四十路男の失敗日記

40代独身男(永遠の三十路)の苦闘の日々。不安障害を患うアラフィフ男の青春の挽歌。

12歳。 セカンドシーズン 第17話 アメアガリ

2016年11月02日 | 漫画・アニメ
えーと、セカンドシーズン第5話だと思って録画を見たら、番組情報に♯17と書かれていて、通算17話だと知りました。今さらながら、通算の話数表示に変えてみることに。

嗚呼、先週は蒼井さん、桧山クン、稲葉クンの修羅場でしたっけ。
「俺がもらう」と言って、蒼井さんを連れていってしまう稲葉クン。泣きやまない蒼井さんに、

稲葉クン:
  「笑顔になれるところ、行こうか」

そ、それってもしかしてホ・ホ・(えぇ~~
そんなわけはなく、健全に遊園地に遊びに連れて行く稲葉クンでしたが、蒼井さんは心ここにあらず。
高いところ苦手なのに、断るのも悪いから無理して観覧車に乗ってしまった蒼井さんに、我慢される方が嫌なもんだと諭す稲葉クン。

ああそうか、これまで我慢して相手に合わせたり、進んで嫌なことを引き受ける自分にも問題があったんだ。
なかなか自分の言動の良くないところって、見えないものです。小学生でそれが見えるって、蒼井さん本当に良い子。

桧山クンとペアで着けたミサンガを奪い取り、風船につけて飛ばし「アイツのことはもう忘れなよ(大意)」という稲葉クン。
風船は、どこかのお子様に拾われ、それを必死に追う蒼井さんを見た稲葉クンの表情。
追いかけてきた桧山クンの必死さを見た、稲葉クンの表情。
非常に印象的でした。

お化け屋敷に入っていった蒼井さんを、がっちり抱きとめる桧山クン憎いです。
お化け屋敷から出てきた二人を見て、稲葉クンは「そいつといると、これからも結衣ちゃんが泣かされる、俺ならそんなことはしない」という。

桧山クン:
  「どんなに辛いことがあっても、蒼井が泣いていたら一番に駈けつけるのは俺だ」
  「これが俺の本気だぁ!」

蒼井さん感涙。
稲葉クン完敗。

これ以上しつこくすると、結衣ちゃんを悲しませてしまうと退く稲葉クン、なかなか良い奴でした。
稲葉クンと桧山クンに、愛情が芽生えてしまう展開にはならなかったんだなこれが(当たり前です
ていうか、彼氏から引き離してすぐに遊園地に連れ込むってのが無理だろ。。

家の銭湯の掃除を手伝ってくれる蒼井さんですが、桧山クンは微妙な表情。

桧山クン:
  「風呂掃除がんばれば、父ちゃんが携帯買ってくれるって…」
  「携帯があれば、蒼井といつでも連絡がとれるだろ」

ぎくしゃくするのも、お互い想い合っている証拠。ちょっとした一言で気まずくなるのも、恋愛のスパイスです。
まあ、お互い本音をぶつけ合ってより仲良くなるという、雨降って地固まるということで。
これが現実だと、雨が降ってグチャグチャになって、全てが終わってしまうことも多いんだなこれが。

サブタイトルの「アメアガリ」というのを見た瞬間、こういう展開だろうなーと予想できました。
風呂掃除が終わって、桧山祖母が声をかけなかったら、思いっきりぶちゅ~っとキスするところでした。このマセガキが!

そして、次の修羅場が始まるのです。(あっ別番組だったか)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プリパラ 第120話 くたばっ... | トップ | 響け!ユーフォニアム2  第5話 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-11-03 16:39:15
蒼井さんの傷心につけこみ稲葉クンはまんまと蒼井さんを連れ込み宿に…(;´Д`)
桧山クンの家はソー○ランドを経営しておりまして,くだんの桧山クンもちょくちょく店番しておりまして,そこに蒼井さんが働きたいとやってこきたのは蒼井さんは稲葉クンのために稼がなければならなくなったからで,事情を知った桧山クンが稲葉クンとこへ交渉しにいき桧山クンが蒼井さんを金300万円也を分割払いで身請けすることで話がまとまりメデタシメデタシという,そんな話でしたっけ?
次回からは心愛チャンが主役のようで,た・の・し・み(ハートマーク
Unknown (三十路)
2016-11-03 17:59:50
>Unknown5週さん

「連れ込み宿」という名前の遊園地ですねわかります(ぇ
そうそう、桧山クンちはソープで羨ましいですね、店番しているうちに、そこではたらく女の子(年上)と…という。
蒼井さんをお風呂で働かせるとは、稲葉クンは酷いやつですね、「でも俺のこときらいじゃないだろ?」とか言って、お仕事を強要しているんですね。桧山クンが300万円で買った、これが俺の本気だ!って(えぇ~~
ココアちゃん、ようやく出番ですかねー。転校しちゃったかのような扱いが酷かったですね(ハートマーク

漫画・アニメ」カテゴリの最新記事

やるっしゅ倶楽部

  
来海えりか/キュアマリンをしつこく応援し続けようと思うんだ。
ハートキャッチプリキュア!を、何かとオカズにホンホンするクラブ。2011,09,01現在、部員2名(えー
  • RSS1.0 RSS2.0