京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『陰日向に咲く』

2008-02-04 08:45:26 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「陰日向に咲く
□監督 平川雄一朗
□原作 劇団ひとり
□脚本 金子ありさ
□キャスト 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、西田敏行、三浦友和、平山あや、塚本高史、緒川たまき

■鑑賞日 1月27日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

 原作は読んでいないが、岡田クンが出ているということでかみさんのお供的に観たのだが、“陰日向に咲く”とはよく言ったものだ。

 人のえにしとは運命の赤い糸ではないけれど、もしかしたら元々青や緑や様々な色の糸が、この世に生を受けて、目には見えないものの不思議に糸で繋がっているのかもしれない。 それがこの映画を観ていると薄っすら見えてくるような気がした。  そしてその糸の太さ、長さの違いによって、その人の人生と、それにかかわる人たちの相関図が出来上がっていくようなそんな気がしてならない。

 どんなに憎くても、どんなに愛していても、そのつながった糸の張り具合で、出会えたり別れたり、様々な演出が用意されている。 この映画の設定は、それら人間の出会いや別離を少数の人間模様で描いている。 それはあたかも人としての表裏のような。

 どこまでも辿り着けない人もいれば、全くの赤の他人ですら袖を触れ合う出会いもある。 全く違った目的ですら、心のどこかに消えかかった良心の火が灯っていれば、その人のために一生懸命になってあげられるのかもしれない。 そして運命の悪戯は妙なところで再会までも演出してくれる。 たるんだ糸も努力次第でずっと近くに゛繰り寄せられることができるかもしれない。 そんな想いがこの映画を観て去来した。

 岡田クンはもちろん多少ウエイト・コントロール(増量)して頑張っていたし、一人二役を演じた宮崎あおいちゃんも清涼剤のような爽やかさがあった。 さらに昨年個人的に
主演男優賞に選んだ三浦友和氏は淡々としながらも、実に計算された演技を観せてくれた。

 映画の味付けの中心は西田敏行氏だが、彼は若い頃の雷太を演じる伊藤淳史の将来の雷太を演じているのだが、この二人が雷太の使用前使用後(笑)を演じることは、監督のはからいなのか悪巧みなのか、
伊藤淳史西田敏行も二人とも、共に「西遊記」で猪八戒を演じていたから、ここにも見えない糸が隠れていたようだ。 みなさん、これ、お気づきになりましたか(笑)

 原作にどれぐらい忠実に描かれているのか、どれぐらいの色の付いた脚本なのかわからないが、もし原作に忠実ならば、たかが芸人“劇団ひとり”、大した作家である。 ラストシーンのお守りの束はある程度読めたものの、炭鉱にある一軒の家の庭先で揺れるたくさんの黄色いハンカチのようで涙が止まらなかった。

 『
電車男』でなかなか素晴らしい脚本を書いた金子ありさ、そのあと長澤まさみ&速水もこみちを要した『ラフ ROUGH』、中谷美紀・大沢たかおを要した『7月24日通りのクリスマス』ではちょっとイマイチだったけど、この作品についてはなかなかいい切れ味だった。

 監督の平川雄一朗、前作『
そのときは彼によろしく』で市川拓司の恋愛小説をうまく撮ったが、この映画でもなかなかの手腕を発揮していた。

 人と人の織り成す様々な人生模様。 “陰日向に咲く”とは人生の光と影なのだろうか。 ひっそりと、やんわりと心に柔らかい優しい映画だった。
 

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (39)   トラックバック (77)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« キュージョン 2 | トップ | 『俺たちフィギュアスケーター』 »
最近の画像もっと見る

39 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
伊藤淳史も西田敏行も (piroaki7)
2008-02-04 21:26:44
はじめまして、piroaki7と申します。
「伊藤淳史も西田敏行も西遊記で猪八戒を」

なるほど! まったく気づきませんでした!
このつながりはちょっと楽しいですね。
ではでは、失礼いたします。
おはつです~ (cyaz)
2008-02-04 21:39:59
piroaki7さん、コメントありがとうございますm(__)m

>「伊藤淳史も西田敏行も西遊記で猪八戒を」
なるほど! まったく気づきませんでした!このつながりはちょっと楽しいですね。
でしょ(笑)? なんとなく作為的な気もしますが、でもナイスです(笑)
TB・コメントありがとうございました (MIYAUCHI)
2008-02-04 22:03:17
こんばんは。
TB・コメントありがとうございました。
猪八戒繋がりは気がつきませんでした(笑)。

なかなか奥の深い映画だったのですね。私はうとうとしてしまって、、、(笑)。
猪八戒~ (cyaz)
2008-02-04 22:18:32
MIYAUCHIさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>猪八戒繋がりは気がつきませんでした(笑)。
そうでしたか(笑)? 西田敏行は結構前でしたからね^^

>なかなか奥の深い映画だったのですね。私はうとうとしてしまって、、、(笑)。
確かにちょっと尺が長いような気もしましたが(笑)
凄いっ! (ヤス)
2008-02-04 23:44:56
そのキャストのお話は盲点でしたね。そこに気付くなんてさすが『cyaz』さんですね。

この映画は本当によかったです。
なるほど! (kossy)
2008-02-05 00:21:45
2人とも猪八戒を演じてたか~~ううむ、鋭い!
俺は去年の「西遊記」を結局観ずじまいだったもので、全く思いつきませんでした(汗)もちろんTVも見てなかった・・・
じゃ、次は堺正明と香取慎吾で何かを・・・
TBの調子が・・・ (あるきりおん)
2008-02-05 01:16:33
Excite、goo間のTBの調子が悪くコメントにて失礼します。
西遊記の件、気付いたんですがネタバレ防止のためあえて書きませんでした・・・
というか、他に気付く人がいるとはやはりネットの世界は凄い(驚)
これからもよろしくお願いします。

追伸
URL入れると投稿できないようなので外しました。
キャスト~ (cyaz)
2008-02-05 08:28:40
ヤスさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>そのキャストのお話は盲点でしたね。そこに気付くなんてさすが『cyaz』さんですね。
いえいえ、たまたまです(笑)

>この映画は本当によかったです。
そうですね^^ 小さな“勇気”をもらった気がします^^ 原作はどうなんでしょうね~
悟空~ (cyaz)
2008-02-05 08:30:46
kossyさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>2人とも猪八戒を演じてたか~~ううむ、鋭い!
いやいや(笑)

>俺は去年の「西遊記」を結局観ずじまいだったもので、全く思いつきませんでした(汗)もちろんTVも見てなかった・・・
そうですか、僕は古いほうも観てましたので(笑)

>じゃ、次は堺正明と香取慎吾で何かを・・・
孫悟空で(笑)?
TVで二人が絡んでいましたが、根本的な“笑い”の質が違いましたね(笑)
西遊記~ (cyaz)
2008-02-05 08:32:18
あるきりおんさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>Excite、goo間のTBの調子が悪くコメントにて失礼します。
お手数おかけしてすみませんm(__)m

>西遊記の件、気付いたんですがネタバレ防止のためあえて書きませんでした・・・ というか、他に気付く人がいるとはやはりネットの世界は凄い(驚)
いやいや、お恥ずかしい(笑)

>これからもよろしくお願いします。
こちらこそ、よろしくお願い致します。
こんにちは~ (hito)
2008-02-05 18:28:23
TB&コメントありがとうございました!

原作の方がさらりとしていて好みでしたが、映画も上手に作られていました。

お守りの束はちょっとやりすぎかな~とも感じる演出でしたけど、やっぱりホロリとさせられますよね。
一番は岡田くんの「死体じゃない~」のところ。あそこはもうただただ涙でした~

こんばんは♪ (ミチ)
2008-02-05 19:21:26
ちょっと否定的な感想になったのでコメントしづらいです~(汗)
とりあえず、個人的には原作の雰囲気の方が好きだったとだけ申し上げて退散いたします~~~(汗)
TBありがとうございました (sakurai)
2008-02-05 20:43:50
あたしもミチさんと↑とおんなじ・・・かな。
岡田君目当てだったのは、奥様と同じですわ。
本を読んだ時のやられた感がよかったで~す。
ど真ん中~ (cyaz)
2008-02-05 21:40:25
hitoさん、コメントありがとうございますm(__)m

>原作の方がさらりとしていて好みでしたが、映画も上手に作られていました。
原作、読んだほうがいいですかねぇ(笑)?

>お守りの束はちょっとやりすぎかな~とも感じる演出でしたけど、やっぱりホロリとさせられますよね。
一番は岡田くんの「死体じゃない~」のところ。あそこはもうただただ涙でした~
岡田くんファンのど真ん中のストライクでしょうね(笑)?
原作を~ (cyaz)
2008-02-05 21:42:04
ミチさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

ちょっと否定的な感想になったのでコメントしづらいです~(汗)
いえいえ全然ノープロブレムです(笑)

>とりあえず、個人的には原作の雰囲気の方が好きだったとだけ申し上げて退散いたします~~~(汗)
じゃあミチさん、僕も原作を読んだほうがいいですかねぇ(笑)?
読まないと~ (cyaz)
2008-02-05 21:43:24
sakuraiさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>あたしもミチさんと↑とおんなじ・・・かな。
あらま(笑)

>岡田君目当てだったのは、奥様と同じですわ。
女性はやはりそこでしょ(笑)

>本を読んだ時のやられた感がよかったで~す。
ありゃ、じゃあ僕も読まないといけない気分に(笑)
TBありがとうございました。 (けろーにょ)
2008-02-06 16:12:24
cyazさん こんにちわ。
トラックバック最近覚えたので、相互で貼らせて
いただきました。
ヒトのつながり、本当に奥深いモノですね、。
自分自身もこうやって、いろんなヒトとブログで
繋がっていることに感謝しています。
見えない糸~ (cyaz)
2008-02-06 17:46:04
けろーにょさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>ヒトのつながり、本当に奥深いモノですね。自分自身もこうやって、いろんなヒトとブログで繋がっていることに感謝しています。
本当は見えない糸で繋がっているんでしょうね(笑)? でもそれに気付かず終わることもあるんでしょうね^^
Unknown (あき)
2008-02-06 19:07:56
TBありがとうございました。
猪八戒の件「へぇー!×20」って感じです。
映画すごく見られているんですね。私は、以前は何を見ても寝てしまう人だったので、最近ちゃんと見れるようになってきたことがうれしいです(笑)
Unknown (けい)
2008-02-06 21:10:26
cyazさん、こんばんわ。
最近覚えたてなものでTBさせていただきました♪
なのに、マイナス的な内容ですみません・・・。
みなさんも書かれていますが、
西遊記のつながりにはなるほどです~!




いい映画は~ (cyaz)
2008-02-06 21:53:20
あきさん、コメントありがとうございますm(__)m

>猪八戒の件「へぇー!×20」って感じです。
そうですか(笑)

>映画すごく見られているんですね。私は、以前は何を見ても寝てしまう人だったので、最近ちゃんと見れるようになってきたことがうれしいです(笑)
本数見ていくうちに慣れてきますよね(笑)
でも寝ない映画はやはりいい映画ですよ(汗)
おはつです~ (cyaz)
2008-02-06 21:54:54
けいさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>最近覚えたてなものでTBさせていただきました♪
なのに、マイナス的な内容ですみません・・・。
いえいえ、大丈夫ですよ^^

>みなさんも書かれていますが、西遊記のつながりにはなるほどです~!
若い方は西田さんの方は知らないかもしれませんね(汗)
猪八戒が二人~♪ (いとっち)
2008-02-06 23:20:40
「原作が良い!」と言うご意見が多いので、
本読まなきゃ♪って思ってま~す。
映画のマトメって感じで最後に聞いた
ケツメイシの歌も良かったので、
こっちも買いですかね。
ケツメ~ (cyaz)
2008-02-07 08:32:57
いとっちさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>「原作が良い!」と言うご意見が多いので、本読まなきゃ♪って思ってま~す。
そうですね、僕も読もうと思います^^

>映画のマトメって感じで最後に聞いたケツメイシの歌も良かったので、こっちも買いですかね。
そうですね^^ ケツメ、いいですよね~♪
そっか・・・ (未来)
2008-02-11 00:50:37
皆さんも書かれてますが、猪八戒には驚きです。
ずっと「ムリあるやろ・・」って思ってましたから。。。
岡田くんは好きだけどシンヤは・・・ダメダメ。。。
他役者さんもみんな文句なしの好演でしたが、
どうも嵌れませんでした。
岡田クン~ (cyaz)
2008-02-11 10:53:30
未来さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>皆さんも書かれてますが、猪八戒には驚きです。
ずっと「ムリあるやろ・・」って思ってましたから。。。
そうなんですか(笑)

>岡田くんは好きだけどシンヤは・・・ダメダメ。。。他役者さんもみんな文句なしの好演でしたが、どうも嵌れませんでした。
ふむ、ま、僕の場合は岡田クン狙いではなかったので(笑)
悪くないんですが。。。 (あかん隊)
2008-02-14 00:33:08
三浦友和、良かったと思います。
岡田くん、パチンコで借金するような人には、どうしても見えませんでした。<先入観?
浅草の、あの時代を知らないので、よくわからなかったこともあると思うのですが、漫才のシーンは、笑えなくて(むしろ寒くて)困りました。(^^;) とはいえ、お話自体は、悪くないですね。きっと原作がいいんでしょう。(読んでませんが…)(自滅)
原作~ (cyaz)
2008-02-14 08:32:02
あかん隊さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>三浦友和、良かったと思います。
やはり渋いですね^^

>岡田くん、パチンコで借金するような人には、どうしても見えませんでした。<先入観?
少し太って体型でだらしなさを出したようなんですが(笑)

>とはいえ、お話自体は、悪くないですね。きっと原作がいいんでしょう。(読んでませんが…)(自滅)
僕も未読なんですが、いつか読んでみようと思っています!
こんにちわ。 (michi)
2008-02-14 10:50:36
TBありがとうございます。
私は岡田くんの、
母を失ってしまったことから加速し始めたと思われる
喪失感とギャンブル依存が、観ていて辛かったです。
なので、電話での老女との会話、最後の対面に涙でした。


>「西遊記」で猪八戒を・・・

鑑賞後、帰宅途中で気付きました。
よく見ると、2人とも顔の系統が似てますね!

間違いなく~ (cyaz)
2008-02-14 12:58:25
michiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>私は岡田くんの、母を失ってしまったことから加速し始めたと思われる喪失感とギャンブル依存が、観ていて辛かったです。なので、電話での老女との会話、最後の対面に涙でした。
ですね~ 巡り合わせの妙でしょうか・・・。

>よく見ると、2人とも顔の系統が似てますね!
そうですね(笑) 間違いなく“猿”顔です!
Unknown (Unknown)
2008-02-15 21:13:08
こんばんは。
伊藤淳史が歳を取ったら西田敏行。
映画を見ているとき「ありかも…」と思ったんだけど
西遊記の猪八戒つながりだったとは(笑)
原作、これほどまでに人はつながっていないのですが
お薦めです。
Unknown (なな)
2008-02-15 21:14:14
あぁ、ごめんなさい。
上のコメントは私です。
名前入れずに「投稿」押しちゃいました。
原作~ (cyaz)
2008-02-16 00:13:25
ななさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>伊藤淳史が歳を取ったら西田敏行。映画を見ているとき「ありかも…」と思ったんだけど西遊記の猪八戒つながりだったとは(笑)
そんなこともあったんですよ(笑)
若い方にはわからなかったかもしれませんが(汗)

>原作、これほどまでに人はつながっていないのですがお薦めです。
機会を見つけて読んでみますよ^^

>上のコメントは私です。名前入れずに「投稿」押しちゃいました。
いえいえ、僕もときどきやっちゃいますから(笑)
Unknown (Ageha)
2008-02-22 10:42:53
フツーなら誰も気に留めないような
地味~なひとたち、
まず主人公にもってこないような人たちに
スポットライトをあててその人生を追っかける、
・・・泣き笑いがあって、どっこい生きてる
捨てたもんじゃないよと
そこには、劇団ひとりさんの
ちょっと斜にかまえた目線(毒?)と愛情がある。
・・・まあこの人が出てるなら見たいっていう
役者さんばっか揃えてる段階で
アイドル映画な気もしますが個人的には
満足しました。
・・・でもやっぱ岡田くんは
かっこよすぎるかな。ポスターの客寄せ。
(ヘタレなら他にもおるやん、市原くんとか
・・・・きゃ~~~~ゴメンナサイ)
原作~ (cyaz)
2008-02-23 23:37:17
Agehaさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>そこには、劇団ひとりさんのちょっと斜にかまえた目線(毒?)と愛情がある。・・・まあこの人が出てるなら見たいっていう役者さんばっか揃えてる段階で
アイドル映画な気もしますが個人的には満足しました。
ま、彼が才能があるかどうか別にして、人の縁の不思議な絡まり具合には色々考えさせられる思いはありましたね。

>・・・でもやっぱ岡田くんはかっこよすぎるかな。ポスターの客寄せ。(ヘタレなら他にもおるやん、市原くんとか・・・・きゃ~~~~ゴメンナサイ)
原作はどんなイメージなのかわからないのですが、これはこれで仕方ないですね(笑)
こんにちは! (みのり(楽蜻庵別館))
2008-07-28 09:16:29
TBありがとうございます。 cyazさんのおっしゃるように劇団ひとりさんの原作通りだとしたら、凄い作家ですね。 盛りだくさんの物語だったので少々疲れましたが、またゆっくり観て見たいです。
原作~ (cyaz)
2008-07-28 12:25:27
みのりさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさんのおっしゃるように劇団ひとりさんの原作通りだとしたら、凄い作家ですね。 盛りだくさんの物語だったので少々疲れましたが、またゆっくり観て見たいです。
自分が役者をやるよりははるかにいいと思いますよ(笑)
ぼちぼち原作、読んでみようかな^^
TBありがとうございました (シムウナ)
2009-03-09 02:09:54
TBありがとうございました。
日陰の中でもがきながらも
必死に生きている人間模様が見れました。
登場人物たちの単独ストーリーだと思ったら
いろんなところでつながりが・・・
ジュピターさんの手紙は号泣でした。

今度、訪れた際には、
【評価ポイント】~と
ブログの記事の最後に、☆5つがあり
クリックすることで5段階評価ができます。
もし、見た映画があったらぽちっとお願いします!!
つながり~ (cyaz)
2009-03-09 08:31:58
シムウナさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>登場人物たちの単独ストーリーだと思ったらいろんなところでつながりが・・・ジュピターさんの手紙は号泣でした。
人間のつながりは見えない糸で不思議に繋がりあっているんですね~

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

77 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
陰日向に咲く (Akira's VOICE)
ツンとくるのに,泣けない。
折れた心を治すモノ。『陰日向に咲く』 (水曜日のシネマ日記)
お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー小説を映画化した作品です。
陰日向に咲く (★Shaberiba ★)
 自分のことを、1人くらいは心配してくれる誰かが  きっといるって・・。信じよう・・♪
陰日向に咲く 8点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
おひとりさま(笑) 公式サイト 劇団ひとりの同名小説を原作に、金子ありさ脚本、平川雄一朗監督により映画化。 そもそも原作の時点で、劇団ひとりのその名の通りに独りよがりで寒いお笑い芸と同レベルの、リアルな人間像ではなく自分にとって都合のいい思い込みの...
映画「陰日向に咲く」を観ました!!(2008-02) (馬球1964)
映画「陰日向に咲く」を観ました!!2008年の第2作目です。
劇場鑑賞「陰日向に咲く」 (日々“是”精進!)
 「陰日向に咲く」を鑑賞してきました劇団ひとりの同名ベストセラー小説を映画化。理想はあれど、現実はそううまくはいかないという9人のダメダメな人々の物語。東京の片隅に生きる人々それぞれの物語をすくい取った群像劇。岡田准一、宮崎あおい、西田敏行など多彩なキ...
陰日向に咲く (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
豪華俳優競演でおくる笑いと涙の群像劇。借金まみれの青年や母の足跡をたどる娘、ほらふきのホームレスなど、様々な人々が不思議なひとつの糸でつながっていく。エピソードはそれぞれにイイ話だが、日陰の人間なりの心意気が感じられないので凡庸さは否めない。群像劇は、...
[映]「陰日向に咲く」 (臥薪嘗胆)
映画の日=1000円なので、鑑賞。 @小田原コロナ (公式サイト)http://
2008-05『陰日向に咲く』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2008-05『陰日向に咲く』(更新:2008/01/30) 評価:★★★★☆ 日陰に生きるダメダメな人たちを描いた、泣きたいくらい愛おしい群像劇 劇団ひとり原作の映画です。 登場人物が微妙に絡みあいな...
「陰日向に咲く」みた。 (たいむのひとりごと)
それぞれが主役のような別々のエピソードでの複数の登場人物が微妙に少しずつ交差し、やがては思わぬ方向で繋がりを見せていく物語。原作は未読。一応映画では、基本的に岡田君演じる”シンヤ”が中心に描かれ、ほと
陰日向に咲く (花ごよみ)
劇団ひとりの原作を映画化。 キャストは岡田准一(シンヤ) 宮崎あおい(鳴子・寿子) 伊藤淳史(雷太) 平山あや(みゃーこ) 緒川たまき(ジュピター) 塚本高史(ゆうすけ) 西田敏行 (モーゼ) 本の内容、記憶が薄れていましたが、 映画を観ているう...
陰日向に咲く (2008) (白ブタさん)
岡田くん主演ということで、行ってきました~{%sunflower%}
陰日向に咲く (ネタバレ映画館)
『木更津キャッツアイ』の岡田准一と塚本高史、『純情きらり』の宮崎あおいと三浦友和、『釣りバカ日誌』の西田敏行と平山あや。一見、関係ありそうな彼らが微妙に繋がらない・・・
[cinema]陰日向に咲く (HARI INI ?)
試写会に行ってきました{/hearts_red/} 陰日向に咲く Staff:平川雄一郎 Cast:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき   塚本高史、西田敏行、三浦友和 原作はベストセラーとなった、劇団ひとりの「陰日向に咲く」 ベストセラーなんだけど、読んでい...
岡田准一、「陰日向に咲く」より「SP」? (映画コンサルタント日記)
上映スクリーン数: 310  オープニング土日興収: 2.4億円岡田准一主演「木
陰日向に咲く★愛すべきダメ人間たち (おしゃれ手紙)
■陰日向に咲く・あらすじ■借金苦でオレオレ詐欺に手を染めた青年シンヤと、母親の恋の軌跡をたどる娘の寿子。25歳の崖っぷちアイドルと、彼女を応援するアキバ系オタク。ホームレスの老人と元サラリーマン。彼らの運命が台風の日に交錯する。東京に生きる“ダメダメな人...
陰日向に咲く (ぷち てんてん)
☆陰日向に咲く☆(2007)平川雄一朗監督劇団ひとり 原作主題歌:ケツメイシ『出会いのかけら』岡田准一宮崎あおい西田敏行三浦友和伊藤淳史平山あや塚本高史ストーリー劇団ひとり原作の小説が映画に。東京に暮すダメな人たちの人生に焦点を当てた群像劇。借金返済のため...
映画 『陰日向に咲く』 (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆東京に暮らす“どこか日の当たらない”9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。人気お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー処女小説を基に、『その時は彼によろしく』の平川雄一朗監督が映像化した。夏の日の東京。ギャンブ...
「陰日向に咲く」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
原作未読、ネタバレ注意。 いろんなエピソードがあって、それらのサイドストーリーが絡み合うとしたら、 この人とこの人がつながって、この人とこの人があーで、とわかるのだけれど、 それをわかって観ているのに、 なぜだかバラバラな印象がある。 序盤は短い展開でス...
大雨、後快晴 (CINECHANの映画感想)
26「陰日向に咲く」(日本)  ギャンブルで借金まみれになったシンヤ。取立屋にも追われ、とうとうオレオレ詐欺にまで手を染める。しかし電話に出た老婆と心を通わせ始め、なかなか金が引き出せない。  そんなシンヤが街で知り合った寿子は、母鳴子が恋をした売れな...
映画 「陰日向に咲く」 (ようこそMr.G)
映画 「陰日向に咲く」 を観ました。
【012】陰日向に咲く ★★☆☆☆ (燃える管理人ブログ)
さて今日は陰日向に咲くを見る事に。 パチンコに溺れて借金を重ねたためにオレオレ詐欺に手を染めるも、相手の老女を騙せずにいるシンヤ(岡田) 若い頃に漫才コンビを組んでいたという母の相方を捜す寿子(宮崎) 人生を投げ出してホームレスになりたいリュウタロウ...
【陰日向に咲く】 (空の「一期一会」)
★・・・寝てしまった!シンヤがおばあさんの家に行ったあたりから。なので、後日(
陰日向に咲く (風我)
“ひとりじゃない” 劇団ひとりの原作を映画化。日の当たらない9人の物語。 今日の出費を小遣い帳につける男―。バスの運転手を生業とするシンヤ(岡田准一)は、ギャンブル癖から抜けられず借金まみれ。ギャンブルから足を洗う事を誓い、会社の所長から金を借りたのだ...
陰日向に咲く(映画館) (ひるめし。)
ひとりじゃない。
「陰日向に咲く」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「陰日向に咲く」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和、他 *監督:平川雄一朗 *原作:劇団ひとり 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログか...
陰日向に咲く (あーうぃ だにぇっと)
監督:平川雄一朗 【出演】 シンヤ☆岡田准一 鳴子・寿子☆宮崎あおい 雷太☆伊藤淳史 ジュピター☆緒川たまき ゆうすけ☆塚本高史 みゃーこ☆平山あや モーゼ☆西田敏行 リョウタロウ☆三浦友和 他
「陰日向に咲く」 (塩ひとつまみ)
劇団ひとり原作。 小説は読んでませんが これってその内容どおりの映画だったんでしょうか…?
映画 【陰日向に咲く】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「陰日向に咲く」 劇団ひとりの同名小説の映画化。 おはなし:借金まみれのシンヤ(岡田准一)はオレオレ詐欺に手を出すが、相手の老婆と仲良くなってしまい金を奪えない。ゆうすけ(塚本高史)は崖っぷちアイドル(平山あや)を追いかけている。エリートビ...
陰日向に咲く (ともみの言いたい放題♪)
今日、急遽休みになったので、鑑賞してきました。
陰日向に咲く (迷宮映画館)
ちょっと泣き方向に行き過ぎたかなあ・・・。
『陰日向に咲く』:ひとりで生きる、誰かと生きる:Myムービーに掲載 (りゃんひさのMyBlog:映画レビューなど)
陰と日向、それぞれに生きる人たちの映画。というよりも観終って、独り(ひとり)で生きていてるようでも、ほんとうは誰かとともに生きているのだということを感じさせてくれる映画でした。
陰日向に咲く (シネマライフ de Moriman.)
 神様っているのかな?                   東京に暮らす"どこか日の当たらない"9人の人々が、一生懸命生きようとする姿を描く笑いと涙の群像ドラマ。人気お笑い芸人、劇団ひとりのベストセラー処女小説を基に、『その時は彼によろしく』の....
陰日向に咲く(日本) (映画でココロの筋トレ)
劇場予告を観てなんとなく観たい気分になりました。 ということで、「陰日向に咲く」を観たよ。 ( → 公式サイト  ) 出演:岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、平山あや、緒川たまき、塚本高史、西田敏行、三浦友和 上映時間:126分  ギャンブルか...
陰日向に咲く (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開             「ふりむキッス」歌:武田みやこ(平山あや)        「来てくれて、うれしいドロ~」 はぁ~っ、なんかねぇ、良かったですよぉ。 うぅ~ん、なんかねぇ、泣け!っ...
陰日向に咲く観たケロ♪ (ソレイユ日記)
2月4日(月{/hiyoko_cloud/}) お笑い芸人・劇団ひとりサンが 著したベストセラー「陰日向に咲く」の映画ケロ{/kaeru_en2/} ~あらすじ(ネットから)~ 振り込め詐欺に手を染める借金まみれのダメ男、 その男に騙される老婆、売れない崖っぷちアイドル、 そのアイドル...
『陰日向に咲く』 2008-No9 (映画館で観ましょ♪)
巡り合いの中で生きてく また人を好きになる 喜びや悲しみさえ全て 自分の事と受け入れたなら 恵 愛の中で満ちてく 逃げずに自分の事も好き...
陰日向に咲く(2008) (けいのよりみち)
邦画を観に行ったのは久しぶり。 原作は読んでたけど随分前だったし、 「いろんな物語がつながっていく」ぐらいしか 覚えてなくて、観ながら「あーそんなんやったな」と。 主人公は岡田准一。 バスの運転手なんだけどなんか似合わない。 若すぎるのかな・・・。...
『陰日向に咲く』鑑賞レビュー! (★☆★風景写真blog★☆★healing Photo!)
『陰日向に咲く』鑑賞レビュー! 下の画像をクリックで やや、大きめのサイズで ご覧になれます! ↓↓↓↓ 2008年 日本 公開日::::2008年1月26日(土) 上映時間::::129min(2時間9分) 配給::::東宝 *:.。.☆.。.:*・゜☆ ス...
★☆「陰日向に咲く」岡田准一、宮崎あおい、塚本高史、伊藤淳史... (こぶたのベイブウ映画日記)
まいったな。感情移入できる人がいなくて入り込めないまま2時間が過ぎてしまった。不自然なエピソード、浅いままの人間描写、都合のいい物語に嘘くささを感じてしまった。アイドルの話は関連性がなく尻切れトンボだし、岡田さんは、いまいちダメ男に見えなかった。リアリ...
『 陰日向に咲く 』 (やっぱり邦画好き…)
映画 『 陰日向に咲く 』 [試写会鑑賞] 2007年:日本【2008年1月26日公開】[ 上映劇場 ] 監督:平川雄一朗 脚本:金子ありさ 原作:劇団ひとり 【キャスト】 岡田准一 宮崎あおい 伊藤淳史 平山あや 緒川たまき 塚本高史 西田敏行 三浦...
陰日向 (google最新ワード)
「陰日向に咲く」・・!の映画を見てきました。 ずっと見たかったので、 とってもうれしい^^内容に関しては・・・すばらしかったです!もう、 どんだけ泣いたのか・・ってくらい泣いた。 感動しました・・・劇団ひとり、 尊敬します。 バラバラだったパズルが繋がっていく不...
映画「陰日向に咲く」 (happy♪ happy♪♪)
借金返済のためにオレオレ詐欺に手を染める青年、C級アイドルを 追いかけるオタク少年、家族と世間を捨てた男、夫に逃げられ 子供も亡くした孤独な老女。 日陰でも懸命に生きる人々を温かい目線で描いている。 原作{/book/}を読んでませんが、後半うるうる{/kaeru_cr...
陰日向に咲く☆独り言 (黒猫のうたた寝)
岡田准一が出演してるだけで、なぜか観たくなっちゃう(笑)とはいえ、この『陰日向に咲く』涙腺を刺激します。ギャンブルがやめられず借金まみれ取立屋からは、どんなことをしても払えとしまいにはオレオレ詐欺に手を染めかけるシンヤそしてシンヤは電話の相手で彼を息子だ...
タイガー & ドラゴン DVD-BOX (男優がいいと思う)
落語を一度も聴いた事が無いまま鑑賞をしたのですが、面白い。レンタルで何度も借りた後、DVD-BOXを購入してしまいました。個人的には、『茶の湯の回』が好きです。淡島(荒川良々)の落語が非常に良い。と言うか劇団の俳優さんと知るまでは落語家さんだと思ってました。...
映画『陰日向に咲く』 (頑張る!独身女!!)
不器用でカッコ悪い9人の陰日向に生きることは・・・
【陰日向に咲く】晴れる日は来るから (映画@見取り八段)
黄色い傘が台風の後の空に舞い上がり みんなの心に日を差していく 劇団ひとりのヒット小説を映画化した作品。 原作は未読。 原作は...
陰日向に咲く (future world)
劇団ひとり氏のベストセラー小説は未読だが、 読んだ人から小説は面白かったと聞き、やや期待して観にいったが。。 3つの物語がそれぞれ進行し、最後に絡み合うような作り方で、 纏まり具合はなかなか上手いなと思ったけど、 そこに行き着くまでが、やや平坦に感...
陰日向に咲く (何書☆ねくすと)
 評価:◎          即席感動群像劇度:55% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつまらな...
陰日向に咲く (Good job M)
公開日 2008/1/26監督:平川雄一朗 「そのときは彼によろしく」出演:岡田准一/宮崎あおい/伊藤淳史/平山あや/緒川たまき/塚本高史/西田敏行/三浦友和 他【あらすじ】夏。東京には大型台風が接近していた。ギャンブルから足を洗えず、借金地獄のシンヤはオレオレ詐欺を...
【2008-19】陰日向に咲く (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? ホームレス 借金地獄 売れない芸人 田舎娘 崖っぷちアイドル アキバ系オタク ストリッパー 人生に”陽の当たらない人たち” 彼らに陽は当たるのか!? ひとりじゃない。
「陰日向に咲く」 縁は異なもの (はらやんの映画徒然草)
現代は人の関係が薄くなったとよく言われます。 けれど一人がいいと思っている人が増
陰日向に咲く (傲慢映画評論家見習中)
{{{ [ あらすじ ] 夏の日の東京。 ギャンブルから足を洗えず、借金まみれのシンヤ(岡田准一)は、オレオレ詐欺に手を染め、老婦人をだまそうとする。 しかし、その老婦人と心が触れ合ってしまい、金を引き出せずにいると、街で寿子(宮崎あおい)という女性と出...
陰日向に咲く (Memoirs_of_dai)
カルピスを100倍に薄めた映画 【Story】 夏の日の東京。ギャンブルから足を洗えず、借金まみれのシンヤ(岡田准一)は、オレオレ詐欺に手を染...
陰日向に咲く (cococo)
(C)2008「陰日向に咲く」製作委員会 観たい映画は、劇場がちょっと遠いので、
オムニバス感動作の難しさ●陰日向に咲く (Prism Viewpoints)
ひとり じゃない。 『陰日向に咲く』 陰日向に咲く - goo 映画 ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。 上司から援助を受ける...
[映画]陰日向に咲く (お父さん、すいませんしてるかねえ)
劇団ひとりはネタに比べ、フリートークがきついです。 あらすじを簡単に ギャンブルから足を洗えず借金まみれで、借金取りからオレオレ詐欺をしろと命じられるバス運転手・シンヤ。 かつて漫才師をしていた母親の相方・雷太を探す寿子。 オオボラ吹きのカリスマホームレ...
陰日向に咲く (ナナメモ)
JUGEMテーマ:映画 製作年度: 2008年 監督: 平川雄一朗 上映時間: 129分 出演: 岡田准一、宮崎あおい、伊藤淳史、緒川たまき、平山あや、塚本高史、西田敏行、三浦友和 振り込め詐欺に手を染める借金まみれのダメ男、その男に騙される老婆、売れない崖っ...
「 陰日向に咲く (2005) 」 (MoonDreamWorks★Fc2)
【陰日向に咲く】2008年1月26日(土)公開 監督 : 平川雄一...
「陰日向に咲く」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「陰日向に咲く」 監督:平川雄一朗 出演:岡田准一、宮崎あおい、西田敏行、緒川たまき、三浦友和、塚本高史、伊藤淳史、平山あや 東京には大型台風12号が接近していたある夏の日。 パチンコにはまり借金を繰り返すバス運転手のシンヤはサラ金の回収屋に終われる...
岡田くん良いです『陰日向に咲く』 (気まぐれキネマ&ダイアリー)
このところ、横に長ーいシネスコサイズの作品が多いのは、何故でしょうか?視野を考え
そこまでつながりますか。~「陰日向に咲く」~ (ペパーミントの魔術師)
実はコレは珍しく 映画化が決まる前にハードカバーでちゃんと読んでます。 エヘン♪ ブックのレビューはコチラ。 →http://cyberdoll.seesaa.net/article/26807645.html でも、もう1年以上も前でオチを覚えていなかった。(笑)
陰日向に咲く (夫婦でシネマ)
劇団ひとりのベストセラー小説を映画化した作品です。これは、映画化するにはちょっとキビしい内容だったかも・・・。。
映画[ 陰日向に咲く ]後悔が育くむ優しさ (アロハ坊主の日がな一日)
映画[ 陰日向に咲く ]を吉祥寺で鑑賞。 劇団ひとりの書いた小説の映画化なんて・・・ それを、宮崎あおい、V6の岡田、三浦友和、西田敏行らが演じたところで どーなんだと、観るまでは正直に小馬鹿にしていたが・・・・・。 猿のように、反省です。一人身が長...
陰日向に咲く (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「パズルのピースが埋まる爽快感を長く楽しむ」という作り。 この手の形態の映画のエクステンデットバージョンだ!
陰日向に咲く (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  いい映画だった。だがネットではそれほど評価が高くない。ことに劇団ひとりの原作を読んだ人の酷評が目立つ。 おそらくそれほど原作は素晴らしいのだろう。原作を知らない僕は、この映画を素直に誉めてやりたい。  このお話は大きく三つのパートに分かれてい...
陰日向に咲く 駄目男を岡田准一が演じる! (銅版画制作の日々)
  日の当たらない9人の物語 2月19日、東宝シネマズ二条で鑑賞。「劇団ひとり」の作家デビュー作であり、何と大ベストセラーとなった小説らしいです。実は主演を務めた岡田准一君の密やかなファンでもあって、ぜひ鑑賞したい映画でした このところ、色々な話題作に出演...
陰日向に咲く (★The long night moon★)
ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコ
<陰日向に咲く>  (楽蜻庵別館)
2008年 日本 129分 監督 平川雄一朗 原作 劇団ひとり「陰日向に咲く」 脚本 金子ありさ 撮影 中山光一 音楽 澤野弘之 主題歌 ケツメイシ「出会いのかけら」 出演 岡田准一  宮崎あおい  伊藤淳史    三浦友和  塚本高史  西...
「死神の精度」「陰日向に咲く」原作比較感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
両方とも小説のイメージよりもカッコイイorカワイイ役者さんが演じてた(^^;) そして人物のリンクの仕方がちょっとタイプが似てるかな~と思い...
【映画】陰日向に咲く…今日のレビューは我ながらケチョンケチョン (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日の記事で書いたとおり、昨日({/kaeru_fine/}のち{/kaeru_rain/})はお仕事。2ヶ月に一度ペースで当番が周ってくる夕方から深夜にかけてのお仕事でした。…実は嫁さんの誕生日{/presents/}だった昨日なので、仕事は避けたかったんだけどね{/face_ase2/}。休日に他の...
「陰日向に咲く」 (てんびんthe LIFE)
「陰日向に咲く」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC2で鑑賞 ベストセラー本は必ず読む!と買った原作本ですが、家族が先に読むといって1人読み次に私が読もうと思ってテーブルのうえに置いておいたらなくなりました。 それっきり出てきません。 誰も「しらなーい!...
『陰日向に咲く』'08・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たし取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとするが、電話に出た悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ・・・。感想ミリオンセラーとな...
陰日向に咲く  (エリのささやき)
すでに上映は終わりましたよね?
映画「陰日向に咲く」 (アンナdiary)
ひとりじゃない。。。みんな不器用で、冴えなくて、カッコ悪くてけれども愛おしくて抱きしめたくなる。そんな日の当たらない9人の人生が交錯する~うーん、交錯し過ぎてクドイかもー(苦笑)
No.167 陰日向に咲く (気ままな映画生活)
ツボにはまった作品でした。 各ショートストーリーのつなぎ合わせで多少は キャラクターたちが干渉し合う程度かなと思ってました。 各々のストーリーを堪能する・・・そんな感じがかなと。 無関係の人たちが中盤~最後にかけてつながりが生まれ そして、涙腺が刺激さ...
陰日向に咲く (のほほん便り)
期待無く見たせいか、なかなかに愛すべき群像劇でした。 紆余曲折あれど、みんなが、どこかで繋がっていて、爽やかに終わるラストも、ヨカッタです。 ちょっと社会からはみだした、ややトホホな人々の軌跡を、V6の岡田准一、宮崎あおい、三浦友和、西田敏行、塚本高...