ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

らーめん 五ノ神製作所(東京都新宿区百人町)

2017年07月29日 16時25分07秒 | ラーメン
今日は鳥見を早めに切り上げ、肉の日限定メニュー狙いで大久保駅の南口から歩いてすぐの所にある
「らーめん 五ノ神製作所」に向かいました。開店15分ほど前に着きましたが、店の前にはすでに
5人並んでいました・・・という訳で6番目に並んで待ちました。

開店と同時に順次店内へ・・・、そして券売機で食券を購入する訳ですが、今回の限定も名前が長いです(笑)。
まず麺の方が、“肉汁凝縮鴨白湯 漆黒そば粉麺で召し上がれ”(1150円)。
そして限定ご飯は忘れました。確かフォアグラエキスをかけて鴨肉のハムとカルパッチョを乗せたご飯です(300円)。

カウンター越しに店長さんに食券を渡してしばし厨房内を観察しましたが、店長さんは完全に限定にかかりきりです。
店員さんには触らせません。店員さんは限定ご飯と通常メニューを担当するオペレーションのようです。

そんなこんなで出て来たのは鴨ベースで塩味の白湯スープにそば粉メインの中細ストレート麺が入り、
岩手鴨の肉3種(ロースの塩漬けロースト、ささみコンフィ、ぼんじり紹興酒醤油焼き)とネギが乗った一杯と限定ご飯でした。

スープは丸鴨のみで炊き出した肉白湯スープということで鴨の脂というかクセが結構強いです。
念のために付け加えておきますが、鳥屋さんが言うところの“マルガモ(マガモ×カルガモの交雑)”
ではないと思われます(汗)。麺は名前ほど真っ黒ではありませんが、ほとんど蕎麦を食べてる感覚です。
鴨白湯スープにちょっと固めに茹でた蕎麦が入っているというイメージに近いかと思われます。
スープの脂が強いからなのか麺がやたらとスープを持ち上げるのか、とにかく麺をすすればスープの味が
問答無用について来ます。それ故に好き嫌いは割れそうですが、やはりラーメンと蕎麦の境界線を意識してしまいます(爆)。

鴨肉3種は肉の日ということもあって結構たくさん乗っていてボリューミーですが、
3種もあれば量的に多くても飽きが来ず、食べ進めやすいです。個人的にはローストと醤油焼きが気に入りました。
また、肉以外のトッピングが薬味のネギのみと最小限なのもよく考えられていると思います。
シンプルにスープと麺と肉を味わうことが出来て好印象です。

全体的には思い切って“攻めてる”一杯だと思いました。限定ご飯も旨味たっぷりで大満足でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついでにパチリ | トップ | 遠回りしたけれど・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL