BattleLineをやらないか

ときどきバトルライン非公認大会開催予定!その他、バトルラインのことを中心にいろいろと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第8回FNBLレポート!!

2009-10-25 20:52:56 | 大会
第8回FNBL、大会前半はフリーズが多発し引き分けとなってしまう試合もありましたが、なんとか無事に終えることが出来ました。
参加してくださった皆様、協力してくださった皆様、
本当にありがとうございました~

上位入賞の方が提出してくださったデッキはこちらを参照してください

それではメタ調査結果です
まずは使用兵種、デッキタイプからです~

兵種

1位:シナジー・・・7
2位:グッドスタッフ・・・4
3位:ハイブリッド・・・3
4位:剣/斧・・・2
6位:射/魔・・・1

*ハイブリッドで使われた兵種は含めていません。ハイブリッドで使われたのは射斧(他)でした。

タイプ

1位:コンボ・・・7
2位:ウィニー・・・5
3位:バランス/延長・・・4
5位:その他・・・1

という結果となりました
今回も単兵は人気がなく、兵種混合型のデッキを使う人が多くみられたようです。
シナジー、グッドスタッフは前回から使用数がほとんど変化無く、
FNBLにおけるトップメタとなりつつあるようです。
前回同様、槍単を選択した人はおらず、
前回頂点に立った無単、安定させるのが難しい騎単も使用されなかったようです。
無兵種は前回優勝したこともあり敬遠されたのかもしれません。
タイプでは前回に続きコンボの採用が多く、その他以外のタイプもそれなりに採用されていたようです。


トップ8に入った方(敬称略)は(メタ調査時点)

FSS:グッドスタッフコンボ
tente:グッドスタッフ延長
GAJU:剣バランス
かに。:射ウィニー
おちゃ:シナジーコンボ(サブデッキ:剣バランス?)
WIL:シナジーその他
雛鳥りむ:魔ウィニー
シン:ハイブリッドコンボ


グッドスタッフがトップ8の半数を占めた前回からグッドスタッフの入賞は減ったものの、
優勝、準優勝はグッドスタッフと相変わらずの強さのようです。
シナジーもやはり強く、前回同様に2人が入賞しました。
GAJUさんは前回に続いて剣バランスでの参戦で順位を上げて3位となり、
今後も剣デッキの動向には注目するべきでしょう。
使用者が各一人ずつしかいなかった魔単、射単もそろって入賞し
コンセプトが明確で安定しやすい単兵が大会で相変わらず強い存在であることを表しているのかもしれません。
バトルネットで人気の高い民兵系のデッキは入賞出来なかったようです。


次は英雄です。

1位:ゼリグ・・・9
2位:パクノス・・・6
3位:テジロフ/ラムセス/槍クリスタル/ミョムト/プルル・・・5

相変わらずゼリグは強い!2位以下に大差をつけてV3達成です。
もはや語ることはないでしょうね。
2位は汎用性ではトップクラスのパクノス。
いかなる状況でも無駄になりにくい能力とスペックが人気の理由なのかもしれません。
前回人気が高く、結果も残したギア、バルザック、フォスタなどはそれほど採用されず、
テジロフをはじめとした強力無比な英雄がそろってランクインしました。
いずれも特に延長で大きな力を発揮する英雄ばかりです。
移動系英雄では鉄板のプルルに、毎回地味に人気が高いラムセスがよく採用されました。
反面、ワンドラはほとんど使う人がいなかったようです。
そのほかではネル、ピリカの人気が高かったみたいです。

今回も前回大会とほぼ同じドローの組みかたを採用しました。
ケーアイさんの初戦組み合わせ予想をだいぶ外せたので、予想外?という意味ではよかったのかもしれません。
今まで安定した成績を残していたものの優勝がどうしても出来なかったFSSさんが優勝し、
名実ともにランキングトップに立ちました。
トップ争い以上に激しさを増す8位争いは、準優勝で8ポイントを獲得したtenteさんが2つ順位を上げて7位になり、
ポイントが獲得できなかったLapisさん、mokoさんが8,9位に後退しました。
8ポイント持っている人なら一度の優勝で8位に立てるので、まだまだ予断を許しませんね。

今回のレポートはここまでです~
でわでわ~



追記:
ケーアイさんが事後レポートを書いてくださいました。
詳しくはこちらからどうぞ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第8回FNBL優勝インタビュー | トップ | 魔兵の特徴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。