BattleLineをやらないか

ときどきバトルライン非公認大会開催予定!その他、バトルラインのことを中心にいろいろと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第9回FNBLレポート!!

2009-11-14 18:00:55 | 大会
第9回FNBL、今までで最大の規模となり久々の5回戦となりましたが、無事に終えることが出来ました。
参加してくださった皆様、協力してくださった皆様、
本当にありがとうございました~
(いつも同じこと言っていてすいません;;)

ちなみに、11/13の当ブログのアクセス数が321IPを記録し、過去最高アクセスを更新しました。
大会に参加してくださった皆様、見にきてくださった皆様には改めて感謝です。
gooブログランキングでも過去最高の「2610位/1323750ブログ」を記録しました~

上位入賞の方が提出してくださったデッキはこちらを参照してください
提出してくださった皆様、いつもありがとうございます。

それではメタ調査結果です
まずは使用兵種、デッキタイプからです~

兵種

1位:シナジー・・・10
2位:グッドスタッフ・・・5
3位:剣/魔・・・3
5位:斧・・・2
6位:槍/無/ハイブリッド・・・1

*ハイブリッドで使われた兵種は含めていません。

タイプ

1位:バランス/延長・・・8
3位:ウィニー/コンボ・・・5
5位:その他・・・1

という結果となりました
今回も前回に引き続き単兵は人気がなく、兵種混合型のデッキを使う人が多くみられたようです。
シナジー、グッドスタッフも前回、前々回からFNBLにおけるトップメタであるようです。
タイプでは前々回から人気だったコンボが減り、バランスと延長型の人気が高かったようです。


トップ8に入った方(敬称略)は(メタ調査時点)

小恋:魔ウィニー
GAJU:シナジーバランス
tente:シナジー延長
徳井:シナジーその他(サブデッキ多数)
おちゃ:シナジーコンボ(実際に使用したもの:無兵種ウィニー)
雛鳥りむ:剣バランス
Lapis:グッドスタッフバランス(延長)
ere:シナジーコンボ


トップメタといっても過言ではないシナジーが多数を占めています。
実際に使ったデッキは違う方もいるようなので、正確ではありませんけどね;;
シナジーといっても様々なタイプがあるので、同じようなデッキは少ないとは思います。
そんな中でトップをとったのは魔ウィニーなのは見逃せませんね。
単兵こそ究極の形だといわんばかりの活躍でした。
雛鳥りむさんが剣デッキで入賞したことで、前々回から剣デッキは続けて入賞しています。相変わらず高い安定感ですね。


次は英雄です。

1位:ゼリグ・・・10
2位:パトリー/レイダ・・・8
4位:ミョムト・・・7
5位:槍クリスタル/プルル/ワンドラ/パクノス/フォスタ・・・6

ゼリグはもはや予想通り。能力変更前のネル以来のV4達成です。
前回語ることはないと言ったので今回も何も語りません。
みんな男が好きなんでしょうね。
2位には珍しくパトリーがランクインしています。
プルルほどの安定感はないものの、強力な英雄であることには変わりないので
今までランクインしていなかったことが不思議なくらいです。
前回同様、ミョムト、槍クリスタルの強力な戦闘型英雄に、移動系英雄もランクインしています。
毎回地味に人気が高いラムセスは今回はそれほど採用されなかったようです。
前回人気の無かったワンドラが代わりにランクインしています。
汎用性の高いパクノスも相変わらずの採用数です。
食料事故を挽回できるレイダの採用数もかなり多かったです。
実は、飛び入り参加が無ければゼリグを抑えてレイダがトップでした。
その他の英雄では、ネル、マナが人気でした。
前々回の人気英雄、ギア、バルザックは誰も採用しなかったようです。
ちなみに、巷で噂となっているアルゴももちろん誰も採用していませんでした。

今回は今までと少し違ったドローの組み方をしました。
これもケーアイさんの予想を外すためです。
・・・
・・

いや、嘘ですよ?
あまり同じ方法を毎回採用したくないので、ちょっと変えてみただけです。
ポイントランキングはトップのFSSさんが始めてポイントを取りこぼしたこともあり、
雛鳥りむさんとのダブル1位となっています。
同ポイントで1位というわけにはいかないので(マスターズの関係で)、
勝率、ポイント獲得率などでどちらかを1位にする予定です。
あくまで第10回がない場合の話ではありますが・・・
さらに激しさを増した8位争いは、小恋さんが初優勝で、Lapisさんを抑えてポイントランキングでは8位に入りましたね。
8位との差が10ポイント以上ある方は、8位に入ることはほぼ不可能なので、
8位争いはポイントランキング10位までに限られてきました。
7~10位の方は第10回があるとするとまだまだ気の抜けない戦いになりそうです。
6位以上の方はほぼマスターズ出場権を獲得したといってもいいでしょう。

今回のレポートはここまでです~
でわでわ~


追記:
ケーアイさんが事後レポートを書いてくださっています
詳しくはこちらからどうぞー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第9回フライデー・ナイト・バ... | トップ | 第9回FNBL優勝インタビュー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。