きゅうり日記

子供と、花と、毎日の考えごと🌸

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

なかなか言えないこと

2016-12-19 17:01:31 | 日記
今では古い友人にも子供がいるし、海外でできた友人も子供がきっかけで知り合ったのでお互いに会うのは子供のためみたいな所もあり😐遊んでる子供に目をやりながらの会話は軽く簡単なものになります。私と友人はよその子とトラブルになってないか、高い所から落ちそうになってないか見張る派なので (こちらの親は大概📱観覧)、親同士が子育ての価値観が似たタイプだとストレスにもならず、楽だし楽しいです🐿ここをクリアしてないと友人関係がギクシャクしていきそう。

幸い気の合う友人がいる中、子供が理由で少しどうしたら.. と思っている友人がいます。彼女はラブリーで話も楽しくかなり親しい仲に近いのに、彼女の子供たちのことで👦気が疲れてしまうことが度重なり、遂にそれが心労となる出来事が起きました🏹

友人もアジア系で他国移住経験がある女性。当初は日本人が気にする所を気にしない background でもあると、文化価値観の違いを受け入れてた私でした。きっとお互いに。

彼女と出会って2年。子連れ catch up の頻度は週一、隔週、里帰りや旅行をしていれば一カ月ぐらいご無沙汰になるような、まめに会う順調な間柄が続き🐿2年前に会った時に1歳だった坊やは3歳に。お姉ちゃんは来月から学校に通うまでに👧🏻

しかし、今まで子たちを2年間見てきて、まだ小さいんだから仕方ないと片付けていたショッピングモールでのやりたい放題を、もうそれは小さいから仕方ないではない👎、手が追えないなら躾なくてはいけない、今まで何度私が友人に変わって何処へでもすっ飛んで行く坊やを追っ掛けただろう?そしてそれは私がするべきことだったのかな?と思い返すようになってしまいました。叔母のような特別感のある私たちだっただから、姉妹のように彼女も甘えたのかもしれませんけども。

私が打ちのめされる前の日常茶飯事も一般的に驚くことばかり。

友人の坊やはおもちゃ売り場へ行けばフロアに座り、好きな商品の箱を破り中身を出します (これだけでも本当なら退場です⚽️) 。破らない場合もフロアへ商品を下ろすのは当たり前。壊したなら私だったら購入して弁償、子供が開けたらママが買って弁償しなくてはいけないことを教えられるチャンスにもなるので、お店の品物は買うまで自由にしてはいけない❣️と2,3歳のうちから叩き込みブレーキが効くティーンエイジャーに育てないと困るのは親の私たち。

友人はやりたい放題の坊やを見張ることはしないので、私が彼女に、また開けちゃったよ😵と教える度、残念にも彼女は、もうまたやっちゃったのね、とため息をつき壊された箱と中身はそっと売り場に置いてその場を去ります。

外国だとお客に粗末に扱われた商品がそのまま売り場に放置中なんてことは確かに多いけど、友人はダメだと教えません😧(もちろん私も完璧ではないけど、自分の子供のためにマナーは真剣に教えています)

坊やはフードコートの緑がある中には入り込むし、お金を払って動く乗り物が動いていれば知らない子の横に乗り込んで楽しみ、問題なのは親の彼女が息子を見張ってないから、よその子の親に貴女の息子?と冷たく聞かれたり👶食事をする長いテーブルの上を上がって歩くし、厳しく叱られないので、うちの子にもお構いなくお相撲のようなプッシュを顔にします。オムツからうんちがはみ出して😆遊び場についた汚れも知らない人が貴女の息子?と彼女に教えてくれ清掃員にモップ拭きをお願いしたこともありました。坊やに何かされたと思われる子供のお爺ちゃんがこちらを睨んでいたり。。自分の子ではないのに私が恥ずかしくなり、そんな気持ちを秘めながら友人関係はどう続いていくのかなと思う今日この頃です。

心労の原因になった出来事は次回で書きたいと思います☕️
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナンバー2、ナンバー3 | トップ |  友人と子育て »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。