複数の保育園を経営する法人の場合、

2017-08-05 15:45:20 | 日記

園ごとに課題をあぶり出す

レポートは個人別のほか、園別にもまとまる。複数の保育園を経営する法人の場合、離職者の多い園と離職者の少ない園のデータを比べることができる。

http://ja.mangareborn.jp/users/14790 https://www.eniblo.com/dcbhfghjこんな事例がある。離職者が多いA園について、本部は「仕事の負担感」が大きいからではないか、業務を減らせば解決するはずだ、と考えていた。ところが診断結果では、離職者が少ないB園でも「仕事の負担感」は大きいことがわかった。A園の離職の要因は別にあるはずで、対策を変えたほうがいい、となった。

http://iralog.nosv.org/b/dcbhfghj/ http://vururu.jp/profile/14802/こうした効果を期待する半面、一つだけ心配がある、と森脇さんは強い口調で語る。

「保育士の評価には絶対に使わないでほしいのです。コンディションが悪い人を守るためのシステムなのに、評価が下がるかもしれないという不安が少しでも生まれると、真実を入力してもらえなくなります。本来の目的と変わってくるので、評価に使おうという意図がある園には販売しません」

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 気持ちが落ち着くということ... | トップ | 子どもの情報をみんなで持ち... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。