かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

やっぱりそうかと思っても、実際に自分が夜中盛大に騒音を垂れ流しているのを知るのは色々衝撃的でした。

2017-06-18 21:49:37 | Weblog
 今朝の最低気温は19.6℃、最高気温は26.3℃でした。今日はあまり日が照らず、明るい曇り空のまま一日が過ぎました。日が差していたら多分30℃を超えていたのでしょうが、まずまず過ごしやすい天気で良かったです。もっとも、今週半ばからは梅雨本番を迎えるようですし、土曜日から始まる「宇宙戦艦ヤマト2202 第2章」は、雨の中大阪まで出向くことになりそうです。

 さて、先日来睡眠不足の原因が睡眠時無呼吸症候群ではないか、と疑っていた件、色々調べた末、アンドロイドOSのアプリにいびきの記録アプリがあったので試しに中華タブレットにインストールし、この週末試してみました。すると、全く気づかなかったのですが、睡眠時間のおよそ2割弱の時間、いびきをかいていることが判明しました。しかも、つい先日投稿した、夜中の謎の「雨だれ音」もバッチリ記録されていました。息を吸う時がいびきのズゥズゥノイズ、息を吐く時に、どこで何が引っかかっているのかは不明ですが、ポタッ、と雨だれ音のような音が鳴っています。いびきは、就寝後1時間半から2時間程度で始まり、1時間強続きます。多分、一番眠りが深くなっている頃合でしょう。その後しばらく静かになって、明け方起きる1時間程度前にまた始まっていました。2日連続で同じパターンだったので、おそらくはずっとおなじ調子でいびきをかいていたのでしょう。そのあたりの検証は、今後しばらくアプリを使って記録を取ることで明らかにしていきたいですが、我ながら自分の状態がこうも判らないものなのか、と改めて驚かされました。しかし、せっかく判っても今ひとつ有効そうな対策が思いつきません。とりあえず横になって寝る、というのは以前からやっていますが寝ている間にいつの間にか仰向けに姿勢制御してしまいますし、以前背中にあてがいして仰向けを防止しようとしたこともありますが、寝返りが阻害されてかえって寝付きが悪くなり、断念せざるをえませんでした。鼻の通りを良くするのも、花粉症時期ならともかく今はそんなに詰まってないですし、正直お手上げの気分です。今後、いびき調査を続行するとともに、どこに専門医が居るのか、可能ならその評判とかも調べて行こうと考えていますが、専門医に相談すれば何か良い対策が出てくるものなのか、少々疑問もあります。
 ただ一応睡眠時無呼吸症候群のように、呼吸が一時的に止まる、というような事は、記録を見る限りでは起こってないようでした。まあこれも、眠気が強い朝の時はやっぱり夜中に呼吸が止まっていたりするのかもしれませんし、もう少し調査が必要でしょう。せっかくタブレット等で便利になったんですから、うまく使って結果を導き出したいものです。

『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輸送船に当てられて大破する... | トップ | 海上保安官を目指すのに実は... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (無呼吸)
2017-06-19 00:02:06
呼吸器科の検査は検査機を持って帰って検査するのが2回、1日入院して調査するのが1回

無呼吸がなかったら最初の1回の検査でおしまいです

いびきがあるのなら少なからず無呼吸はあるらしいです

無呼吸をやわらげるために、口に装着する矯正マスクもあるらしいですが、矯正マスクは歯医者になるそうです
無呼吸はなくともいびきをなおしたいのなら歯医者も検討に入れるといいかもしれません
Unknown (かっこう)
2017-06-19 21:08:13
いびきがあると無呼吸はある、と。まあいびきだけならこんなに眠かったり疲弊したりはしないでしょうから、結局息がちゃんとできてないんでしょうね。
やはり専門医に相談に行く必要があるのか。とりあえずもう少し夜のデータを採取しつつ、近所の専門医を探す必要がありそうです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。