育児・親子・家族・子どもの心の問題

「理想の育児・家族ってどんなもの?」と疑問を持ちつつ読んだ本の感想を書き留めました(本棚4)。

手を握り、目を見て話すと・・・

2017-06-19 07:51:42 | 子どもの心の問題
 最近、この言葉を3つの場面で耳にしました。
 偶然の一致?
 それとも、人間の本質に関わること?

1.ユマニチュード
 欧米発の認知症に対する介護法として注目されているユマニチュード
 認知症患者に対して、手を握り目を見て話しかけると反応が全然違う、目を見張るほどよくなる・・・マジック!?。

2.冷めた夫婦の会話対策
 NHKスペシャル「ニッポンの家族が非常事態!?2▽妻が夫にキレる本当のワケ」で出てきました。
 体を離して目をそらして話す夫婦に、お互い向き合って手を握って目を合わせて話すように仕向けるだけで、オキシトシンの分泌量が増え、和やかな雰囲気に・・・。

3.子どもへのしつけ
 「それは叱ることではありません」(柴田愛子著、PHP出版)を読んでいたら、次の一節が目にとまりました;
「電車の中で騒ぐのを止めさせたい、スーパーやお店の商品をベタベタ触るのを止めさせたいお母さん、3歳前後でしたら電車に乗る前やお店に入る前に、腰を下ろして子どもと視線を合わせ、両手を握って迫力を持って子どもにしっかりとそのことを伝えましょう」

 ポイントは「スキンシップによるオキシトシン分泌」のようです。
 本来は母乳分泌に関わるホルモンと医学生時代に勉強しましたが、現在は夫婦間の愛情の元ともされるようになりました。さらにユマニチュードの解説に「具体的には肌に触れられることで、触覚が刺激を受け、オキシトシンが血液中にも分泌されます」との文言もあり、なるほどと頷いた次第です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« パンダの子育てから学ぶこと。 | トップ | 「ギーク」(Geek)とは? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。