京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『かぐや姫の物語』

2013-12-02 00:12:02 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「かぐや姫の物語
□監督・原案 高畑 勲 
□脚本 高畑勲、坂口理子 
□キャスト(声) 朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、
          田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院 光、宇崎竜童、
          中村七之助、橋爪 功、朝丘雪路、仲代達矢

■鑑賞日 11月24日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) 

<感想>

  近年珍しいタッチのアニメーション。
  バックに流れる澄んだ歌声と駆け抜けるかぐや姫の映像に感嘆した人も多いだろう。
  その日、2本の映画を観たので、BD&DVDの映像サンプルを4枚ももらった(笑)

 巨匠・黒澤明監督がジブリ作品の中で1番面白いと言った『火垂るの墓」を撮った
 高畑監督作品。 『ホーホケキョ となりの山田くん』以来約14年ぶりの監督作品。
 今回の題材は日本人なら誰もが知る「竹取物語」。
 
 この長編ファンタジー・アニメーション。 高畑監督作品ではお馴染みの画より先に
 声を録音するプレスコという手法が採用されているため、本作完成前の2012年
 6月に 他界した地井武男も2011年夏には録音を終えていたとのこと。
 
 竹林にやって来た翁は、光る不思議な竹に気づき、近づくと小さな女の子が現われる。
 女の子を連れ帰った翁は、媼とともに自分たちの子として大切に育てる。 女の子は
 捨丸ら村の子どもたちと元気に遊び回り、すくすくと成長する。 翁は娘を立派な女性に
 育てようと、都に移り住み、教育する。 そして美しく成長した娘は、“かぐや姫”と
 名付けられる。やがて姫の美しさを聞きつけ、5人の求婚者が現われるが。

 8年の歳月と50億円の制作費。 鈴木プロデューサー曰く、実際には51.5億円
 かかったという。 
端数の1.5億円を丸めて50億円と言ったけど、 
 本当はその1.5億円でも、映画が1本作れただろうと言う・・・。 
 高畑監督の望みどおりで進行していたら完成までに14年の歳月がかかったそうだ。 
 で、結局時短のために多くのスタッフを投入したのが高額制作費になった理由と。 

 竹取物語は誰もが思うまさに浪漫だろう。 その解釈の仕方も人それぞれ。
 月を見て、ウサギが餅をついているようだって、
いったい誰が最初に言ったんだろう。 
 竹取物語は「鶴の恩返し」ではない。 かぐや姫の、高畑監督の理解がこうならば、 
 もし高畑監督が「鶴の恩返し」を撮ればきっとホラー作品になったかも・・・。 
 かぐや姫の、無邪気で奔放な姿も、そして野を駆け、川で水浴びをする姿と、
 おそろしく早い成長が周りを驚かせる様は滑稽で且つユニークだ。 しかし、その彼女も

 大人になり、誰もが驚くほどの“美女”となり、それが講じて様々な愛に纏わる事件を
 生んでいき、それが自らのトラウマや不信感の嵩を増やしただけで、そしてまた、
 いつの世にも金は人を盲目し、誤った方向に導きかねないものなのかも。 


 この映画を未来の子供のために作ったとは決して思えない。 
 そして、『火垂るの墓』のように芯から強いメッセージ性もなければ、 
 ディズニー・アニメのようなファンタジーにみる娯楽性もない。
 高畑監督はこの映画で何を描き出したかったのだろうか・・・。
 
何度も聴いたエンディングの歌ぐらいが少し心にしみたほどで。

  宮本信子さんの媼は良かったけれど、翁の地井さんの声はやや重過ぎたかも。  
  途中からすすり泣いている人も居たけど、ぼくは全然泣けなかった。
  確かに切ない想いもあったし、禁断の恋もあったし。 でも、泣けなかった。 
  “愛”がなかったのかもしれないし、“愛”が足りなかったのかもしれない・・・。
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (12)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「秋バラ・温室・他」/新宿御... | トップ | 『すべては君に逢えたから』 »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ました~ (セツ)
2013-12-03 01:00:00
こんばんは~。
ほんと、歌が素晴らしい映画でしたね~。

えー、私は泣いてしまったほうなのですが、旦那は全然泣けなかったそうで。
受け取り方は人それぞれだなぁと、帰りに感想を言い合いながら思いました。

翁と媼のかぐや姫への愛情の描き方が素晴らしかったと思います。
方向性は間違っていましたが、心から愛していたことに変わりはないんだなぁって、最後に改めて思いました。

ハッピーエンドでないところが、日本の昔話だなぁって思います。
あの問答無用な羽衣の掛け方!!

あとからちょっと思ったのは、平成たぬき合戦ぽんぽこにちょっと通じるなぁってことでした。
自然破壊はだめだぞ~、自然と共にあることが、人として一番幸せなことなんだぞ~って。
自然回帰とでもいいましょうか、そんな風に私は受け取りました。

まわれ まわれ まわれ~~~。
エンドレスでずっと頭の中にかかってました(笑)。
Unknown (cyaz)
2013-12-03 08:18:57
セツさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>ほんと、歌が素晴らしい映画でしたね~。
心に沁みました! ジブリは音楽もいいですよね^^

>受け取り方は人それぞれだなぁと、帰りに感想を言い合いながら思いました。
うちはかみさんがグスリとしてましたね(笑)
でも、思ったよりは泣けなかったようです。

>方向性は間違っていましたが、心から愛していたことに変わりはないんだなぁって、最後に改めて思いました。
確かにそうですね^^ そう考えると『そして父になる』の
問題提起にあったように、血より時間?・・・なんて。

>あの問答無用な羽衣の掛け方!!
あそこは見せどころでしたね!

>自然破壊はだめだぞ~、自然と共にあることが、人として一番幸せなことなんだぞ~って。
自然回帰とでもいいましょうか、そんな風に私は受け取りました。
ジブリ作品の根底にはいつもこの課題とメッセージが
盛り込まれていると思います。
だからこそ万人に受け入れられる術を持っているのだと思います。
ドラマチック (メビウス)
2013-12-03 21:33:42
>cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

自分はジブリアニメで久々に涙腺が脆くなっちゃいました^^;仰るとおり歌も素敵でしたし、アニメーションに到っては予告編でも観たかぐや姫の疾走シーンで鳥肌が立つような感覚を覚えたほどですっ。

でも確かに竹取物語は大昔に描かれた作品でもありますから、なんで月に帰らなければならないとかそういう疑問に明確な解がなく、作り手の解釈などに委ねられるとこがあると思いますけども、高畑監督の解釈の場合はかぐや姫の心情を加える事でなんか凄い世界観が広がって見えたような気がしましたねぇ。そのせいか自分はとてもドラマチックな竹取物語に見えちゃいましたw
センチメンタル~ (cyaz)
2013-12-03 21:43:47
メビウスさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>かぐや姫の疾走シーンで鳥肌が立つような感覚を覚えたほどですっ。
確かにあれは凄いシーンだったと僕も思いました。

>高畑監督の解釈の場合はかぐや姫の心情を加える事でなんか凄い世界観が広がって見えたような気がしましたねぇ。
ややお伽噺が大人の世界を垣間見た気もしましたが。

>そのせいか自分はとてもドラマチックな竹取物語に見えちゃいましたw
ドラマチックでセンチメンタルな世界でしたね!
Unknown (Ageha)
2013-12-05 10:16:11
誰もが知ってる、オチのわかってる作品を
どう見せるかって話で。
これはこれでアリ。
予告でみた、姫の全力疾走はたしかにびっくりした。
こうきたか~っていう描き方。
ものすごくスピード感ありましたね~。

正直いうとちょっと長かったな~って。

んで、迎えに来るときの音楽が
無情でありながら”エレクトリカルパレード”みたいで
これまたそうきたか~というオドロキ。

せめて最後に1度だけ姫が振り向いてくれたのが
救いだったかな~・・・。

PS:昔、沢口靖子が実写版でやったの覚えてます?
UFOで帰るよりはいいか・・・(^_^;)
何が罪~ (cyaz)
2013-12-05 12:30:43
Agehaさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>予告でみた、姫の全力疾走はたしかにびっくりした。
こうきたか~っていう描き方。ものすごくスピード感ありましたね~。
そこまで速いのだったら、もっとコンパクトでも良かったような・・・。
果たして51.5億つぎ込んだ価値は???

>んで、迎えに来るときの音楽が
無情でありながら”エレクトリカルパレード”みたいで
これまたそうきたか~というオドロキ。
ま、あれは高畑さんのサービスなのかなぁ(笑)
それとも今風に???

>せめて最後に1度だけ姫が振り向いてくれたのが
救いだったかな~・・・。
何が罪だったのか・・・人知れず。。。
再考しました (みなりん)
2013-12-09 21:55:16
こんばんは。映画「かぐや姫」の監督高畑さんの記事をお読みになりましたか?わたしは以前、良く解釈しすぎたかなあと再考中。あなた様は正直で、こういう感想もありだわと今更思いました。ちょっと話がファンタジックから遠のいていましたね。わたしも頭抱えています。
こだわり~ (cyaz)
2013-12-09 21:59:26
みなりんさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>高畑さんの記事をお読みになりましたか?
読んでいません。

>わたしは以前、良く解釈しすぎたかなあと再考中。あなた様は正直で、こういう感想もありだわと今更思いました。
ま、人それぞれ感じ方は違うと思うので、
どれが正解、どれが間違いってないと思います。

>ちょっと話がファンタジックから遠のいていましたね。わたしも頭抱えています。
あくまでこれは高畑監督の主観であり、こだわりであり、描きかったことで、万人がそうだと思えるものではないと思います。
ナイス作品 (iina)
2013-12-21 09:30:08
けっこう楽しめました。
筆づかいといい、細かい部分まで描かないマンガ性といい姫の疾走シーンは、強烈で劇画的でした。

黒澤明監督は、『火垂るの墓」を一押ししたのは知らなかったですが、iinaは『風の谷のナウシカ』が一番好きです。
・・・此処に綴るに当たり調べたところ、ナウシカの後にジブリが設立されていたのでした。・・・
方向性~ (cyaz)
2013-12-22 08:15:19
iinaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>筆づかいといい、細かい部分まで描かないマンガ性といい姫の疾走シーンは、強烈で劇画的でした。
確かに疾走シーンは圧巻でした^^

>iinaは『風の谷のナウシカ』が一番好きです。
・・・此処に綴るに当たり調べたところ、ナウシカの後にジブリが設立されていたのでした。・・・
なるほど、そうでしたか?
巨匠二人が老いて、今後のジブリの方向性が大事になりますね!
ハイリスクな女 かぐや姫 (zebra)
2014-01-21 19:20:18
かぐや姫・・・見てませんでしたが、中学のころ「蓬莱の珠の枝」という、かぐや姫の一節部分が国語の時間であったのを覚えてます。

しかも古文の読み仮名になってましたので 勉強がダメな自分にはまったく読みこなせませんでした・・・

ただ かぐや姫を嫁にするには 「ハイリスク・ハイリターン」の試練がつきものだってことはわかります。

まさにオーシャンズ・シリーズ (11、12、13)みたいに でかい報酬にはでかい危険を乗り越えないといけない・・・そんな解釈ですが 間違った解釈でしょうか・・・ちなみに cyazさんは 学生のころ 国語、古文は得意でしたでしょうか?

最後に かぐや姫の育ての親であり翁役の声の地井武男さん 亡くなったのは残念です。 生きてる間に映画公開されてたら 感無量だったでしょうにね。 ご冥福をお祈りします。

古文は~ (cyaz)
2014-01-23 08:54:00
zebraさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>中学のころ「蓬莱の珠の枝」という、かぐや姫の一節部分が国語の時間であったのを覚えてます。
へぇ~、そうなんですか^^

>しかも古文の読み仮名になってましたので 勉強がダメな自分にはまったく読みこなせませんでした・・・
僕も古文・・・全くダメでした(汗)

>でかい報酬にはでかい危険を乗り越えないといけない・・・そんな解釈ですが 間違った解釈でしょうか・・・ちなみに cyazさんは 学生のころ 国語、古文は得意でしたでしょうか?
国語は比較的得意でしたが(大学は文科系)、
古文は担当の女性の先生が嫌いで、授業を聞いていませんでした(笑)

>最後に かぐや姫の育ての親であり翁役の声の地井武男さん 亡くなったのは残念です。 生きてる間に映画公開されてたら 感無量だったでしょうにね。 ご冥福をお祈りします。
そうですね^^ ホント、地井散歩も板についていたのに・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
かぐや姫の物語 (Akira's VOICE)
切なくて悲しくて美しい!  
劇場鑑賞「かぐや姫の物語」 (日々“是”精進! ver.F)
“生きる”ということ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201311230001/ 【送料無料】【新作CDポイント3倍対象商品】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケ...価格:3,000円(税込、送料込) 二階堂和...
かぐや姫の物語 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】モロ竹取物語です。 【鑑賞後】 冒頭の古
かぐや姫の物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。高畑勲監督。(声)朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路 ...
高畑勲監督『かぐや姫の物語』"人の情けをはぐくみて、まつとしきかば今かへりこむ" (映画雑記・COLOR of CINEMA)
※注・内容、ラストに触れています。高畑勲監督による誰もが知る(しかし本当のお話を知らない)「竹取物語」を題材とした9年ぶりの長編アニメ『かぐや姫の物語』美術監督に男鹿和雄、人物造形/作画設計・田辺修、
『かぐや姫の物語』 高畑勲の「罪と罰」とは? (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  2013年、高畑勲監督は実に14年ぶりとなる新作映画を発表した。  『かぐや姫の物語』は、まさに高畑アニメの集大成ともいうべき大傑作だ。これまで世界中を泣かせ、喜ばせ、感動させてきた高畑勲作品のあらゆる要素がここに結実している。  72...
映画「かぐや姫の物語」@イイノホール (新・辛口映画館)
 今回、私は試写会で本作を2回見る事が出来た。 一回目、文芸春秋さん主催。日曜日の夜の試写会はお子さんから年配の方まで幅広い年齢層で女性客が多い。客入りは7~8割くらいだ。二回目、AOLさんに招待された。平日夜の試写会の客入りは7割弱位でかなり空席が目...
かぐや姫の物語 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
子供の頃から記憶にある竹取物語は竹からうまれたかぐや姫がなんでか知らないけど月に帰っていくものだった。それが貴族の世界に憧れた老夫婦の願いを叶えるために姫となった娘の悲劇だったのだ。ほとんど無駄なシーンがないほど完璧な映画になっていた。
『かぐや姫の物語』 (こねたみっくす)
生きているという手応えさえあれば、幸せだった。 日本最古の物語「竹取物語」を大胆に新解釈することもなく、ただかぐや姫の心情を中心に描くことで見事に大人の、そして家族の ...
映画『かぐや姫の物語』★すべて消えても今をしっかり生きていればイイ☆ (**☆(yutake☆イヴのモノローグ)☆**)
      作品について http://cinema.pia.co.jp/title/161567/ ↑あらすじ・クレジットはこちらを参照ください。   竹から生まれ、月に帰ったかぐや姫の物語――     監督の解釈で見せているのですが、...
映画:かぐや姫 「静」と「動」の緩急つけ具合に魅了される。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ジブリ待望の新作。 古典『竹取物語』を元にした、シンプルなストーリー。 のはずが! 上映時間はなんと137分 最大の大作「もののけ姫」の133分を超え、ジブリ作品の長編作では最長(汗) おい大丈夫かと焦る自分が。 で実際は? 終わってみれば... 「例の」クライマ....
「かぐや姫の物語」 生命力のある線 (はらやんの映画徒然草)
宮崎駿監督と並ぶスタジオジブリの2枚看板の高畑勲監督の最新作です。 当初は「風立
かぐや姫の物語 (Some Like It Hot)
■「かぐや姫の物語」(2013年・日本) 監督=高畑勲 声の出演=朝倉あき 高良健吾 地井武男 宮本信子  日本最古の物語とされる「竹取物語」は、これまで数々の映像化がなされてきた。僕らは幼い頃からそれを幾度も目にしてきた。小学校高学年の頃には、竹取物...
かぐや姫の物語 (青いblog)
感想にネタバレ含みます。 ↓ ・ ・ ・ ・ ・ 1. テーマは高畑版「生きねば。」 生きろとか生きるって素晴らしいとかはジブリ作品の共通するテーマですが、今回も同じくです。 50億と8年間かけてスタジオジブリのプロが作ってるのだから、褒めざ...
「かぐや姫の物語」かぐや姫が望んだものに気づいた先にみたお金では手にできない本当に望んだ身近な幸せ (オールマイティにコメンテート)
「かぐや姫の物語」は高畑勲監督の最新作で原作「竹取物語」を忠実に描いた作品で、私たちが良く知る竹取物語のかくや姫の視点から観たストーリーである。ありふれた実に有名な作 ...
『かぐや姫の物語』 (2013) (相木悟の映画評)
溺れて然るべき、壮麗おとぎ話! 巨匠だからこそ造りえた、贅沢かつ冒険心に溢れた一級品であった。 本作は、宮崎駿としのぎを削り、日本のアニメーションの礎を築いたレジェンド、高畑勲監督作。製作期間8年、50億円(!)の巨費を投じた、まぎれもない超大作だ。 ...
『かぐや姫の物語』 (beatitude)
14年ぶりという新作、高畑勲渾身の一作か。ストーリーは「竹取物語」そのまま。原作では語られない姫の心情を高畑解釈で細やかに載せた作品でした。動く水彩画のような滑らかなアニメーションはどれほどの労力を要したか推して知るべし。時間とお金をかけ、丁寧に創られた...
かぐや姫の物語 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。正直予告を見た時全然期待していませんでした。絵もシンプル過ぎひん?って思ったのと、「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーに、こういう意味ありげなコピーは怪しい予感がしたんで。ダルくなりそうな。しかも上映時間が2時間17分という長さで...
『かぐや姫の物語』 (時間の無駄と言わないで)
もうちょっと高畑勲なりの大胆な解釈とかが加わっているのかと思ったけれど、まんま「竹取物語」だった。 超綺麗なアニメで「竹取物語」を作っているだけ。 まぁその「超綺麗な」 ...
かぐや姫の物語 (そーれりぽーと)
ジブリ高畑勲監督最新作、筆書き風の優しい線で描かれたアニメ映画『かぐや姫の物語』を観てきました。 ★★★★★ 優しい画風で、とことん美しい竹取物語に感動しました。 誰もが知っている竹取物語のプロットに忠実に、ジブリ流の情熱とノスタルジックな演出で味付けさ...
『かぐや姫の物語』 2013年11月9日 一ツ橋ホール (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『かぐや姫の物語』 を試写会で鑑賞しました。 凄い勢いで成長するから前半30分のペースなら1時間で終わると思った 【ストーリー】  諸事情によりストーリーを記載しておりません。   ↑  だそうです(笑)...cinematodayです。 ということなので、この映画はスト...
かぐや姫の物語 ★★★★ (パピとママ映画のblog)
数々の傑作を生み出してきたスタジオジブリの巨匠、高畑勲監督が手掛けた劇場アニメ。日本で最も古い物語といわれる「竹取物語」を題材に、かぐや姫はどうして地球に生まれやがて月へ帰っていったのか、知られざるかぐや姫の心情と謎めいた運命の物語を水彩画のようなタッ...
映画『かぐや姫の物語』 (健康への長い道)
 新宿ピカデリーにて『かぐや姫の物語』を鑑賞してきました。各回最大客席数の1番シアター(580席)での上映ですが、なぜか唯一小さな5番シアター(157席)で上映している11:40の回で。月曜日の午前中ですが、そこそこの入りでした。  元々は興味のない作品でした。『...
かぐや姫の物語 (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】高畑勲 【出演】朝倉あき/高良健吾/地井武男/宮本信子 【公開日】2013年 11月23日 【製作】日本 【ストーリー】 この地で、ひとりの女性が生きた。笑い、泣き、喜び、怒り、その短い生の一瞬一瞬にいのちの輝きを求めて。数ある星の中から彼女...
映画・かぐや姫の物語(試写会) (読書と映画とガーデニング)
2013年 日本 11/11名鉄ホールにて舞台挨拶がありました鈴木敏夫&西村義明プロデューサー主人公・かぐや姫の声優を務めた朝倉あきさん主題歌「いのちの記憶」作詞・作曲・歌の二階堂和美さん伴奏はベース(和美さんのご主人)のみ、ナマで「いのちの記憶」が聞け....
かぐや姫の物語 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年11月25日(月) 21:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(フリーパスポート) パンフレット:未確認 予告編、出し惜しみすぎ 『かぐや姫の物語』公式サイト フリーパスポート21本目。 ジブリにしては、客が入っていないようだ。 高畑勲の前作「山田くん」よ...
かぐや姫の物語・・・・・評価額1800+円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
かぐや姫が、本当に欲しかったもの。 巨匠・高畑勲が78歳にして挑んだのは、日本における物語の祖にして最初のSFファンタジー、「竹取物語」の初の長編アニメーション映画化である。 137分の上映時間は、比類するものの無い至高の映画体験。 天土火水、森羅万象の中...
[映画『かぐや姫の物語』を観た(寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
      ☆・・・観てきました。  『まどか☆マギカ 叛逆の物語』の三観目と連続して見たのですが、そのクライマックスの「忘却」についての論じ方が、似ている点もあり、こちらの作品の方が、よりクールに描いている点もあり、その符号が興味深かった。  私は、...
たけのこ、パタリロ、アントニオ猪木(違)~「かぐや姫の物語」~ (ペパーミントの魔術師)
注※ネタばれで書きますのでこれから行かれる方は鑑賞後に。 予告編でのあのスピード感あふれる墨絵風な絵に まず度肝ぬかれましたね。 どんな展開になるのかまるで想像がつかなくて。 桜の下で嬉しそうにはしゃいでいる姫の笑顔と バックで流れるうたにとっても...
和製アルプスの少女ハイジ。『かぐや姫の物語』 (水曜日のシネマ日記)
「竹取物語」を題材にスタジオジブリの高畑勲監督が手掛けた劇場アニメです。
映画「かぐや姫の物語」感想 (おぼろ二次元日記2)
11月23日(土)公開の「かぐや姫の物語」を鑑賞してきました。 【送料無料】【先着特典:映画「かぐや姫の物語」音源CD(ジャケットと別絵柄の紙ジャケ仕様)... あらすじ: 今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、 翁は...
いのちの記憶~『かぐや姫の物語』 (真紅のthinkingdays)
 光る竹の中から、小さな女の子を見つけた竹取の翁(地井武男)は、家に連 れ帰り竹取の媼(宮本信子)とともにその子を育てる。たけのこのように急成長 した少女は、都に移り住み 「かぐや」 という名の美しい姫となった。  高畑勲監督、14年ぶりの作品。正直...
かぐや姫の物語 (映画と本の『たんぽぽ館』)
繰り返し続いていく“時”と、限りある“生” * * * * * * * * * * このアニメを見終わって、 さて、これは一体どういう物語だったのだろう、と思いました。 ストーリーは誰もが知るあの「竹取物語」そのもの。 竹から生まれたかぐや姫が美しく成...
かぐや姫の物語 (映画的・絵画的・音楽的)
 『かぐや姫の物語』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)高畑勲監督が、製作期間8年、総製作費50億円を費やして作ったアニメだということで、映画館に行ってきました。  本作は、原作の『竹取物語』にかなり忠実に従いながらも(登場人物を若干増やしていますが)、な...
かぐや姫の物語 (にきログ)
さて、ジブリの高畑監督最新作 風立ちぬと同時公開がここまで遅れたんですよね 高畑監督は火垂るの墓、平成狸合戦ぽんぽこ、そして初期の世界名作劇場のイメージです 独特のタッチの作画とかぐや姫が題材ということで個人的には気になっていたので見てきました 風立...
かぐや姫の物語 (とりあえず、コメントです)
高畑勲監督が『竹取物語』をもとに8年の時間を掛けて創り上げたアニメです。 あの御伽噺がどんな長編映画になるのだろうと気になっていました。 水彩画のような独特の絵の迫力と生きることへの強烈な想いに圧倒されるような作品でした。
「かぐや姫の物語」:斬新な表現には瞠目だが・・・ (大江戸時夫の東京温度)
映画『かぐや姫の物語』は、各方面で絶賛されておりますが、うーん、そこまで素晴らし
「かぐや姫の物語」 (或る日の出来事)
月から来た娘は、自分らしく生きることを許されなかった。
明細書を見ろ!2013年12月号~来年の話をすると…… (事務職員へのこの1冊)
2013年12月期末勤勉手当号「終わりの始まり、始まりの終わり」はこちら。 ……
かぐや姫の物語 (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
かぐや姫の物語 '13:日本 ◆監督:高畑勲「ホーホケキョとなりの山田くん」 ◆主演:朝倉あき、高良健吾、地井武男、宮本信子、高畑淳子、田畑智子、立川志の輔、上川隆也、伊集院光、宇崎竜童、古城環、中村七之助、橋爪功、朝丘雪路、仲代達矢、三宅裕司 ◆STORY...
映画 かぐや姫の物語 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ◆スタジオジブリ作品    「かぐや姫の物語」を姫の罪と罰に焦点を当てた作品と言うことで    昔読んだ絵本と違う印象を持ったので見に行ってきました。   ...
かぐや姫の物語  監督/高畑 勲 (西京極 紫の館)
【声の出演】  朝倉 あき (かぐや姫)  高良 健吾 (捨丸)  地井 武男 (翁)  宮本 信子 (媼) 【ストーリー】 今は昔、竹取の翁が見つけた光り輝く竹の中からかわいらしい女の子が現れ、翁は媼と共に大切に育てることに。女の子は瞬く間に美しい娘に成長しか....
かぐや姫の物語 (Spice -映画・本・美術の日記-)
「かぐや姫の物語」を観てきました。 誰もが知っている「竹取物語」。竹を取りに行った翁がひかる竹をみつけ、中から女の子が出てくる。すくすくと成長し、美しい姫になると翁は
かぐや姫の物語 (愛猫レオンとシネマな毎日)
スタジオジブリの最新作は、高畑監督による「竹取物語」 日本最古の物語「竹取物語」のプロローグから始まる、かぐや姫の謎を解くストーリーです。 超高級な日本昔ばなしを見たような感じでした。 ストーリーの大まかなあらすじは、原作に忠実です。 ただ、原作ではス...
かぐや姫の物語 (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click 今は昔。竹取の翁といふものありけり。 野山にまじりて竹を取りつつ よろづのことに使ひけり。 名をば、さぬきの造りとなむ言ひける。 その竹の中に もと光る竹なむ一筋ありける。 11月に公開したジ...
かぐや姫の物語 (secret boots)
評価点:61点/2013年/日本/137分 監督:高畑勲 至極退屈。 昔々、竹を採って生計を立てていた造という翁(声:地井武雄)が光る竹を見つけ、その中からかわいらしい女の子を見つけた。 大切に育てていると、たいそう大きくなり、美しい女性(声:朝倉あき....
今までにない画で見せるかぐや姫 (笑う社会人の生活)
2日のことですが、 映画「かぐや姫の物語」を鑑賞しました。 またまた、ジブリの新作で 今回は久々 高畑勲監督作 まずは その画の新鮮さ、美しさ まるで水墨画のような この表現だけで見る価値はあるし、画期的といえるかと またそれが効果的に使われていて 物語は題...
かぐや姫の物語 (ルナのシネマ缶)
2014年の最初の作品は、 昨年観れなかったこの作品に しました。 早々と引退を決めた宮崎駿監督と 並ぶスタジオジブリの巨匠、 高畑勲監督作品です。 こちらは、バリバリ現役続投との事 それもまた粋な心意気ですよね。 がんばってほしいものです。 「かぐや姫...
かぐや姫の物語 (いやいやえん)
【概略】 竹の中から生まれ、すぐに成長して美しい娘に育ち、求婚者たちを次々と振ったあげく、満月の夜、迎えにきた使者とともに月へと去ってしまう――かぐや姫はいったい何のために地球にやってきて、なぜ月へ帰ることになったのか。この地で何を思い生きていたのか。...
かぐや姫の物語 (銀幕大帝α)
2013年 日本 137分 ドラマ/ファンタジー 劇場公開(2013/11/23) 監督: 高畑勲 制作: スタジオジブリ 企画: 鈴木敏夫 原案: 高畑勲 脚本: 高畑勲 音楽: 久石譲 主題歌: 二階堂和美「いのちの記憶」 声の出演: 朝倉あき:かぐや姫 高良健吾:捨丸 地井....
映画評「かぐや姫の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2013年日本映画 監督・高畑勲 ネタバレあり
かぐや姫の物語 (のほほん便り)
アカデミー賞、ノミネートまでいったのですが、惜しかったですね。まるで、水墨画のようなタッチだけど、無駄を削ぎ落したビビッドな動きが両立していて感動的。日本人なら、誰もが知っている「かぐや姫」及び、「竹取物語」は古典で学校で習い、原書を覚えさせられたので...