加圧整体&ボディメンテナンス

お仕事・家事育児などで中々ご自身のエクササイズ・ケア出来ないでいる方・お気軽にボデイバランスセンダイ迄ご相談下さい!

骨盤底筋から肩こりを改善する方法

2017-07-17 06:16:01 | 加圧エクササイズ
こり放置はとってもコワ〜イ! 骨盤底筋から肩こりを改善する方法

ふとした時、あなたは肩に手を置いていませんか? 長時間集中してその作業が終わった時に、気になる肩の鈍いこり。それを手で触ったりポンポンと叩いたまま放置しているので
実は、そのままでいるといろいろと怖いことがあるのです。そこで今回は、肩こりを放置せずに、根本から改善するための方法についてお話しします。そのポイントは骨盤底筋にありました。
肩こりを放置すると他にもデメリットが肩こりにも関わらず、自覚症状がない人がいます。また、こりが軽度なために特に何もせず放置する人もいます。
しかし、肩こりを放置するとカラダにどのような影響が出るのでしょうか?肩がこっている時、周辺の筋肉は緊張しています。その結果、筋肉はうまく働くことができなくなり、他の部分へ負担がかかってしまいます。この負担が次第に首や腰へと移っていき、腰痛や首痛、頭痛を招く原因になります。結果、ストレスを誘発し、心の健康を損ないます。こりがあることに馴れっこになってしまい、痛みや不調に鈍感になり、他の疾患を見落とすことにもなります。慢性的な肩の痛みだけでなく、肩こりは様々なカラダの不調を誘発する原因になってしまうのです。
肩こりの原因は生活習慣からくる3つの原因によるもの。では、肩こりはどのようなことが原因で起こるのでしょうか。多くの肩こりの人は、運動不足であったり、姿勢が悪かったりなどの生活習慣を持っています。このような生活習慣から肩こりを引き起こす3つの原因が考えられます。
1)まずは筋肉の疲労から

仕事などで長時間同じ姿勢をとり続けると、同じ筋肉にばかり負荷がかかります。
このために、肩を無意識にすくめる癖がつきます。
肩の筋肉疲労は蓄積し、その結果、肩こりがおきてしまうのです。
筋肉が疲労を抱えないように予防することは大切です。

2)血行不良も起こります

筋肉の使い過ぎによって、また姿勢が悪い人は血行不良も起こります。
筋肉を使い過ぎることで、筋肉が血管を圧迫します。
血管が圧迫されると血流が悪くなります。
その結果、筋肉はカラダの中にある疲労物質「乳酸」を排出することができなくなり、筋肉にコリを生じます。

3)末梢神経損傷までも……

上記の結果、重度になると、末梢神経の損傷まで引き起こされます。
これは、硬くなった筋肉や、溜まった乳酸などが、近くを通る末梢神経を圧迫したりするからです。
いつも同じ場所がジーンと痛んだり、カラダがだるくて重く感じる時は末梢神経の損傷が起きているかもしれません。

鈍い痛みと重たい肩の症状を改善するためにはひめトレを使ったエクササイズで筋肉を緩めましょう。


仙台市 骨盤底筋から肩こりを改善する方法方法「BODY BALANCE SENDAI」にお任せ下さい

家事・育児・介護・仕事が忙しくジムに中々行く時間が取れない体を鍛えたい運動がどちらかと言うと苦手・嫌い、どのようにトレーニングして良いのか分からない方生活習慣病から脱出し健康維持したい方お任せ下さい練習メニューを作成致します訪問型なので都合の良い時間で予約出来ます安心してご相談下さい・お待ちしております!!ビタミン・ミネラル・必須アミノ酸・タンパク質・オメガ脂肪酸など検証可能な90種類以上の栄養素を得ることができるこのドリンク一杯からもっとアククティブを目指す方・赤ちゃん、妊婦さんが飲める安心安全なモリンガお勧め致します!≧(´▽`)≦




レプリカサイト:https://2913805.myzija.com















仙台市外への出張はご相談下さい・・可能な限り対応致します! 電話: 090-8780-7012

「BODY BALANCE SENDAI」へのお電話はこちら

 【住 所】 〒980-0004 宮城県仙台市青葉区宮町3丁目7-55
 【電話番号】 090-8780-7012
 【営業時間】 午前10:00~12:00 午後13:00~19:00
 【電話受付】 午前9:00~午後19:00
 【定休日】 木曜日 ≧(´▽`)≦
『宮城県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 加圧エクササイズに必要な器... | トップ | 原因解決で便秘改善│お腹の悩... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。