ここはここ

最近はお天気ブログ(´▽`;)~大雑把な日常雑記(感想等はネタバレ含みます)~加筆・修正しばしばあり;

「グッド・シェパード」 ~良き羊飼い

2007年10月29日 23時55分44秒 | 映画テレビ他
映画 「グッド・シェパード」THE GOOD SHEPHERD を観ました

            ロバート・デニーロ監督 2006年

あー映画を観て日にちが経ってしまうと、内容をおぼろげにしか覚えてない自分がかなしい・・。
やはり難しい作品だったかも・・面白かったけど書くには分らないことばかりでした。

(ネタバレあり)

CIA創設に係わったとされるエドワード・ウィルソン(マット・デイモン)の半生記(事実を基にしたフィクション歴史物語というらしい)。
エドワードは感情をあまり表に出さない。
でも、賢く真面目で、もてる!
しかし若い頃は、国家機関に協力頼まれたその後や、女性に押し倒されて結婚するのも、なんだか流されっぱなしの人生のような・・・。本当に好きな女性と別れて築いた家庭。 彼なりに大事なようだが、それでも仕事(国家)の次でしかない。
エドワードのそこが分りません。
家族を愛するのなら、いっそ妻子と別れた方が良いのではとも思ったが、それが出来ないほど疑心暗鬼だらけの仕事で孤独に耐えられなかったのかも。

それにしてもマット・デイモンは良かった!
若造から、年老いてCIAの重鎮となるまで見事!
   

国家への忠誠心?『グッド・シェパード~良き羊飼いは羊のために命を捨てる』聖書の言葉よりの引用だそうですが。あれ?『百匹のうち一匹でもいなくなったら、残り99匹をおいてでも捜しにゆく』ではなかったかしら? こども教会でのうろ覚えで不確かだし、これだと意味違うか・・。

最近こういう米国映画を観て思うのだけれど、米国政府は自国以外は敵だらけに見えてるのだろうか?私はそれこそ平和ボケかな。

スパイの家庭と仕事場でのお話。



グッド・シェパード - goo 映画

『映画』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おみやげ | トップ | 白い穂のチガヤ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グッド・シェパード (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『CIA』と聞いただけで気分が高揚する性質なので楽しみにしていた映画―【story】1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にC...
グッド・シェパード (11/7訂正) (さくらの映画スイッチ)
迷走気味なあたしの疑問。・・・・・疑問に思う前提の理解が間違ってるかもしれない、考えても答えの出ないあたしの小さな疑問。(かなりネタバレあり)
【映画】グッド・シェパード…分かりやすいけどピンときていません (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/} 先日、嫁さんが急に言い出したのですが… 芋洗坂係長って、うちの嫁さんと高校の同級生らしいのです{/hiyob_hat/} 芋洗坂係長がTV{/tv/}によく出てくるようになって結構経ちますが、今まで全然気がつかなかったらしいです{/face_ase1/} 他にも同じ高校の...
『グッド・シェパード』'06・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ1961年、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗しCIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く・・・。感想....