かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

ここ最近の強い眠気と歯痛は、無呼吸症候群の仕業ではなかろうか、と思われます。

2017-06-15 20:30:53 | Weblog
 今朝の最低気温は14.9℃、最高気温は30℃ちょうどでした。5月30日より2週間ぶりの30℃台です。もう少ししたら連日30℃越えが当たり前になるのでしょうが、ようやく今年も夏が近づいてきた、と少しは感じさせる一日でした。
 歯痛の方もほぼ無くなり、冷水だとしみるだけになりました。先日の激痛は一体何だったのか、逆に今となっては不気味ですが、知覚過敏の一種なのか、たまたま神経の近くに小さな虫歯ができて痛んだのが、数日して再石灰化で埋まったのか、理由は判りませんが、とにかく痛みが引いてくれれば食事も安心してできますし、医者に行く手間もかけずに済んでよかったです。
 しかし、その遠因については何となく判ってきました。歯痛に悩む随分前から寝不足に悩まされていましたが、睡眠時間自体はかなり意識して確保しておりました。途中目が覚めることもありましたが、大体寝ている時間は十分にあったと思います。しかしそれでも一日眠気が強く、朝の起床時も身体を起こすのが億劫でなりません。初夏特有の早期覚醒のせいだろうか、と思ったりもしておりましたが、どうやら無呼吸症候群らしい症状で、眠りの質が著しく落ちているらしいことに気が付きました。その原因は鼻づまりで、静かに鼻呼吸で安眠することができず、口呼吸になって、頻繁にいびきをかいたりしているらしいのです。そう言えば、なんとなく喉が鳴っているのを知覚したこともありましたし、息苦しく感じた事もありました。これらは夢かと思っていたりもしましたが、ある時、口の中がカラカラに乾いているのを途中覚醒の時に気が付き、その時の鼻の状態から、これは口呼吸のせいであろうと認識したのでした。口が乾く、つまり唾液が少なくなると虫歯になりやすいそうですから、今回の歯痛もこれと無縁ではないかもしれませんし、何より眠りの質が悪すぎて日常生活に支障が生じているのは重大な問題です。というわけで、花粉症が収まってしばらくになりますが、一昨日から再び抗アレルギー点鼻薬を差して寝ることで、鼻の気道を確保しようと試みています。少なくとも口が乾くことが無くなりましたし、起床時の疲弊感やだるさ、眠気は随分と改善されました。まだ夕方前には眠気が強くなって、
一日快適な覚醒状態を維持するまでには至りませんが、それでもこの2日位で随分マシになった気がします。
 問題は点鼻薬もいつまでも使ってられないことでしょうね。それと無呼吸症候群の原因は他にも肥満や高血圧があり、どちらも最近富に悪化している傾向がありますから、これらも改善を考えねばならないでしょう。とは言え運動はしたくありませんし、しても3日坊主になるのが目に見えていますから、さてどうしたものか、考えものです。この内高血圧については、今まで避けていましたが、いっそ薬でコントロールすることにしても良いか、などと考えています。最近の薬は随分質も良くなったと聞きますし、来週行く人間ドックで、一つ相談してみましょうか。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 24階建ての高層ビルが松明... | トップ | 夜中、雨も無いのに雨だれ?... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。