ラインの乱れは心の乱れ ウェイトの乱れも心の乱れ

東京都カーリング協会に所属するSuper Black Stones(旧名・チーム歌舞伎町)のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

移転します

2007-02-21 17:27:49 | 連絡
Gooがどうも使いにくいってか、カスタマイズが効かないので、移転します。

移転先は↓こちら↓です。
カーリングチーム ブラックストーンズ 栄光への架け橋(嘘)
コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

1/6・7東京都選手権 予選

2007-01-09 12:19:02 | カーリング
Road to Vancouver
関東中部選手権、日本選手権へのトライアルとなる、東京都選手権の予選に参加しました。
今年は男子22チーム、女子6チームが参加。
男子は3位以内に入れば、関東中部選手権への出場権が得られます。
今週の予選で22チームが4ブロックに分かれ、各ブロックの上位2チーム・計8チームが翌週の決勝トーナメントに進出し、順位を決定することになります。
要は、今週の予選でブロック2位以内にならないと、先がないよということですね。

さて、我々と対戦する組はどんなチームが入ったのか、ちょいと見てみましょう。
I.C.E. 昨年準優勝。今年も優勝候補。
OSCAR 昨年のスーパーリーグで1位。やはり優勝候補。
CTU 山中湖最強とも言われる?新鋭チーム。台風の目。
ラビッツ CASカップ総合優勝で勢いに乗る古豪チーム。
チームみくたま 全員が今年カーリングを始めた。スキップがマジシャン系。
スーパーブラックストーンズ 自分達。東京都の公式戦では勝ったことがない。

骨っぽいチームだらけ。ぶっちゃけ、死の組ってヤツです。

この組の今年のスーパーリーグのポイント(11月時点)と、アベコーさんと井崎さんの予想、あと予想単勝オッズを見てみましょう。
  チーム  |Point |井|阿|単勝|
   I.C.E  |  15.0|◎|◎| 1.6|
 ラビッツ |  14.5|▲|△|23.6|
   OSCAR  |  13.5|○|▲| 8.4|
 みくたま |  0.5|…|…| ☆ |
BlackStone|   0.5|…|…| ☆ |
  CTU  |不出場|△|○|20.6|
なお、今回の大会は、投球順を変更して臨みます。
(山中湖の練習の際に決めました)
 旧 1(V)小田 2柴崎 3黒沢 4(S)伊藤
→新 1柴崎 2黒沢 3(V)小田 4(S)伊藤

予選第1試合 対CTUさん
最初の試合は、山中湖の雄・CTUとの対決です。
初顔合わせですが、山中湖のWinter Campで、他県の強豪チームをボコボコにしているのを目の当たりにしました。
かなり手強い相手です。

Super Black Stones 0 - 11 CTU
2 2 1 1 1 2 2 - | 11
0 0 0 0 0 0 0 - | 0

Black Stones Lead柴崎 2nd黒沢 3rd(vice)小田 4th(skip)伊藤
予選成績 Black Stones 0勝1敗
ガードもドローもヒットも何もかもが決まらず、試合になりませんでした。
7エンドでギブアップ。
出だしとしては最悪のスタートになりました。
また、この試合で、予てより負傷中の柴崎さんの脚の状態が悪化。
この後の試合を3人で臨むことになりました。


予選第2試合 対I.C.E.さん
惨敗で最悪の空気の中、3人で挑むことになり、年寄りチームで体力的に不安なところで、対戦することになったのは優勝候補のI.C.Eさん。
This is 弱り目に祟り目ってやつです。
とにかくガード、レイズ、ガードでハウス前での勝負を挑むことにしました。

Super Black Stones 6 - 7 I.C.E.
0 0 2 2 0 1 1 | 6
2 3 0 0 2 0 0 | 7

Black Stones Lead黒沢 2nd(Vice)小田 3rd(skip)伊藤
予選成績 Black Stones 0勝2敗
前半、2エンド連続で失点を許し、5点のビハインドを負う展開になりましたが、3エンド以降、ガード&ドローが決まり始め、徐々に強豪I.C.Eを苦しめる展開に。
2点を追う最終エンド、リードを守るためにスルーを続ける相手を尻目に、ガードやドローでハウス前に石を貯める展開に。
ハウス内にこちらのストーンは2つ。ガチガチのガードで固め、ヒットを狙いづらい状態にできたところで、相手スキップのラストストーンを待ちます。
2点スチールに成功すると、エキストラエンドに突入する展開。
相手は迷った結果、ドローでNo2を取りにいくことを選択。
結果は数センチの差で、ナンバー2を取られ、最終エンドは1点のスチールのみ。
残念ながらあと一歩及ばず、大番狂わせを起こすことはできませんでした。
ただ、3人でも試合ができる手ごたえを掴んだ試合となりました。

予選第3試合 対ラビッツさん
第3戦はCASカップ優勝のラビッツさんとの対戦。
CASカップ優勝もさることながら、ベテラン中心のメンバーの古豪チーム。
とにかく胸を借りて、前の試合と同様、レイズ、ガードでハウス前での勝負を挑むことにしました。

Super Black Stones 6 - 5 ラビッツ
2 0 0 2 1 0 0 0 | 5
0 2 1 0 0 1 1 1 | 6

Black Stones Lead黒沢 2nd(Vice)小田 3rd(skip)伊藤
予選成績 Black Stones 1勝2敗
立ち上がりこそ2点スチールを許したものの、この試合もストーンをハウス前に集める、自分たちの試合ができました。
1点ビハインドの先攻で迎えた最終エンド、1点スチールすることができ、ゲームはエキストラエンドに突入。
エキストラエンドも相手のハウス内のストーンをタップバックし、自分たちのストーンのナンバーワンを確保したところで、あとはガードを固めることができました。
相手4thのラストロックは、バイター気味にハウスに掛かっていたストーンをヒットロールし内側を狙ったようですが、内側に反れ、相手のガードをレイズする格好に。
どうにか相手ストーンをNo2にすることができ、1点スチールに成功。
薄氷とはいえ、格上チームを相手に公式戦初勝利を飾ることができました。
1勝2敗で初日を終え、翌日は1試合を残すのみとなりました



予選第4試合 対ラチームみくたまさん
日付が変わって、予選の最終戦は、某SNSのカーリングコミュニティより生まれた、チームみくたまさん。
こちらと同様、初心者中心の顔ぶれです。
ここまでこちらは1勝2敗。相手は0勝2敗。
こちらは勝率5割が懸かった一戦であり、相手は白星が欲しい一戦です。
強豪相手に接戦してきて臨む試合である以上、同じ初心者中心チームには、意地でも負けたくないところでした。

Super Black Stones 5 - 7 チームみくたま
0 0 3 1 0 1 0| 5
1 2 0 0 2 0 2| 7

Black Stones Lead黒沢 2nd(Vice)小田 3rd(skip)伊藤
予選成績 Black Stones 1勝3敗
立ち上がりに3点ビハインドを許すも、3エンドに追いつく。
しかし、ガードもレイズもドローも精度を欠き、前日にできていた事が何一つできず、スキップの伊藤さんの神ショットに助けられる展開のままゲームは進む。

同点で迎えた最終エンド、相手のハウス内のストーンをなかなかタップバックできなかった所へ、相手サードが見事なフリーズを決め、ボタン上に相手ストーンが2つくっついている状態に。
こちらはレイズテイクアウトを狙うも、ボタン上の相手ストーンを出すことはできず、万事休す。
ベストパフォーマンスを発揮できないまま、相手に初勝利を与えることとなりました。

最終的に1勝3敗で6チーム中5位で予選を終えました。
グループAの最終結果は下記の通り。
順位|  チーム  |COIみSラ| 結果 |
 1 | CTU |-○-○○○|4勝0敗|
 2 |   OSCAR |×-○○-○|3勝1敗|
 3 |  I.C.E.  |-×-○○○|3勝1敗|
 4 | みくたま |×××-○-|1勝3敗|
 5 |BlackStone|×-××-○|1勝3敗|
 6 | ラビッツ |×××-×-|0勝4敗|
※2-3位と4-5位は直接対決の結果。変則リーグ戦なので、組合せのないカードがあります。


大会を通じて、心・技・体すべてに課題が見えてきました。
心→いい試合ができた後に、落とし穴がある。油断してはいけない。
技→ライン・ウェイトとも精度がまだまだまだまだ。
  チームで回転数やウェイトが統一できていない。
(とどのつまり、とにかく練習しかない。)
体→試合時間にはベストの状態に体をもっていくこと。
(故障などもそうだけど、寝ぼけてアイスに乗るのはもってのほか)
  ハードスケジュールに耐えうる基礎体力をつけること。

悔しすぎる結果になりましたが、まだまだこれから、チームの挑戦は続きます。
まずは20日のスーパーリーグで、この大会の復習ができればと思います。 

対戦いただいた皆様、大会に関わったすべての皆様、本当に有難うございました!

なお、今大会のベスト8は下記の通り出揃いました。
来週の土日、決勝トーナメントが行なわれます。
Aブロック1位 CTU
Aブロック2位 OSCAR
Bブロック1位 樋熊打線
Bブロック2位 TRIUMPH
Cブロック1位 かる~あみるく
Cブロック2位 モンラッシェ
Dブロック1位 勝蔵
Dブロック2位 FREEDOM
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/16・17 第7回CASカップ

2006-12-18 18:51:07 | 試合結果
12/16・17の2日間、スカップ軽井沢で開催された第7回CASカップに参加してきました。
"チーム歌舞伎町"という名前では最後の試合。
果たして感動のフィナーレを飾ることはできたのでしょうか?

なお今回はしばざきさん、いとうさんが諸事情により不参加。
江戸川の練習会で拉致したかとうさんと、群馬県のあらいさんに助っ人として入っていただきました。

予選第1試合 対チーム混合ダブルスさん(長野県)
最初の試合は、長野県諏訪地方の重鎮・笠原さん夫妻らとの対決です。

チーム歌舞伎町フィナーレ 3 - 9 チーム混合ダブルス
000102 3
114030 9

(エンド別点数はかなりうろ覚えです)

歌舞伎町 Leadあらい 2ndかとう 3rd(vice)くろさわ 4th(skip)おだ
予選成績 歌舞伎町0勝1敗
ベテランパワーの前に砕け散りました。
通常リード&ヴァイスのおだがスキップ、通常サードのくろさわさんがヴァイスも兼ねるという、初めてのポジション編成でかなり戸惑いました。
また、相手のストーンをごちゃつかせる戦術に、見事に翻弄されました。


予選第2試合 対流星みーぱさん(長野県)
またも長野県勢との対戦となる第2試合。
某巨大SNSサイトのカーリングコミュニティから誕生した、みーぱさんとの対戦です。
果たして予選全敗を免れることはできたのでしょうか?

チーム歌舞伎町フィナーレ 4 - 5 流星みーぱ
00103 4
31010 5

(エンド別点数はかなりうろ覚えです)

歌舞伎町 Leadあらい 2ndかとう 3rd(vice)くろさわ 4th(skip)おだ
予選成績 歌舞伎町0勝2敗 ヴィーナストーナメント(予選3位チームによるトーナメント)へ進出
翌日の決勝トーナメントで総合2位と大健闘した、流星みーぱさんの前に玉砕しました。
第3エンドがメジャー計測までもつれ込んだ影響か、5エンドしかできなかったことが悔やまれます。

試合終了後、バリバリのスキップ経験者・あらいさんによる即席戦術指南が行われました。
また、流星みーぱのフォースの方にも、スカップの氷や、戦術についてお教えいただきました。
レセプションでたっぷり飲んだ栄養剤(ビール)と、この講義が、翌日のヴィーナストーナメントで実を結ぶことになりました。
ヒット多目の戦術から、ティーライン前&ガードゾーンにストーンを貯める戦術にシフトすることに成功したので。


ヴィーナストーナメント1回戦 対 わたあめさん(東京都)
ヴィーナストーナメントの初戦は、同じ東京都のチームわたあめさん。
チーム歌舞伎町とわたあめには、奇しくも共通点があり、お互いに何としても負けたくない一戦だったと思います。
(ぶっちゃけ、自分は絶対に負けたくなかったです。)
その共通点とは、、、東京都のスーパーリーグ未勝利(泣)

チーム歌舞伎町フィナーレ 5 - 4 わたあめ
02201 5
20020 4

(エンド別点数はかなりうろ覚えです)

歌舞伎町 Leadあらい 2ndかとう 3rd(vice)くろさわ 4th(skip)おだ
成績:ヴィーナストーナメント1勝0敗 決勝進出
チーム歌舞伎町、9戦目にして念願の初勝利!!
ただ、第5エンドはかなり苦しかったです。
2点以上取って、先攻で迎える第6エンドを楽にしたかったのですが、執拗なフリーズ攻撃を前に、1点スチールさせて、後攻で第6エンドを迎えるということも視野に入れざるを得なかったほど。
しかしお互いに長考気味になったこのエンド、相手スキップの1投目の際に、現行のエンドが最終エンドとなることを伝える無情の鐘が。
このエンド、どうにか1点を取ることができ、念願の初勝利となりました。
ただ、第6エンドまで続いていたら、かなり苦しかったことは間違いないでしょうね。
それでも6エンドはやりたかったです。
初勝利はちょっと苦い勝利でした。

このメンバー・ポジションで昨日2試合やって、各自の役割が少しずつできてきたのもこの試合から。
スキップとスイーパーがコミュニケーション取れてきましたね。


ヴィーナストーナメント決勝戦 対信州チェアカーリングクラブさん(長野県)
この大会、我々の最後の試合は、2007年車椅子カーリング世界選手権の日本代表、信州チェアカーリングクラブさん。
2ヵ月後には「JAPAN」のユニフォームで、スウェーデンの氷に乗っている人たちと試合ができちゃったんです!
こちらはこないだチーム作ったばっかの素人集団の分際で。
この世界の狭さこそ、カーリングの面白さなんじゃないかと勝手に思っちゃってます。
とは言え、トーナメントの優勝が掛かったこの試合。
死力を尽くして勝ちに行くしかありませんね。
チーム歌舞伎町フィナーレ 5 - 1 信州チェアカーリングクラブ
00010 1
11102 5

(エンド別点数はかなりうろ覚えです)

歌舞伎町 Leadあらい 2ndかとう 3rd(vice)くろさわ 4th(skip)おだ
ヴィーナストーナメント 2勝0敗
第1エンド、後攻で1点しか取れなかった時はどうなることかと思いましたが、その後2連続スチールで試合を優位に進めることができました。
相手に1点取らせて、再び後攻で迎えた第5エンド。今度はきっちり2点取ることができ、自分としては最高の試合運びができたと思っています。

チーム歌舞伎町という名前で挑む最後の大会。
ヴィーナストーナメント優勝という、感動のフィナーレを迎えることができました。


初めてのオープン大会、メチャ楽しかったです。
運営に携わった皆さん、対戦した皆さん、その他CASカップに関わった全ての皆様、
本当にありがとうございました!(チーム歌舞伎町一同)

全国のカーラーと飲んだり、試合ができたり、交流が持てたのが最高の収穫でした。
他のところのオープン大会にも出たいなぁ。

写真左:ヴィーナストーナメント優勝の賞状
写真右:4人で記念撮影。優勝商品のPCCのスタッフジャンパーも一緒にパチリ。

クリックすると大きくなります。(右側の写真はムサ苦しいので要注意)

CASのカーリングトピックスCASカップ、明日開催
Katonカーリング部ろぐCASカップ07 12/17にトラックバックしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12/9・10 スーパーリーグ29

2006-12-13 11:48:07 | 試合結果
東京カーリングクラブのリーグ戦・スーパーリーグに参加してきました。
なお、今年いっぱいは「チーム歌舞伎町」としての出場です。
果たして初勝利はなったんでしょうか?

なお全試合、第1エンドは先攻。
ごめんね、ジャンケン弱すぎるヴァイスで。
ジャンケンはこれで6連敗です。

12月9日 対東京キッドさん
前回のスーパーリーグで最終エンドのラスト一投までもつれ込んだ、東京キッドさんとのリベンジマッチでした。

チーム歌舞伎町 3 - 6 東京キッド
歌舞伎町 Lead(Vice)おだ 2ndしばざき 3rdくろさわ 4th(skip)いとう
対戦成績 歌舞伎町0勝2敗
リベンジなりませんでした。返り討ちに遭いました。
こちらが朝早くで集中力を欠いたのか、はたまた朝のコンビニでの心理戦の影響か、1点ずつ着実に得点されながら、なかなかこちらが得点できない展開を変えられないまま沈んでしまいました。

12月9日 対COSMOSさん
COSMOSさんは新鋭の女性チーム。
バリバリの経験者の方が2人いて、ここまで3連勝中と勢いに乗っています。
相手の連勝にストップをかけると同時に、チーム歌舞伎町の初勝利はなったのでしょうか?

チーム歌舞伎町 6 - 12 COSMOS
歌舞伎町 Lead(Vice)おだ 2ndしばざき 3rdくろさわ 4th(Skip)いとう
対戦成績 歌舞伎町0勝1敗
スチールで6-6の同点に追いついた時は「イケる!」と思ったのですが。
そこから立て続けに失点を許し、大差になってしまいました。
気の緩みは禁物ですね

12月10日 対ルーキーチーム
対戦相手は今年カーリングを始めたルーキーな皆さん。
(いとうさん以外、こちらも全員ルーキーっちゃルーキーですが)
相手は今流行りのノロウイルスの影響か、2人が欠席。
前日にボコボコにされた、COSMOSのむつみさんと、東京キッドのほりいさんが助っ人に入り、裏リベンジマッチの様相に。
急造チームには負けられないところですが、果たしてどうなったのでしょうか?
チーム歌舞伎町 7 - 7 ルーキー
歌舞伎町 Lead(Vice)おだ 2ndしばざき 3rdくろさわ 4th(Skip)いとう
対戦成績 歌舞伎町0勝0敗1分
前日ボコられたのがフラッシュバックしたのか、終始押される展開に。
1点ビハインドの後攻で迎えた最終エンド。
相手のNo2ストーンをヒット&ステイして2点取りに行きましたが、こちらのストーンも外にロールしてしまい、1点しか取ることができずに引き分け。
前日の裏リベンジはなりませんでした。
正直、手ごわいルーキーチームでした。

12月10日 対ルイス
ここまで勝ち星なしで迎えた最終戦、対戦相手は東京の伝統チーム・ルイス。
スキップのこやのさんが全日本ジュニア選手権のコーチから帰ってきて、手ごわい相手でした。
チーム歌舞伎町 6 - 8 ルイス
11003010 6
00230102 8
(エンド別点数はかなりうろ覚えです)
歌舞伎町 Lead(Vice)おだ 2ndしばざき 3rdくろさわ 4th(Skip)いとう
対戦成績 歌舞伎町0勝1敗
2エンド連続スチールで幸先良いスタートを切りましたが、その後2点・3点と立て続けに取られ、最終エンドを同点・先攻で迎える羽目に。
最後はスチールを許してくれず、SL29では勝利を挙げることはできませんでした。


※全試合、エンドごとの経過を失念してしまったので、スーパーリーグの速報がアップされ次第、経過を追記します。メモっとかなきゃね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

11/18 スーパーリーグ28

2006-12-04 23:08:41 | 試合結果
12月いっぱいまで、チーム歌舞伎町としてエントリーですが、細かいことは気にせず。
チームとして初のスーパーリーグは、東京を代表する老舗チーム、Jasmineさん・東京キッドさんの胸をお借りしつつ試合してきました。

チーム歌舞伎町 3 - 9 Jasmine
歌舞伎 0100020 3
Jasmine 4002102 9
歌舞伎町 Lead しばさき Second くろさわ Third(vice) おだ Fourth(skip) いとう
チーム歌舞伎町 0勝1敗

チーム歌舞伎町 6 - 8 東京キッド
歌舞伎 1003020 6
キッド 0150101 8
歌舞伎町 Lead くろさわ Second しばさき Third(vice) おだ Fourth(skip) いとう
チーム歌舞伎町 0勝1敗
通算 チーム歌舞伎町 0勝2敗

回転数やサイン確認など、課題が浮き彫りになった2試合でした。
まずは専用リンクの氷と、試合の雰囲気に慣れて、東京都選手権まで突っ走っていきましょう!
大量失点の炎上エンドさえなければ、もう少し好勝負になったのですが。
ま、各自気づいたことなど、コメント欄にお願いしますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加