大正11年生まれ 女の戯言

政治、社会情勢について

 大正生まれの母のコメント集。政治、社会への関心は萬朝報の記者をしていた父親譲りか。

(8)お茶を出すって大事な仕事だと思うよ(1984)

2017-05-12 09:23:49 | 日記
 田中角栄が金脈問題で苦しい立場に立たされていた頃、取り囲んだ記者の一人が鋭い質問をした。田中首相、その記者を指して「あんたのことは覚えておく」。
「脅しだけど、『覚えておく』と言った途端(本人は)忘れているのよ。ああいうのがケンカ殺法。自分も言われたことがあるんでしょうね」


「女は結婚して主婦になると、家に閉じこもりがちになる」とある人がテレビで。
 「家に閉じこもるほどの仕事はしていないよ。いまどきの主婦は」

「ワイセツがなぜ悪い」と大島渚。
「目をごまかすから(悪い)。ワイセツの自由は、自由でも民主主義でもない。戦争だって慰安婦がついて行ったじゃないか」

 難民の受け入れについて
「西部劇を観ていると、撃たれて怪我をした人を、泥だらけのまま家に入れてベッドに寝かせる、なんて画面があるけれど、潔癖な日本人にはなかなかできないんじゃないの。難民を受け入れるということは、道端に倒れている怪我人をそのまま家に入れることでしょ。それができるかどうか」

 カール・ベームが来日して「戦後のドイツは間違った方向へ行ってしまった。生命への尊厳が失われた」と述べた。
「日本人は外国へ行ってそういうことは絶対言わない。そういうことを言える人が本当の愛国者」

 交通事故増加
「『障害者の就職を拡充しなければ』などという一方で、新たな障害を作る物(車)を各メーカー競争して作る。問題を『交通遺児』なんて言葉にすり替えて」

「ヴェートーベンの様な人がかつてこの地上に存在した──そのことだけで十分だ」

「テレビで男の司会の隣にいる女の子。『ハイ、ハイ』言ってりゃ勤まるんだからいい気なもんだよ。昔、永久就職で結婚して、亭主の言うこと何でも『ハイ、ハイ』それと同じ」

 TBSテレビの田畑光永キャスター、日曜日の「報道特集」から新番組「ニュースコープ」へ。「報道特集」では料治直也キャスターを相手にしていたが、ここでは女子アナ。
「『報道特集』の時はもっと自由に喋っていたね。今はニュースを読むだけ。男と女と交互に喋ることになるから、自分の言いたいことを言う余裕がほとんどない──。料治さんとはディスカッションできたけど、女子アナとは決まったやりとりになるだけ」(84年10月)

「女性のお茶汲みはいかん、みたいなこと言うけれど、お茶を出すって大事な仕事だと思うよ。お茶一杯で(毒を入れれば)人を殺すこともできるんだから」

 福岡マラソン
「瀬古さん、また出るのかね。あの人の嫁さんの務めは、ひたすらあの人が走りやすい環境を作ることだって──。あの人、オリンピックで負けたら、嫁さんが欲しいって。嫁さんがいないから負けたみたいなこと言い出して」
「言うタイミング悪いね。猫の子をもらうわけじゃないんだから」
「でも、それに応募する女が300人もいるんだから」
「今度、負けたら、この嫁さんじゃダメだ、別のにしないとダメだなんて」
「言い出しかねないね」

 ラジオで、ある女性社員が、なぜ女の子だけお茶汲みをやらされるのかと不満を述べる。
「だから、私は会社で出されるお茶は絶対飲まない。いやいや出されるお茶なんか誰が飲むか。茶碗にしたって、腹立ち紛れに洗っているからよく洗っていないよ、きっと」

<
strong>「国が用意しちゃったものはもう変えられないのね。小さなことでは、飛行場建設や道路建設みても分かるでしょ。どんなに反対しても変えられない。反対することは悪とみなされるから。いまは民主主義を掲げているだけ昔より始末に悪い」 











 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« (7)社会にはムダな部分も必要... | トップ | (9) 子どもが一番かわいい時... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。