茶陶遊人の部屋

日々の日記と、お茶と地元の歴史等を発信していきます。最近はk-popにはまっている韓国好遊人です。

「柳緑花紅」の茶軸に打たれたお茶のお稽古日。

2017年04月05日 | Weblog
田村季山先生による禅語解説と範書「柳緑花紅」

今日は私自身最も緊張の時間である茶道のお稽古日でした。
何はともあれ、お稽古事は楽しく、できるだけ長く継続していくものですが、この茶道のお稽古だけは毎度緊張
するものです。 それは、いつもながら茶軸にある禅語を読み取ることです。
これは亭主の趣向によりますので、必ずしも季節には関係ないものですが・・・
今日の茶軸は「柳緑花紅」(やなぎはみどりはなくれない)=柳は緑、花は紅色をしているように、当たり前にあるがままの自然な姿が一番尊いもの、という意味なのですが、その自然体に自分は維持していられるだろうか この激しい社会に生きていくには・・・と思うと、80年余の人生を振り返り反省の材料ばかりの自身に深く反省する私でした。
あ~今日も生きられた~ 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 狭山市智光山公園の桜が春爛... | トップ | 芭蕉さん、山形・尾花沢に入... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む