ムハハのチャリダー

趣味 家庭 仕事 自分の気になるを世間と云う座標に置いてみたら どんなグラフになるでしょう。

アルミフレーム 留め切り加工#2

2017-05-12 23:36:38 | Weblog
 昨日の作業エントリーです。

木曜は私の定休日 午前中は実家へ行き 母をデイサービスに送り出し 金ごみを始末しに屑鉄屋へ2回往復 先週に続きアルミフレームでの制作物を午後からやりました。



ひたすらカットしますが ここでカット面を見ると やや荒れた部分が多く感じます これまで結構回数的にカットしたので とうとう鋸刃の寿命なのかなあ



一旦 鋸刃を外し チップを確認すると あ~~チップにアルミが付着してるのがチラホラ 適当なやすりで付着アルミを取り去る









上の画像二つはチップの掃除前 下の二つは掃除後 切断面の荒れと 切り口のバリが明らかに違います



すべてのカットが終了しました しかし カットジグはそのまま作業が終わるまでセットしたまま置きます

これは 万が一の為 もしも 追い作業が出来ると困るからですが 私は仕事でもそうなんですが 一つの工程が終わると片付ける癖が・・・(大きな物だけですが)

何もなければ それで良いが もし何かやらかしたら 再度セットし直さないといけません その時間が後悔の元になる事が多い(はずかし)



37セット分 148本のアルミフレーム材 +Lアングル材カットで総合計ざっと390回のカットをした事になりますか はぁ しんど。



アングル材に二つずつ穴をあけ フレーム材にも短手部材にタッピングを二つします 昨日はアングル材すべてに穴あけを終えました。

残るはタッピングの穴あけ タップをたてネジ固定出来る様にし 37個の組み立てに入ります。

しかし 37個に網を張るのもしんどそうです 私は網までしませんが・・・

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アルミフレーム 留め切り加工 | トップ | Rocklerでお買い物とか その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL