BattleLineをやらないか

ときどきバトルライン非公認大会開催予定!その他、バトルラインのことを中心にいろいろと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

FNBLレポート!!  その②

2009-06-14 19:00:00 | 大会
大会上位入賞者の方が、使用デッキを提出してくれています。
詳しい内容はここを参照してください

それでは、今回は使用英雄によるメタ調査です~

では使用英雄ランキングです

1位  ゼリグ   15
2位  ネル    12
3位  ラムセス  10
4位  プルル   8
5位  クリスタル 7

1~5位まで定番の英雄が並びました~
今回の大会は混合デッキが多かったので汎用性の高い英雄の採用が多かったようですね。
特に、ゼリグ、ラムセス、プルルと移動系英雄の採用がかなり多いのが目を引きますね。
移動系英雄を採用しておけば、一般兵でも各種英雄と渡り合うことが出来るのが
採用率の高い理由なのではないでしょうか?
特にプルルは、延長において驚異的な強さを発揮するので、入れておくだけで延長を戦えるようになるので強力ですね

採用数2位のネルも定番英雄ですね。
ネルを使うことによって、相手よりも1.5ターン分ドローが速くなるのや、デッキ圧縮、手札調整など、様々な用途があるのが採用の理由ですね。
とりあえず入れておいて損のない英雄ですからね~

採用数5位のクリスタルも対戦ではよく見る英雄ですね
全カード中最高のコストパフォーマンスは誰が見ても強いのがわかるカードですね。
イットクを破棄したりと、コンボにも使えたりするもの高採用の理由ではないかと思います。

他に採用の高い英雄にはパクノス、イットク、テジロフ、ワンドラなどがいました。
どれも、よく見かける汎用性の高い英雄ですね。

クリスタルやテジロフ、プルルなど、延長に強い英雄が高い採用率だったのに対し、
他の延長に強いミョムトやトーファイなどの採用はかなり低かったですね。
これは、クリスタルやテジロフに比べると、ミョムトやトーファイが物足りないものだということなのでしょうか?

単兵デッキが少なかったため、ウィルラやファーエなどの指揮官系の英雄の採用率は悪かったですね
もっとも使われていた指揮官系英雄はクローディアで、これも混合タイプのデッキが多かったためですね。

大会上位入賞者の方(デッキリストはここ)も、ネル、ゼリグ、ラムセスの採用が多く
これらの英雄の今後の採用率がどのような変化をしていくのかが気になるところです。

今回はここまでです~
でわでわ~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FNBLレポート!!  その① | トップ | FNBL優勝者インタビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。