらされてしまっているところがよく描かれていましたね。 実際10億くらいで人は...
藁の楯 (映画と本の『たんぽぽ館』)
四面楚歌、疑心暗鬼             * * * * * * * * * 孫娘を殺害された政財界大物・蜷川(山崎努)が、 新聞に、犯人の顔写真に「この男を殺してください」と添えて広告を出した。 その賞金がなんと10億円。 身の危険を感じたその男、清....
「藁の楯 わらのたて」 言い訳 (はらやんの映画徒然草)
しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思
映画  藁の楯 (華待月)
あらすじ。。7歳の幼女が惨殺される事件が発生。8年前に少女暴行殺人事件を起こし出所したばかりの清丸国秀(藤原竜也)に容疑がかかり、警察による捜査が行われるが、一向に清丸の足取りは掴めずにいた。事件から3ヶ月後、事態が大きく変わる。殺された幼女の祖父・蜷川...
映画『藁の楯 わらのたて』(13日-12) (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
5月と11月の第3木曜日は、もう10年以上続く 息子の高校時代の同級生のママたちとのランチの会。 美味しい料理と楽しいお
【映画鑑賞】藁の楯 ド迫力!有り得なさすぎてもう笑ってしまいました・・・ (愛知女子気侭日記)
こんにちは。 最近暑い日が続きますね。 先日サーティーワンの募金フェアに行ってまいりましたよー C(>ω< )大納言小豆ください! ↑ けっこういけます 【感想】 こちらの映画は劇場の予告編を...
■藁の楯 わらのたて (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第307回「振り上げられた拳を、振り下ろす場所はどこに・・・」 予告編はとても大事だ。個人的に好きな映画は予告編で、公開までの気持ちを高める。まったく意識していなかった作品も魅力的な予告編で、観てみようかという気持ちにもなる。そして、予告編の大事なとこ....
藁の楯(わらのたて) (愛猫レオンとシネマな毎日)
「十三人の刺客」「悪の教典」の三池崇史監督の最新作になります。 10億円の懸賞金が懸けられた連続殺人犯を福岡から東京へと 移送することになったSPと、犯人を狙う暗殺者たちとの攻防戦を 描いたサスペンスアクションです。 迫力があって、見応えありました! ...
No.347 藁の楯 わらのたて (気ままな映画生活)
孫娘を殺害された政財界の大物・蜷川が、新聞に「この男を殺してください。清丸国秀。御礼として10億円お支払いします」と行方不明の犯人殺害を依頼する全面広告を掲載。日本中が ...
藁の楯 わらのたて (シネマ・クレシェンド)
日本滞在最終日(帰国前日)、夫は東京で2件の仕事が入ったため私のみ成田に直行。ホテルにチェックインしたあと、夕方までの時間をイオンモールで潰し、ついでに映画を観てきまし ...
藁の楯 わらのたて (銀幕大帝α)
2013年 日本 125分 アクション/サスペンス 劇場公開(2013/04/26) 監督:三池崇史『悪の教典』 原作:木内一裕『藁の楯』 主題歌:氷室京介『NORTH OF EDEN』 出演: 大沢たかお:銘苅一基 松嶋菜々子:白岩篤子 岸谷五朗:奥村武 伊武雅刀:関谷賢示 永山絢....
映画『藁の楯』を観て (kintyre's Diary 新館)
13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示...
藁の楯 わらのたて (いやいやえん)
懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。 孫娘を殺された財界の大物が、その犯人と思われ指名手配をされている清...
「藁の楯」 (ここなつ映画レビュー)
これは、私がどうしても観たくて、無理矢理息子を誘った作品。カンヌ映画祭ではあまり好評じゃなかったようだけど、私はかなり満足でした。 まず、藤原竜也がすごくいい。クズをクズとして100%演じ切っている。同情の余地なしのクズ。それに、大沢たかお演じるSP...
藁の盾 わらのたて (タケヤと愉快な仲間達)
監督: 三池崇史 出演:大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、藤原竜也、山崎努 【解説】 『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪...
映画 藁の楯 (こみち)
JUGEMテーマ:邦画&nbsp; &nbsp;   少女に悪戯をし、殺した悪党の清丸国秀を護衛するSP。 &nbsp;  さまざまな工作をして蜷川隆興を殺害しようとするが &nbsp;  ちょっとやり方が大げさすぎますね。 &nbsp;  清丸...
藁の楯 わらのたて (勝手に映画評)
「この男を殺してください、御礼として10億円お支払いします。」 何とも、すごい話です。犯罪者を護送すると言うシチュエーションを描いた映画といえば、『S.W.A.T.』や『16ブロック』などが思い付きます。その中でも特に『S.W.A.T.』に類似している印象です。『S.W.A.T....
藁の楯 (のほほん便り)
なんと、『ビー・バップ・ハイスクール』で知られる漫画家・きうちかずひろが本名の木内一裕名義で発表し、小説家デビューした作品が原作、なんですってね。多才だなぁ… 設定の斬新さと、藤原竜也の、ちょっと狂気混じりの鬼畜ぷり 大沢たかおと、山崎努の存在感がヨ...
映画評「藁の楯 わらのたて」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり