la princesse au bois dormant

~いくつになってもお姫様 眠い姫の独り言~

メンタルうまくいってない人とその周囲に対して思うこと

2017年07月15日 | 成年てんかん日記
最近、
とあるサイトの読者ページとか、
とあるサイト上でやってる占いのご相談とか
テレビやWeb上の「引きこもり特集」とか
見てて、思うんですが、

みんな「フルタイム勤務」にこだわりすぎじゃない?

週休7日で、人とほとんどしゃべらずに過ごしてた人が、
いきなり週5日、1日8時間働くって
そりゃ無理だよ?

私も引きこもってたことありますが、
最初、「そろそろ大丈夫かなー」と思って、
単発の4日間のアルバイトしたんですけど、
たった4日間で死にそうでした。
まあしぶとく生きてますが。


いきなりは、無理なんですよ。

まずは単発1日から。

で、単発を増やしていって、ある程度コンスタントにできるようになったら、
「週2~3日」の、継続のアルバイト。

で、少しずつ慣れて、慣れたら勤務時間とか日数とか増やしていって、スキルも上げていって、
「フルタイムの正社員」なんて、それからですよ。


これは全然甘やかしじゃないです。


「同じ年の人たちはみんなフルタイムで働いてる」って言うかもしれませんけど、
すでにフルタイムで働いてる人たちとは事情が違います。

交通事故で足の骨折った人に、
手術終わった次の日に、「100メートル全力疾走しろ」って、言わないですよね?
まずは「立つ」
それから「歩く」
それから「少しずつ走る」
って、やりますよね?
「同じ年の人たちはみんな走ってる。だから走れ」
「事故にあう前は走れたんだからすぐ走れるはず。走らないのは怠けてるからだ」
とか、言わないですよね?

同じです。

メンタルの病気で働けない人、働けなくなった人が、
「フルタイム勤務」にこだわりすぎて、かえって行き場をなくしてる姿を見ると、
とても悲しくなります。

どうにかアルバイトを探して、一歩踏み出したのに、
「フルタイムじゃないなんて」「正社員じゃないなんて」
って、周りに言われて傷ついてる話を聞くと、
「その言葉は邪魔だから今すぐ黙れ」と思います。

だいたいそういうこと言うのって、親とか近い親戚とかで、
「心配だから」「もっと良い職について、余裕のある暮らしをしてほしいから」
って、100%善意で言ってたりするんですけどね。
それがわかってるから、本人も反論できない。よけい性質悪いです。

さらに性質悪いのは、親や親族が世間体や自分の自尊心だけ気にしてるパターンですけどね。

現状、フルタイム以外の求人があまりない、とか、そういう問題もあると思います。
(地域や業種によっては、ですが。)
でも、それ以上に、
周りにいる、親身な人たちの心ない言葉が、自立を妨げてるケースが、わりと多くあるんだと、気づいてほしいです。


ちなみに私の親は、私が単発バイト等を繰り返している間、
「早く正社員の職を探せ」の類は一切言いませんでした。
本当は思ってたんでしょうが、言わないでくれました。
それはとても感謝しています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 30代二度目の本厄(でも心... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。