カップ酒捕物帳

カップ酒よりも旅の思い出(国内・海外)が主になってしもうたのぅ(^^;)

ふるさと宮城 -亘理町・活〆平目の漬丼-

2017年08月14日 | ふるさと宮城

活〆平目の漬丼/どんぶり亭まつもと(亘理町)
梅雨の晴れ間、亘理町へやって来ました。
魚屋さんが営む、魚を喰わせるお店があるので、こちらで昼メシにします。


入口に掲示されてるお品書きを見て、「荒浜産 活〆平目の漬丼」に心持ってかれる。
「荒浜」はここ亘理町内の沿岸地域。そこで揚がったヒラメ、つまり地魚です。


店内のメニューを見るんですが、心はすでに荒浜のヒラメに。
そんなわけで、平目の漬け丼を注文です。950円(税込)。


平目のヅケはそのままいただきます。身が締まってますね。味付けもいい塩梅。美味しいです。
ご飯は酢飯。炊き加減も酢の加減もちょうどいい。
生のエンガワは2切れ載ってました。これは醤油をつけて。
最初の口当たりはトロッと、そして噛むとコキコキ。この歯ごたえがいい。
食感を楽しんでると、甘味も出てきた。美味しいなぁ~!
過去に青森県八戸で食べたヒラメ漬け丼を思い出します。


嬉しいのはこの汁物。やや大きめに切られた豆腐。
おそらくイワシであろう、つみれ団子。青のりも入ってる。
脇役の汁物を軽んじてないのがいい。小鉢の切り干し大根も旨かった。

いやー、満足ですね。また亘理町方面に来る機会があれば、ぜひ寄りたいです。
ごちそうさまでした~!
(2017年7月訪問)
『宮城県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年6月 鳥取の思い... | トップ | (捕物その449) 鶴ヶ城 »
最近の画像もっと見る