かてぃさんの雑記帳

単なる備忘録です。

12月28日のマーケットから(19:55記)

2016-12-28 19:32:46 | 日記




下げそうで下げない。何となく粘り強い相場の印象です。そうしているうちに、25日の移動平均が18879円まで上昇して来ました。あと1週間この位置に留まれば19000円台に25日線が届くので下値は19000円ということになります。

為替が急落しなければ、この見通しはそれほど間違えないのではないかと思っています。

今日から新年の受渡になり、やはり小型株に目が行き出しました。銀行はもう一週休憩していてもらいましょう。その間にドルは120円をつける場面があると考えています。11月からの株と為替の関係は概ね1円円安で174円の上昇となっていますから120円で日経平均は19750円程度が見込まれる。小型株で幕間を繋ぎ為替の大台替えから金融を攻める。そんなシナリオを描いています。

このところ重ねて言いますが、年始の急落は確率が低いという事です。マーケットには弱気が充満しているにもかかわらず、株価が下げていない。一部の投資家で売買されている状況で不特定の売り物が出ることは少ない。それならもう既に売られていなければ可笑しい。
買ってない人が売ることは出来ないのだから(空売りは除きますが)、大きな売りが出ることはない。株価が下げることが心配なら先に売ればいいのです。しかし、誰もそうしていない。
こう考えれば、ただ単に身構えているだけだと思います。そういう投資家が強気に転じた時の方が怖いんです。その時にマーケットは高値を付けるのでしょう。

相場で大きく勝利出来るのはその他大勢では無く、ごく一部の投資家です。これは歴史が語っています。相場の脇役にならないようにしたいものです。では。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月27日のマーケットから(20... | トップ | 12月29日のマーケットから(23... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL