ここはここ

最近はお天気ブログ(´▽`;)~大雑把な日常雑記(感想等はネタバレ含みます)~加筆・修正しばしばあり;

「塔の上のラプンツェル」

2011年05月04日 22時48分29秒 | 映画テレビ他
映画アニメ2D 「塔の上のラプンツェル」 TANGLED (日本語吹替)を観ました

    バイロン・ハワード/ネイサン・グレノ監督(ディズニー) 2010年 アメリカ

うちのとこでは3Dに割引券は使えないので、2Dが来るのを待って観たのだけれど、
これは3Dで観ても良かったな~と、後悔したほど面白かったです。

 

(ネタバレあり)

若い乙女を家に縛りつけちゃあいけないよ。
大団円のおとぎ話。もうキャラのコメディ表現が面白くて大好きでした。

切ったらその不思議な力を失ってしまうため、長い髪のままのラプンツェル。

でも引篭もりの生活ながらも長年の家事で培われた絶対的体力はあるとみた(笑)
母親の言いつけを破ったラプンツェルのうじうじ葛藤をも明るく描く~さすがディズニー!


マキシマス~騎士のように気高い馬だが犬のよう(笑)最高☆


カメレオンの賢いパスカルと、動物たちは人間の言葉を喋らないとこが良かった。


泥棒のフリンって「プリンス・オブ・ペルシャ」のジェイク・ギレンホールに似てたよ。
間近で見るのが夢だった灯篭のシーンでは思わず泣けた。
自分の場所。夢をかなえたら、また次の夢をさがせばいい。
クライマックスのフリンの行動はびっくり感動。

ミュージカルでした~元歌で聴きたいな。


さらって18歳まで一応娘として育てたゴーテルには愛はなかったのでしょうか。
まあ、ゴーテルはあくまで己の都合ばかりで、ラプンツェルを精神的虐待をして閉じ込めてたしな。

外の世界を知ってラプンツェルも育ての母親ふんぎった~勧善懲悪のお話でした。
(でも思わず今上映してる邦画「八日目の蝉」~『優しかったお母さんは、私を誘拐した人でした。』のCMが浮かんで観たくなった。)

それでも「塔の上のラプンツェル」
ディズニーの楽しさがすごく出た映画で好きですv

  
   (読んだことない原作のグリム童話の話はどんなの?あとでWiki読もう。
     →読んだ。おっとう~色っぽい大人の話だぁ(^^;

【解説: シネマトゥデイ より】

 “髪長姫”の呼称で知られるグリム童話のヒロイン、ラプンツェルを主人公に、自由自在に操れる驚くほど長い彼女の“魔法の髪”に秘められた謎と旅を描くアドベンチャー・アニメーション。『ボルト』のバイロン・ハワードとネイサン・グレノが共同で監督を務め、未知なる世界に挑むラプンツェルの冒険をダイナミックなアクションと共に描き出す。グリム童話から生まれ、世界のアニメ界を代表するディズニーが手掛けたミステリアスなストーリーに期待したい。

 深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェルは、母親以外の人間に会ったこともなかった。ある日、お尋ね者の大泥棒フリンが、追手を逃れて塔に侵入してくるが、ラプンツェルの魔法の髪に捕らえられてしまう。しかし、この偶然の出会いはラプンツェルの秘密を解き明かす冒険の始まりのきっかけとなり……。

 ■allcinema
 塔の上のラプンツェル - goo 映画

 

♪♪♪♪+(2011.5/02)
『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (9)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エンジェル ウォーズ」 | トップ | 改善しよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

9 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
塔の上のラプンツェル(2010)通常版:吹き替え (銅版画制作の日々)
 原題:Tangled MOVX京都にて鑑賞。通常版は吹き替えしかありませんでした。3Dはどんな感じかしらね。 原題の意味は絡む。つまりラプンツェルのこの長い髪の毛が絡むということでしょうか。それにしても凄いシンプルなタイトルですね。髪長姫、ラプンツェルが誘拐され...
塔の上のラプンツェル (新・映画鑑賞★日記・・・)
【TANGLED】 2011/03/12公開 アメリカ 101分監督:ネイサン・グレノ声の出演(日本語吹替版):中川翔子、畠中洋、剣幸、岡田誠、石原慎一、佐山陽規、多田野曜平、飯島肇 深い森に囲まれた高い塔の上から18年間一度も外に出たことがないラプンツェル。ある日、お尋ね者....
「塔の上のラプンツェル」 (Con Gas, Sin Hielo)
今日の夢、明日の夢。 童話の短篇が元ネタという。 つまりは、多くのキャラクターやエピソードはオリジナルということで、やっぱり巧いなと思う。 お相手となるフリンは盗賊として登場する。あっさり仲間を裏切って塔の上へ逃げてくるフリンは胡散臭さに満ちている。 ...
『塔の上のラプンツェル 2D吹替版』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「塔の上のラプンツェル」□監督 バイロン・ハワード、ネイサン・グレノ□脚本 ダン・フォーゲルマン □キャスト(声の出演) 中川翔子、畠中 洋、剣 幸■鑑賞日 3月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満...
『塔の上のラプンツェル』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 塔の上のラプンツェル 』 (2010)  監  督 :バイロン・ハワード、ネイサン・グレノキャスト :マンディ・ムーア、ザッカリー・リーヴァイ、ドナ・マーフィ、ブラッド・ギャレット、 ロン・パール...
■映画『塔の上のラプンツェル』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
キュートな髪長姫が歌って踊って、愛する人と夢を実現させていく、映画『塔の上のラプンツェル』。 ディズニー長編アニメーション第50作目となる記念作品である本作は、目にも美しく耳にも楽しい、夢のように素敵な作品です。 夢を持ち続けることの大切さ、その夢を愛...
『塔の上のラプンツェル』(2010) (【徒然なるままに・・・】)
グリム童話を元にした、ディズニー・アニメーション・スタジオ第50作記念作品。 ということで第1作『白雪姫』から『ピノキオ』、『ファンタジア』、『ダンボ』に『バンビ』、『シンデレラ』や『ふしぎの国のアリス』、『ピーター・パン』、『くまのプーさん』、『リト...
『塔の上のラプンツェル』 あなたも超能力者? (映画のブログ)
 ディズニーは『魔法にかけられて』で失敗したと思ったのだろう。結局『魔法にかけられて』のジゼル姫をディズニー・プリンセスから外すことに決定した。何しろ、おとぎの国のジゼル姫が現代のニューヨークへ...
塔の上のラプンツェル(2011) (のほほん便り)
この作品、かなり好みだなぁ、と感じてしまいました。ずっと、誘拐され、悪い魔女に塔の中に閉じ込められて育った、ラプンツェル。彼女が、初めて外界に出て、万物に感動するシー......