キュヴェ タカ/Cuvee Taka

椿庵酔哲「湘南隠居日記」-散歩・読書・酒、時々釣り-

下弦の残月

2017-07-15 | Weblog
朝早く庭木の剪定をしてから風呂で汗を流し、朝飯にしたがさっぱりしてこれが結構気分がいい。

9時から西部邁ゼミナールを観る。
今日の昼は一人なので、昼前に米を炊飯器にセットする。
鯖節で出汁をとり豆腐と若布の味噌汁を作る。
ピーマンとベーコン炒め、卵焼き、ホッケの干物、納豆、胡瓜の糠漬けで昼飯にする。

プレミアムシネマは相変わらずのスパゲティウエスタンで「シルバーサドル新復讐の用心棒」だったかなあ、やはりメキシコ侵略の時代でスペイン語なんだが、なぜスパゲティなのか分からない。
一度きちんと調べてみないとね。

午後も西部邁ゼミナールを観る。

5時前に風呂に入り相撲を観る。
稀勢の里は休場となったがこれで終わりかも知るない。
頑健だった身体に確実に老が来ていて、筋肉や筋が体重を支えきれないだろう。
同部屋の高安が奮起して秘かに優勝を狙っているような気がする。
若手の成長が顕著でしかも小兵がいるのが楽しみだ。

晩飯は、ゴーヤチャンプル(ゴーヤが毎日なるので飽きてきた、来年は他のグリーンカーテンを考えないといけない)、枝豆、市販の海老餃子(美味くもなんともない)を食べながらオールフリーを飲むが水分補給過多で胃の具合が悪い。
柿の種で梅酒ソーダを飲む。
3,4年分があるので今年は漬けなかったが、去年はちゃんと漬けていたんだなあ。

オールスター戦を観るが、所詮は顔見せ興行で面白くない。
新日本風土記「沖縄」を観る。
今も海んちゅになりたい若者が多いのに驚くが、喰えれば最高にいい生業だ。

然程暑くなかったので、窓を開けて扇風機をつけて寝る。

5時前に起きてベッドに横になったままカーテンを開けると南の空に下弦の残月がありしばし見とれた。
さて今日も暑くならない内に庭の剪定をしてしまおう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 功利主義の終わり | トップ | 湯上がり娘 »

あわせて読む