チャングムのブログ

 こころのメッセージ
何事も出来ない事は、ない!生きている限りチャレンジするので必ず到達できるよ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

行ってまいりました。あこがれのヨーロッパ!フランス・スイス・ドイツ私の夢が叶った瞬間です。

2014年05月23日 07時29分23秒 | Weblog
まずコースとしては、パリ→世界遺産モンサンミッシェル→パリ泊→ルーブル美術館→凱旋門→コンコルド広場→エッフェル塔→世界遺産ベルサイユ宮殿→世界遺産セーヌ河クルーズ→パリ着→TGV(2等車新幹線)ジュネーブ→ベルン世界遺産旧市街観光→大聖堂→時計塔→熊公園→バラ公園→グリンデルワルト泊→世界遺産ユングフラウ→世界遺産ザンクトガレン修道院内大聖堂→ケンプテン→ノイシュバンシュタイン城→世界遺産ヴィースの巡礼協会→ロマンチック街道→ディケルスビュール→ローテンブルグ泊→マルクト広場→市庁舎→聖ヤコブ協会→プレーンライト→ハイデルベルク→ハイデルブルク城→マルクト広場→旧市街→カールテオドール橋→フランクフルト発帰国と盛りだくさんの旅でしてひとことで言えば「これほんと?夢じゃないの?キャ~う・つ・く・し過ぎる~」でした。ヨーロッパへあと三回は、行ってみたいと願うチャングムでした。 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平成26年,新年おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。  

2014年01月03日 20時02分13秒 | Weblog
「一年の計は、元旦にあり」といいますが、本当ですね!ここのところご無沙汰しまして寂しかったです。ようやくたどりつき本当に感謝です。今年は、会社を立ち上げる事と海外旅行、行きたい所は、ヨーロッパやカナダ、オーストラリア、アジア、(アフリカと中東以外の国)アメリカなど101ケ国周ることが、夢です。夢が、叶いますように… 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

5月15日済州島(韓国)行ってまいりました。それはもう素晴らしい島!感動でした。

2013年05月31日 19時27分40秒 | Weblog
2013年5月15日…申し訳ありませんもうなんとも多忙でして今になってしまいました。てんこもり済州島3日間!!!とうとう行ってきました。1日目⇒成田発9:35韓国のハワイと言われている済州島へ12:20市内観光トケビ(おばけ道路)⇒龍頭岩⇒漢○山(Hall-san)樹木園⇒済州島泊2日目⇒ピジァリム⇒済州10景(古藪牧馬)⇒城山日出峰⇒世界遺産(萬丈窟)⇒ドラマ「オールインワン」ロケ地⇒ソプチコジ⇒城○民族村⇒済州島泊⇒3日目⇒世界遺産(漢○山)⇒柱状節理⇒天帝淵瀑布⇒薬泉寺⇒「チャングムの誓い」のロケ地⇒ウェドルゲ⇒オルレコース散策⇒成田20:30着※(○印は、日本語の漢字になかたものです)<あとどうしても画像をアップに失敗先生に聞いて後日アップします
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行ってまいりました。石垣島、西表島、由布島、竹富島、八重山4島めぐり3日間 「良かったよ~」

2013年03月13日 17時05分36秒 | Weblog
2013年3月7日晴れ、気候は、初夏でした。では4島めぐりの旅ご一緒にまいりましょう!沖縄方言⇒めんそーれ(八重島:おーり、とーり)⇒いらっしゃいませ。はいさい⇒おはよう、こんにちは。にふぇーでーびる⇒ありがとう。行程→1日目=羽田⇒那覇空港⇒石垣空港⇒石垣島泊、 2日目⇒石垣港バス⇒石垣島⇒(船)⇒竹富島(コンドイ浜、星砂の浜)(赤瓦古民家集落見学)⇒船⇒西表島・大原港⇒(バス)⇒由布島(水牛車に乗り亜熱帯植物の楽園へ⇒(バス)⇒仲間川(日本最大級のマングローブ原生林・おだやかな流れを遊覧)⇒大原港⇒(船)⇒石垣港⇒石垣島(泊)3日目⇒みんさー工芸館(伝統工芸品の「みんさー織り」を見学)⇒(バス)川平湾(エメラルドグリーンの海が広がる景勝地・グラスボードに乗船しサンゴ礁や熱帯魚を見学)(バス)⇒石垣やいま村⇒(バス)⇒バンナ岳展望台(竹富島・小浜島・西表島を一望)⇒石垣空港⇒那覇⇒羽田        あれよあれよと言っているうちにか月が経とうとしています。あせるわ~
魚がデザインされている航空機
やいま村一般民家お茶を売ってた名物おばちゃん伝統の歌を若者が三線と太鼓と指笛と踊りで歓迎!あちこちにあるシーサー魔除け。こわ~ダチョウクラブの人に似てない?!川平湾にて船でサンゴや魚を見ます。旅に出る前ビギンの「島んちゅの宝」と「三線の花」を練習したにもかかわらずいっさい歌が出なかったのはなぜでしょう?島んちゅの宝の中の♪汚れてくサンゴも減ってゆく魚もどうしたらいいのかわからない。テレビでは映せないラジオでも流せない、本当でした。サンゴは、汚れていて魚もあまりいないしどうしたらいいのか私もこまりました。でも空の青、海のエメラルドグリーン、白い砂のコントラストが、素晴らしかった~感動ホテルにて沖縄の踊りで歓迎していただきとても癒されました。仲間川でのマングローブの原生林を船で行く西表島に生息する市鳥のカンムリワシ君由布島の植物園の隣の子牛が、乳を飲んでる風景が、とてもほほえましかった。亜熱帯植物園では、金色のさなぎが、とても縁起が良い。蝶は、「オオゴマダラ」と言ったような…由布島で水牛車に乗って竹富島の海岸、息を飲む美しさコンドイ浜の星の砂…三線で歌を歌ってくれた。
この日、石垣新空港開港の日でした。石垣島よ、にふぇーでーびる。ありがとう
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

台湾!そこは、「日本の方いらっしゃ~い!」と迎えてくれるなつかしい心のふるさとが、そこにあった。

2013年01月18日 16時20分12秒 | Weblog
行程(1日目)羽田⇒台北(松山空港)市内九ふん観光⇒(特急列車)⇒花蓮(かれん)(2日目)花蓮⇒太魯閣(たろこ)峡谷⇒列車にて高雄⇒(3日目)高雄⇒澄清湖(ちょうせいこ)⇒日月譚(にちげつたん)(文武廟)⇒台北(4日目)⇒台北市内観光(故宮博物館)(中正記念堂)(龍山寺)
⇒台北(松山空港)⇒羽田。では、なぜ心のふるさと台湾なのかをお話しいたします。ではご一緒に参りましょう台湾に尽くした日本人八田与一、八田さんは、台湾(か南平野で活躍)では英雄として人の心に生きているということ。日本統治時代、初代民政長官後藤新平の下、常に干ばつの危機にひんした事を知り大規模な干害設備を計画し遂行した。工事の事故で50人くらい死んだけれど工事続行。日本人も台湾人も分け隔てしない運命共同体であるという意識でよく頑張ってくれました。八田さんありがとう~アニメで紹介していただきかっ・感動~~~ ここは高雄にある蓮池譚(れんちたん)龍虎塔、龍の口から入り虎の口から出ると悪行が帳消しになるといわれています。春秋閣六合二路夜市(ろくごうにろよいち)「食べてはいけない!見るだけ!」とガイドさん「なぜかいうと日本人の身体(胃)に合わないお腹こわすよ」(接続詞がない)台湾のガイドさんは気さくで話がおもしろく64才で親日家いつもお笑いの芸人みたいで楽しかったです。龍山寺(ロンシャンス-)270年の歴史を持つ台北で一番仏教寺院。あちこちにほどこされた彫刻は見応えがあります。普通列車で花連から高雄へ車中お弁当は、ラムカツなどボリュウム満点!「くっ苦しい」
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

新年おめでとうございます。

2013年01月14日 18時43分41秒 | Weblog
うわっ気づいてみればもう14日!びっくりしました~なんて悠長な日々ではなくマックス新年からなんだかあわただしい感覚でまず伊藤園ホテル塩原で初日の出を拝み6日から台湾旅行に行ってまいりました。元旦から旅三昧です。うっかり者の私ですが今年もよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

行って参りました。中国は、どこまでも果てしなく広がる台地、五木ひろしの「山河」が、聞こえたような

2012年10月24日 10時14分05秒 | Weblog
なんとこの時期、沖縄県の尖閣諸島の領有権をめぐり緊迫しているなか、行ってまいりました。私たち(夫婦)は、あまり危機感を覚えず行ってしまいましたが…北京空港に降り立ちどこを見ても日本人らしき姿が無く???と「チャングムさんですか?ようこそ!ほとんどの方がキャンセルしてしまい今回の旅は、30人のところ3人だけです」とお笑い芸人で美人の友近さん似の中国人のガイドさんでした。3人と頼りなかったけれど実は、全然怖くなかったのです。その訳は、今は、亡き父母と一緒に(小さな写真)を持ち旅にでたもので心強かったです。こうなれば中国人になりきればいいんだと「ニイハオ」と「シェイシェイ」しか話さずに誰が見ても私は、中国人よ!と私達と一緒の方が、なんと人民服を着て前を歩いてくれたので安心していたのですが、なっなんとヨーロッパの紳士の方にすれ違う際に私を見て「コンニチワ~」と大声をかけるじゃあーりませんかシーやめて~「なんで日本人ってわかるの?」マンガでした。…来る2日前ホテルの前でデモがあったと言いましたから現実なんだ~と思いました。亡き父母が何か向こうの世界から私を見て人民服など着せて守ってくれたのかと後でわかり感謝しました。どちらにしても現実性のない夢を見ているような…ではドデカイ国中国への旅一緒に参りましょう   .10月18日(木)成田発=北京着、 10月19日(金)北京=北京市内郊外観光=世界遺産◎万里の長城・八達嶺=世界遺産◎明の十三陵・定陵=ホテル  10月20日(土)世界遺産◎頤和園(いわえん)=天安門広場=故宮(こきゅう)博物館=天壇(てんだん)公園=ホテル着、 10月20日(日)北京発=成田着です。  なにしろ中国は(北京です)自転車などあまり見ないかわり高級車が街をわがもの顔で走っていました。クラクションを良くならし思いやりやマナーなどありません。ヒヤヒヤしたのは、一度や二度ではありません。信号を人が青で歩いているのに車は、譲らずかき分けてゆくのでビックリ飲める水は無くペットボトルで過ごしました。トイレは、紙を流せずテッシュを持っていきましたスモックで空は、いつも曇っていてやはり東京のようでした。空気のきれいな日本の田舎は、いいよ~ガイドさん曰く 1980年⇒「どこか遊びにいかないか?」 1990年⇒「離婚しましたか?」離婚率44%、 2000年⇒「車買いましたか」 2010年⇒「恋人いますか? 」 2012年⇒「身体元気ですか?」だそうです。中国は、20年くらい前の日本、発展途上ですごいスピードで走っている国、貧困格差が、はげしくまた貧困も海外の人に見せて商売にしているしたたかさをすごい国だなぁと感じたしだい。この建物は、オリンピックの為のテレビ塔です。オリンピックの鳥の巣の形のスタジアムです。万里の長城ひょっとして美川さん?工芸品店(七宝焼き)明の十三陵・定陵今も残っている古民家街、人が、生活しているので人力自転車で回る。天壇公園天安門故宮博物館中国は、最上級デラックスホテル北京シェラトン長城飯店のトイレは、(写真のトイレは、レストランのトイレですが、ホテルのは洋風トイレでしたが)残念ながらウォシュレットではなくこのように簡素トイレでした。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ワァ~オ!玉造温泉、鳥取砂丘、松江、天橋立など山陰の旅、行ってまいりました。

2012年10月06日 11時56分32秒 | Weblog
9月27日出発!2泊3日です。今回のスケジュールは羽田空港=伊丹空港=天橋立=傘松公園=城崎温泉(泊)2日目、城崎温泉=鳥取砂丘=白兎海岸=松江=宍道湖=出雲大社=神話博しまね=玉造温泉(泊)3日目、玉造温泉=足立美術館=蒜山高原(ひるぜんこうげん)=神戸北野地区散策=伊丹空港、以上3県(島根、鳥取、岡山)の欲張りなツアーでした。ちなみに格安で一人29,900円、内容が濃くおすすめの旅です。出発が、11時30分なので家を6時ころ出発しましたが高速道もすいていて助かりました。偶然写真の枚数(ブログに載せた)が自分の年齢と同じになりましたがあまりうれしくはない…いざ、山陰へ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

行ってまいりました。東北第2弾!!!十和田湖・奥入瀬・弘前城・鶴の湯・玉川温泉イエ~イ

2012年08月09日 10時48分39秒 | Weblog
この度7月29日~7月31日まで車で東北まで足をのばして行ってきました。またまた夫の夢とか言いまして押し切られての今度の旅、まずスケジュールとしまして午後14時自宅を出発!夜中8時間位高速を走り一気に花輪まで行き車中1泊というキツイもの、なにせ節約旅行をモットーにしているので夏なのであまり不安は、感じなかったけどヒエ~~ッものでした。早朝花輪から酸ヶ湯温泉に潜入?!混浴体験実は、夫の希望、私は、イヤだった。その予想は、的中、男子と女子に入口は、別れているついたてを出ると中は、混浴でした。やっぱね!お湯が、にごり酒みたいに乳白色なので本当は、湯着を着ればなんてことないんですが1200円とお高いので着ないではいったのですが…10人位男性が、いたでしょうか、皆の目が私の体に(顔と首しか見えないのですが…)向きまとわりつくようにからみつく…これは、妄想でしょうか、そうだ!ならば真っ白い湯船の中首から下を見せなければ!のぼせそうになったら蟹歩きして入り口に戻り休みまた蟹歩きで混浴に戻るを繰り返したらなんと湯あたりしてグッタリやっぱやんなきゃ~良かった。トホホこの旅は、ついてるっていうのか、越中に行かなくても向こうからやってきました。聞名寺にて「追憶の越中おわら節」の踊りと歌を見、堪能しました。東北震災地に出向き盆法要の講ちゅうをするとかとても良いお話でした。常々夫は、「風の盆」見たいといってたものですから感動してました。今度は、地元の「風の盆」見ると新しい楽しみができたみたいです。実は私、風の盆あまり見たいとは、思いませんでした。なんとなく暗く寂しい感じに思えたから…静の祭りとでもいいましょうか踊りは美しく編笠で顔が見えない分なんとなく上品な色っぽさを感じすてきでした。
">">
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

いや~野菜君たちのパワーにビックリ!元気をありがとう~

2012年07月04日 10時15分20秒 | Weblog
梅雨の晴れ間ですかね~猛暑です!私も疲れが出てヘロヘロ状態あるんです。そういう時ってでも庭の野菜君たちの猛烈な成長には、たまげます。よっしゃ~こちらも元気で頑張るよ~あ・り・が・と・う~
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加