キュヴェ タカ/Cuvee Taka

椿庵酔哲「湘南隠居日記」-散歩・読書・酒、時々釣り-

R&B

2017-07-18 | Weblog
今日も朝から暑く、一晩中冷房を点けて寝たが、部屋を出てトイレに行ったらムッとした。
夏でも朝早くは温度か下がるものだが、寒暖計を眺めたら30℃近くあって完全な熱帯夜だったようだ。
庭の樹の剪定はあんまり暑いんで休むことにして、部屋に帰り扇風機もつけて涼みながら読書をした。

携帯を見かけないので探したが見つからず、その内メールが入って、枕元近くで3度音がした。
ベッドにある本をひっくり返してみたが見つからず、ベッドの下を探すために本を移動したら、なんと50冊あった。
ついこの間整理して全て片付けたのにこのザマだ、ベッドの下を竹刀を使って探してみたが、思いもよらぬものが次々と出てきたがカネまで出てきたのでちょっとした充実感があった。
それでも携帯は見つからず、何だかんだで7時を過ぎていたので家内が寝ている部屋に行き電話をかけてもらった。
音はすれど姿は見えずでうろうろしたが、ベッドの南側に置いてある小型書棚の一番下段の奥に潜んでいたのをついに引っ張り出した。
朝から大騒ぎで汗だくになったが、身の回りは日頃から整理整頓しておくべきだなあと当たり前のことを思った。
娘からのショートメールが来ていて今夜帰ってくるので飯を頼むとのことだった。

風呂に入り、朝飯は相も変わらず茄子のオリーブ焼き、豆腐と若布の味噌汁、さつま揚げ、胡瓜の糠漬けであった。

10時までデスクワークをして、下の息子と大磯方面に散歩に行く。
休市で魚が期待できないがヤオマサを目指す、野菜は途中の農家3軒でミニトマト、隠元、オクラ、胡瓜を買う。
ヤオマサでは小型のムツがあり購入するが、小田原の港から仕入れたのであろうか割りと魚種が揃っていた。
菓子パン、ウイルキンソンソーダ、プリン、枝豆を買う。

店の前のベンチで休むが、先日ドングリの木を剪定したので、ベンチに日が差していて日陰がなくなってしまった。
樹木音痴の私がドングリと分かったのは、残されたわずかな枝に青いドングリがしぶとくなっていたからで、それにしても無粋なことをしやがってと植木屋を罵りながら麦茶を飲んだ。

11時半に家に着き、先ずはさておきオールフリーを飲む、実に美味い、夏は後で暑くなるビールなんて飲む気にならない。
サントリーのソフトドリンクの自販機に入れたら売り上げ倍増するにと思っているが未だあまり見かけない。
トマトを冷やして食べ、2階に上がり涼みながら音楽を聴く。
涼んだ頃に階下から声がかかりもり蕎麦を食べる。

今週のプレシネはミュージカルなので、音痴の私は少し退いて構えたが、「ドリームガールズ」はシュプリームをもとにしたブロードウェイのの映画化で2006年の作、黒人と白人の差別や、グループの恋とカネと理想による軋轢と崩壊がテンポよく描かれているが、商人であるプロデューサーの意向でヒットするダンスミュージックを歌わされるがR&Bをやりたいたいとの歌手の思いや作曲家の思いがずれて行きメンバーの崩壊に繋がっている。
恋はドーパミンの有効期間3年が限度だし、売れない頃の一体感は成功を手に入れると各人が理想を追い求めるから、グループの結束力は弱まる。
人は有限の中に無限を求めたがるものなのだが、同じ構造のドラマを観ても飽きずに感動する。
しかし、歌がうまいなあとアメリカのタレントの層の厚さに感心した。
1960年台のダイアナ・ロスより上手くて魅力的かもしれない。
今朝、娘にこの映画のことを話したら今頃そんなことを言っているのかと馬鹿にしていたが、映画は観ていないようだ、見損ないやがって。

見終わってからシュプリーム、サンタナ、イーグルス、ディープ・パープル、CCR、ショッキングブルー、ボサノバ、JWALK、柳ジョージなどをサーフィンしながら5時前まで聴いた。

風呂に入って相撲を観る。解説の北の富士は病気をしてから柔らかくなって辛口の切れがなくなったかなあ。

晩飯は焼売を要望したが作ってくれていた。
肉料理だと焼売と叉焼が好きだが、中国人からよく中国人に間違えられるが、割りと最近、とは云っても500年くらい前に先祖が大陸から渡って来ているのではないかと本気で思っている。
茹で隠元、枝豆、胡瓜の糠漬け、ムツ煮を美味しくいただき、鶏のトマトとピーマン煮込み、これは嫌いな料理なので一口だけ食べた。
オールフリーを2本飲む。
最近はサントリーにオールフリーで貢献しているが、かつては白、角、だるまで貢献したものだ。

母と一緒に野球を観ながら娘の帰りを待つ。
巨人はオールスター戦前に流れが変わったので後半戦はかなり勝つと思う。

娘が帰ってきたので、中之条へ行く打ち合わせをする。
ここら辺りは山崎闇斎の一派がいたり、高野長英も出たところで、初期の頃高山彦九郎は高崎へ通って闇斎派の影響を受けたと記憶する。
新田の一族もこの辺りに来ていたはずで、義貞の鎌倉討伐に参集したと思う。
温泉もあるらしいが、観るべきものをきちんと押さえておかないとね。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 酷暑の一日 | トップ | 日野原重明の転機 »

あわせて読む