本棚2(小児医療・アレルギー・アトピー他)

日々アレルギー疾患の診療をしている小児科医です.読んだ本の感想やネット情報を書き留めました.

A群レンサ球菌咽頭炎に最良の抗菌薬は?

2016-10-17 06:00:26 | アレルギー性鼻炎
 古くて新しい話題、溶連菌性咽頭炎の治療に関する論文を紹介します。
 従来、ペニシリン系抗菌薬10日間投与がスタンダードでした。
 しかし、別系統のセフェム系抗菌薬5日間でも治療効果は変わらないことが報告され、現在は混在しています。

 当院では長らくペニシリン系抗菌薬で治療してきましたが、約5%に薬疹が出現するため、「ペニシリンアレルギーを作っているのではないか?」との疑問が拭えず、数年前にセフェム系へ変更しました。

 紹介する論文では、ペニシリン系、セフェム系、それともう一つマクロライド系(※)を比較検討し、治療効果に大きな差は認められなかったという内容です。そして、コストの面からペニシリン系が依然として第一選択薬になるだろう、と結論づけています。
 おかしいなあ・・・薬疹の話題が出てこない(^^;)。

※ マクロライド系抗菌薬は、ペニシリン系抗菌薬が副作用や耐性菌で使えないときに選択します。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第53回日本小児アレルギー学... | トップ | ワクチンに対する不信感の大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む