かっこうのつれづれ

麗夢同盟橿原支部の日記。日々の雑事や思いを並べる極私的テキスト

テスラって、いつの間にかビッグ・スリーの一角にまで成長していたんですね(驚き)。

2017-04-04 20:17:37 | Weblog
 今朝の最低気温は6℃、最高気温は19.9℃でした。1日中好天気で20℃までもうちょいというところまで上がりましたが、昼間の日向はセーターも不要な暖かさでした。これぞ4月の天気というものでしょう。

 さて、アメリカでなんとも格好の良い電気自動車をひっさげ登場したテスラが、時価総額でフォードを抜いてアメリカ自動車業界の2位に浮上したのだそうです。その時価総額は486億3000万ドル(5兆4千億円)。他の大手メーカーの3月売上高が前年比大幅減を記録する中、テスラは今年の第1四半期で前年同期比69%増の2万5千台を出荷、株価も急騰して、時価総額約5兆円のフォードを抜き、同5兆6千億円のGMに迫る勢いなのだとか。
 テスラって、いつの間にかそんな大きな企業になっていたんですね。2003年創業からまだ15年も経っていませんし、てっきりいまだにベンチャー企業だと思い込んでいましたから、このニュースには文字通り魂消ました。もっとも、ビッグ・スリーと言っても既に昔日の勢いは無く、時価総額なら20兆円のトヨタが圧倒的で、アメリカの新ビッグ・スリーをまとめてもトヨタ1社に敵わないという、わずか半世紀前なら到底想像もつかなかった事態が現実に起きているわけですが。
 ともあれ、そんなテスラの車を私自身は国内で走っているのを見たことがありません。2015年の統計ではテスラ車が600台あまり入ってきているそうですが、それから1,2年でそう爆発的に増えているということもないでしょうし、流石にそんな少数では、こんな田舎では出会うことはなさそうです。まあ別にテスラを応援しているわけでもありませんが、車の未来の一つとして電気自動車はたしかに魅力がありますし、もう少し増えてもいいんじゃないかな、とは思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ピンピンコロリと逝きたけれ... | トップ | 実に秀逸な、広告型政治風刺... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。