千葉市に住むシルバーの小さな日記

日々の事象を多角的に,デジカメで捉えながら記録していきたい

自主企画講座(4/27)

2017-04-27 15:17:57 | まなびサポータ
千葉市生涯学習センターで活動するボクら「まなびサポータ」は、毎木曜日・午前、まなびサポータ企画講座を開講しています。本稿はその講座について独断と偏見によるレポートです。

日時:2017年4月27日(10:00~12:00)
場所:千葉市生涯学習センター
講座名:Win10デジカメ写真の取り込みと応用(期間:4/13~4/27)
受講対象者 文字入力ができる方
定員 20名(年齢構成:54~83歳/男性:9名、女性:11名)
受講料:無料(資料代負担 なし)
補助教材として各種の画像を収めたSDカードを用意した

使用教材:講師が自主制作
目次構成:第1章 デジカメ画像の取り込み/第2章 画像ファイルを整理する/第3章 写真を印刷する/第4章 ワードで写真に文字を入れる/第5章 ワードで写真を入れたはがきを作成/パワーポイントでアルバムづくり

学習プログラム
4月13日:パソコンへ画像を取り込む/ファイルの整理
4月20日:写真へ文字を入れる/ポストカードを仕上げる
4月27日:アルバムを作ってみる

第3日目の学習を始める前に復習した事項→[1]~[8]
[1]SDカード内の画像をパソコンのピクチャフォルダ内にフォルダを作り保存する
[2]ワードで写真を入れたハガキを作る操作
[3]写真の選択/写真の挿入
[4]写真の中にテキストボックスを作る
[5]テキストボックス内に文字を入力
[6]テキストボックス内の背景を「図形の塗りつぶし」で「塗りつぶしなし」を選択→背景が透明になる
[7]テキストボックスの削除を「図形の枠線」で「線なし」を選択→枠線が削除される
[8]SDカードに保存した
[9]保存したファイルを開き写真下の余白にテキストボックスを作り「案内文」を入力
[10]引き続き前週と同じようにテキストボックスの削除を「図形の枠線」で「線なし」を選択→枠線が削除される
[11]完成後印刷し受講者に持ち帰ってもらった
[12]講師はマイクロソフトのアルバムづくりのテンプレートを利用する方法を紹介した
[13]テンプレートはインターネットで検索しダウンロードする方法を紹介した
[14]数多くあるテンプレート中からパワーポイント専用の「フォトブック「アルバム」づくり(以下省略)」を選択した
[15]受講者にダウンロードの仕方を実習してもらった→全員が一斉にアクセスしたのでそれなりの時間を要した
[16]ここから先は講師がSDカード内の画像を引用しつつ、完成までの手順を説明した

第3日目の講座の進め方、受講者の姿勢、その他についての感想(順不同)
[1]講師は講座終了に当たり次のように切望した
・撮りためたデジカメ画像をパソコンに上手に取り込めれば次のステップに進めます
[2]パソコンを上手に使いこなすためには文字入力やマウス操作が完璧にできることが望ましい
[3]折角の受講の機会を大事にされて身に着ける努力をして欲しい
[4]アルバムつくりは時間の関係で操作方法のみの説明になった
[5]時間配分から判断して受講者が未完成になることは必須、講師は完成見本なるものを展示して欲しかった

講座進行に際しての課題(順不同)
[1]テキストに掲載したパソコン画面の表示は高齢受講者を勘案して可能の限り拡大して欲しかった
[2]ボクは「デジカメ画像の取り込み・・・」講座を担当するなら撮影データは豊富に所蔵している、と思っている
・SDカード内の画像は静物でなく季節感のある風景画像にして欲しかった
・前年使用画像の使い回しは極力避けて欲しかった
・階層がDCIM→100カメラ名→DSC一連番号になるようして欲しかった
[3]受講者の現用のSDカードを持参させそれを使用して「デジカメ画像の取り込み」を実践してもらう方法を採用して欲しかった
[4]講師はアルバムつくりに使用する画像はその目的に相応しい「旅行写真」や「家族写真」など、チョイスする努力をして欲しかった→これも受講者の現用のSDカードで実践したら受講者は好感しただろう

以上
ジャンル:
学習
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 4月27日、午前9時過ぎの... | トップ | 4月28日、午前6時~7時... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む