かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

またタブレットの調子がおかしいので初期化してみたら、少しだけ改善して相変わらずおかしなままです。

2017-07-11 21:52:48 | Weblog
 今朝の最低気温は23.6℃、最高気温は34.4℃でした。実に蒸し暑い真夏の空模様ですが、夕方、気象庁サイトの高解像度降水ナウキャストという直近のレーダー情報を5分おきに視覚化してみせてくれるやつを観てましたら、ちょうど自分ちの周辺が赤く染まり、盛大に夕立が降っている様子が観られました。これは涼しくなってありがたい、と思って喜び勇んで帰ってきましたら、全くアスファルトも濡れていないし、涼しくもありません。確かに雨の降っていたとおぼしき時間は10分か15分程度でしたが、それでもあの時間雨量数十ミリを超える雨が降っていたという表示からすれば、帰宅までの間にすっかり乾いてしまうというのは流石に考えられません。それに、仮に乾いたとしても、夕立による気温効果は時に5℃以上にもなります。たとえ数分でも本当に降っていれば、空気が冷んやりしていて不思議はないのですが、そんな様子はまるでありませんでした。日頃、結構重宝しているあのレーダー表示に、今日初めて疑問を感じました。涼しい気持ち良い空気で過ごせると期待しただけに、余計に不信感が募ってしまった夕刻のひとときでした。

 さて、1周間ほど前からまたタブレットの調子がおかしくなりました。タッチパネルの反応が異様に鈍くなり、タップしたりしようとしても同じ場所を何度も触らないと動いてくれません。最初、この気温ですしいよいよハードウェアがおかしくなったのか? と疑問に思ったりもしましたが、タッチパネルが割れるなどして反応しなくなったというのならともかく、何度かやり直す必要があるとは言え、一応反応はしているのです。念のため、全画面あちこち苦労して触り倒しましたが、全く反応しない、という部分はなく、機械としてはとりあえず物理的な損傷はなさそうだ、と思われました。となるとOSなど中身の問題になってきますので、もう手っ取り早く初期化することで状態の改善を試みました。以前4月に一度初期化して、その後中華アプリと中国簡体字に大変な苦労を強いられましたので、今回は慎重に準備を整え、バックアップも取った上でやり直してみた所、とりあえず無事即座に日本語化して、アプリも最低限のものを回復させることができました。しかし、全体として動作が軽くなったのは感じられましたが、相変わらずタッチパネルの反応が鈍い状態が治りません。ただ、以前は何をするでも複数回タップが必須だったのが、時折以前のようにささっと動く時もあって、動いてはじっと考え込む、という、動作が重たい時特有の動きを見せるようになってきました。こうなると怪しいのはバックで動いてそうな常駐の隠れアプリですが、今日のところは残念ながらそこまで追い詰めるところまで行かず、就寝時間になってしまいました。
 明日は何とかその怪しいアプリを突き止めて、止めるか削除するかしたいところですが、なにはともあれ元が怪しげな中華タブですから、色々起きても不思議ではありませんね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昨日の奈良市長選挙は近年ま... | トップ | 日焼け防止が流行りすぎて、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。