BattleLineをやらないか

ときどきバトルライン非公認大会開催予定!その他、バトルラインのことを中心にいろいろと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第6回FNBL優勝インタビュー

2009-09-14 23:13:27 | 大会
第6回FNBLで優勝した雛鳥りむさんへの優勝インタビューです。


保坂 それでは、優勝インタビュー始めさせていただきます。

りむ はい、お願いします

保坂 まずは、FNBL2度目の優勝おめでとうございます。

りむ ありがとうございます~

りむ 優勝は何回してもやはりうれしいですね

保坂 2度目の優勝については後で聞くとして、それではいつもどおりデッキ関連のことから聞いていくことにします。

りむ はい

保坂 (なんか、2度目のこと後回しにしてすいません;;)

りむ (保坂さんのやりやすいようにやってもらっていいですよー)

保坂 今回は対無双を意識したデッキでの参戦でしたが、無双をトップメタと推測して選んだのでしょうか?

りむ トップメタとまではいかなくてもウルフヘズナルは結構見るだろうなー、とは思って選びました

りむ 実際は5戦中2戦くらいだったので、そこまで多くなかったみたいです

保坂 ウルフヘズナルは追加カードの中でも最も環境に変化を与えたカードだといっても過言ではありませんし、意識するのは当然といえば当然ですね。

りむ とりあえず何らかの対抗策がないとそのまま押し切られてしまうことが多いですからね

りむ 修正されてだいぶ緩和されはしましたけれども

保坂 そうですね、修正されたことで少しはおとなしくなりましたね。

保坂 英雄では新英雄のメリッサを採用していましたが、これの採用理由はなんでしょうか?

りむ 弓と高攻撃力との相性がよかったことが一番なのと、後はやはり英雄で新カードが何もないのは少し寂しい気がしたので採用しました

りむ それにプルルと合わさるといろいろできて楽しいですしね

保坂 同じく新英雄のバクドウもプルルと相性がよさそうですが、これを採用しなかったのには理由などあるでしょうか?

りむ このデッキのメリッサの代わりにバクドウ入れてたこともあるんですが、いまいちピンとこなかったんですよね

保坂 なるほど、経験的に入っていないのですね

りむ ですね、デッキ全体のバランス見るとメリッサのほうがしっくり来るように感じます

りむ 射撃は一般兵で十分まかなえてるので、バクドウまで入らない感じでしょうか

保坂 一般兵はおなじみの射兵たちが多く、そこに対大型用の兵が入るオーソドックスな弓プルルの形ですからね。

りむ ですね、メリッサはいるとその基本の強さを押し上げてくれる感じですね

保坂 プルルとあわせると、フロトンよりも相性がいいですからね

りむ 相手にもよりますが、大型相手にも対処可能ってのが大きいですね

保坂 戦術では前環境まではどんなデッキにも入るカードだった会心の一撃が入っていませんが、やはりドロー能力の低下によるものでしょうか?

りむ ドロー力低下と、もともと会心をそこまで必要としないデッキ構成でもあるので、会心は抜きました

保坂 りむさんから見て、このデッキで戦う上で相性の悪いデッキというのはありますか?

りむ そうですね、大体の相手には五分以上に戦えると思いますが…

りむ ウィニー相手にタイミングよく突風食らったりすると総崩れになったりはします

保坂 やはりそうですか、見たところ苦手と呼べるほどの相手があまり思い浮かばなかったので質問してみました。

保坂 あとは、延長にでてきた突風つきのトーファイあたりはきつそうですね

りむ ですね、全局面的に包囲するように戦うので一点突破型のデッキにはちょっと弱いかもしれません

保坂 しかし、優勝したのも納得な隙の少ないすばらしいバランスのデッキだと思います。

りむ ありがとうございます



保坂 それでは、デッキについての質問は以上です。次は対戦について質問していきたいと思います。

りむ はい

保坂 おなじみの質問ですが、いちばん印象に残った対戦は誰との対戦ですか?

りむ それはやはりFSSさんとの対戦ですかね

保坂 優勝決定戦となった一戦ですね。

りむ 確か、以前の優勝時にもで決勝で戦った相手でもありますからね

保坂 たしかに、第4回の再来の対戦でした。

保坂 対戦はどのように進んだのでしょうか?

りむ ブログで書いたように序盤から中盤はFSSさんが重装騎兵とウルフへズナルで場をかき回す形でした

りむ 一時は自陣まで攻め込まれましたが、そこで逆転の一手を打てたのが記憶に残ってますね

保坂 自陣に攻め込まれてからの巻き返しは、流石ですね。

りむ 引きと陣形が見事に組み合わさって、自分でも驚くくらいのきれいな手でした

保坂 詳しくはりむさんのブログのレポート参照ということですね(どこかで聞いた台詞ですが;;)

りむ そういうことでお願いしますw



保坂 では、対戦についての質問はここまでにして、後回しにしてしまった2回目の優勝について聞いていきたいと思います。

りむ はい

保坂 2回目の優勝となったわけですが、これについては思うところはありますか?

りむ 思ったよりも早くできたなー、って感じです

保坂 思ったよりということは、いずれは2度目の優勝は可能だと思っていたということでしょうか?(いやらしい質問ですいません;;)

りむ 何回か挑戦していればもう一回くらいはしたいな、とは思っていたので

りむ wiki大会のころから優勝目指してもなかなかできなかったので、2回目は思ったより早くできたなと

保坂 私としてはいつも優勝候補に挙がっていますし、りむさんの実力を持ってすればいつかは訪れる瞬間だと思っていました。

りむ そういって頂けると嬉しいです

保坂 優勝は2度目となりましたが、以外にも、実はいまだにポイントランキングではトップになっていないのですよね。

保坂 それについてはどうでしょう?

りむ 初めのころに初回敗退繰り返してたのがやはり響いているなー、と

保坂 最近ではそのジンクスは完全に拭い去りましたね

りむ 第4回で完全に復活した感じですね

りむ ポイントランキングは今トップのFSSさんがそろそろ優勝しそうな気もするので、総合トップとるのは結構頑張らないといけないかな、って感じですね

保坂 FSSさんはいまだにポイントの取り逃しがない安定した成績ですし、トップを取るのは大変そうですが、1位とは1ポイント差なので、いつ入れ替わりがあるかわからない状況が続きそうですね。

りむ 上3人が3ポイント以内におさまってますからね

りむ 次回はマオさんの強い奇数回ですし、どうなるかさっぱりわかりません

保坂 ポイント的には上3人は頭一つ抜け出た印象ですね

りむ 次回、4位のかにさんが優勝しても、逆転まで行きませんからね

保坂 ですね、そろそろ総合1位候補が絞られてきた感じはありますね。

保坂 FNBLではいまだ連覇がなく、次回はその期待がりむさんに掛かりますが、そのことについてはどうですか?

りむ できるならやってみたいところではありますね

りむ ただ、優勝には天運が必要だとも思っているので、それが次回にくるかどうか…

保坂 次回優勝を狙うとすると、倒さなくてはならないであろう好敵手的な人はいますか?

りむ やはり総合トップのFSSさんと奇数回の王者のマオさんは外せませんね

りむ 後、苦手のかにさんとあたるかどうか…

保坂 FNBL3強のお二人と、苦手のかに。さんですか~

りむ 特にかにさんはここ最近連敗中なんですごい怖いんですよ~

保坂 今回は、かにさんが4回戦に勝てば優勝決定戦をかに。さんと戦うことになっていましたので、そこは運がよかったのかもしれませんね。

りむ ですねー、今回はかにさんとあたらなかったのが優勝の一因かもしれません

りむ かにさんを倒してくれたWILさんに感謝ですw

保坂 さて、けっこう長いことインタビューしてるのでそろそろ締めようかと思います。



保坂 今回の大会を総括するとどうですか?

りむ 修正直後の大会だったんで、デッキも色々な種類があり、活気もあっていい大会だったと思います

りむ 戦ってみてみんな色々試行錯誤してるのがわかりました

保坂 そうやってBLがますます発展していって欲しいですね~

保坂 最後に一言あればお願いします。

りむ では、連覇目指して頑張ります~

りむ こんな感じでいいでしょうかw

保坂 はい!最高ですw

保坂 長い時間お付き合いいただき本当にありがとうございました~

りむ こちらこそありがとうございました~
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回FNBLレポート! | トップ | バトルフォーメーション・無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。