かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

輸送船に当てられて大破する軍艦、というのは、字面的には実に不可思議な感じです。

2017-06-17 23:12:24 | Weblog
 今朝の最低気温は14.2℃、最高気温は30℃ちょうどでした。 不快な湿気はありませんが、日差しは強烈な一日でした。洗濯物も布団も見事にフカフカに乾きましたし、良い休日でした。この夏日は来週半ばくらいまで続くそうで、その後は北上してきた梅雨前線で天気がぐずついてくるとの週間予報でした。来週の土日はすっかり梅雨らしい空模様になっているのでしょうか。少し遠出を考えていたのですが、天気次第で予定を考え直さないといけないかも知れません。

 さて、今日の午前2時半頃、静岡県の石廊崎の南東約20キロの沖合で、アメリカ海軍のイージス駆逐艦フィッツジェラルドの右舷艦橋付近にフィリピン船籍のコンテナ船が衝突、フィッツジェラルドは大破浸水して航行不能になり、排水作業を続けながらタグボートに曳かれて横須賀を目指すという事故のニュースを見ました。水兵7名が行方不明、3名が負傷という人的被害も出ているそうです。駆逐艦とは言え、8千トン以上ある戦闘艦艇が、コンテナ船にぶつけられたくらいで航行不能の損害を受けるのか? と疑問でしたが、相手の大きさは2万9千トンの大きな船だということで、なるほどと理解できました。ひょっとしてガチガチに装甲で固めていた前大戦時代の軍艦なら、重要区画である艦橋直下への衝突ならばそこまでの損害は無かったやもしれませんが、ぶつかったコンテナ船の方は、船首左舷のヘリが内側に折れ曲がっているくらいで、それ以外見た目はあまり壊れているようには見えないのもまた、驚きではありました。今の軍艦はあんまり装甲は無いそうですし、むしろ、よく「く」の字に折れたりそのまま沈んだりしなかったもの、と驚くべきところなのかも知れません。そんなヤワヤワな装甲で大洋の荒波を越えて行けるのがかえって不思議です。台風などで海が荒れたら、第4艦隊事件の初雪や夕霧のように船体が分断したりしないのか、と不安を感じるほどですが、昔より設計が格段に進歩し、そもそも船体強度の持たせ方も違うのでしょうね、きっと。


『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夜中、雨も無いのに雨だれ?... | トップ | やっぱりそうかと思っても、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あんてあ)
2017-06-18 07:13:36
内容とはあまり関係ないんですが、ヤマトの冒頭10分が公開されましたよ。
https://www.youtube.com/watch?v=aBnc3vP0jho
Unknown (かっこう)
2017-06-18 20:56:18
紹介ありがとうございます。
もう来週ですね。今回は早めに確実に観に行きたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。