ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町)

2017年04月23日 23時45分48秒 | ラーメン
今日は11周年祭があるということで鳥見を終えてから吉祥寺の「蒙古タンメン中本」に向かいました。
飯時を外して行ったこともあり、店の前の行列は10人ほどでした。列の最後尾に並んで待っていると、
ヘルプで入っていた新宿店の部長さんが帰られるところでした。また、船橋店のチーフの方にもバッタリ♪
吉祥寺店の店長さんには「今日は作りモノ(限定)ないんで・・・」と言われてしまいました。
どうやら限定メニューばかり食べに行っていることを覚えられてしまっているようです(爆)。

そんなこんなで順番に店内に案内され、券売機で食券を購入して恒例のくじ引き大会でくじを引き、
更に店内での待ち時間まで合わせて40分ほど経ってからカウンター席に案内されました。
ちなみに、今日のチョイスは昼夜兼用ということで冷し五目蒙古タンメン(880円)に
野菜大盛(60円)、麻婆大盛(60円)、半熟北極玉子(120円)、チャーシュー2枚(210円)、
吉祥飯(200円)を合わせ、更にLINEクーポンで麺大盛を頼んでしまいました(爆)。

カウンター席に案内されてから程なくして出て来たのは辛さ全開の味噌スープのつけだれに麻婆豆腐、豚バラ肉、キャベツ、ネギ、
キクラゲ、ゆで玉子等が乗り、冷水で締めた中太ストレート麺の上にはモヤシと北極玉子、チャーシューが乗った一杯と吉祥飯でした。

つけだれは辛いことは辛いのですが、クタッとなるまで煮込まれた野菜の甘味と食感のおかげで辛さ一辺倒になっていません。
食べ応えのある麺と野菜を一緒に食べるのがやはり吉です。チャーシューの薫香も良い感じのアクセントになり、
ゆで玉子や北極玉子がちょっとした箸休めでしょうか。

サイドメニューの吉祥飯もタケノコの食感と挽肉のボリューム感が楽しめてグッドです。

全体的には辛味と旨味を楽しめ、食べ応えも十分な一杯だと思いましたが、麺大盛は調子に乗りすぎたようです。
年と共に食が細くなりつつあるルリにはいささか堪えました(爆)。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思わずパチリ | トップ | 【在庫より】偶然の産物 ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL