京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『追憶』

2017-05-23 00:05:23 | 邦画


□作品オフィシャルサイト 「追憶

□監督 降旗康男
□原案・脚本 青島武 瀧本智行
□キャスト 岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、長澤まさみ、木村文乃

■鑑賞日 5月14日(日)
■劇 場 109CINEMAS川崎
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

守ってあげたかったのは誰だったのか・・・。
オチから言わせてもらうと、なるほどそこだったのかという、
いい意味で裏切られた映画だった。

子供の頃のある事件が、誰しもが押し黙ったまま忘れようとして来て
それでも心の奥深く仕舞い込んだつもりでも、決して消し去ることはできない。
大人になってからのそれぞれの出会いが、封印していた過去の想い出の糸を
手繰り寄せ、否応なしに炙り出される。

大人になって、それぞれ違った環境や家族を背負って生活し、
たまたまの小さな接点が、たがて大きな展開をし、
また誰も知らなかった新しい事実にたどり着いていく。
その状況を、それぞれの人間模様を、この映画はうまく描き出している。
やはり降旗監督の巧妙さが光る作品だ。

岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、3人ともそれぞれに、
刑事、容疑者、被害者としてうまく演じていたと思う。

それにしても、刑事っていつも家族を守ってやれないイメージで
描かれるのだが、僕の知り合いの刑事は家庭第一で、
笑顔の一家だけどなぁ(笑)

そうそう、エンドクレジットに岡田クンの名前があったが、
かみさんの買ったパンフにはそのことに触れてあって、
あるワンシーン(その箇所を言うと大きなネタバレになるので避けるが)を
岡田クンの撮影が使われているそうだ。

これまた余談で、先日京都に帰った折に京阪電車の駅貼りポスターの
ひらパー兄さん」を見たが、岡田クン、これいいのかなぁ(笑)

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『無限の住人』 | トップ | 「草間彌生展」に行ったけど... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (atts1964)
2017-05-24 16:55:41
昭和の香り満点の作品でした。確かに守りたかったものはおなかの子であり、彼女だった意味はそういうことだったんですね。
ただ、殺されてしまった川端は物悲しかったです。
いつもTBありがとうございます。
想像できず~ (cyaz)
2017-05-24 18:26:23
atts1964さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かに守りたかったものはおなかの子であり、彼女だった意味はそういうことだったんですね
そうですね^^ あそこが用意されていたとは想像できませんでした。

>ただ、殺されてしまった川端は物悲しかったです
観る側に、かみさんと従業員のそれを臭わすシーンも欲しかったです。

>いつもTBありがとうございます。
こちらこそ^^
Unknown (Ageha)
2017-06-02 16:31:44
映画の話に触れれなくてごめんなさいです。

どうも去年からブラック園長にシフトしてるようで
黒い衣装に黒いサングラス、
どうかすると鎧みたいなごつごつした突起のついた
パーカーになってたりしますね。(;^_^A
相変わらずパロディポスターはシネコンでも
車内吊りでも好評(?)のようだし。
ともかくひらパーにはなくてはならない存在になってますね。
大阪人の匂い~ (cyaz)
2017-06-02 18:55:37
Agehaさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>映画の話に触れれなくてごめんなさいです
観てきなはれ(笑)

>黒い衣装に黒いサングラス、どうかすると鎧みたいなごつごつした突起のついた
パーカーになってたりしますね。(;^_^A
そーなん? こっちではあまり目にしない・・・。

>相変わらずパロディポスターはシネコンでも車内吊りでも好評(?)のようだし。
ともかくひらパーにはなくてはならない存在になってますね
東京では殆どないポスター類ですから(笑)
マジメな岡田君イメージです^^
でも、大阪人の匂いはするのだ(笑)
3人。 (BC)
2017-06-18 00:18:20
cyazさん、お久しぶりです。

私も『追憶』観ました。
『22年目の告白』よりも『追憶』の真相のほうがはるかに衝撃的ですよね・・・。

>岡田准一、小栗 旬、柄本 佑、3人ともそれぞれに、
刑事、容疑者、被害者としてうまく演じていたと思う。

この3人は確かな実力があるので役を入れ替えても成り立つだろうけど、
それぞれの役に染まって心情に寄り添うように表現していましたね。

>これまた余談で、先日京都に帰った折に京阪電車の駅貼りポスターの
「ひらパー兄さん」を見たが、岡田クン、これいいのかなぁ(笑)

岡田くんの新作映画が公開される度にひらパー兄さんポスターをチェックしてしまいます~。
ある意味、大阪名物になっているような気もしますよ。^^
菊人形~ (cyaz)
2017-06-18 11:25:40
BCさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>『追憶』の真相のほうがはるかに衝撃的ですよね・・・。
そうなんですか?未見なので(汗)

>それぞれの役に染まって心情に寄り添うように表現していましたね
そこがこの3人で良かったんだと感じました。

>ある意味、大阪名物になっているような気もしますよ。^^
大阪出身の僕のひらかたパークのイメージは
菊人形だけだったような(笑)
あと、迷子になって泣きそうになったこと(汗)
あれ? (BC)
2017-06-19 23:22:28
cyazさん、こんばんは。

私のブログの『22年目の告白』コメントの文面から
cyazさんも『22年目の告白』ご覧になられたのかと思っていたのですが。
私が読み違えていたのなら、すいません。m(_ _)m

あらら~ (cyaz)
2017-06-20 12:38:57
BCさん、コメントありがとうございます^^

>cyazさんも『22年目の告白』ご覧になられたのかと思っていたのですが
あら、すいません観てましたよ(汗)
お久しぶりです。 (kossy)
2017-07-10 19:08:20
『22年目の告白』と比較すれば
やはり終盤の衝撃度はこちらの方が良かった。
映画館に行くのすら3年ぶりくらいだったので、
映画ブロガー復活者にとって最適の作品でした♪
御無沙汰です~ (cyaz)
2017-07-11 12:37:40
kossyさん、TB&コメントありがとうございます^^

ホント、御無沙汰でした(汗)
>『22年目の告白』と比較すれば
やはり終盤の衝撃度はこちらの方が良かった
確かにそうでしたね!

>映画館に行くのすら3年ぶりくらいだったので、
映画ブロガー復活者にとって最適の作品でした♪
なるほど^^
舞台も近所でしたしね^^

コメントを投稿

邦画」カテゴリの最新記事

22 トラックバック

追憶 (映画好きパパの鑑賞日記)
 大ベテランの降旗康男監督と木村大作カメラマンが豪華キャストで撮影したヒューマンサスペンスなんだけど、全体的に古めかしい。ストーリーも微妙でなんとももったいない。  ......
「追憶」、刑事となった篤、25年前の殺人事件に向き合うことに。岡田准一渾身の力作! (ひろの映画見たまま)
おすすめ度 ☆☆☆★ 監督の降旗康男82歳、カメラの木村大作77歳。 熟年コンビが描くサスペンス。 舞台は、富山と能登、日本海の美しい風景、特にラストの夕日は、この映画......
「追憶」:オーソドックスな小品の味わい (大江戸時夫の東京温度)
映画『追憶』は、なんで『追憶』なのかタイトルがピンと来ませんねえ。まあ、変なサブ
追憶(2017)〜予め外されていた梯子 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。降旗康男監督。木村大作撮影。岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆、矢島健一、北見敏之、安田顕、三浦貴大、高橋努、渋川清彦、......
『追憶』 2017年4月28日 朝日ホール (気ままな映画生活 -適当なコメントですが、よければどうぞ!-)
『追憶』 を試写会で鑑賞しました。 不安的中。上映時間の短さがそのまま作品に現れている。 【ストーリー】  富山県警捜査一課の四方篤(岡田准一)は、漁港で旧友の川端悟(......
追憶 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2017/05/06公開 日本 99分監督:降旗康男出演:岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、矢島健一、安藤サクラ、吉岡秀隆、りりィ、安田顕、三浦貴大 会いたくても、会えな......
追憶 ★★★・8 (パピとママ映画のblog)
「夜叉」「鉄道員(ぽっぽや)」など数々の名作を手がけた降旗康男監督と木村大作カメラマンのコンビが9年ぶりにタッグを組み、「永遠の0」「海賊とよばれた男」の岡田准一を主......
映画『追憶』★かさぶたのような運命を愛が凌駕したような (yutake☆イヴの《映画★一期一会》)
作品についてhttp://cinema.pia.co.jp/title/170036/ ↑あらすじ・配役はこちらを参照ください。 舞台は富山。 ・篤(刑事):岡田准一 ・悟(被害者):柄本佑 ・啓太(容疑者):小栗......
追憶 (映画的・絵画的・音楽的)
 『追憶』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)岡田准一と小栗旬の競演が見られるというので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、雪が激しく舞い落ち、港には漁船......
「追憶」 (ここなつ映画レビュー)
オープニング、海の荒波の風景が映し出され、「ザ・日本映画」の様相を呈している。そして内容ももちろん「ザ・日本映画」なのであった。こんな風に、故郷と、隠された過去と、解......
追憶 (映画と本の『たんぽぽ館』)
それぞれの人生 * * * * * * * * * * 一つの事件に関わる被害者・刑事・容疑者が、幼馴染の3人 ・・・という設定で、「ミスティック・リバー」を思い出しま......
追憶  監督/降旗 康男 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  小栗 旬  柄本 佑  長澤 まさみ 【ストーリー】 富山県警捜査一課の四方篤は、漁港で旧友の川端悟の刺殺体と対面する。容疑者として浮上した田所啓太を含......
追憶 (花ごよみ)
監督は降旗康男、 撮影は木村大作。 主演は岡田准一。 小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、 木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆等が共演。 四方篤、田所啓太、川端悟、 幼なじみの3人が......
<追憶> (夢色)
こないだ、公開から1週間遅れで観てきました~。今回とことん縁のない追憶(笑)全体として、あぁ、大人に沁みる映画だなと思いました。小作品なので、派手さはないかもしれません......
追憶 (2017) 99分 (極私的映画論+α)
 主演はここに写っていないひらパー兄さん(笑)
「追憶」 (prisoner's BLOG)
幼馴染の男三人がある事件がきっかけで別れ別れになったのが、数十年後の再会がきっかけで殺人事件に絡んだドラマが動き出す、となると「ミスティック・リバー」を思わせたりする......
17-145「追憶」(日本) (CINECHANが観た映画について)
会いたくても、会えなかった人たち  ある日、富山県の漁港で殺人事件が発生する。被害者の川端悟は捜査に当たる四方篤刑事の幼なじみだった。しかも、川端と事件の前日に会って......
【映画】追憶 (ただただ映画を楽しんでる人のブログ)
【解説・あらすじ】「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などの名作を手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作が9年ぶりにタッグを組み、岡田准一を主演に迎えたヒューマンサスペ......
「追憶」☆様々な形の愛 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
評価も高く、映画館もまだまだ満席に近いという事で、ちょっと期待が高くなっちゃったかな・・・・ 一番胸にぐっとくるのは、オープニングとエンディングで流れる、情感のこもっ......
「追憶」旧友が殺された先にみた25年前の事件と向き合う2人の旧友背負った贖罪 (オールマイティにコメンテート)
「追憶」はかつての友人3人がある事件をキッカケに別れてから25年の月日を経て再び再会した3人だったが1人の友人が殺害された事で25年前の事件が再び向き合う事になるストーリーで......
映画「追憶」 (FREE TIME)
映画「追憶」を鑑賞しました。
追憶 (ネタバレ映画館)
25年前、北陸では日食が起こった(知らなかった)。