ルリの鳥見日記

万年初心者バードウォッチャー、ルリの怪しさ大爆発の鳥見とラーメン食べ歩きの記録です。

蒙古タンメン中本 吉祥寺店(東京都武蔵野市吉祥寺南町)

2017年07月05日 22時42分00秒 | ラーメン
今日は仕事帰りに限定メニュー狙いで吉祥寺まで足を伸ばし、駅から数分ほど歩いた先にある
「蒙古タンメン中本」までたどり着きました。店内はちょうど満席になったところで、
とりあえず食券を購入してカウンター席の後ろでしばし待ちました。

ちなみに、今日のチョイスは限定の北極ヒーハー(950円)に追加でチャーシュー2枚(210円)、
北極玉子(120円)、半ライス(120円)、更にウーロン茶(210円)で1500円超え(※)です(爆)。
※ポイントカードで3ポイント分

カウンター席に案内されてからそう待たずに出て来たのは真っ赤な激辛味噌スープにカレーを合わせたスープに
中太ストレート麺が入り、ニンニクの芽、キャベツ、パプリカ、挽肉と追加トッピングのチャーシュー、味玉、
ゆで玉子が乗った一杯でした。なお、本来ならナスも乗るはずですが、ナス抜きでオーダーしてあります。

スープは辛さ10という表記だけあって見た目を裏切らない辛さですが、挽肉からのコクと
合わせてあるカレーに使われているタマネギの甘味をしっかり感じさせる、深みのある味わいです。
新宿店の北極インドのように北極ラーメンの上にカレーをドーン!というのも良いのですが、
北極ラーメンにカレーを融合させた味わいってありそうでなかったので新鮮です。
麺は食べ応えとスープの持ち上げが良好ないつもの麺で安心して食べられます。

パプリカは彩り&食感のアクセントといったところでしょうか。
意外にもキャベツが全体の中で良い感じにつなぎ役になっている感じです。
追加のチャーシューは肉厚で柔らかく、食べていて満足感が得られます。
味玉は中本らしい辛い味付けなので、辛さを緩和などしてくれません(笑)。

全体的には激辛なだけではない、深みや奥行きを感じさせる一杯だと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 麺屋 翔(東京都新宿区西新宿) | トップ | 【在庫より】偶然の産物 ~... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ラーメン」カテゴリの最新記事